フレンチブルのワンコそば in Japan

初日 : Vol.2 :

ランチの後はアクティビティセンターで翌日からのダイビングの予約。

ダイビングはリゾートの隣にボラ・ダイビングセンターがあり、ホテルを通じて予約、お会計ができます(おそらくアクティビティーセンターを通して希望のダイビングショップを予約してもホテルのチェックアウトの際一緒にお会計できるものと思われる。)。
実は日本人スタッフがいるダイビングセンターの方が何かと楽じゃないか、ホテルまでの送迎もあるようだし、と違うショップを考えていたのですが、現在ボラボラ島に日本人スタッフがいるダイビングセンターは無いとの事。(ちょい前までは居たようなので、またしばらくするとどっかに日本人スタッフもいるようになると思います。)
魚の名前とか日本語で教えてもらいたかった。。とは思いつつ、ではお任せします。。と予約を入れました。(そんな訳でなんの疑いもなく「ボラ・ダイビングセンター」だと思っていたが、考えてみれば確認していなかった。最終日にようやくスタッフのTシャツか船のなんかを見て「あぁ、やはりボラ・ダイビングセンターだ。と納得したアハハウフフな夫婦。」)

ダイビングの予約を入れた後は部屋に戻りシュノーケリングを楽しみます。
翌日のダイビング、実は1年ぶりのカポー家。カポーはともかくヨメは怖がりなのでどんなにログ数が増えようと、最初の1本目、というのは緊張します。緊張すると呼吸が苦しくなる上に、今回チェックダイブ(潮の流れが少なかったり、さほど深くない、簡単なところを潜ってスキルチェックなんかをする)を頼まなかったのでこのシュノーケリングは海水に慣れる大事な時間。

それに昨年行ったダイビング旅行中、シュノーケリングで初めてジャックナイフ(自分の体重を使って深く潜るの)ができるようになったヨメはドキドキしながらのシュノーケリング(どんなに怖がりじゃ)。

あまりの透明度に感動しました。
魚もいっぱい!
どうも近づいたつもりはなかったんですが、恐ろしい事にピカソフィッシュにケツを攻撃されました。ホント、ビツクリだよ、ケツ攻撃くらっちゃったよ、ヨメ。突然後ろからぶつかってきた何かに えぇえ~!!!??と振り向くと奴が。追いかけてまでヨメのプリケツに攻撃かい!
基本的に海の中で突然襲ってくるやつなんていないので、どんな恐ろしい事が起こったんかいと ものごっつビビリました。なんか縄張りとかあったんかしら。。モンガラが攻撃する事があるのは知っていたのですが、奴までもが。

d0041074_2353075.jpg
1 2



1:画像はビーチの深場より。でも同じヘラヤガラがコテージの下にもいる。
2:白いウツボさん。白い保護色の子って珍しいよね。
3:奴が、ヨメのケツを攻撃したピカソフィッシュじゃ。嫁のプリケツが。。
4:「ファインディング ニモ」の親びんも健在。しかもベラ天国。
5:チョウチョウウオもワラワラと。
6:存在自体がネタなドラゴンラス。フラフラフワフワ泳いでいる馬鹿みたいな魚がいる。。と思ったら奴だった。カポーと「やっぱり連れて帰らなくて正解だった。」と確認しあう。


あとね!!とうとう会えたよ!!ヨメ、いつかこの日を心待ちにしておりました。

自然界でライム・ラスを見た!

うぉおおお゛お゛!!ら、ライム坊や(ヨメの愛息子のベラ。他界)の仲間達よ。。

ライムちゃん見ました(号泣)。でっけぇ珊瑚の塊に小さい魚がいっぱいおったんですが、ライム・ラスが何匹かヒラヒラと。。し、自然界の子って色が薄い子もいるのね。。それにあの斑点!!お、お前、ライムガールかっ!!レイディ~か!!

そこから離れないヨメ。何度も潜って、頭に酸素が回らなくなりそうでした。ようやく会えた。。在りし日のライム坊やを遠い異国で偲ぶ嫁。

気が付くとカポーが帰ろうとしていたので慌てて追いかけます。聞こえる訳もないのに海の中で叫ぶ嫁。

ら゛、ラ゛イブぼうや゛ぅがぁああ゛~~

遠ざかるカポー。。なんと切ないことか。

海から上がるとまだ夕時前。海を眺めたりカポーは本を読んだりのんびり。。

タヒチの海っておもしろくて海の色が場所によってすごく変わるのです。
普通は島から段々遠ざかるにつれて海の深さも増すので海の色は淡い色から濃くなっていくのですが、この辺りは浅場と深場がところどころあるらしく、遠くを観ても突然濃い色の横に淡い色があったりして素敵でした。
ホテルボラボラの周りもコテージの周りは浅いのですが、桟橋の所は途端に深いのです。これはホテルボラボラの特徴。マティラ岬の先にあるこのリゾートは、それ故にある生き物が夜な夜なリゾートに現れ、それは世界でもたった1つ、このリゾートでしか見れない光景だそうです。その話はまたあとで。

そのうち うとうとしだした2人。もうすぐ初日の夜がやってきます。。

d0041074_23531920.jpg


-----------------------------------------------

ところで魚に攻撃をくらったとは言え、この日はまだヨメのケツヒリ度は大丈夫でした。。(伏線)
[PR]



by wakka-w | 2006-11-12 00:00 | '06 タヒチ | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
焚き火の炎を
見ていると
ブルを思い出し
号泣。


4点


翌日腫れた目で
目が覚める。

数時間ごとに目は覚めたが
珍しく熟睡した
テントの中だったのに。

最新のコメント