フレンチブルのワンコそば in Japan

GW前半総括

※ 写真取り込んでないんで画像とかないんです。しかもただの備忘録です。すまんな

今回はGW前半に旅に出たので行きも帰りもスムーズでした。車の心配もせずに済んだ、というのはまさに車を買い替えた理由でもある訳で、新しい相棒「かばお」(MINIのクラブマン。以前よりちょっとだけ荷物を詰めれるようになりました。それもまた買い替えた理由也)の走りはなかなか優秀、高速での加速時のタイムロスが気になったりもしたのですが、実はそんなことはなく、単にMT(ブーゲン)だとギアチェンジをガチャガチャ自分でするので手を動かしたらすぐにギアがチェンジされる、ってだけで、ヨメの考えてるタイミングと違うってことなのでした。納車した翌日には出発したので「かばお」のいろんなとこ今だよく分かっていません。そもそもこのクラスの現代車を知らんので、何がどこまでできるのかよく分からん。
でも満足しております。かばお、馬車馬のように走るが良い。

我々には「かばお」と果たすべき使命があるのです。愛するブーゲンのためにも。ブーゲンを手放したからにはブーゲンでは行けなかった所へたくさん行く(要は中&長距離国内旅行)、ブルさんと色んな所へ遊びに行く、荷物を乗せてキャンプする、普通の車なら普通にできることをたくさんやらねば!

と言う理由も踏まえ、キャンプに行ってきました。子供の頃は適当に山ん中で降りれそうな所探してキャンプしてたんだけど、それは今でもやって許されることなのか。そもそもそんなに都合の良い場所が関東周辺で早々見つかるのでしょうか、、謎です。ご存知の方、ご一報ください。

さて、カッパチーム初めてのキャンプは「キャンピカ明野」さん(韮崎I.C.)にお世話になりました。1日目はキャンピカ明野さんの所へ直行、翌2日目は更に足を伸ばして八ヶ岳のアウトレット(小淵沢I.C.)を覗いた後に、石和まで戻り旅館で一泊、3日目の昨日、石和周辺のワイナリーを軽く覗いた後に帰路へ。完璧な計画でした。しかもほぼ完璧にクリアしたとゆー、カッパチームなのに珍しー。




当日は例のごとく、予定を大幅に遅れて出発。
ハウスワイフとはキャンプの道具集め(カッパの好きにはさせん)から準備、カッパとブルさんをお越し軽い朝食を提供しつつ、朝から怒鳴りまくった後に車を飛ばすとゆー簡単なお仕事です。

さて出発は遅かったのですが、GW3日目の日曜という事もあり道路が比較的空いていたので結構ほぼ予定通りの時間にはキャンプ場へと到着しました。キャンピカ明野のチェックインは13時からですが、14時前には到着してた記憶。
以下備忘録

レンタルした物
タープ、シュラフ、イス、焚き火台、ベッドマット(テント内に敷いて地面の固さを和らげます)

現地にて購入したもの


持参した物
テント、テーブル、インナーシーツ(シュラフの中のベッドシーツ)、ピロー、毛布類(テント内の敷物用)、ランタン&ランタンスタンド、LEDライト、BBQ台&炭、焚き火関係の小物(火消し壺、火箸、軍手とか。ガーデニングの薔薇用ロング革手袋が最高に役に立ったとご報告しておきます。)、ビーニールシートを複数(荷物を置くのにも使えるし、テントの下に敷いてグランドマットとしても使用。雨天時の地面からの湿気や朝晩の露をシャットダウンしてくれます)、台所関係、シングルストーブ、クーラーボックス(YETI最高)、ブルさん関係、等々

持ってくれば良かった物
捨てれる雑巾複数、脱ぎ着が簡単なサンダル、スポンジの予備、この時期まだ湯たんぽが有ってもいい気がする

追々準備すべき物
タープ(これはもう絶対ドーム型が欲しい)、シュラフ(お布団型が欲しい)、イス、スノコ(テントの入り口に敷くと土とかがテント内に侵入するのが半減されます)

