フレンチブルのワンコそば in Japan

羽田空港国際線

昨日はカッパさんを送るために朝から羽田の国際線ターミナルへ。時間があったのでちょっと3人で(こういう時にブルちを連れて行けないのが寂しい母。長男やのに)お茶してパパを送ってきました。

今回の国はおそらくヨメが一生行くことはないであろう場所。ガイドブックも「地球の歩き方」くらいしかない、けっして「ことりっぷ」や「るるぶ」にラインナップが加わることはないであろう場所です。香港経由で行くと聞いたので免税店でこれを所望す、と画像と名前と共に伝えましたが昨年シーズンのものなので無い、と言われた、とMMS(だっけ?)できました。最近はもうメールですらないのよね。昔はカッパが海外出張、っつったら毎日決まった時間に電話をくれたものですが。。便利な世の中だわ。

さて羽田空港です。国際線が大分充実してきたようで、ゲートもつい最近増えてたらしい。平日という事もありますが、荷物検査以降かなりスムーズに進んだと聞きました。
我々はカッパパを見送った後にちょっと空港観光。娘も体調がイマイチだったので駆け足でしたが、展望台のあるフロアには初音ミクのショップができていて驚愕しました。まじでか
さらにモダンペッツのショップもあって、こちらは可愛かったなぁ。モダンペッツとメリーソートのコラボテディ、色がビビッドで思わず欲しくなりました。2万円也。
こちらでは今「ちきどん」のひよこちゃんが一押し?可愛いひよこちゃんは娘も気に入ったらしく、母、奮発してちきどんひよこのポシェットを娘に買ってあげました。頭でっかち同士仲良くやんなさい。

帰宅後は何もする気も起きず、ブルさんと散歩した後は家でゴロゴロしてその日は終了。
香港での乗り継ぎ便に技術トラブルが起きたとかで飛行機を乗り替えたり何やらと予定から遅れまくったカッパさんから着いたと連絡がきたのが真夜中でした。ものっそゴージャスなホテルの部屋の画像付き。なんじゃそりゃ!
彼の国は今めっちゃ安いホテルか高級ホテルの2極化が顕著らしい。安全面も考慮してビジネスマンはだいたい高級ホテルの方へ泊まるのですが、それにしても羨ましい広さ、クールモダンなお部屋デザインのようでした。空港から送迎バスも出ているとかで家族としては安心ね。
それに反してヨメの寝室周りよ。カッパから連絡がきた時、母はミニヨメコの足が顔の真横に、隣でブルさんのいびき付きで息苦しく寝ておりました。なにこの差、向こうも楽しそう。

さて珍しくお土産でおねだりした某ブランド。残念ながら免税店では見つからず、おそらく出張先での国にはショップそのものが無いかと思いますが、どうもそのブランドの今期の染め物はカッパが行っている国で染めているらしい。伝統的な手法の染め技術に白羽の矢が立ったそうです。
知らなんだ!カッパよ、これこれこうで、その国にはすばらしい伝統技術があるらしい。もし見かけて良いものがあった見繕ってきておくれ!と早速メールするヨメ。何だったら仲の良い現地のスタッフにそれとなく探りを入れてみてくれ(?)!
さぁ俄然盛り上がってまいりました。(カッパが何しにその国に行ったのか最早どうでも良い妻)多分見つけられないけどね、まぁいいです。日本で地味にカッパの帰国を待つ間、サプライズ期待してワクワクできるだけで良いわ。

さぁ今日はブルさんを獣医さんに連れて行きますよー。ミニヨメコも元気になったようなので買い出しにも行きたい。
日中は天気が良いようなのでガシガシいきまっせー。
[PR]



by wakka-w | 2014-04-05 09:40 | ブルち 関係ない | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
昨日の花火、
河川敷で
待っていたら
避難するにも
身動き
取れなかったんじゃ
なかろうか。

雨具があっても
笑えるくらい
濡れたんじゃ
なかろうか。

駅も凄まじそう。


4点


そこまでいったら
諦めて
無印とかユニクロで
新しい服買って
気分一掃やな。
幸いどちらも
下着も売っとるがな。

その後一杯
引っ掛けに
さまようか。
(そして満席ばかりで
コンビニで
アイス買うまでがデフォ)

とか色々
シミュレーション
してみた。

カッパに聞いたら
映画館とか、
カラオケ。
って言ってた。

何にせよ、
どこでだって
いつだってそうですが、
どう過ごしたか、
誰と過ごしたか、やね。

怪我や事故さえなければ
来年には
笑える思い出になる。

最新のコメント