フレンチブルのワンコそば in Japan

可哀想なブルさんの話

いろいろ楽しみながら(ありがとうごじゃいます!)今日は先ほどブルさんが体験した悲しいお話をします。

ブルさんは猫さんが大好き。何がしたいのかは分かりませんが、猫さんを見ると追いかけるのは犬の習性でしょうか。
そんなブルさん、今日はベランダにやってきたヨメが「麻呂」と呼んでいる猫さんとガラス越しに夢の対峙。麻呂はここいらでもいろんな名前で呼ばれているようで可愛がられているのでしょう。甘えることはしませんが、結構大胆な子です。うちにも一度勝手に家に入ろうとしたり、夜、ガラス越しにそっとブルさんを探す姿を何度か見かけました。麻呂にとってブルさんは何なんでしょうか。耳のでっけぇ変な顔の猫、と思っているかもしれません。怖いもの見たさ?とにかく麻呂は麻呂でブルさんに興味津々のご様子。

そんな二匹がガラス越しに対峙したのです。麻呂も興味津々で近づいてきたのですが。。

ブビブビブビ、猫しゃん、僕猫しゃんに興味津々でちよ。猫しゃんは一体なに?

静かな行動を心がけていたブルさん。しかし残念ながら鼻息が荒い訳でもないのにいつもの如くブブブブブ、、、、とずっと鼻が鳴っておりました。仕方ない、これは仕方ない。ブルさんの仕様だから仕方ない。しかし

あぁ、ブルさん。。その鼻音、外に聞こえていたらそれは明らかに猫が唸る時の声にかなり似ているかもしれない。。それは友好的な音ではありませんよ、、ブルさん。。

ブルさんは子犬の時にたまに猫と一緒にショーウィンドウの中にいたのです。「皆と仲良く」という躾の一環で。なので捕まえようとか危害を加えようとかそんな気はサラサラない筈。ブルさんはただ猫さんとお友達になりたいのです。
静かに鼻をブブブブブb、、と鳴らすブルさんに麻呂の耳はどんどん頭に近づいてゆきます。あぁ、ブルさん、麻呂が勘違いしてしまった。。ブルさん、鼻息!鼻息を止めて!!!

猫さん、僕とお友達にならないでちか。兄弟の契りは交わそうではないでちか。ブブブブブ、、、

麻呂にまで遊んでポーズをちらつかせつつ、なんとか麻呂との距離を縮めたいブルさん。
結局麻呂はそっと立ち去ってしまいました。耳を低くしたまんま。。怒ったまんま。。

ブルさんの切なそうな後ろ姿に涙したママンでした。ブルさん、鼻息がなかったら仲良くなれたかもしれない。。たしかにブルさんの鼻息は知らない人が聞いたら気味が悪いかもしれない。。
[PR]



by wakka-w | 2009-12-22 12:50 | 今日のブルち | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
結露が、、

けつろがきたぞ〜〜〜!!!


3点


ほんま
憎たらしい。

最新のコメント