今回間に合わなかった物
MOKI専用のパット類(発送しようとしたらアメリカから出す許可が降りなかった、とか言いだしやがった←その連絡メールが迷惑メールに入っててずっと気付かず今日まで放置中やったやん。。)

今回の不安はタープが上手く張れるかという事と、上手に火を付けれるかという2点のみ。タープはレンタルしたから事前の練習もなく、これが張れないと雨が降った時大変困った事になるのでドキドキしていましたが、こちらもアタフタしながらも自立できるくらいには張ることができました。でもピーンと美しく張る、というのは難しかったなぁ。

天気は曇り時々雨。幸いにもテントとタープを張る時にはポツポツ雨くらい。貼った後は小雨になり、それもすぐに止んで無風状態でご飯時を迎えることができました。
テントとタープを張った後はしばしの休憩。ヨメはこの日のために用意したコールマンの2011年シリーズランタンに火入れ式。
今年のランタンはターコイズブルーのボディにホヤにはコーラルとトロピカルフィッシュの柄が付いてるの。しかも売り上げの何%かがWWFに寄付され沖縄の海の保全に利用されるとゆー。ダイビングするから絶対欲しかったのだ。カッパ家の初キャンプの年でもあるからね。
ランタンスタンドを地面にさしてランタンを吊るせば立派なカッパ家の表札になりました。NEMOのテントとこのランタンはうちのキャンプシンボル也。

休憩後、夕方前には焚き火の準備もスタート。新聞紙よりも紙パックが良い火種になってくれました。ろう引きしてある厚紙なので火持ちが良く、薪に火がつくまで十分燃えてくれたよ。着火材もバーナーも必要無かったー。
薪は大きい方のサイズを買いましたが、我々にはちょうど良い量でした。カッパは妙にチョロチョロ燃やすのが好きらしい。結局3本程未使用の薪が残りました。薪の炭は翌日キャンプ場の炭捨てボックスに。BBQで使用した備長炭は持参の火消し壺で消火。水をかけてもいいけれど、酸素の供給が止まれば火は消えるので火消し壺があると便利です。火消し壺はオートキャンプだからこそ持って来れた便利道具。
[PR]



by wakka-w | 2011-05-08 09:04 | キャンプ | Comments(2)
Commented by meeka at 2011-05-08 11:58 x
こんにちは!
ヨメさま家のキャンプライフ、素敵ですねー。
といいつつアウトドアには及び腰の私ですが。。。^m^

でも新しい「かばお」とカッコいいテント、“ちゃんと”している感がいいです。
なんかやたらと「自然だぜ」的な行動が苦手なので。
とっても気持ちよさそうでしたよ。いいな~
いちごもシニアの一歩手前、こんな風にいろんな自然に触れさせてあげたいな、と思いつつ毎日土手で100本ノックですよ。。ププ
Commented by wakka-w at 2011-05-09 09:46
>meeka様
どうもですー!meeka様のカフェ訪問、いつも楽しみにしてるっすよー♪
今までチマチマ集めて家でママゴト気分で使っていたギア達が、ようやくここにて本領発揮です。これも「かばお」がやって来たからこそと思えばブーゲンも報われる、、筈。
へたれキャンプながらアウトドアで使う道具は本物がいいなぁと思っているので、”ちゃんと”という言葉を頂けると嬉しいっす!もうちょっと余裕ができたら山ガールなラブリーアイテムも増やしたいんだけど、、えへへ
ブルさんも、キャンプ自体はつまらなそうでしたが翌日のキャンプ周辺でのお散歩はすっかり楽しんでおりました。でも小さい頃からもっと体力を付けさせておかないとダメだったんだろうなぁ。。土手で100本ノックやってるいちご嬢には負けちゃうわね。ふふf

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
皆さん今月の
ナショジオ
買いました?


79点


恐竜のミイラですよ!
むっちゃ恐竜の
まんまですよ!!

鳥ぃ?はぁ?なにそれ。

ってくらい
鱗な恐竜のミイラ。

しかも顔がいい!
むっちゃ恐竜!!
(稚拙な感想)

最新のコメント