フレンチブルのワンコそば in Japan

2008年コッツウォルズ ロウアースローター

今日は自由が丘にコンタクトを買いに行きまして、イエナのクロワッサンが美味しいと聞いたのでついでに食べてきました。インテリアショップ アクメの向かい。1階にパン屋さんがあってイートインできます。
パンがどれも素敵だった。そしてクロワッサン、美味しかったー。
パンもいくつかチョイスして持ち帰り。

散歩がなくなってから運動不足なので帰りは徒歩で。どこもかしこも大なり小なりブルとの思い出があってなんとも悲しい帰り道になりました。どうしようもない。時間でしか解決できない。

--------------------------------------------------

さて記憶を飛ばして2008年ロンドン生活へ。
バイブリーで鱒の養殖場をブルと冷やかした後はマナーハウスのあるロウアースローターへ向かいました。
ここが初めてのマナーハウス宿泊となりましたが、ここがまた素晴らしくて。マナーハウスの中では有名なホテルだと思います。我々の他にも日本人の方がいらっしゃいました。
マナーハウスの前は牧草地、フットパスを抜けるとアッパースローターという古い粉挽き小屋が資料館のようになっている小さな町にたどり着きます。
ジェレミーブレッドのシャーロックホームズの世界。事件が起きてもあたしゃ不思議じゃないね。

お部屋について一息ついたら領地を眺められるドローイングルームでお茶。食事の間までにフットパスを通って粉挽き小屋まで行ってきました。

d0041074_12502285.jpg
↑ちょっと外に出たらこれだよ。広大なんだよ。
目の前の屋敷がLORDS OF THE MANOR HOTEL&RESTAURANT
ホテルを背にしてずんずんフットパスを歩きます。

d0041074_12503062.jpg
↑う〜ん、世界は広大でち。

d0041074_12514244.jpg
↑マジでこれから行くん?なヨメ。もう夕方やで。
このフットパス、どんだけ掛かるん。


夕方なのですでに羊はおらず。夕飯までに戻ってこれるのか?これからどんどん暗くなるんちゃうの、、と思いつつ、気持ち良いので頑張って歩きます。さぁ粉挽き小屋のあるアッパースローターはどんな所ぞ。


d0041074_12505641.jpg
↑誰もおらんでち。

d0041074_12510549.jpg
↑誰もいない。。

しつこいですが夕方なんでね。明るいけれど6時過ぎとかそんなんちゃうかな。誰も外になんぞおらんのだよ。徘徊するまばらな観光客以外は。粉挽き小屋も閉まるギリギリでショップだけ覗けました。
アッパースローターは、粉挽き小屋、以上、みたいな村です。フットパスも素晴らしいしその先の村も素敵なので散歩はオススメ。

頑張って戻った後のホテルでの食事、とっても美味しかったです。マナーホテルは食事が美味しいところばかりだな。ドレスコード、そこそこしっかりね。

d0041074_12511495.jpg
↑翌朝はあいにくの雨。やっぱり誰もいないのであった。
朝も勢いづいて来ちゃったけど、やっぱり広いね〜ん。

翌朝は小雨。ホテル周辺の散歩で出会った人にグッドモーニングと挨拶したらグッドじゃない、と言われました。そりゃそうだ。

さてロンドンへの帰り道はダックレースをしていた愉快なコッツウォルズ、ウォーター オン ザ ボートに寄ります。ここでカッパは運命の出会いを果たします。












[PR]



by wakka-w | 2017-06-08 13:06 | 今日のブルち | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
えらく固い
ウィークエンドに
なってしまった。


3点


何故。

バターと砂糖の
混ぜ方が
悪かったか。

膨らみは普通。

食べているうちに
こんなもんか?
と思えてきた。

最新のコメント