フレンチブルのワンコそば in Japan

さぁ、今度の旅行はちゃんと書き終えるのでしょうか、旅行記。

※ ランキングもあるし、毎回飛んでもらうのも申し訳ないのでこっちにも同じ内容を up する事にしました~。


未だ一度として旅行記を書ききった試しがない嫁です。こにゃにゃちは。

書ききる気を持つのはもう諦めました。

そんな訳でいってみよー。(by いかりや)

※ どーしよー、また長くなっちゃった。これきりにします。(できるのだろうか。。)

------------------------------------------------------------

'06.10.28(土) - 11.03(土) タヒチ・ボラボラの旅8日間

カポーの遅い夏休みを利用してのタヒチ旅行。本当は9月の頭出発だったのですが、カポーの仕事によりドタキャン
ヨメ激怒。
数週間、スーパーサイヤ人並の怒りで過ごした嫁でしたが、ずーっとカポーに怨みつらみをぶちまけていたのが功を奏しました。行けたよ、タヒチ。夢はもぎ取るものらしい事を実証。

タヒチは中学生の頃、読んでいた「SPUR」とゆー雑誌で知りました。あまりに美しい海、豪華なリゾートホテル(ホテルボラボラ)にそのページに憧れ切り抜いたものです(←執念深そうだな、おい。)。そう、今だその切抜きがどっかにある筈。

そんな憧れの場所へ行ってまいりました。旅行から戻ってきたカポー家は今大貧困時代に突入中。帰ってきたタイミングが最悪だったらしく、カポーは溜まりに溜まった仕事に追われ毎朝4時に帰ってきては8時頃出勤するとゆー、涙の生活を送っています。大丈夫でしょうか。

そんなカポーの魂さえも犠牲にしかねないタヒチ。こんな国です。

タヒチ

・ フランス領ポリネシア
・ 年間平均気温は26℃前後。一般的に11月から3月は雨期、4月から10月は乾季
・ 公用語はフランス語とタヒチ語。ホテルでは英語も通じる。
・ 通貨 フレンチ・パシフィック・フラン (CFP) 旅行中はおよそ1CFP≒1.3円
(去年より上がってる。。痛恨也。)
・ 南太平洋上、118の島々が5つの諸島群に分かれて成り立っている。
・ 日本から直行便で約12時間。(そっから諸々の島へ移動)
・ 時差 日本時間+5時間 -1日


タヒチと言えば航空会社は エアータヒチヌイ。今回はJAL との共同運航便でバビューンと飛びます。まず目指すはタヒチ島の首都、パペーテにあるFHAAA空港(国際線の乗り入れがある)。ここから其々のリゾート地へ今度は小型飛行機で向います。

今回我々はボラボラ島を目的地に設定。
ボラボラ島はタヒチ島から小型飛行機で約1時間弱で着きますが、「行きは左側の席に座るとオテマヌ山が見えますよ。」という現地スタッフの方のアドバイス(天候の状況等でルートが変わる場合も有り)で席を左側に陣取ります。この日はあいにくの曇り(とは言えその前々日からずっと天気が悪かったらしく、天気が回復してきた日だったらしい。)。残念ながら山頂は雲に覆われていましたが、ちゃんとオテマヌ山を飛行機から観る事もできました。

ところでオテマヌ山とはボラボラ島の象徴的な山。

d0041074_23473055.jpg
1 2



1:エアータヒチヌイの尾っぽのマークはタヒチの花「タヒチ ティアナ」。機内で蕾状態のこのお花が配られます。耳にはさむのですが、昔は右耳には未婚の人、左耳には既婚の人が挿していたそう。香りがすごく強い!いい香り~♪
タヒチのFAAA空港に着くとタヒチ ティアナの首飾りがプレゼントされるのですが、タヒチの動植物は外に持ち出してはいけないので国内線に乗る際に没収されるのです。。でもリゾートに行ったら首飾りはまたプレゼントされるんだけど。
2:タヒチの国内線。マークがおされ。機内では1000cfp で扇子が売られています。これまたおされだった。。ブラニフみたいな感じのデザインでした。
3:窓から見た(おそらく)オテマヌ山。曇り!


ボラボラ島、ボラボラ空港に降り立ったのが朝6時過ぎ。空港からすぐリゾートのボートに乗る事約20分。現地時間午前7時前にカポーと嫁はようやく滞在先のリゾート、「ホテルボラボラ アマンリゾーツ」に到着したのでした。

到着するとさっそく日本人スタッフのマナさんが桟橋で迎えてくれます。ウェルカムドリンクを飲みながら桟橋の魚の多さに感動。その後部屋へと案内されました。

今回は水上コテージをセレクト。

d0041074_2348331.jpg
1 2



1:我々が泊まったコテージ「anau 102」。次回もここに泊まれるそうだ。次回はあるんかい。
2:うっほほ~!!お姫様ベッド。上に飾られている青い布はパレオ。魚の柄が手描きされているのですが、ホテルからのプレゼントなのです。パレオの巻き方冊子も付いてて嬉しいー♪ちなみにこの冊子、近所のお土産屋さんで 790cpf で売られていました。めざとく見つけた嫁。
3:ベッドの向こうに見える窓。。
4:なんとバスルームから部屋を通して夕日が見れるようになっております。いやん、ばかん♪な小窓。
バスルームは広々しておりました。反対側にはシャワー室と、ドアのない(!)トイレがあります。しかもトイレの壁の上の方に窓があるんですが、戸が付いてない。開いてるだけ。波の音なんか聞こえてドキドキです。アメニティは基本的な物と、歯ブラシが珍しくありました。あとタヒチ独特のオイルもあった。オイルという事は分ったものの、どうだか分らず使わなかったけど。。最終日、部屋の案内に「タヒチ独特だから是非お試し下さい」みたいな事を書いてあったのを発見。こーゆーのはだいたい最終日に見つけたりする。
5:まだ朝早くて曇り空のコテージ。もう一段下がった部分から海に入れるハシゴ有り(しかもこの板間にシャワー付いてる。これ最高)。
6:日が高くなるにつれ天気も良くなってきました。リゾートのビーチ。ビーチコテージはこのビーチの向こう側。


