フレンチブルのワンコそば in Japan

備忘録

ブルの腫瘍のできるスピードとか過程が分かるような出来事あり。

月曜に組織取りの手術をして大きな傷跡と共に帰宅したブルさん。患部周囲は多少赤い感じ。

火曜、患部は相変わらず赤い部分もあり、傷跡の真横に最初の腫瘍と同じくらいのものがポコッとできる(今思えば。その時は大して気にもせず)。でもブヨブヨしていて何なのか分からず。切り取った分、周囲の皮膚を引っ張って縫ってあるのでそういうのもあってたるみ的なものかしら、、とも思う。

水曜、つまり昨日ですが、夜患部を見ると昨日のブヨブヨ部分が丸く赤い。昨日のところだ、、と思って触ると硬いくて重い。ギャーーーー!!この固さ、最初の細胞腫と同じ感じやんけ!
しかも今度は縫い跡をまたぐようにできている感じ?

なるほど。だから最初に気づかなかったのかも、と思いました。月曜は取り除くための手術ではないのでこのまま綺麗になるって事はないなとは思っていたのですが、何故あの大きさまで気づかなかったのかはずーっと謎に思っていました。
でも大きめの細胞腫も、最初柔らかければブルをひっくり返してワサワサやっても発見しずらい感じです。水風船のような柔らかさなので、体を伸ばすとお腹の上で平面になるというか。かと言って普通に触っても指から逃げそうな柔らかさ。そこから1日で固くなるって事は気づいた時には「こんなでかいのが!」も十分ありえそう。そうか。ブルの腫瘍はこういう奴か。
肥満細胞腫は色も形も場所も様々。大きくなったり小さくなったりもするので疑いだすとキリがない、とは言われたのですが、ぐぬぬぬぬ。。

本人は気にしてません。昨日の夕方からだんだんいつものブルに戻ってきてる実感を感じたりも。元気よ。食欲もあるわ。遊びも散歩もウェルカムよ。
そもそもいつだって手術の後にその患部を気にする姿は見ない男だった気がする。。今回エリザベスは適宜外したり付けたりを勝手に臨機応変にやっていたのですが、どうしても首まわりは赤くなってきたので今日はヨメが居る時は外しています。

あー、エリザベス外れたでち。あれ、別にいいけど(?)何でするんでちかね。もう目もちゃんと開くでちよ。

うん、ブルさん。ブルさん意外に男前なの知ってるけれど、それでも何かあったら困るからね。傷は傷としてちゃんと治さないといけないから。

まぁええでちけど。え、ってか僕傷あるの?どうりで痛かったでち。

ブルの顔を見ながらそんな妄想をするヨメ。何故この男が傷口をいつも気にしないのかは分かりませんが、もちろん傷があるのは変わっているだろうし(分かっているだろうな)でもブルなりに頑張っているんだよね。分かってる。
分かっているからヨメが離れる時はエリザベスするね。(まぁええでちけど。←いつも大人しくエリザベスを着用する)

昨晩はまたエリザベスでヨメの枕を半分奪ったんだよ。夜中に突然やりやがるんだ。ヨメの枕?エリザベスで寝るとか汚れるに決まってるだろうか!
おそろしい!おそろしい!!






[PR]



by wakka-w | 2016-11-17 10:07 | ブルち、肥満細胞腫 | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

結局
娘のおたふくは、

痛みを感じて
起きた約1時間半が
ピークだったようで

それ以降
腫れは
少しづつ小さくなり
本人は
いつもと変わらず
元気です。


7点


良かったよかった

最新のコメント