フレンチブルのワンコそば in Japan

Switzerlamd: St.Benedetg Clavadi って道しるべあるけど要は聖ベネディクト教会

ポンドとユーロがすんげぃよ。今日ポンドは140円切ってるよ。ユーロなんて120円切ってるよ。
日経平均も8,000円普通に切ってるし、これなんでしょうか。何かのシナリオなんでしょーか。

そして寒いです。今4時半ですが、こちらはもう真っ暗です。オックスフォードストリートとかあの辺りは綺麗なんだろうなー。

寒いのでブルさんの散歩もさくっと済ませて帰って来たのですが、率先して家の中に入るブルさん。現在、後悔しているらしく、手持ブタサン(手持無沙汰)状態です。うらめしそ~

あぁ、あの輝く夏のスイスが懐かしい。。

--------------------------------------------------



d0041074_259420.jpg
↑ 皆さんお久しぶり。ブルお兄さんは今も裸族でお散歩してるわ。

Hotel Therme に滞在したらあそこも行けるだろう。いや寧ろここに滞在しないとあそこだけ行くのは無理(時間がもったいない)だろう。。とゆー訳で行って来たピーター・ズントー(スイスの建築家。ホテルに隣接するSpa Therme のデザイナー)設計の教会。

あ、ところで山奥にあるこのホテルでの滞在ですが、スパで1日中ぼーっとしてるもよし、ホテルでチャリンコ借りてサイクリングするもよし、フットパス使って散策するもよし、です。周りの自然が素晴らしいので数日居ても全然飽きないと思います(が、冬は雪に覆われるんでしょうね。スキーするのかな)。

で、我々は半日使って教会を目指した訳。
ホテルのフロントで聞けば教会までの地図を貰えるのですが、地図の様相を呈していません!
まず図がない。直線にして4センチ程の曲った線が書いてあるだけ(しかもごっつ単純。しかし後からどうゆー事か分かる。貰った時点で想像もできるけどな。)。

とにかく果てしない旅でしたわ。
まずホテルからバスでホテルの最寄の駅Ilanz(イランツ)まで40分。駅から教会の最寄駅まで30分。そして徒歩片道約1時間弱(?)。麓の駅からひたすらくねくね歩いて(山をくるくる登って上を目指すので地図も曲った線だった訳です。ギョッ)教会のある町に。

ホテルを出る前から天候はあまりよくなかったのですが(故にカッパがずっと「本当に行くの?ねぇマジでこれ行くの?」と言ってた。)途中で雨まで降り出しました。

ところでこの教会の最寄駅は「Sumvitg-cumpadials(スンビッツ)」。駅を降りるとすぐ道しるべがあり、後はひたすら道しるべの指す方向に進むだけ(帰りの電車の時間は要チェック)。駅から最初の町までは徒歩10分強かな。その町に入るとすぐ山へと続く坂道が見えます。後はひたすら坂道を歩くだけです。ひたすら歩いて、「まだ~つらい~~」と思った頃にはもう目がマジで教会を探していますから、そうすると教会が小さくぽっつり見えてきます。おそらくあまりに小さく見えるので絶望しますが、方向は合ってる訳です。

d0041074_3552338.jpg
↑ 教会の最寄駅Sumvitg-cumpadials(スンビッツ)。なんと心細いことよ。

d0041074_357430.jpg
↑ 左: まずは線路を背に右の坂をずんずん進みます。右: ひたすら進むべし。

d0041074_3582155.jpg
↑ 左: しばらくすると突然町中に。道路を渡って山へと向かう坂道に入ります。

カッパは自分が興味無いのもあって「なんか教会。スパデザインした人が作った教会。」ヨメは「ズントー教会」と勝手に思い込んでいたために本当の名前を知らない!いやぁ、ストゥーピッドです。
実は駅の道しるべに始まって、道しるべがある時にはかならず教会の名前も指されていたのですが、カッパ・チームはそんな事知りませんからずっと

とにかくまずは町がありそうな方向を目指してみよう。

とトボトボ歩いておりました(ちなみに事前にヨメがネットで行き方を見つけていたのですが、そこにも「道しるべに沿って歩けば良し」と書かれておりました。なんかそこ有耶無耶にしてました。道しるべも英語じゃないので文字は見てたけどよく分からんかった。)。途中でカッパが「あ!そうか、これがあの教会の真の名前か。」と気づいたので途中からは道しるべに沿って(つーか、麓からちょい上にある町から山へと向かう坂道を進み始めると、あとはもう1本道みたいなもん。)鬼の形相で登りました。

それがね、雨がだんだん強くなってきまして。とっとと行ってとっとと帰りたい、今日は天気も悪いし帰ってホテルもスパももっと活用したい。。と思いだしたのです。だから山の坂道を進み出してからすぐに「明らかに山道になりそうなショートカットっぽい道」を見つけた時は迷わず山道に入りました。

d0041074_40157.jpg
↑ いかにもショートカットな山道出現。道しるべにはどちらからでも教会に行ける事が示されています。

d0041074_412699.jpg
↑ ひたすら歩くと閉ざされたゲートの奥に番犬のような馬が。フレンドリーじゃない馬なぞ見たことがあるか(反語)。ゲートを開けたとこで馬の横を通ると多分頭からパックリやられそう。涙目で引き返します。そして結局最初に見掛けたゲートをくぐって人んちの軒先脇をいたたまれない気持ちで通ることに。

