フレンチブルのワンコそば in Japan

バンクホリデー : コッツウォルズ 3 Lower & Upper Slaughter

金曜日、荷物が受け取れなかったヨメ。

いつもは「そんな事アタイ怖くて したくありません。」と再配達の手配もカッパに頼むのですが、金曜とゆー事もあり、土曜は蚤の市&オープン・シアター。。と うかれとんちき だった事もあり、自分で手配。と言ってもネットで再配達の申し込みするだけですが。

なんとか月曜の今日、再配達を申し込めた訳ですが、以前も書いたようにこっちでは時間指定ができません。しかしこれまでの経験で昼過ぎだろう、と意気揚々と学校へ行った訳だ。

どっちかっつーと、英語の学校なんぞさぼりたい訳ですが、今現在計8冊の2冊目までが終わり、もうすぐ3冊目が始まるか、とゆーところ(なんと先が長い事よ)。3冊目は文法が多いらしく(でも学生の頃やってる筈なんだけどな)、2冊目までをちゃんと把握できてないとつらいよ、とゆー訳で延々復習が行われている今日この頃です。現在完了形やら苦手じゃん。ってかなんだよ現在で完了形って。。(でもこっちきてようやく理解できました。まだ使いこなせませんが。そして時々混乱して、先生に「お前混乱してんだろ」と見破られる訳ですが。)

ってな訳でちゃんと学校に行って、即行で帰宅。帰宅。。が、ここんとこ暑いよ、夏だよロンドン。スタバの ドルチェ de ラテ が大変美味しそうで(テイクアウトの美味しい甘いもん、ってスタバですよ)、つい寄ってしまいました。いつもより学校出たのも早いし大丈夫。。チューチュー美味いでち~♪(超ご機嫌

そして家の前の通りに入った途端見えたハゲ親父。

!!!あいつ首かしげながらなんか荷物持ってやがる!!

せっかくドルチェでクールダウンしてた体がヒートアップっすよ。猛ダッシュのヨメ。ギョッとするはげ親父。

ちょっとあなたデリバリー!!?あたい、あたいヨメだよ。あたいの荷物だよそれぇええ!!

謎の東洋人におっさんドン引きながらも荷物貰えました。貰えたよチェコちゃんありがとう!

金曜の不在配達書に2packs と書かれていたので「?あたいそんな荷物送ってくれる人いないよ?」と悲しい事を思っていたのですが、案の定、もう1個は前の住人用のショップDM でした。いらねっいぃい!

この前の住人はなんかおされなとこ行ってるらしく、前も他のショップのDMが来、カッパと二人で「こいつこんなとこ行ってやがりますぜぃ。このラウンジおされじゃね?行ってみたくね??」とか情報収集しております。(中身開けてる訳じゃないヨ。透明の袋で届いたりするオサレDMなんダヨ)

さて長らく放置のコッツウォルズ。
復習はこちらでどーじょ。
--------------------------------------------------------

マナーハウスのある Upper Slaughter も Lower & Upper Slaughter も観光案内所は無いような小さな村です。(Lower & Upper Slaughter には小さなショップが1つ。村としてはこちらの方が大きい。でも どんぐりの背比べ)
両者は丘(牧羊地)を超え超え徒歩約20分。

この日、我々がマナーハウスに着いたのは4時過ぎだったか。一息ついたりお茶している間に5時過ぎくらいになっていたような記憶があります。
この時期にはすでに日も長く、20時頃までは明るかった記憶がありますが(今は22時前くらいまでほの明るいかなぁ)、我々もお茶の後、子豚と一緒に周辺の散策。雨上がりでフットパスになっている放牧地はところどころぬかるみが。そして地雷のように羊どものンコが我々を待ち受けておりました。
こういう田舎をハシゴする時は汚れてもいいような山歩き用の靴があればいいのですが、犬連れ(特にトイレを家の中でする子な)の荷物は多い。。別の靴なんてもうノーサンキューでした。いたたまれん程汚れはしませんでしたが、ディナーの時に切なかったです(ここのマナーハウスは特にお洒落な方も多かったので)。ちなみにマナーハウスには傘が用意されていますが、皆わらわら散策に出るので遅れを取るとありません。

