フレンチブルのワンコそば in Japan

絶叫系が苦手だとゆー話をしているうちに卑屈になってくる様

絶叫系が好きな人が、「好きではない」と言っている人を無理矢理誘う時の強引さは異常。あれ何なんかな。そんなに好きなら下で待っててあげるから一人で乗れよと。
「恐がり」と人を笑う割には一人で乗らないのよね。「恐がり」は最大の危機回避、死亡回避ですよ。そんなに好きなら一人で乗ればいいのに、何故孤独を愛さない。何故孤独になることにチキンなんすかと問いたい。巻き込むな、ヨメを。
「怖くない」ってよく聞くけど、悲鳴が聞こえてる時点でなんかおかしいだろ。悲鳴は怖い時に叫ぶもんだろうが。←とヨメも思う(どこかのブロガーさんが書かれていた。ホントだよ、なんで皆その事に気付かないんだろう。そーゆー危機管理がなってないからジェイソンとかに「ついで気分」で殺されちゃうんだよ、と言いたい。)
「怖いけど1度乗れば面白いよ」なんてゆーヤツは、そうなんだろうよ、お前の中では、な。

私は絶叫系が全然ダメなんです。スピードは平気なんだけど落下系で横隔膜が上がるのがもうホンマ嫌い。だからディズニーのもスプラッシュマウンテンまでです。我慢できるの。でもあれもうちょっと長かったら失神するか死ぬと思う。どんぐりコースターは寧ろ好き。あれ楽しいv スペースマウンテン(?だっけ)も好き。あれ怖いより楽しかった記憶。

何故急にそんな話をしているかとゆーと、ディズニーのタダ券を約1年前カッパが勝ち取って来たのですが、いつ行こうかねぇ〜なんて先延ばしにしていたらとうとう期限切れになるのです。だから久々に行こうってな流れなんですけど、今度はシーに行く予定なのね。ほら、シーってあれあるでしょ。なんかフリーフォール系のやつ。何あれ。人を亡き者にしたい訳? 夢の国行ってんのに夫婦の絆をギクシャクしたい訳? カッパ一人で乗れよ。

なんかカッパがずっと乗ってみたいって言ってるのですよ。シーは前回インディジョーンズのアトラクションを隣の360度回転するジェットコースターと一緒くたにしていたので、一人だけ異常にビビって最後の写真撮られる所で、ヨメだけ顔に青筋入ってる「まる子」状態だったのです。だからインディジョーンズのアトラクション終わった後はポカーンでした。あれ、意外。これで終わりなの?って。あれ恥ずかしかったなぁ。

今回のヨメの切り札はその360度回転するジェットコースターです。これを代替案にフリーフォールは回避する。無理矢理乗らされそうになったら罵倒してやります。夫婦の絆など脆いもんよっ!フンッ(戦国武将な口ぶりで。)
なんなら車で行って帰りどっかに置き去りにするとゆー手もある。←まだ何も言われていないのに既に臨戦態勢

今日は事前情報を入手せねばと思って「ディズニー 絶叫系 だめ」で検索掛けまくっておりました。仲間がたくさんいて安心した。ヨメは一人じゃない。勇気出た。
調べた結果「レイジングスピリッツ(1回転するやつ)はビッグサンダーマウンテンに乗れる人なら大丈夫」とあったのでこれで勝負に出ることにしたのでつ。これは最後の手段で、だがこれが発動される時、カッパは大きな代償を払うことになるから覚えてろよ。(←大事なことなんで繰り返しますが、まだカッパには何も言われてない)ただで代替案など出すものか。フリーフォールは死ぬって書いてあったので回避せねば。ヨメ死んじゃう。カッパが悲しむ。
あとセンターうんちゃら? どうせかなり並んでるんだろうし、いいよ。

ヨメはねぇ。ランドの方のツリーハウスが一番好き、なんて言っちゃうような心優しい乙女なんです。あそこ行きたいってゆーといっつもカッパが「またぁ?変わらんやん」って言うんだけど、じゃあスプラッシュマウンテンは毎回違うんですか、って言いたい。サンダーマウンテンはなんか速度変わるのかよ、と。
あそこのツリーハウスはヨメの夢です。あんな別荘欲しい。2、3軒目くらいの別荘で欲しい。

まぁいろいろ調べた結果、どうも雨降りそうな予感もするけど。
[PR]



by wakka-w | 2010-07-02 23:53 | ブルち 関係ない | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
焚き火の炎を
見ていると
ブルを思い出し
号泣。


4点


翌日腫れた目で
目が覚める。

数時間ごとに目は覚めたが
珍しく熟睡した
テントの中だったのに。

最新のコメント