フレンチブルのワンコそば in Japan

ブルさんは特に何もなかった穏やかな1日

今日こそは連絡があるだろうと思っていたのですが、組織検査の結果が出たという連絡はなし。明日には出てるかなぁ。。分子標的薬が合う事をひたすら願っていますが、薬の力を借りつつ、今はブルの老いの速度と癌の進行速度が足並み揃えてくれればそれでいいように思っています。手術ができないのなら化学療法か放射線治療みたいだけれど、そんなに強い治療は望んでいないのもあって完治を目指しているわけではありません。
癌は持っているがおじいちゃんなので進行もゆっくり。結局天寿を全うしてくれる、みたいな。

土曜に傷口を見てもらって以降、だんだん赤みも引いてきて傷自体はうまく治りつつある様子。ノミ対策のフロントライン的なものもやってさすがにノミはもう駆除できたと思うのですが、喉周りの赤みは消えません。エリザベスのせいだけでもないような気がしますが、まぁこれも今に始まった事ではないので慌てているわけではない。ただ小さいぷっちんをそこかしこで触るのでそこはちょっと気になっています。でもこれもまた小さすぎるとニードルバイオプシーがうまくいかないようなので現時点ではどっちにしろ様子見。それにシャンプーもしてないからなぁ。

今は本人がとても元気で長いお散歩も喜んでしてくれるし、オヤツも食事もmore more more〜♪状態で頼もしい限りです。オモチャの投げっこ取ってこい、も楽しいみたいだし。ママンが視界から消えるのは嫌みたいだけれどな。
少なくとも痴呆症ちゃうやろな、、とドキドキしていた不安感は払拭されております。目もキラキラして気力に満ちている。

そう言えばブル、手術の翌日にミニヨメコにケツテレを強要したのですが、その時娘は本を読んでいたので大変嫌がったのです。が、その反応に対してブルが低い唸り声を上げてビックリしました。幸いそれ以上エスカレートする事なく、唸っている時のブルは様子がおかしいから手出しせず、ブル(の動き)を待ってろ、と指示して(この指示は合っているのか?)娘とブルは自然に離れたのですが、下っ端にケツテレを要求して拒否されると怒る、ってのはなにそれ。下っ端に安心を求めてるって事なのか?え?ミニヨメコに安心を求めるとか、ママンよく分からない。一番油断できなそうなメンバーじゃない?どーゆーこと?もの凄くよく分からないから真意を教えてくれ。
どちらにせよブルにも余裕のなかった数日のようでした。


--------------------------------------------------------------------------

さて、ヨメサイド。
ブルの免疫力強化のための(我が家にしては)長めの散歩に付き合いはじめてからヨメのバネ指の調子も良くなってきたように思います。

一時はタオルを絞るのも痛くて力が入れられないくらいだったのですが。
当時、(今ヨメと娘が崖っぷちでヨメが腕一本で崖を掴み、もう一本の腕で娘を握っていたら多分娘を助けられんな。娘の手を離す訳にいかんから、ヨメも一緒に崖から落ちるわよ母の愛←そうなる前に何故行ったしそんな場所)と思っていたのですがー。

整体行かななー。このまま戻ってくれたいいのになー。

今日は娘を幼稚園に送った後、家事をして雨が降る前にとブルさんと長めのお散歩。その後買い出しに出て帰宅後遅めのお昼を取りながら諸用の電話連絡等色々雑務をやっていたら娘のお迎え時間。そっからは坂道を転がるように娘のオヤツタイムに幼稚園での出来事を聞いて→娘のレゴに付き合い→自転車の練習、雨が降ってきたので戻ってきたら一息ついてお風呂に食事、夕食後にドリル、という流れでなかなか充実しておりました。自分の事、なんもできてないけど。娘が寝た後は結局疲れて何もやる気がしないのよね。。という事はまだ使える時間はある、という事だ。頑張れ

