フレンチブルのワンコそば in Japan

奈良へ

d0041074_22511425.jpg


帰省のついでに奈良へ寄ってきました。お宿は奈良ホテル。1階のお部屋は、朝になると裏庭に鹿が来て娘だけでなく我々親も大喜び。老舗の格式あるホテルは外観がとっても素敵で大変満足の滞在になりました。

今回は神戸からレンタカーを借り、返却は京都駅、というスタイル。娘だけでなくブルさんも一緒なのでレンタカーが楽でした。
初日はブルさんをドッグホテルに預け、大仏さまにギリギリ滑り込み柱の穴くぐりも体験。

2日目は朝一でブルを迎えに行き、一緒に春日大社でお散歩。奈良公園には鹿がワラワラおりますが、犬が騒がなければ一緒に歩く事が可能のようです。春日大社では木彫りの鹿さんが咥えたおみくじも引けて嬉しいヨメ。長寿祈願の絵馬にはブルさんの名前を。
春日大社の後にそのままポテポテ歩き、お茶屋さん(峠の茶屋みたいな)で昼食(外ならブルさんも一緒で大丈夫)。お茶屋さん目の前の階段を登り若草山を見ながら(芝生でピクニックできるような感じ。ただし鹿おります。すっごく気持ち良さそうでした!)グルっと回ってパーキングへ戻ってきました。この頃からだんだん暑くなってきて日差しも強くなったのでブルさんは一旦ドッグホテルに帰宅。夕方まで預かってもらい、その間に我々はくるみの木へ行ったり(秋篠の森は今回訪問せず。)町家周辺を散策して奈良観光終了。






奈良旅行前の神戸では、ジィジ、バァバ、ネェネとみんな(ブルさんはお留守番)で神戸動物王国へ行って大興奮のミニヨメコ。この動物園(?)、すっごく良かったです。元は花鳥園だとかで鳥が多いのですが、今は動物も増えているようです。睡蓮の室内エリアでは時間によって鳥のショーがあったり、他のエリアで動物達のお散歩タイムがあったりとイベント盛りだくさん。そして結構動物に触らせてもらえます。放し飼いの大きなリクガメを触ったり、突然カピバラもお散歩タイムに触れるし。アシカのお散歩タイムにはびっくりしました。ベッタラベッタラ濡れ跡つけながら休憩所を闊歩。さすがにアシカは触れないけど。
小さなカンガルー(ワラビーではないみたいだった)の放し飼いエリアでも近くに来たら触っていいの。
他にも羊やアルパカ、一番大きな生き物でラクダがいました。

d0041074_23025986.jpg
↑お友達に話しかけるかのように気さくな娘。
カピバラもこんな顔ですがまんざらでもないようで、それでいてどうでも良いようでした。

ミニヨメコは今2歳半ですが、小さなミミズクなら腕に留まらせてもらい写真も撮れました。大きなフクロウの撮影もあったのですが、そちらは小さいお子さんはご遠慮いただくかもです、との事。
ここね、ハシビロコウが2羽いるのですが、よく動くの〜。ヨメ、こんなに動くシト初めてで大喜び。しかも結構近いのでよく見える。いつかハシビロコウも作りたいと思っているのでかなり長時間ハシビロコウエリアにおりました。家族の理解があり良かったわオホホ。そんな母の姿に娘も感化。動物王国から帰るころにはハシビロコウがしっかりインプットされ、好きな鳥になっているようでした。

神戸ではお祭りも体験。ミニヨメコも檀尻は毎年見ているのですが、今年は縁日のヨーヨー釣りも初体験。これまた大興奮で、上手に2つ程釣り上げておりました。

ところでブルバアの田舎では山車(だし)と言っていた記憶なのですが、関西では檀尻(だんじり)というのですね。毎年「だんじり」という言葉が咄嗟に出ない、、ってかヨメの「だし」っつー言葉はホンマなんか?またうっかりか妄想か?と思っていたのですが、関西では檀尻というらしい。良かった、ちゃんと「だし」も存在するのね。

とにもかくも楽しいGWでしたが、2歳半の子供とブルさんの入ったカート引っ張って両親共に登山用リュック(カッパは子供が担げるタイプだ。)に更に荷物を送っている、という状態で、新幹線も今は2シートですよ。ご想像できるだろうか。足元は全てブゥちゃんカートで占領されている。リュックも1つは娘対策に色々詰め込んでいるので基本は席前に。そしてチョロチョロモソモソ新幹線で絶対寝ない娘が真ん中を占領する訳です。延々「あそぼー」攻撃ですよ。せめて子供料金で乗らねばならなくなったら3列シートで普通の体勢で座れるのに。。と思わず白目な程には疲れました。





[PR]



by wakka-w | 2015-05-07 09:26 | 諸々旅 | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

「運命の子犬を見つける!」
のタイトルに
号泣。


2点


運命の子犬と
12年間やってきたんだよ。

子犬は
立派な成犬になって
立派に旅立っていったよ。

泣くの我慢してたら
鼻血吹いたので
涙は止めてはいかん。

最新のコメント