フレンチブルのワンコそば in Japan

手作業

綿をハンドカーダーで整える。綿が少ないので今日中には糸を紡ぎだせそう。
銅媒染の方は液体がほんのり黄緑になってきた。でも今週中はまだ使えないな。

イギリスは湖水地方でンコ付きの羊毛を拾ったのが懐かしい。帰国後、羊毛を洗い、道具を準備し見よう見まねで糸にした。編み物ができないので相変わらず糸のまんまだけれど、見るたびに何故か?誇らしい気持ちになる。ようやった

ハンドカーダーは機能の割に?お高い。当時は代替品も思いつかず、オークションで比較的安いのを手に入れた。それでも1度きりの使用にはお高かったのだけれど。
最近調べたらペットブラシで代用できるとネットで紹介されていた。大きな100円ショップだとペットブラシも有るとか。便利な世の中になったもんだ。ありがてぇありがてぃ

ハンドカーダーの代わりってあとは綿打ち?こっちの道具は手作りもできそうね。

どちらにせよ、アナログな作業をしていると物作りの大変さをしみじみ感じる。大変さ、というか手間のかかり具体が半端ない。昔は時間の流れがのんびりしていたんだろうなぁと現代の人間は想いを馳せることもあるわけですが、その実、別の忙しさがあったんだろうねぇ。こんな事、こんなに時間かけてやってたんやで?綿を糸にする作業。糸、今いくらで買える?糸を布にして、その布をいくらで買う?
すごいよねー、(そんなあれこれを機械化できちゃった)今も、アナログな昔も。

そうそう、ロンドンに滞在していた時はまだiPhoneも無く(発売されてなかったんちゃうかな)頼みの綱はカッパが会社用に持っていたブラックベリーだった。ベリーちゃんベリーちゃんと旅に出る度に頼っていた。チュニジアで飛行機が飛ばず、周りはフランス語ばかりで帰れるのかどうかも分からず、カッパが色々手配していたのもベリーちゃんからだった。ブラックベリー、もう製造終了だっけ?
懐かしい日々ね。。しんみり。冬が近づくとやっぱりイギリスは編み物の国だから、なんだか懐かしくなるのよね。昨日は沖縄を懐かしく思い、今日はロンドンを懐かしく思う。心は自由よねー









[PR]



by wakka-w | 2016-10-21 09:46 | ブルち 関係ない | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
昨日の花火、
河川敷で
待っていたら
避難するにも
身動き
取れなかったんじゃ
なかろうか。

雨具があっても
笑えるくらい
濡れたんじゃ
なかろうか。

駅も凄まじそう。


4点


そこまでいったら
諦めて
無印とかユニクロで
新しい服買って
気分一掃やな。
幸いどちらも
下着も売っとるがな。

その後一杯
引っ掛けに
さまようか。
(そして満席ばかりで
コンビニで
アイス買うまでがデフォ)

とか色々
シミュレーション
してみた。

カッパに聞いたら
映画館とか、
カラオケ。
って言ってた。

何にせよ、
どこでだって
いつだってそうですが、
どう過ごしたか、
誰と過ごしたか、やね。

怪我や事故さえなければ
来年には
笑える思い出になる。

最新のコメント