それから予告。もうすぐまた内視鏡です。安定のベテラン内視鏡。にプラスして初めて胃カメラ(理由はない。完全なる健康診断で。)やります。内視鏡の上手な先生だから信頼して初めての胃カメラもお願いする事に。
でも痛くない?ウゲッてならない?と聞くと麻酔で多分寝てる間だから大丈夫、全然痛くない、と頼もしい先生。本当?先生、吐いたら(胃も腸も空っぽで挑むけどな)ごめん。同年代らしいし素敵な先生だからドキドキするけど先に言っておくわ、ほんまゴメン(ヨダレ垂らす気満々)。いや寧ろ美人看護師さん達に申し訳ない、か。
またレポする予定です。











[PR]



by wakka-w | 2016-11-22 00:20 | 今日のブルち | Comments(2)
Commented by マキ at 2016-11-22 18:02 x
ご無沙汰してます。
ブルちゃんの様子、ここ数日拝読しつつ遠目で散歩姿を見掛けつつ過ごしてました。
我が家のビーグルが乳腺腫瘍で亡くなってそろそろ10ヶ月。
悪性腫瘍に負けないようにと免疫力アップのアレコレをしながらの闘病…というより腫瘍との共存生活でした。
余命3ヶ月と言われてからの2年間、それこそ余命宣告されたのは引っ越してブルちゃんと初めましてのご挨拶をした日でして。
寒い日は関節が痛み鳴き、食後は胃の膨らみが腫瘍を圧迫し神経に触るのが痛むようでよく鳴いてました。
腫瘍の種類が違えば症状も違う筈ですが、寒い日はもしかしたら痛むかもしれませんね。
我が家はエリザベスが触れる場所にワセリンを塗ったくってました(笑)
それこそ両手にベッタベタに塗って首もとをワッシャワシャと撫で装着を…。

なんかまとまりなく長々すみません。
はにかみながらご挨拶してくれたミニヨメコちゃんも、お姉さんになったんだろうなー(o^^o)
またお見かけした際にはお声掛けさせて下さいm(__)m
Commented by wakka-w at 2016-11-22 20:45
>ま〜き〜〜さ〜〜ま〜〜〜
キャー!ご無沙汰しております。散歩姿見られちゃった?見られてはならぬ姿をしておらなんだやろか。お元気でしょうか?

ビーグルちゃん、お姿を覚えています。腫瘍は乳腺腫瘍だったのですね。足取りはしっかりしていた記憶ですが、マキさんと一緒に居たい、って頑張ってくれたのですね。本当にこのシト達は飼い主を色んな意味で泣かせてくれる。愛しいです。
現世を卒業された事、遅ればせながらご冥福をお祈りいたします。でも飼い主より後に逝く訳にはいかないですもんね、ちゃんと順番を守って賢い子です。

今までは夜の散歩が多かったのですが、ニードルバイオプシーで肥満細胞腫の名前が出てから日中散歩しています。体温を高めて免疫力upやで!(でも体温を高めるに関してはうちのリビングの方がよっぽど暑い)
手術後の謎の咆哮は寒さから、ってのはあるかもしれません。人間より低いところにいるから人より敏感なのかも。やっぱり今年は腹巻いるな。。
エリザベス対策、ワセリンという技があるとは!ちょっと塗ってみます!ありがとうございます。

ミニヨメコもでっかくなってますよー。よう喋ります。そしてよう怒ります。
マキさんのお子さんも大きくなっているだろうなぁ。二人のママだから忙しさもひとしおですよね。お見かけした時が楽しみです!(もしミニヨメコをしばこうとしていたら見なかった事にしてください切実)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
春菊といちぢくのサラダ、
くるみの和なドレッシングで
すごく美味しかったわ。
娘にも大好評。

風呂吹き大根、
大根をとぎ汁で
似なくても
蒸したら
普通に美味しかったわ。
(「和食のごちそう」より)


9点


今日は
生落花生を見かけたので
ジーマミー豆腐でも
作ってみるか、
と思っていたら
カッパが出張らしい。

じゃぁもっと
手抜きしたいな、
というのが本音。


あ、昨日のおもちゃの
特典。
見に言ったら

「先着4,000名様!」

と書かれていて
仰け反りました。

プリキュア恐るべし

最新のコメント