フレンチブルのワンコそば in Japan

備忘録

27日のミニヨメコ。別件の備忘録。
例えば、数の事や文字の事、しばらく粘っても出来ない時は「まだその時ではないのだな」と一旦中止(諦めるとも言う)するようになった母。すると娘は泣く。
最初は結構イラチな母なので、(できないと)怖いのかしら、、と思っていたけれど、話を聞くと怖くて泣いているのではないそうだ(まぁ面と向かって言えないだけかもしれんが)。「出来ないのが辛いの?悔しいの?」と聞くとウンと頷き泣く娘。あぁ私も経験ある気がする。出来ないのは本当に悔しくて不甲斐ないのだ。但し、母の場合は結構手抜きした結果の「出来ない」だったからあまり同情の余地はなかったが。。

娘はまだ「手抜き」を知らないのでここで親が間違えてはいけないと思う。悔しくても工夫すれば、頑張れば出来るようになる、と思ってもらえるようなレベル設定を、、、あぁ難しい。

-----------------------------------------------------

昨年母の日にプレゼントされた「ミニヨメコのアジサイ」が開花。とっても可愛いピンクだったけれど、今年は大分白っぽい。母色になってきたのか。でも毎朝このアジサイを見るのが楽しみ。
新芽が折れたっぽい新しい蓮も立ち葉がようやくポコポコ泥から顔を出してきたのが見える。頑張って大きくなって欲しいわぁ。特等席を用意したんだから。

睡蓮も小さい葉がどんどん出てきてる。今年は花は無理かもしれないけれど、養生しておくれ。

ゴーヤは花が咲いてきました。望まぬ方向に伸びているモノもいるけれど、結構順調。

トマトも花が咲いてる。

メダカも元気。白メダカさんと「楊貴妃」という品種の緋色のメダカさん。美しい。特に楊貴妃は小さな金魚のようにも見える色。茶色の睡蓮鉢にもよく映える(白メダカは言わずもがな)。

トマト、メダカ、ゴーヤはミニヨメコが世話するのね。と話してあるので毎朝皆を気遣う言葉を発する娘。ゴーヤは今ひとつみたいだけれど、トマトは食べるのが好きだし、メダカはよく動くので特にお気に入り。水やりも餌やりも楽しいらしい。

------------------------------------------------------------------

ミニヨメコ、もうすぐ2歳7ヶ月。
今日は体験的な初めての一人プール。今までカッパパと一緒のプールでは顔に水がかかるのも嫌で暴れたり喚いたりしていた彼女。
お風呂ではアップップで水が掛かるのもなんとかできてきたけれど。。という段階で、どんなもんかいなと思っていましたが意外にも結構普通に頑張れていました。遠くで見ていた限りは「水が怖い」というのもそんなにひどくない様子。ちょっとだけ嫌そうな時があったけれど頑張っていましたよ、と先生より。

プールが終わったら「トイレぇ」と、自ら申告してトイレに行けました。あら、あらあらまぁまぁなんて素敵。

母子分離はバッチリなので、そこだけは不安がないのが彼女の良いところ。時々こちらを見る時は母もオーバーリアクションで応援します。はっきり言ってこんだけリアクションしてるお母さんヨメだけだから。これ、お年頃になってもこんな事してたらきっと母は嫌がられるわね。でもそれで不安が消し去るならお安い御用よ。ふふf







[PR]



by wakka-w | 2015-05-25 16:58 | 0-4歳児なう | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

「運命の子犬を見つける!」
のタイトルに
号泣。


2点


運命の子犬と
12年間やってきたんだよ。

子犬は
立派な成犬になって
立派に旅立っていったよ。

泣くの我慢してたら
鼻血吹いたので
涙は止めてはいかん。

最新のコメント