フレンチブルのワンコそば in Japan

中力粉の行方

今日はカッパが半ドンで、午前中は「蔦屋でドヤ顔したい」というので蔦屋家電にまたしても行ってきました。とても気に入った様子。今度またドヤ顔しに行くそうです。私もお一人様でドヤ顔しに行きたい。楽しいのよ、分かってるの。グッドミールズカフェだっけ?アイスキャンデー美味しかったし。

で、娘がロボットから離れなくなって大変だった訳ですけど。無視され続けながら(しかも謎の自分語りしてるロボット)も、ロボットの手を握って横に突っ立って満足そうな娘。
あまりに(ロボットが)自分語りしてるので、母は娘に「ミニヨメコちゃん。『大丈夫?』って聞いたあげたら?」と呆れ顔で言うと娘がロボットの肩を叩きながら心配そうに「大丈夫?」「ねぇ、大丈ぉ夫ぅ?」と話し掛けておりました。ホンマに大丈夫?あのロボット。
正直イライラしながらも、結局毎回娘がロボットを目ざとく見つけるのでロボットネタが増えるヨメ。こんなにあのロボットにイラついている人間はそういないと思う。

さてカッパが満足した後、じゃ我々もそろそろ、と帰宅。この段階ですっかり疲れていたヨメは今晩パスタにする事を決めたのですが、折角なので娘も楽しめるよう生パスタを作ることにしました。

が、いつも強力粉で作るのが、なんとまぁ帰宅したら強力粉がないじゃありませんか!わざわざ二子玉まで行って買い出しもせず帰宅した自分を呪いましたが、何故かご家庭にあった中力粉で同じ手順でパスタを作ったら問題なく美味しいものができました。

長々書きましたが、このブログの今日のポイントは「中力粉でも水と塩だけで美味しい生パスタが作れます。」です。





捏ねて寝かせた中力粉と水と塩の塊を、その後母に習って上手に「ピーチ」という種類のパスタにしてくれました。1センチ角棒に切ってひたすら細く伸ばすだけです。

d0041074_21483407.jpg

でも一生懸命、職人のように母の横で作る娘は輝いていました。すっごく美味しかった!アテクシの作ったミンチのラグーソースも美味しかった(家にあった謎のイタリアワインの功績が大きい)のですが、娘が凸凹に伸ばしたパスタがソースによく絡んで。
物作りの楽しさを心底感じたようで、「パパ、まだかな〜」「パパに、パつタ(作った)の、言う?」と、パパにも食べて欲しくて堪らない様子でした。よかたよかた

備忘録の今日の娘。
本屋ではボーネルンドと絵本には近づかないように周っていたのですが、あそこ、妙に食関係の本は多いのよね。嬉しいけれど。そんな料理コーナーでちょっと本をチラチラ見ていたら、娘が文庫本サイズの文章多めな妙に小難しそうな「寿司の本」を読んでおりました。光物の写真見て「おいしそー」とか言ってました。

家でも絵本だけでなく、母や父の読む本を開いて宇宙語で音読する娘。そのまま活字に抵抗ない人に育って欲しいです。娘がよく開く「白洲次郎」。相変わらずカッパは積ん読です。白洲次郎は娘によってドンドン「何度も読まれた」かのような味のあるテイストになっちょります。






[PR]



by wakka-w | 2015-05-08 21:29 | ブルち 関係ない | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
おしり探偵は
読ませたくない、
とカッパに
言われていましたが、
無視。

いや分かるよ。
品は無いわ。
正直進んで
このタイトルの絵本を
本棚に
並べたくはないわよ、
ヨメだって。

でもさ、
楽しくないと
意味ないのよ。
今の時期はね。

それにこの絵本
ちょっと
読者も推理するの。


7点


今では
結構好きな絵本に
なっているミニヨメコ。

今日こんな事
言ってました。

おしり探偵って
カッコいいよね!
ほら、このポーズとか。
(と言って
裏表紙の
ダンディな姿を見せる)

おふぅぅぅx、、
カッコいいとまでは
思ってほしく
ないねんけどな、母も。

顔、おしりやで?
と思うのですが
子供は
そんな事
どうでもいいようです。
ピュアですね。

最新のコメント