フレンチブルのワンコそば in Japan

カッパより御礼

昨晩帰って来たカッパから「ブログが全部見れなくなってるよ?」との一言。ヨメが規制をかけている旨を伝えました。何よりカッパが今回読んでいると思わなかったのでビツクリだ。
ところで規制は徐々に解除していくつもりです。ただ、闇雲に規制をかけているのでちょっとお見苦しい所が残るかもしれません。ブルさんがなかなか出てこなくなりつつあったこのブログ。どうしたものかと地味~に悩んでいたのでこれを機会に一度リセットしようかとも思ったのですが、普段の馬鹿話がどんなに幸せな事か、今回よく分かりました。ブルさんが全快の折には更に馬鹿話を盛り上げていこうと思っております。

昨日は午前中ぶるさんに会ってからその後、先生のところから電話がくる事もないので回復に向かっているようです。今日は先生の所がお休みなのでブルさんとは会えません。

昨日久々に1人で過ごし、いつもならブルがいない1日は羽を伸ばすいい機会だと「寂しく思いながらも結構楽しんでいる」つもりなのですが、昨日の1日は長かったです。何より朝、ごはんをあげる(ブル+チビチビ~s)時間がいつも朝の慌しさを増長させているのですが、この朝ごはんをあげる時間がほんの数秒で終わってしまうのがなんとも複雑な気持ちです。

ブルがいないとこんなに静かなんだー、やら
ブルがいないとこんなに部屋も汚れないんだー、やら

ブルさんが聞くと「なんでちと?」と言いそうな事ばかり浮かびます。

--------------------------------------------------

朝、カッパを送る途中、昨晩ブログの事を言っていたけど今回は読んでいるの?と聞くとウンとの返事。事実が間違っていたり、詳細で忘れている事はないかな?と更に聞くと「内容は問題ないけど、どっかで「舌」が「下」になっててそれが気になった。」と返されました。

なん。。だと?

昨日からヨメも気が付いていたのですが、わざわざログインしてまで直すのが面倒くさく、とりあえず明日直せばいいや、と思っていたのにコレですよ。恐ろしい男です。

全くなんだってんだってばよー(だんだん元気になっているヨメ)とマイブログを覗くとカッパからコメントが。これはコメントと言うより、ここに書くべき事ながらカッパはここにログインできないのでヨメがこちらに転載致します。

---------------------------------------------------
カッパより来訪の皆様へ

カッパ(ヨメの旦那)です。初めてコメントするのですが、というか実はこれまでこのブログを殆ど読んでなかったのですが、大勢の方からの励まし・お祝いの言葉を頂いているのを見て、心から感謝感激しております。この一両日中、気が動転していたヨメを励ましつつ、ベストな判断ができるよう平静を保つよう心がけていましたが、私も内心はずっと不安で心が押しつぶされそうでした。最悪の事態を迎えた場合のヨメの絶望感を想像すると、心が張り裂けそうでした。本当にブルが助かって良かったです。

今回は、先生方の提案のうち(多少リスクがあったにせよ)最速・最善と思われたものをすぐに実行して頂き、最終的には先生方を絶対的に信頼したことで、最悪の結果は免れましたが、一番重要だったのは、ブルが普段と様子が違うのを見て、すぐにヨメが「病院に連れて行こう」と言ったことだと思います。私はいつも初動が遅いので、ヨメにはホント感謝しています。

ヨメに負けずに長々と書いてしまいましたが、応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。今後はもう少したまにはブログをチェックするように致します。

最後に、今回学んだことを二つ。まず、いざという時のために、家の近くの夜間や週末対応可能な病院を把握しておくのが大事ですね。ネットでも調べられますが、緊急時には病院の評判までチェックするのは難しいですし、病院によっては設備や費用もかなり違うようです。もう一点ですが、ペットの手術って尋常じゃないくらいお金がかかりますね。もちろんブルの命を救うためであれば一銭も惜しくはなかったのですが、開胸手術だと一体いくらかかったのやらと思うと、やはり内視鏡で乗り越えられたのはホント良かったです(緑ヶ丘の先生の知恵と腕と根気に感謝!)。今度からはちゃんとペット保険に入ります。というか、こんな未然に防げるような事故を二度と招かないよう気をつけます。

