フレンチブルのワンコそば in Japan

トウキョーいろいろ。ワインの話とそれとは別のダメな店員の話。

昨日は青山から始まり、久々に新宿の伊勢丹へ行き、質の悪い接客に大激怒して丸井に入っているユニクロの接客に癒され、自由が丘と九品仏の間にあるビストロに腹も満たされた1日也。


昨日のワインの教室、なかなか面白かったです。いろんな意味で。
ワインの勉強しだすと色がどうだ香りはこうで品種がこうだから味はこんな気がする。。みたいな話もたまにするようになる訳ですが、ちゃんと話を聞いて理解すると今まで漠然と「こんな感じ~」だったものがしっかり頭に入ってきてイメージできるようになるのですね。我々は今アメリカワインのお教室に通いだした(今までワインのお教室に通った経験なし。なのにアメリカから)のですが、思っていた以上にバリエーションが豊富でそれでいてフランスに負けないくらい美味しいワインがコストパフォーマンスもよろしく飲めるんだなぁと思いました。正直ちょっとびっくりするくらい。でもアメリカでワインを作られている所の気候やら説明を聞くと納得。おぉぉ。
月一程度のお教室なのでのんびりやる訳ですが、これくらいまた~りやるのがちょうど良いなぁと思うた訳。

その後久々にカッパと街を歩くとゆーので新宿に行ったのですが、まぁついでだからと靴クリームを買いに新宿伊勢丹のメンズフロア地下にある靴コーナーに行ったのです。そしたらここのスタッフが総じてダメダメで。久々にこんなにひどい烏合の衆を見た、という感じ。
あそこ無駄にスタッフいるんですけど、しかも接客してないスタッフもワラワラいるのにレジに商品持った我々が居ても無視ですからね。レジにいるお客さんを無視するスタッフ達ですよ。なんだあれ。
レジの中にもスタッフがいっぱいいるの。もう必死に靴を箱に入れて紙袋に入れてる訳ですよ。靴はレジにいるお客さんを無視してまで必死に詰めないと箱に入れれないのか?見えてるお客さんに対して声かけもないですから。最低だな。
これはどういう事だろうか、、としばし意味が分からず思案中(ほんの数秒だけど)のところへ他の接客でやってきた女性スタッフがようやく声を掛けてくれました。それで他のスタッフを呼んでくれたんですけどそのメンズスタッフ、我々の後ろにいるお客さんから接客始めましたから。いやぁ、ビツクリだびっくり。女性スタッフもびっくりって感じで、結局他の女性スタッフが我々のお会計をしてくれたんですけど、その間もずーっとレジの中にいるスタッフは靴と格闘中ですよ。一体どんだけ靴の扱い下手なんだよ、って話っすよ。カウンターの上の伝票ばさみも落としまくってるしさー。
なんで靴を買う人より靴クリームなり小物を購入する人の方がスピードを求めていることに気が付けないのだろうか。何故そう鈍感なのか。
ボーっとしているスタッフはなんなのか。フロア割されてるならされているで声掛けくらいしろ!最低なスタッフ達だな。と怒り心頭。

伊勢丹メンズの靴フロアのメンズスタッフは全員もう一度研修を受け直した方が良い。そしてヨメはここで吠えるだけでなくちゃんとクレームを言った方が良い。
[PR]



by wakka-w | 2009-10-18 12:01 | ブルち 関係ない | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
おしり探偵は
読ませたくない、
とカッパに
言われていましたが、
無視。

いや分かるよ。
品は無いわ。
正直進んで
このタイトルの絵本を
本棚に
並べたくはないわよ、
ヨメだって。

でもさ、
楽しくないと
意味ないのよ。
今の時期はね。

それにこの絵本
ちょっと
読者も推理するの。


7点


今では
結構好きな絵本に
なっているミニヨメコ。

今日こんな事
言ってました。

おしり探偵って
カッコいいよね!
ほら、このポーズとか。
(と言って
裏表紙の
ダンディな姿を見せる)

おふぅぅぅx、、
カッコいいとまでは
思ってほしく
ないねんけどな、母も。

顔、おしりやで?
と思うのですが
子供は
そんな事
どうでもいいようです。
ピュアですね。

最新のコメント