フレンチブルのワンコそば in Japan

ボケてないやろか

よくよく考えるとこのブログってブルさん日記だったよね。な今日この頃。

ちょっと備忘録です。不安。

昨晩は個室が嫌だと言ってんだろ、と確信した鳴き声でしたが、今日、また何回か鳴きました。

3回のうち2回は真昼間から。ダイニングで作業しているヨメの足元で寝ていたのがちょっと座って(まぁ珍しい気がする)しばらくするとリビングへ。そこでもボーッと座っていたのですが、突然ウォォンウォオン!!と鳴き出しました。

なにやってんだあいつ。
なヨメ(もちろん心配だす)。鳴き方がヨメが外出して忘れ物を取りに帰った時とかに聞く寂しいらしい鳴き声(よく忘れ物をするのでブルには鼻で笑われてる。引き返すと残念な人を見る目でブフーと鼻を鳴らされる)で、もしやこのシトあたいが居ないとでも思ってんのか??な感じ。
ブルさん?ブルさんどうしたのですか?と聞くも普通の音量では悦に入って?鳴いているブルさんには聞こえないらしく、パンパン!!と手を叩いてブルさぁああん??!!と声を掛ける事態に。
ようやく声に気づいたブルさんはヨメを見て明らかにギョッ!!とした顔をしておりました。

あんた、、あんた今ママン見てビックリしたやろ。

なヨメ。動物って痛いと鳴くより体を丸めてひたすら寝るイメージなのですが、違うのでしょうか。なにこれこわい、、と思いつつ、ギョッとしてヨメを凝視した後暫くはボーッとしていたのですが、またもや鳴くブルさんに同じような対応をし、同じような対応をされドキドキするヨメです。
麻酔でボケるとかある?肥満細胞腫でボケが進むとかある?

3回目は夕方。足元で寝ていたブルさんがまた座り込み、ヨメの真横で鳴き出しました。今度は声を掛けてヨメが居るのは分かっているようでしたが、止められないやめられない様子で暫くは何度も鳴いておりました。

物凄く不安になり、出張中のカッパにメールしたり自分でも調べてみたのですが、カッパは「ブルも不安なんだね、大丈夫だよ。」な返答。なんだこの何にでも対応できそうな適当な返答。この人の真意は分からない。本当にそう思っているのかヨメを安心させようと思っているのか。。いやでも察する事のできない人だし。
とは言えヨメはヨメで結構ネガティブ思考やし。

今日は寝ている時に突然座る事も多かった&ネットで調べると痛みで鳴く子もいるみたい(犬は痛みに鈍感と聞いていたのですが、最近の研究ではただ単に我慢しているだけ、とか。マジで?その誤解ひどくね??)で、やっぱり違和感やら痛みやら不安かなぁと思っています。
犬ではないけれど、人間も麻酔を使用した手術をした後少し痴呆的な行動が出る事もあるようで。心が付いていけていないという事なのでしょうか。その場合は数日で収まるようなので、次回先生に傷を診てもらう時に相談してみようと思います。

ガーゼが取れちゃったので傷も見ていますがまだ赤いね。消炎剤的はものは貰っているのでゆっくりと、だね。膿んだりはしていないので様子見です。

そうだ。今日はお友達に道端でお会いでき、話を聞いてもらいました。寒くなると体調が悪くなる子もいるようで、そうか、うちも今年は腹巻作った方がええやろか、と思ったりしています。適当な腹巻なら編める。ホッカイロ2つ入れるポケットもまぁなんとかなるわね。

ちょこちょこブルを知っているお友達にはお会いした時に話をしたりしているのですが、勝手ながら少しずつ吐き出しながら不安も一緒に吐き出してその空いた部分に治療の覚悟やらブルを信じる気持ちやらを充填している気分です。
計らずもヨメに会って景気の悪い話(なんやねん、なぁ!ブルちに悪さしやがって。)を聞いてしまった皆様、ありがとうございます。

ブルに起きている事態に対しヨメのこの謎のブログ語り調に違和感を感じる方もいらっしゃるかとは思うのですが、これは覚悟です。いつまでもメソメソしてられっか!くっそうくっそう!!










[PR]



by wakka-w | 2016-11-15 23:13 | ブルち、肥満細胞腫 | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
ずるずるした格好で
幼稚園に行き、
ママ友の
アイシャドウを見て
あかん、これではあかん!
と思い、


4点


昼頃からお化粧。
そろそろ気合い入れよ。

落ち武者スタイル、
ダメ、ぜったい。

最新のコメント