---------------------------------------------------

以上までがカッパからのコメントです。
上記を踏まえてヨメからも。

「自分達のミスを棚に上げて」ではありますが、今回、ヨメが唯一冴えていたとすれば一番最初の行動の早さでした。今までの経過を見ていると、おそらくブルは途中から見た目だけは落ち着いてきていたと思います。食道の奥まで異物が進んだ事で、表面上は嘔吐の回数も減っていたと思うので、これがもし留守中の出来事だったら何事もなく、次の日に「ブルさんちょっとおかしいかな?」程度で先生の所へ連れて行っていたと思います。(この場合、おそらくブルは助からなかった可能性が高いです。)
実際、かかりつけの先生の所に連絡が取れない時点で、翌日まで様子を見ていた可能性が低くはないので神様が一押ししてくれたように思います。

それから今では当たり前ですが、すぐに調べられるツール(ネット)があるという点が行動の早さを後押ししました。なかなか電話帳では所在地などすぐに把握するのが難しいので。ただ、カッパも書いているように、緊急時にネットで口コミまで拾うのは大変です。行った先での先生の情報収集能力によって今回いろいろな場所を教えてもらえた点はラッキーでした。普段から複数の病院を確認しておく事の必要性をひしひし感じました。

そしてこれはもう本当にラッキーだったのですが、日曜受診が可能な場所、夜間専門の病院がそう遠くにはなかった事、これは本当に大きいです。特に夜間病院の存在はブルの命を左右していたと思います。(朝まで待っていたら、と言う話は前述の通り)

ブルはラッキーが重なりました。カッパが家にいた、というのも良かった。。矢継ぎ早に次の正しいと思われる選択肢を迫られる中、思考の止まりつつあるヨメをカッパが助けてくれました。

またこれはブルが助かった今だからこそ言えるのですが、お金の問題です。もちろん助かれば出し渋る事なんて絶対ないけれど、実は最初に行った先生に、一番最初に「内視鏡を持っていてこの時間もやっている」という事で教えていただいた病院があります。そこはお金もかなりのものだと伺っていました。(実際を知らないのではっきりとは分かりませんがおそらくは。。という前置きでこれくらいはかかるだろうとちょっと凄い金額を言われました。内視鏡さえあれば何とかなるんじゃないか、と思っていた我々には、その時はまだ同じような処置でもっと安い所もあるんじゃないか、と思えるほどもので、出費の覚悟はしていましたが、それを遥かに超える額に絶句)。
言われた金額は命の対価です。高い安いは個人の感覚もあるし、命に値段が付けれるか、と言われればそれはちょっと違うとも思うのですが、結局、そこはコミュニケーションがあまり得意ではないらしく、こちらの話を聞く前に次々に動く可能性もある(命優先なら仕方ないのかもしれませんが、説明もないのはかなり怖いので)、だから行くなら、最初にとにかくよく話をしてくださいと言われた事もあり、先生がこちらもおそらく持っている筈だから、と薦めてくださった横浜夜間動物病院に行くことになったのです。

結局、最初の病院での手術費、夜間病院での手術費(夜間なので多少割高らしいのですが、良心的な金額でした)、そして緑ヶ丘の先生の所での手術費(こちらはまだ未定)、かなりの金額が掛かっている事は事実です。

最後に緑ヶ丘の安田獣医科医院の院長先生、同医院先生方には感謝してもしきれません。最善の方法でブルを助けてくださいました。もちろんその前に担当してくださった先生方が適切な処置をしてくださり、それを上手くバトンタッチしてもらえた事は大きいのですが、明け方開腹手術後の時点では開胸手術になるのではないか、最後の方法はこれになるだろう、と言われていたので。(開胸手術になったら異物は取れるものの、かなり厳しい状況は変わらない。もしくは更にリスクが高まる可能性があった。。ヨメの感じでは、食道が治らず延命程度にしかならなかったのではないかと思います。緑ヶ丘の先生には今回のブルに関しては絶対に食道を切る事だけはしてはいけません、と言われた。)
かかりつけの先生が内視鏡を持っていた事も、大学病院の先生と相談してくださった等、ネットワークが広かった事も幸いでした。

この病院は、ブルを飼い始めた頃ご近所の方に教えていただいたのですが、ご近所の方となかなかコミュニケーションが取りにくい最近の世の中、ブルを通していろいろな方と接する機会が与えられている事、そのおかげで今ブルが生きている事、しみじみ感じています。
[PR]



by wakka-w | 2007-10-03 10:27 | ブルち、誤飲事件 | Comments(6)
Commented by ベーブ父さん at 2007-10-03 12:57 x
ブルくん、順調な様子に一安心です。
早く良くなって、元気玉どんどん送っておくれ。

