フレンチブルのワンコそば in Japan

写真2008年バース

仮宿からオックスフォードに日帰りで行った(ブルさんは多分留守番)次はイースター休暇。初めてブルと一緒に1泊旅行に出かけました。目的地はバース。

d0041074_10573012.jpg
↑多分パディントン駅。ブルもそのままヌーディスト?で車内に入ります。


途中コッツウォルズの「ブラッドフォード オン エーヴォン」に立ち寄りました。何でかな、当初の予定には入っていなかった町ですが、多分カッパが思いついたのでしょう。言われるがままのブルとヨメ。

d0041074_10592793.png
↑という訳で早速ブラッドフォード以下略です。
エーヴォン川が流れているのでナローボートを間近に見れました。
ロンドンだとロンドンZOOからナローボートに乗れるよ。
楽しいよ。チケットが可愛いよ。


素敵な町でした。コッツウォルズの中ではあまり知られていない町のようで、観光客も日本人は見かけず。個人旅行で来ていると思われるヨーロッパの人がパラパラって感じか。

軽く散策した後にバースに行ったのよね、、多分。記憶が曖昧です。
バースはもちろん古いお風呂が観光地な訳ですが、ブルが中に入れるわけもなく。という訳でブルさんは町を散策した後にホテルでお留守番したのかな。ホテルに付いているスパに行く時もブルは部屋でお留守番でした。でもそれがお願いできる愛こぶたでありがたかったです。

ブルの部屋での定位置は机の下。持参のブランケットをベッド代わりにしてお昼寝。確か貴重品はブルのベッドの下に隠してスパとか行ったような。。

d0041074_11064357.jpg
↑なんか腹の下に仕込まれた(多分家の鍵とか)んでちよ。
ごつごつしている気がす、、、気にならないでちね。
スヤスヤ。


翌日、帰る前にブルさんも一緒に見れる世界遺産を鑑賞。

d0041074_11101837.jpg
↑ロイヤルクレッセントやで〜。長いやでー

そしてまた全く理由が記憶にないのですが、カッパが思いついたのでしょう。帰りはカッスル クームというコッツウォルズに立ち寄りました。駅からタクシーで行って、1時間くらいしたら迎えに来てもらったとか記憶。もちろんむっちゃ寒いねん。でもお土産やさんが1つ、どえらくオシャレなマナーホテルが1つ、パブ、以上!みたいな町なのでパブのテラスでビール飲みながらタクシーを待ちました。

d0041074_11125561.jpg
↑カッスル クーム、以上。みたいな小さい町。
でも大好きな町になりました。
ロンドン生活最後の方で再訪したから。
ブルさん、ムキムキ。最盛期やね〜
高さが足りないからって橋の上に乗せられたんでちよ。

d0041074_11143579.jpg
↑奥のマナーホテルに惚れて再訪しました。
再訪はバレンタインの時期。素敵でした。
こちら、食事もとても美味しかったです。また行きたい。
川沿いに水仙やスノードロップがポツポツ咲いていてね、
とっても素敵だったでち。

電車もタクシーもホテルもそのまんまでいいから犬連れはありがたい。でもペットシートとかはないからね。日本と躾が違うので別に至れり尽せりな訳ではありません。犬オッケーでも犬用品なんてホテルにありません。







[PR]



by wakka-w | 2017-06-06 11:20 | 今日のブルち | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

「運命の子犬を見つける!」
のタイトルに
号泣。


2点


運命の子犬と
12年間やってきたんだよ。

子犬は
立派な成犬になって
立派に旅立っていったよ。

泣くの我慢してたら
鼻血吹いたので
涙は止めてはいかん。

最新のコメント