フレンチブルのワンコそば in Japan

忘れないうちに

今日は自転車と電車で移動の日。明日以降早々に進めねばならない作業のために蒲田のユザワヤへ材料を買いに行きました。

午前中に娘の習い事に付き合ってそのまま電車で移動。移動途中、目のあった年配のマダムに娘がオモムロにご挨拶を始めまして、終点にて

さようなら、また来週お会いしましょ。

とお別れのご挨拶。マダムだけでなくその後ろにいたビジネスマンも思わず笑ってしまう(母失笑)場面になりました。ミニヨメコちゃん、ちゃんとご挨拶できたね。素敵なことよ。挨拶は大事だからね。な〜んて娘に話ながら改札に向かっていたのですが、その時に声を掛けてくださった方が。先ほどのマダムでした。

マダムは娘の挨拶をとても素敵だと思ってくださったらしく、来週はもう会えないから何かプレゼントさせてね、と駅のキオスクにて彼女にプレゼントして大丈夫なものを、と私に声を掛けてくださったのです。何度か辞退したものの、いいのいいのと笑顔のマダム。では、、とこちらもありがたい思いを頂戴する事にしました。
プレゼントしてもらった、お菓子のグミ。娘だけでなく母にも素敵なプレゼントになりました。気持ちを形にしてプレゼントしてくださったマダム、ありがとうございます。
娘には「グミが嬉しい、じゃなくて、気持ちをプレゼントしてもらった事を嬉しく思ってね。今日の事忘れないでね。」とお話。

帰りは帰りで、蒲田から大井町までの道中、やっぱり娘がご挨拶。今度はおじいちゃまに。娘はとにかくよく喋るので電車に乗っている年配の方は気になるようで、この方も暖かい目をして娘を見ていたのですがやっぱり娘と目があって娘の挨拶が始まったのでした。今からおうちに帰るの、ブゥちゃんが待ってるのよ。素敵な名前でしょ。ブゥちゃん(ブルやけどな)。
帰り際、貴女からご挨拶したのだからお別れの時も貴女からね、と促すとちゃんと挨拶ができた娘。おじいちゃまも目を細めて手を振ってくれました。

そして東急大井町線ではすっかり疲れた娘が座りたいというのですが、席は1席。じゃぁ行きしと一緒で母の膝の上に座るがよい、と話しながら電車に乗ると大学生と思われるお兄さんが爽やかな笑顔で「どうぞ」と席を譲ってくれたのです。お兄さんの横はちょうど1席空いていたので気を効かせてくださったのでしょう。親子2人で座れるようにと。辞退したものの、やはりいいからいいからと爽やかな笑顔でドアの前に立ったお兄さんのお言葉に甘えてジュースを飲んでいる間だけ娘にも1席お借りしました。混んできた事もあってその後は膝の上に。お兄さんにありがとうございました、と声を掛けたもののそのまま笑顔で立つお兄さん。今時スマホじゃなくて文庫本を読むその姿に「あっぱれ」と扇子を広げたくなるヨメ、、では色気がないので「ポッと頬を赤らめて思わず惚れてしまいそうになった」とここに記しておきます。こっちを史実として記しておきます。

皆さんそれぞれ用事があるからこそ乗っている電車なのに色々気持ち的にも助けられた1日でした。






[PR]



by wakka-w | 2016-01-28 20:44 | baby&東京マザーズクリニック | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
ずるずるした格好で
幼稚園に行き、
ママ友の
アイシャドウを見て
あかん、これではあかん!
と思い、


4点


昼頃からお化粧。
そろそろ気合い入れよ。

落ち武者スタイル、
ダメ、ぜったい。

最新のコメント