フレンチブルのワンコそば in Japan

八重山あれこれ。旅の思い出お土産編。

d0041074_10544981.jpg
↑石垣島にてガジュマロの椀
 西表島にてガジュマロの敷物


石垣島の中心地は港から徒歩10分くらい。小さな商店街ユーグレナモールの周辺にお土産屋さんが集まっている感じなのでしょうか。今回は商店街近くにある「石垣ペンギン」さんにて沖縄在住の木工作家、藤本健さんのガジュマロの椀に一目惚れ。元の樹の特徴を活かしたデザインが素敵です。
石垣ペンギン」さん、ペンギン食堂のセレクトショップなのかな。小さなお店でしたがセンスの良い品が並んでいました。もちろんラー油も売っておりますよ。

それから、、ユーグレナモールの真ん中辺りかな。沖縄の工芸品セレクトショップが素敵でした。品数は少ないけれど都会のライフスタイルにも合いそうな素敵なもの有り。手頃なミンサー織もありました。ミンサー織ってこちららしくて良いよね。明るい色合いだけれど色調がちょっと抑えめな感じ。

西表島では滞在していたパイヌマヤの入り口にある染め織り屋の「ゆくい」さんにてガジュマロで染めた敷物を購入。こちらも素敵な織物がいっぱいありました。芭蕉や苧麻を使った織物は沖縄らしくて良いなぁ。
小さなお土産としては栞が素敵。

西表島の港にもお土産やさんがあります。パイナップルやグァバといった生鮮果物も置いてありますが、素敵なポストカードもあったり。手作りプリンも売っているので買い込んで船の中で食べるのもこれまた良い。
西表島でイリオモテヤマネコの切手があればいいなぁと思ったのですが、郵便局に行く時間なし。チラッと聞いたところ、去年発売でもう売り切れのようでした。増版はないみたい。

竹富島の港の待合所でもオシャレなお土産を置いてある売店がありました。こちらでは竹富島の切手も購入可能。

気になったのが石垣島のファミリーマートで見つけたWECKの小瓶に入った離島の手作りあれこれ。シィクワーサーのジャムや紅芋のジャム、琉球唐辛子やら売られていました。TAKE FREEの冊子(文庫本の厚み)があって貰ってきたのですが、イラブーの佃煮、なんてものもあるらしく(ヨメが見た時は置いてなかったけれど、通販もあるみたい)、ちょっと気になりました。
離島ならではのちょっとした食べ物が瓶に入ってオシャレ。お土産にも良いと思うの。別の用事でコンビニに入ってその時は「ふ〜ん」で終わらせちゃったのでちょっと後悔。もうちょっと見てくれば良かった。
※ファミリーマートやった。

d0041074_10442695.jpg
↑去年もオススメした沖縄のオシャレ雑誌uchina。
多分コンビニとかにもある。
離島のいいもの沖縄セレクションは
ファミリーマートの沖縄土産(食品)のカタログ誌。
結構読み応えあります。
ファミリーマートのセレクションコーナーにてゲット。

沖縄の思い出番外編はポケモン。主にホテルでですがパウワウが毎日出現。おぉぉ海らしい。カラカラもゲット。カッパには出てこなかったけれど、ブーバーもホテルの部屋に出てきました。スリープやマルマインもうちの近所では見かけたことないー。
由布島ではエレブーが出てきました。
なんて素敵な沖縄土産。

やはりホテル等、人が集まるところにはそこそこ出てくるのかしらね。とは言え石垣島の港や商店街では珍しいものはいなかったなぁ。そんなに出てこなかったし。あ、カビゴンの影見たな。近くにいるいる詐欺だったけれど。


めいっぱい楽しんだ沖縄旅行でした。





[PR]



by wakka-w | 2016-09-02 10:44 | 諸々旅 | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
昨日の花火、
河川敷で
待っていたら
避難するにも
身動き
取れなかったんじゃ
なかろうか。

雨具があっても
笑えるくらい
濡れたんじゃ
なかろうか。

駅も凄まじそう。


4点


そこまでいったら
諦めて
無印とかユニクロで
新しい服買って
気分一掃やな。
幸いどちらも
下着も売っとるがな。

その後一杯
引っ掛けに
さまようか。
(そして満席ばかりで
コンビニで
アイス買うまでがデフォ)

とか色々
シミュレーション
してみた。

カッパに聞いたら
映画館とか、
カラオケ。
って言ってた。

何にせよ、
どこでだって
いつだってそうですが、
どう過ごしたか、
誰と過ごしたか、やね。

怪我や事故さえなければ
来年には
笑える思い出になる。

最新のコメント