さて、ホテルボラボラは1961年創業の老舗ホテル。1989年にはアマンリゾーツに加わりました。
ヨメの印象としては「老舗」というだけあって施設にはところどころ年季を感じる部分もありましたが、タヒチの自然、サービスを含めてとても素敵なリゾートでした。大満足。年季を感じる部分もあり~の、他のアマンを知らんのもあり~ので「アマンリゾーツ」っていうのは<おまけ>って感じに思いましたが。今まで滞在した事のあるモルディブ程はリゾートが洗練されている訳でもなかったです。ってか単にモルディブの方がリゾートが新しいってことか。

お部屋の中は画像で紹介するとして、何よりも気に入ったのがコテージに付いているシャワー。部屋の目の前のリーフから上がってもお湯の出るシャワーのおかげで快適でした。

スタッフの方から部屋の案内を聞いた後、 さっそくコテージに。おぅ!!こんな浅瀬でさっそくヘラヤガラかいっっ!!それになんじゃ!ウツボ!!真っ白いウツボじゃん!!

ギャーッス!!カポー!!とさっそく大声でカポーを呼ぶヨメ。まさかコテージのリーフでウツボを見るとは思っていなかったので大感激。下の砂地が白いのでウツボも体を保護色で白くしていた模様。海の中でたまに見る馬鹿みたいにでかいウツボ(頭のでかさがブルちの頭くらいある、長さなんか想像したくもないでかさのがたまに居ます。)とは種類が違うので大変可愛らしかったです。思わず飛び込みそうになった!

荷物を片付けた後はさっそく昼(=朝)寝。タヒチ行きの飛行機の時間はちとつらい。日本発は昼頃なのですが、リゾートに着くのは早朝7時前。おまけに基本的には昼頃がチェックインなのです。我々も部屋が空いていたから良かったものの、日によっては昼頃まで部屋がないなんて事もあるようです。まぁ、その時も荷物はフロントで預かってくれるけど。。

昼前には起きようか、と目覚ましを付けていたカポー家も、結局起きたのは13時近く。部屋の掃除に来たスタッフの呼び鈴によって起こされたのでした。

ずるずると起きた2人。この日はホテルを楽しもうとまずはビーチのバーでランチ。タヒチのビール、ヒナノビールで乾杯しご機嫌です。

d0041074_23482688.jpg
1

1:メニュー見てドキドキしました。た、高い。。元々物価は高いので想像はしておりましたが、これが何日も続くかと思うとガクブル状態。
2:ホテルのフロント前で見つけた可愛いサイン。サインの中の人の慌てぶりが可愛いすぎる。。思わず「危ない!」とサインの中の人に言いそうです。

[PR]



by wakka-w | 2006-11-11 23:49 | '06 タヒチ | Comments(2)
Commented by がーこ at 2006-11-13 20:54 x
いやん、ステキすぎる!私もタヒチに行くことがあったら(ほとんど妄想)、絶対ここのホテルにしようと決めてましたー。やっぱ、水上コテージっすよねー、ウットリ。確かに、ここはアマン系でも他のアマンとは違うかもしれませんね。ボラボラは、元々完成された老舗リゾートだから、別にアマンがつこうがつかまいが...って感じかもね。引き続き、レポ、楽しみにしてるっす。
P.S.カエルが今日こっちのほう見てくれてたー。キャ♪
Commented by wakka-w at 2006-11-14 23:24
>がーこ様
すげかったです。最初はいろいろ年季が入ってる部分もあったんで「老舗とはこういう意味なのか?」みたいな不安もあったんですが、サービスも良かったし人気も気にならず(日本人は結構いてしかも水上コテージ率も高かったけど、そーゆーの別に気にはならんヨメ。)本当に最高でした。「アマン」はおそらくかけらも無かったけど、おぉ、老舗って素敵と大喜び♪水上コテージは難関でしたがやはり頑張って良かった。。これからまた旅貯金をせねば。。
ボラボラ島自体はやはりモルディブの1島に1リゾート、と比べると島がでかくて島民も住んでるのでラグジュアリー感もモルディブよりは低く、ローカルな感じもしました。山がね、もう雄雄しくて良い風景でした。

P.S 子豚がどうもカエルを時々いじっているようです。しかし持ち歩く程は盛り上がってないらしく、たまに噛んでみては放置プレー。

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

昨日カッパが
ガンダムの
サンダーボルトを
見ていたので
急に
アッガイが作りたく
なってきた。


3点


収納されてるアッガイ
可愛い。

ブゥみたいに
頭がでかいので
可愛い。

うちには
クマッガイの
未組み立てしか
ないな、今。

あとドラえもん
(ドラミちゃんも)の
プラモデル欲しい。

タイムマシンも
もちろん欲しい。

買ってどうする
作ってどうする
とは思う。

最新のコメント