フレンチブルのワンコそば in Japan

WIMBLEDON 2008 其の2

今月は益々更新が滞るかと思われます。

---------------------------------------------------------

祝 Nadal!

さて、ようやく Wimbledon内に。

d0041074_145568.jpg
↑ 右は第2コート(無料)から。段々畑みたいに段差があるみたいでした。

ヨメ的にはもうすっかり「見た見た→施設を。」とゆー感じでお酒や食事を楽しんだりお土産買えたらいいかなぁと思っていた程度だったのですが、カッパに引きずられて第2コートと第3コートを地味~に観戦。

あれ、なにあれ兵馬俑?

d0041074_140437.jpg
↑ Nadal と Federer いるんだけど。。新しくできる第2コートに鎮座。

もちろん試合も見ておりましたよ。。でも選手とか全然知らないし。

まぁ今日はこんなもんだよな。。と思っていたのですが、運よく resaleシステムのおかげでセンターに入る事ができました。

d0041074_1472590.jpg
↑(右)使用方法を間違っているみたいですが、芝生の上で寝転がって見てたり。(左)resaleシステムに並ぶのもこんなん。この日は全て後手後手。ただ時間が時間だったので、案外早く買えました。

説明しよう。
resale システムとは、センターやファーストコートのチケットを購入した人間が退場する際、自分のチケットをスタッフに返す(Wimbledon会場の出口で集めているスタッフがいる)事でその空いた席がresale されるシステムだ。施設内の小高い丘の上で売ってます。
しかもたったの5ポンド。
観客もウハウハ。運営側もウハウハ。(゚д゚)ウマー


しかもこの日のラスト、Nadal と Kiefer(英)。
我々もう Nadal の試合が見れただけでごっつ嬉しかった(何度も言うけど他を知らなかったので 熱狂的ファン(爆笑)) のですが、この日の試合は Kiefer(ランキング27位) が大健闘。玉への食い付きが良くてサーブも早かった記憶が。ポイントは Nadal が全部取ったのですが、中身の濃い試合でした。
イギリス人も大喜び。
センターコート全体でウェーブ3周くらいやりました。楽しかった。。

d0041074_1492134.jpg
↑ センターコート。

この試合、結構長くて最後の試合だった事もあり、もうカッパ・チーム、腹ペコリータ。ほとんどの店が閉まるなかやっていた フィッシュ&チップス(クリスピーみたいなフィッシュでしたが。。タルタルあれば良かったのにぃ)をビールで流し込み帰路に着きました。
ファーストコートの下のフードコートだったかな。。

因みにお土産ですが、免税してくれるようでした(よく知らんのですが、いくらか買ったらどこでもしてくれるんだったっけ?)。なんかショップの外で免税の受付(?)ブース見たよ。

d0041074_1355490.jpg
↑ この試合でもバナナ食ってたけど、いつもそうなの?

そして迎えた今週日曜の決勝。
最高に面白かったねー!あれ見たらまた来年も行きたくなっちゃうなぁ。。(カッパと行ける事はもう一生無さそうですが。)
[PR]



by wakka-w | 2008-07-10 01:13 | London | Comments(2)
Commented by mi_blog at 2008-12-19 16:52
こんにちはー
ちょっとー、この日のこの試合、私もセンターコートで見てたよ~
ウェーブもしてたよ~
どっかですれ違ってたかもね笑
Commented by wakka-w at 2008-12-23 06:38
> mi_blog様
ご無沙汰じゃないんだけどご無沙汰でーす!無事スペイン入っております。現在クラナダから。明日バルセロナ入りっす。
ウェーブしてたのー?!なんだかすっかり行動が似てるのね、この頃からとは。。当日どれくらい並んだのかしら。さすがにあの列にはいなかったのかな。。(笑)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
そろそろ
浴衣を新調するなら
探しだす時期が
やってきたな。


6点


毎年チェックは
しているが
着るのも
年に1度だもんなぁ、
今や。

どっか着て楽しいとこ
ないやろか。

最新のコメント