フレンチブルのワンコそば in Japan

南仏旅2日目- 朝市のSarlat(ペリゴール地方) -

最初にご説明すると、今回のカッパチームの旅は回った順序的には全く推奨できるものではございません。それがそもそも本日、旅の2日目にして泊まることとなったホテルの場所のためと、3日目に泊まったホテルが本来泊まりたかった日が満室で3日目になったという経緯のためです。
結果、今回の旅は一度通った道、方向を行ったり来たりする大変へんてこなスケジュールになりました。仕方ないんじゃよ。例えば行った先のツアーの開始時刻もあるから立てていた予定通りにいかなかったりね。

ところで今回の南仏旅行。だいたいピレネー・ラングドックと呼ばれる辺りを1週間弱かけて走りました。巡礼の地、城塞都市がキーワードです。
そして今回泊まったホテルの中にはあと数週間もすると冬期休業となるホテルがちらほらと。冬の間雪で埋もれるような場所が多々。巡礼の道ってのは大変なものですね。すごい山奥にあるホテルもどこからかは知りませんが、歩いてこられている方がいるようでした。ドライブ中、よくリュック背負って杖持って歩いていらっしゃる方を見かけました。あの中にはディナー用の靴とドレスも入っているのだろう、大変すぎる、、とも。

------------------------------------------------------

さて、Toulouseで迎えた2日目朝。朝食を兼ねて広場に向かうと(歩いて数秒)朝市の準備が始まっていました。そんな様子を眺めながら広場のカフェで朝食。

d0041074_11591830.jpg
↑8時前なのでちょい薄暗い。広場の朝市。フォアグラももちろん売ってるでよ。

我々の本日の目的の地もまた市場をやっているのだ。だから土曜の今日、昼までにそこへ向かうんじゃよ。
朝食を食べた後、広場から見える塔(サン・セルナン寺院らしい)が気になりつつもトゥールーズを出発。高速を走って2時間弱くらいだったと思いますが、旅の最初の目的地、Sarlat(サルラ)の朝市に潜入です。

サルラはなんで知ったんでしょうね。カッパが朝市に行きたいか、とゆーので行きたいと言ったら行くことになったのですがガイドブックには載ってないなぁ。フォアグラとトリュフの名産地とのことで寄られる方も多いみたい。郊外にはルージュのフォアグラ工場兼アウトレットもあるようでした。
朝市は水曜と土曜にやっているそうですが、土曜の方がお店も多いらしい。午後もやっているけれど店じまいを始める所も出て来るので午前中から来るのが吉です。観光地なので駐車場も結構ありました。

美しい中世の街並の中、色とりどりの野菜や花、お目当てのフォアグラやトリュフが並ぶ朝市は最高に楽しかったです。
d0041074_12332617.jpg


建物の合間に広がる小さな広場には3羽のガチョウ。この街のシンボル也。
d0041074_12334261.jpg


朝市から離れて中世の街並みを散策。
d0041074_1234968.jpg

d0041074_12342783.jpg

d0041074_12343668.jpg


時期は今ちょうど良い感じでした。旅を続けて行く間に夏の終わりから秋の到来を楽しめました。旅を続けるうちに紅葉も広がったりしてドライブの気分はまさに車のCM。細い田舎道を走ると落ちた紅葉がさーっと舞い上がるのがまた素敵。

そうそう。イギリスのコッツウォルズのような村がフランスにもいくつもあります。「フランスの最も美しい村」協会が認定しているのだ。

サルラは違うみたいだけど、今回はそんな美しい村々にも立ち寄って来ました。
[PR]



by wakka-w | 2010-10-26 11:41 | '10 南仏 | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

体が眠れと
言っている。

休めと言っている。


3点


風邪ひき2日目。

喉が痛い。

でも大分慣れて?きた。

最新のコメント