書くの忘れてた -上出長右衛門窯-

ブルさんカバンで終わらせて紹介するのを忘れてました。
もうすぐ終わる展示ですが、今クラスカのギャラリーで「上出長右衛門窯 春のさきがけ」が今週末までやっています。
ここの6代目さんは確かコンテンポラリーな九谷の作品を発表されている方ですよね。髑髏の焼き物も発表してたよね。奇をてらわず伝統的な作品も大事にされていて伝統工芸に良いスパイスを与えた作品作りをされているという印象。
この方の卒制、バナナなんですね。バナナなのにすごく素敵。うちのゴリラどもにはもったいないですけど、あれ可愛い。

そんな6代目のいる上出長右衛門窯さんの展示会がやっていたので昨日観ていたのですが、中でもドンピシャだったのが陶器の鏡餅。2段の白いお餅部分と、本来おミカンが乗ってる部分には九谷の模様が入ったおミカンサイズの焼き物が乗っています。一番下の段が小鉢、2段目がおミカン部分を蓋にした蓋物になるように出来ていて、中には干支の兎が描かれていました。キャー!!!素敵ー!これ絶対欲しい。

我が家用に欲しいと思いつつ、そう言えばブルバアが陶器の鏡餅探していたな、、と即連絡。が、残念。実家の床の間には小さ過ぎるとのこと。まぁ、そんな気はしていたけど。縁起物だからあまりに小さいのはどうかと思うけど、、さ。
かなり押したんだけどダメだった。。できれば大きい陶器の餅部分だけのやつが欲しいらしい。うちで採れる蜜柑やら干し柿の並べたのやら等々だかを乗せるのだろうか(古い田舎の家なので立派な鏡餅は映える。でもそれなら餅も作ればいいのに。餅は毎年作ってんだし、、と思うけど、鏡餅を割るのは大変らしい)。
そういった陶器のお餅はググればすぐ見つかるよ母上。。

結局いろいろ母上に買わせようと画策しているうちに、毎年作られているらしいということが分かったので、急ぐ必要はないけど欲しいなぁ。兎さん可愛い。あれは干支柄だよねぇきっと。干支なら来年は辰よね。おヨメ辰年だから来年のほうがいいかな。伝統的な柄だしめでたいシトなんでおかしくはないけど、「小鉢の中に辰」って文字面がなんか笑える。辰大好きだけど。
兎なら干支に関係なく可愛いよねー。

あー、年初めからすごい勢いで欲しいものが見つかるなぁ。
[PR]
by wakka-w | 2011-01-14 09:36 | ブルち 関係ない | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28