保険、まさかの時にはすごく役に立ちますよ(←経験談)
Commented by まるの雇い主 at 2007-10-03 14:09 x
確かにお金の問題は大きいね。昔は保険なぞなかったので「くま」が泡を吹くたびに家中のお金をかき集めてお医者に走ってたのを思い出しました。金銭ではないけれど・・・。ある程度はお金で解決できるものね。貯めんといかんね。これからの「いざ!」の為に。
Commented by RAY at 2007-10-03 21:19 x
ひぃぃーっっここから読み始めたワタクシはびっくり仰天!
たいへんな週末&週明けだったんですね。
でも結論から知ったので泣かずに済みました・・・
(夫婦愛にはかなりじーんときましたよん、うふん)

ヨメさま、カッパさま、そしてなによりブルちくん、本当にお疲れさまでした。
犬の病気や怪我って、人間とほとんど同じ位に色々あるのに、それに対処できる技術とかシステムは雲泥の差なんですよね。
私もいい勉強をさせて頂きました。

ブルちくん、一日も早くおうちに帰れるといいですね。ヨメさまのためにも。
Commented by wakka-w at 2007-10-03 22:56
>ベーブどんのお父様
もう実は元気玉送れるでちよ!!←本人は親の気持ちなど知らずこんな感じだと思います。拍子抜けするほど元気でした。。(感涙)
今だからこそ言いますが、ブルの保険を一番最初に考えた時(ブルが我が家に来て数ヶ月経った頃だった記憶が)、まだカッパすら保険に入っておらず「カッパ(一家の主)が入ってないのにブルに保険ですかい!」となって保留していたのが今回の大打撃です。今だからこそ言えるんだけど。。ブルさんが帰ってきた暁には即効保険に入ります。それにしても飲み込んだ物がでかすぎるらしく、正直、ヨメは日々何を気をつけてやればいいのやら途方にくれそうです(もちろんブルが今回復しているから言える事なのですが。)
Commented by wakka-w at 2007-10-03 23:13
>まるさんの雇い主様
今回正直思わぬ「ど出費」でガクブルですが、とにかくブルが助かった事に比べれば小さい。小さいよ!!と思わず声を荒げたくなりますが、それもブルが生きてくれているからこその事。本当に幸運だった。本当に幸せだ。
今年前厄のヨメ。ちゃんとお祓いをしていたからかな。。神様が助けてくださった。雇い主様も厄日だったようで、でもそんな中で我が家の心配もしてくださって感謝しています。皆の祈りで子豚は助かったとしか思えない。(話がぐじゃぐじゃで済みません。)
wちゃんに数年に一度しか会わなくなった状態のヨメの印象ではあまり外からの影響を受けなそうに見えるんだけど、デリケートな部分もあるからちょっと心配かとは思いますが。。ヨメにしてみればスマのお二人はいつだって都会的で頼れる姉、って感じなのですぐに立ち直れそう。研究も大変だろうし、なんて言ったらいいか分かんないけど、とにかくヨメはいつもお二人のお姉さま方のパワフルさにエネルギーを貰っている感じなのです。あ、もちろん伯母様にもデヘヘ
気分転換に着物でビシッとなんてどうですか。(意味不明でごめんー!)
Commented by wakka-w at 2007-10-03 23:24
>RAY様
まさに昼ドラの修羅場のような週末(から週明け)でした。。ブルが助かったからこそ、そろそろヨメ節も炸裂なんですが。
でもまさに今こんなに気持ちが楽なのも、緑ヶ丘の先生のおかげ。胸を開いていたら、たぶん今もヨメは狂いそうになっていたと思います。結果を考えるのも恐ろしいです。
いや本当に突然驚かしちゃって済みません。。(冷静な今、まさに夫婦愛ですね、カッパのコメント。ぽっ)

今回、かなり獣医の先生方の大変さがしみじみと。なかなか人間のような設備が整わないんですね(異物をレーザーで粉砕できんだろうか、とまで思っていたヨメ。)。。それにいつもはかかりつけの先生がどこまでしてくださる方なのか、どこまでできる設備が整っているのか、等よく分からないので今回は本当にラッキーでした。ブルさんにもそこは懇々と諭したい。ヨメの前で正座させたい。
明日にはまたブルさんの最新画像が載せれそうです。早く帰ってきてほしー!!

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
ミュウツーさん、
いいなぁ。


3点


レイドは
あまりやっていないから
EXレイドの
招待状は
貰えそうにないな。

レイドに沢山
勝利している人が
招待状を
貰えるのでしょう?

もっと
気軽に参加できるように
して欲しいなぁ。

正直
レイドで
出張って居る
大人とか
恥ずかしいと
大人は思いつつ
やっているのだから。
(横浜も
うちの年代ばっかり
やったけどな。)

最新のコメント