フレンチブルのワンコそば in Japan

'`,、('∀`) '`,、

日焼けのケアで忙しいヨメですコンバンワン。でも何やっても結局時が解決するような気がするんですけど。ヨメの唇、今アナゴ君の唇と同じ色してるんですけど。

なんでいつも参考例がアナゴ君なんだろう。。なんでこんなにアナゴ君が気になるんだろう。。と真面目に考えてみると

生理的に受け付けない → 怖いもの見たさで目が離せられない妙にダンディーな声もなんか侮れない

だという答えに辿りつきました。
あのね、別に好きじゃないっすよ。アナゴ君の顔。

ところでカッパの様子がおかしいです(日曜)。旅が終わったのにまだモルディブ特集のダイビング雑誌広げてます。
しかもずっと今回行ったフヴァフェンフシのページを広げて読んでるんですが。何度読んでも何かが浮かび上がってくる気配はありません。哀れ也

------------------------------------------------------------

さて、モルディブ旅行記が続いております。今日は驚愕の部屋紹介です。もう笑っちゃう。

今回のリゾートは北マーレ環礁のフヴァフェンフシ
このフヴァフェンフシ。以前は「ナカチャフシ」だったみたいですが、2004年に全く違うリゾート「フヴァフェンフシ」としてオープンしたまだ比較的新しいリゾートです。

今回のリゾート選びはハウスリーフが良い事(サンゴが綺麗な所、セルフダイビングができる)と、リッチな気分に浸れるリゾート(ご飯が美味しいのはできれば(?)必須)、で探しました。

「良いハウスリーフ」、これを探すのがなかなか難しかったです。白い砂地がずっと続くリーフは綺麗だけど、魚があんまりいない。こういうリーフは我々の求めているリーフではなかったので、どういう意味で「良いリーフなのか」ってのを確認しつついろんな方のブログをチェックするも
結局

ハウスリーフが良さそう。。セルフダイビングもできそう。。ご飯も美味しそう。。でも確実な情報が無い。。

という状態でフヴァフェンフシに決定。
ぶっちゃけ良いお値段しておりますのでそれなりのリゾートだとは思っておりましたが、はてそっから先の評価はどんなもんじゃ、と少し不安な気持ちもまじりつつモルディブ到着。

モルディブはいくつかの環礁で成り立っているのですが、北マーレ環礁のリゾートは空港に着けばすぐ各リゾートのボートでその日にリゾートに到着します。
でもボートは出港するとすぐに真っ暗(規則なんでしょうね。)。一体どこを走っているのかさっぱり分からん。それでも満天の星空が期待だけをどんどん膨らませてくれます。

そして空港を出発して約30分。ついに到着。今まで通りなら日本人のスタッフが出迎えてくれるのですが、今回は現地スタッフの方だ。。ドキドキ
そして言われたのです。

我々が滞在する部屋は前々日、前日の雨でどっかのパイプが故障して修理中。明日までには直るけど今日は使えません。

と。ギャーッス!!!いくら雨期とは言え、着いた早々修理中かい(ノД`)

スタッフはすかさず続けます。何故かこっからは英語。英語が分からんヨメは雰囲気と単語だけで何とか理解しようと四苦八苦。まぁでもなんか違う部屋をあてがわれるらしい。。あれ?今「パビリオン」とか言ってた?あれ??まじ「パビリオン」って言ってるよ、ちょ待っこれカッパ、ちょっとカッパこれマジで?マジでかギャーッス!!

そして連れて行かれた先が ここですよ。↓


   。 。
  / / ポーン
( Д )  

d0041074_235355.jpg
え、どしてどして?え、なんでなんで?(主寝室。何故かハレンチにも浴槽まで。しかもこの浴槽、蛇口捻ると天井から水が落ちてくる。ビビるカッパチーム)
(; ゜д゜)
(つд⊂)ゴシゴシ
d0041074_23304440.jpg
何故こんな事。。に。。? (リビングにまでつながるプール。プールの横(外)にはジャグジーが。)
  _, ,_
(; ゜Д ゜) …?!

度肝抜かれました。主寝室にリビング、ダイニングに もう一つのベッドルームとバスルーム(もちろんオーシャンビュー)。キッチンもあります。部屋まで延びるプールと外にはジャグジーまで完備。主寝室のシャワールームなんて、なんぞあの壁に縦2列配置されたところから水がブワーッっと出てくる、なんかあれスーパー銭湯でしか見た事ないんですが。

「オーシャン パビリオン」と「ビーチパビリオン」はここのスィート。
他の部屋とどえらく離れた場所まで連れて行かれたのですが、ここに1泊できたんです。飛行機が遅れて23時くらいにリゾートに着いた(本当は21時半頃到着予定だった)のが あな憎らしや。

スタッフの方が去った後、ヨメとカッパはゴキブリのようにガサゴソガサゴソ挙動不審に動いておりました。無駄にいろんなドアを開けてみたり締めてみたり。同じ部屋に何度も行ってみたり。しかもほとんど二人の間で会話無し。
各々自由に写真やら動画やら取っておりました。風呂の蛇口捻って天井から出てくる水にビビったり。

しかも今まで行ったリゾート(カヌフラとアンサナ)ってヒーリング系の音楽がかかっていたのに、ここはごっつテクノ。アーバンまっしぐらです。(笑いどころ)

グッジョブ雨期!と心の中で叫ぶヨメ。
その晩はリゾートの方が用意してくれていた「ハネムーナー ウェルカムシャンパン」(あれ?)とオードブルを半笑いで食しつつ就寝。(あまりの凄さに静かに笑うしかないカッパチーム。しかも何だか落ち着かない。)もちろんその前に思わず使わない部屋の電気消してます。

翌朝10時半に本当の部屋に連れて行かれるカッパチーム。
早起きしたヨメはパビリオンを満喫すべく、まだ冷たいのに無意味にプールで遊び、ジャグジーも急ぎ足でつかりましたよ。カッパにも「ほらめいっぱい使いなよ!」って言ったのに、彼は「別にいい」とか言っちゃってさ。使っとこうよ。こうゆー時は使っとくもんなんだよ。

すげーなぁ、セレブは。ここ貸し切っちゃうのか(当たり前)セレブヒブヒブヒ~~(気恥ずかしくてこう言っちゃう)
[PR]



by wakka-w | 2007-10-22 22:38 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

プラモの話なんて
いい大人は
そうそうしないもんで
人の勝手とは言え
失笑ものと
自覚しておりますが、

何故かアクセス数が
上がっているとゆー。


3点


ただの素組みですよ。

これ以上の予定は
今のところありません。

でも次に
ちゃんと作るならこれ、
とゆーガンプラは
決めてあります。
次はサイコザクだ。

その前に簡単なん
作るかもしれん。

何故プラモを作るのか、
作って何になるのか、
作る過程に意味はあるのか、

そんな事を
思ってしまう人は
「模型のメディア論」を
読むと
何か見えてくるかも
しれません。

ヨメは未読ですが。

最新のコメント