フレンチブルのワンコそば in Japan

ラッキー子ブタよ再び輝け

自分にしては珍しくちょっと更新があいたわね。という気分。

先月末に娘の誕生日を迎え、チマチマ日記気分で綴ってはいたのですが、あまりにもどうでも良い内容で、と言いつつupしてるものもビックリするくらいどうでもええ内容多いけど、まぁそんな訳で書いては更新をせずに、を繰り返していた11月頭です。

先週からちょっと気合入れなあかんな、という出来事もあったりはしたのですがそんな中、先週土曜にブルのおちんさんの左横に大きなデキモノ(と敢えて言う。後述)を発見。びっくりしました。前々日にブルさんをひっくり返してゴロゴロしていた時には触らなかったものです。あったら気づいていたと思うのですが、急にできたにしては大きくて(1センチ強?)本当はあの時すでに有ったのでは、、としか思えないもの。でも見逃す筈がない、と自信を持って言えるくらいにはいつも触ったり見たりしているのにな。その自信もなくなりました。嫌な予感のするデキモノ、というか、腫瘍にしか見えない。だいたい突然気づくには大きすぎ。それに後で診てもらった先生にも言われましたが、触った感じ重いのです。根がついているみたい。

幸いまだ病院が開いている時間だったので急いでブルを連れて行き、診てもらった後に針で組織を取って検査をしてもらうことに(ニードルバイオプシー)。その結果が出ました。肥満細胞腫の疑いあり(組織検査ではないので「疑い」としか言えないそう)、との事。疑いとは書かれているけれど、多少なりとも見えた、って事はそういう事なんだと思っています。

名前を知っている方は憂鬱になると思います。所謂ガンです。
診察に連れて行った後、ネットで色々調べたので結果はなんとなく覚悟していました。見た目は悪い姿をしている訳ではないのですが少しの炎症がいつまでもひかなかったので。

なんだかもう、気持ちの持っていきようをどうしたらいいんでしょうね。そんな気持ちです。
病気を憎む気持ちは勿論ですが、ブルもこの12月には12歳。所謂フレブルの平均寿命の歳にもなってきました。でも平均よりは長生きできる子だと思っているんだけど。思っていたんだけど。あぁ、こういう日が来たか、という気持ちも正直あります。
因みに本人は自覚を感じられるような素振りは見えないくらい普通に元気です。食欲もあるし、お散歩もしたい。散歩中、子犬に遊ぼうとお誘いして子犬にドン引かれるくらいにはいつもと同じです。
最近は寝てる時間も増えたけれど、それはもう仕方ないよねぇ。11だよ。

とりあえずは今朝から先生のところへ預けて夕方治療方針を相談する事になるのかな。非常勤の組織(だったかな、うろ覚え)を詳しくやってらっしゃる先生とも相談してくださるそうです。








[PR]



by wakka-w | 2016-11-11 11:41 | ブルち、肥満細胞腫 | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
昨日の花火、
河川敷で
待っていたら
避難するにも
身動き
取れなかったんじゃ
なかろうか。

雨具があっても
笑えるくらい
濡れたんじゃ
なかろうか。

駅も凄まじそう。


4点


そこまでいったら
諦めて
無印とかユニクロで
新しい服買って
気分一掃やな。
幸いどちらも
下着も売っとるがな。

その後一杯
引っ掛けに
さまようか。
(そして満席ばかりで
コンビニで
アイス買うまでがデフォ)

とか色々
シミュレーション
してみた。

カッパに聞いたら
映画館とか、
カラオケ。
って言ってた。

何にせよ、
どこでだって
いつだってそうですが、
どう過ごしたか、
誰と過ごしたか、やね。

怪我や事故さえなければ
来年には
笑える思い出になる。

最新のコメント