フレンチブルのワンコそば in Japan

続 : 河口湖最終日 : ブルちとnicoち も芸術の秋 :

子豚がまだ幼き頃。
ブルが少しづつ大きくなってきた頃の事。。

どう見ても子豚にしか見えず、「ブル」という名は分り易くてそれはそれで皆様にも親しんで頂いてる感じで気に入っていたのですが、どうしても付けたくなった名前がありました。その名も

イベリコ。

女の子なら イベリ

ヨメの中ではかなりいい線いってるネーミングでした(あれ?)。

ところでイベリコ豚の一番良い等級は「ベジョータ」って言うんですね。

そんな訳でもしうちにブリンドルが来る事があったら「イベリコ」もしくは「ベジョータ」って名前にしようと思います。ちなみに 2ブヒ目の予定は全くありません。無理じゃ。

そんな食欲の秋。。膝乗り子豚の時期がやってきました。。

------------------------------------------------------

子豚が死へのダイビングから生還し、ちょっと小刻みに震えだした(=寒くなったらしい)事もあり一旦山荘に戻ります。

山荘に戻っても今だ起きない約2名。カポーは恐らく腹を空かせる頃であろうとヨメが強制的にお越しに2階へ。が、

あれ。。7時半には起きとったのに。。

あのー。。もうそんな「7時半うんちゃら」なんて恥ずかしい事言えない時間です。

それこそが寝ぼけているセリフではないのだろうか。。と思いつつカポーも起床。そんな訳で今度は一番の目的であった「美術館のワンコも入れる展示」を見に行くべく河口湖を約半周致しました。

着いた先は「アートガイア河口湖ミュージアム」

今回の旅の目的はこの美術館でやっている「愛犬と観られる展覧会 ビトウィーン アス、ダーシェンカ展」を見に行く事でもありました。ってか口実か。

ダーシェンカとはチェコの有名な作家(ってか他にもいろいろやってるみたいだけど。。「ロボット」とゆー言葉を作ったのもこの人です。)、カレル・チャペックの愛犬。一昔前に日本でもダーシェンカの写真集がはやったのでご存知の方も少なくないと思います。チェコ好き、絵本好き、雑貨好きにもよく知られている名前か。

この人が撮った愛犬であるフォックステリアの女の子、ダーシェンカの写真やイラストなんかが展示されているこの展覧会。他にもワンコが何匹かのんびりしておりまして、美術館も新しく大変キレイでのんびりした雰囲気でした。

d0041074_18201883.jpg
↑子豚、右!右!!(「志村、後ろ!後ろ!」のノリで。)

d0041074_1821745.jpg
↑アニメーション作品を人間様が観ている間の一休憩。画面のこちら側では子豚も同じく。

d0041074_18214919.jpg
↑あ!!遠くにいるのはガーコお姉ちゃんでち!

そうそう。入場料を払うとチェコで実際に使われているマナー袋も貰えました。このマナー袋、茶紙袋の中には厚紙でできたスコップが付いています。
チェコでは街の至る所に、このマナー袋と使用後のマナー袋を捨てるゴミ箱があります。置いてある地区だかナンだかによってマナー袋に印刷されているイラストのデザインが違って、ヨメも旅行した時タダなんで喜んで持って帰ってきましたが、彼の地では実際誰も使っていません。皆拾いもしないので道はウンだらけです。恐ろしい。

d0041074_18171277.jpg
↑ チェコの街にあるウン・システム。上の紙袋を引きちぎり、黄色いボックスにポイします。誰もやってません。

ちなみにウンのマナーはどうかと思いますが、街中のでワンコの躾は完璧です。基本的にはどのお店にも犬連れで入れるそうですが、入っても問題ないよな、あれなら、と思える程にちゃんと躾がされているようです。
日本のワンコとの生活は過渡期のような気もするので、そのうちあんな風に皆がちゃんと躾られている子になっていくのであろうと、ヨメは勝手に思っております。

さて、カポーが必死に子豚を撮ったり展示を観たり、映像作品を観た後。じゃぁ帰ろうかね、と美術館の階段を下りようとした所であるアーティストさんが壁にライブで作品を描いている所に遭遇。ラッキーでした!!

nicoちゃんとブル もイラストに描いてもらえたー♪

d0041074_18181923.jpg
↑「二匹は何が好きですか?」と言われ咄嗟の事で思い浮かばず「骨」に。

アーティストさんは高橋信雅さんという方。2006年4月~2007年3月の1年間、「日本のグラフィティ」をコンセプトに美術館の白い壁にイラストを描かれています。いつもいらっしゃる訳ではないようで、この日はたまたまでした。おぉ。

d0041074_1819697.jpg
↑男前なお兄ちゃんだったでちよ。僕も漢前に描いてでちよ。

ところでこの展覧会に来たワンコは写真も撮ってもらえました。こちらの「ダーシェンカFRIENDS」のNo.79 と No.85 がブルちとニコちでございます。

イラストも描いて貰えたし、記念写真も撮ってもらえたし、なんか可愛ええ生き物もみたいし、満足也。

d0041074_18223820.jpg
↑woollyな生き物。生きてたらいいのに(こえーよ。) 。アーティスト: 天野由美子さん

d0041074_18232236.jpg
↑同じく生きてたら。。以下同文。アーティスト: 天野由美子さん

この後、山荘に戻った我々は掃除を済ませ出発。時間が時間だったのでランチを取れる所がなかなか見つからず(ワンコが行けるカフェもそこそこあるのね、河口湖。)、結局美術館の隣のレストランでランチ。大雨の中、帰路に着いたのでした。

高速の雨も嫌だったけど、環八での大雨は本当におとろしかったです。ラインが見えなくて無法地帯みたいでした。事故もなく無事帰れて良かった。。

お二家族様、ありがとうございました!次は冬ですな。冬、ピックで突かれないように自主練しといた方がいいんじゃないか。。と思うておるヨメでございます。

冬はスキーを教えて貰うんだー♪でもスパルタらしいからひそ~りと山を降りるかもしれません。。(T-T)

楽しみー♪
[PR]



by wakka-w | 2006-09-26 16:49 | 今日のブルち | Comments(2)
Commented by muu_fetch at 2006-09-28 10:25
なんて楽しそうな旅!
最終日の更新を楽しみにしておりました!
考えてみれば犬連れで友達カップルとお泊りに行ったこと無いなあ。ヨメさま、お友達関係もステキング。がーこさまのブログも読ませていただいたりして、とてもオモロで楽しかったデスわ。nicoちゃんとブルちのイラストも可愛い!カフェもあるみたいだし犬連れ一人旅は河口湖にしよっかな~

イベリ子、イケてます。うっす。
Commented by wakka-w at 2006-09-29 17:01
>マムー様
楽しい旅でした!大興奮しっぱなしで子豚と一緒に親までブヒブヒしてました(?)仲良くさせていただいている御二家族には本当にお世話になっております。そしてこの御二家族をヨメと引き合わせてくれた子豚に乾杯。

イベリ子、うっすうっす。

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

ヨメは
固定電話も
携帯も
基本出ない。

携帯はアドレスが
入っている人だけ。

固定はアドレスが
入っていて
さらに
間に合った人だけ。
(せっかちさんは
おおよそ
取りつげず。)


3点


必要なら
留守電に入ってる、
くらいにしか
思ってない。

過去に
嫌な思いをしたので
仕方ない。

最新のコメント