マナーハウスを見下ろすような丘の上をとろとろ散策しつつ、ヨメは子豚がンコを食わんように見張り、いつまでも写真を撮り続けるカッパにイライラし(だって片手に子豚、片手に子豚バッグ。ぬかるみはあるわ、ンコはあるわ、子豚は引っ張るわでもう大変っすよ。ンコを食おうとする子豚を叱る、とゆー非現実でシュールな場面も多々。)、周りはとっても静かで素敵なのに一人慌しいヨメ。

d0041074_21503730.jpg
↑ この放牧地を抜けて小川の横を通るんでちよ。

その後、まだ日があるし、とゆー事でフットパスを延々20分歩いて隣村のLower & Upper Slaughter へ辿り着きました。
途中放牧の羊が残した羊毛を拾ってみたいりして、すごく楽しい!気持ちいい!(枝なんかに羊毛が付いてたりするのー。あ、擦ったんだな、と想像したりしてニヤニヤ拾います。)

d0041074_21481816.jpg
↑ 大自然の中で気持ちよくンコしたでち。

この翌日言った村はすっかり観光地、という感じの村が多かったのですが、このLower & Upper Slaughter は本当にただの村。それでもマナーハウス「Lods of the Manor」の村よりは大きいですが。
この村にあるお土産屋さんは古い粉引き小屋を利用した The Old Mill & The Mill Shop です。夏場は18時までの営業のようですが、バンクホリデーという事もあったからでしょうか、我々がこの村に着いたのは18時過ぎだったのですがまだオープンしていました。お客さんがいたからかな。。でも中を見てみたかったのでラッキー。

d0041074_21451980.jpg
↑ 粉引き小屋。軽い毛糸キットとか原毛とかあればいいのにぃとママンが言ってたでち。

d0041074_2149124.jpg
↑ 夕方だったからでちかね。。人もまばらですごく静かでいい村でちたよ。

ほんの15分くらいのんびり歩いて村の観光も終了。
帰りはちょっとだけ違うフットパスを通り、またンコ道へ。

お天気はよくありませんでしたが、雨が上がってくれて良かった。。
ここのフットパスは放牧地を延々歩くタイプなので電灯なんぞありません。冬場ここに来ると日も短いし、何かと慌しい旅になりそうです。

d0041074_2142585.jpg
↑ 19時過ぎに帰ってきたんでちけどまだ明るかったんでちね。。(既にこの頃の記憶が曖昧)
[PR]



by wakka-w | 2008-06-09 21:13 | ブルち 関係ない | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

幼稚園のイベントで
発表会みたいなもんに
出席。

子供達が
ママやパパに
劇を見せてくれます。


9点


ワンテンポ早く
歌い始めたりも
しておりましたが、
娘の堂々たる姿に
感激しました。

素直に素晴らしかった。

劇に使われる絵も
すごく上手で
びっくりしました。

ママ達にも
ミニヨメコちゃん、
凄いじゃない!と
褒めていただきました。

何より嬉しいのは
娘が本番に強い事。
母は本番に弱いので
本当に似なくて良かった、
と心から思うわ。

色々吸収した
1年だったのね、
とその成長ぶりに
安心した半日でした。

周りの様子を見ていても
色々な個性の
お友達に囲まれて
幸せ者だなぁと思います。

最新のコメント

>あきらっぱ様〜 ..
by wakka-w at 07:58
お久しぶり〜 ちょこち..
by あきらっぱ at 20:19
>vinho様 ブルを..
by wakka-w at 11:44
ブルちさん、私にも笑顔を..
by vinho at 10:45
>RAY様 すっかりご..
by wakka-w at 22:34
心よりブルち君のご冥福を..
by RAY at 22:45
>驚き様 あまりお..
by wakka-w at 12:11
>がーこ様 ありがとう..
by wakka-w at 20:04
ブルち、元気?隣からパワ..
by がーこ at 19:08
>ま〜き〜〜さ〜〜ま〜〜..
by wakka-w at 20:45

画像一覧