フレンチブルのワンコそば in Japan

旅の備忘録 其の1

沖縄の1週間旅行、その予定はヨメが大変な目にあっていた7月後半にカッパが立ててくれました。ヨメの回復を待っていては予約が取れなくなる、との判断で、ベッドで朦朧としながらカッパの予定に適当な相槌を打っていたのが懐かしい、、いや、懐かしくない。苦々しい思い出じゃ

結局どんなスケジュールかよく分からないまま、しかもカッパが出張で前日まで家にいないので今ひとつ準備も進める気にならない中、台風発生です。当初の予定では宮古島に滞在後沖縄本島の予定でしたが、出発の朝、カッパがスケジュールを組み直し、各方面に連絡を入れて本島と宮古島の予定をひっくり返す事に成功。
つつがなく無事に旅行を楽しむ事ができました。

今回の旅のお土産は沖縄の若手作家さんの作品を中心に。それから12年前だかにカッパと一緒に訪れた泡ガラスの稲嶺さんの工房を再訪。
あとは美ら海水族館で1日過ごし、残りは海。ひたすら海でした。
ダイビング内容は沖縄本島では海の生き物達と青の洞窟。宮古島では地形メイン。本島では6種類のクマノミを見ました。日本にいるクマノミは全部で6種類だそうで、それを全部見れたの。宮古島の地形は面白かった!

そうそう、宮古島ではホタルも見かけました。1月2月を除いて大体いつでも見れるそうです。宮古島の固有種だそう。大きくてよく光るホタルでした。娘も大喜び。
宮古島ではシビラビーチで2日間シュノーケリング。クマノミ、コクテンフグ、イカ戦隊、更にウミウシやシャコまで見つけました。これまた娘は大喜び。波と海のしょっぱさ、うまく浮けない、箱メガネを使いこなせない己の不甲斐なさに終始ギャーギャー泣いていましたが、実はすっごく楽しかったそうです。良かったわ。母は娘片手に担いでシュノーケリング、父は浦島太郎の亀状態で海に連れ出した甲斐があったわよ。ダイビングより疲れたわ。

そんな思い出話をもうちょっと綴ろうかと思います。さぁ、綴りきれるだろうか。これで終わるかもしれん。






[PR]



by wakka-w | 2015-10-04 20:38 | 諸々旅 | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
そろそろ
浴衣を新調するなら
探しだす時期が
やってきたな。


6点


毎年チェックは
しているが
着るのも
年に1度だもんなぁ、
今や。

どっか着て楽しいとこ
ないやろか。

最新のコメント