が、これが時間的には正解だったみたいですがその分過酷な道でした。。オーイオイオイ(号泣)
この山道もまた途中で二つに分かれるんだけど、上を目指してひたすら歩いた結果、馬がいたりします。しかもすごくフレンドリーじゃない。(写真の説明通り)
仕方なく引き戻して結局はゲートを勝手に開けてなんとか正しい道に戻れました。。
普通に山道、そして途中から「ンコ道」(何かを放牧しているらしー)になったのアタイ忘れない。
このショートカットの道は途中で舗装された道につながるのですが、舗装された道を延々歩くともっとすんごく時間が掛ると思われます。
カッパ・チーム、帰り道は舗装道路を下っていたのですが、途中で電車に間に合いそうにないとまたしてもショートカット道を進みました。おかげで電車に間に合いました。

d0041074_453978.jpg
ンコ道という事もあっ雨という事もあって必死の形相でショートカット道を突き進むカッパ・チーム。 ようやく舗装道路とジョインししばらく進むと教会がうっすらと。。見える!が、くねくねと道はまだ続くまだ遠い!!絶望!!!

教会の姿をうっすら見つけてさらに十数分。町の入り口近くには石組だけが残った教会跡があるのですが、この教会の代わりに新しく建てた教会だそうです。

d0041074_473818.jpg
↑ 何があってこんな事に。。英語じゃないから経緯が分かりませ~ん。

山の中腹にある教会の町には観光客用のおトイレはあります。カフェは厳しいかも。

小雨降る中ようやく辿りついた教会。。感激。でも思ったより町中。

d0041074_49352.jpg
↑ 裏の道から撮影。可愛いですね。

前に一組観光客がいたのですが、その方達が去るとカッパ・チームのみ。おそらくこの日最後の観光客だったと思われます。

d0041074_495856.jpg
↑ 表はこちら。とっても小さな教会です。壁はここらへんの昔ながらのものだと思うのですが、鱗タイプ。

d0041074_411244.jpg
↑ 左: 正面。右: 入り口。ポストカードが売られていました。維持費に貢献すべく購入。

d0041074_425238.jpg

↑ 教会見学の後は町(村ですな)散策。可愛いおうちもありました。が、ほとんどはちょっとモダンなスイス家。

前述の通り、帰りは途中からショートカット道へと戻ったのですが、ちょうど山を降りて駅へと向かっている途中、雨が降っていたからか地元の方が車に乗せてくださいました。

若い女性が運転席に、助手席にはおじいさんが。後ろにはお子さんが乗っていらしたのですが、「あの教会は好き?」と。
「もちろん!とっても素敵な教会でしたよ。美しい教会ですし。」
と答えたのですが、

でも私達は昔の教会の方が好きなのよ。

の一言にはハッとさせられました。昔の教会は写真や跡地を見た感じでは小さいごく普通の教会のよう(もちろんそこがまた素敵なのですが)。
ズントーの教会は地元の方も協力して石を組んだりと建築家と地元の方達が歩み寄る形で作られたと聞いていましたが、そうか。そうだね、信仰してきた月日を考えてみれば昔の協会の方が思い入れも大きいですものね。
デザインの好き嫌い以前の想いがあるのですね。

地元の方とも少しでしたが触れ合えてその思いを聞くことができたのは大きかったなぁ。
結局ホテルに戻ったのは5時頃だったように記憶しているのですが、興味深い1日でした。


追伸。
BBC の「不思議の国のアリス」の朗読CD を聞きながらこれを打っていたのですが、突然おっさんが歌い出してビビりました。アリスに歌なんてあったか(不思議なお庭まで辿り着いたみたいですけど。このおっさん芸達者すぎ。しかもさっきから「ストゥーピッド」連呼しまくりなんも笑える)?
[PR]



by wakka-w | 2008-11-22 02:07 | スイス旅行 '08 | Comments(1)
Commented at 2008-11-24 23:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

ブルさんは
アメリカンだという事を
一昨日知る。

そういうお顔、
体型らしい。

調べると
性格も確かに
そんな感じ。

そうか、ブゥぶは
アメリカンだったのか。


9点


ありがとうブル。

ブルが繋いでくれた
ご縁は
いろんな人の
ご厚意で
身を結ぶよ。
次の家族を迎えるよ。

次は
ヨーロピアンだよ。
アメリカンでは
ないけれど、
ブルによく似た子だよ。

ブゥぶ、
ママンの頭の上で
一緒に弟分を
育てるやで。

ペットショップ出身の
ブルより
最初の躾は
大変かもしれない。

でも
真っ直ぐ育ってる子
なので大丈夫。

最新のコメント

>あきらっぱ様〜 ..
by wakka-w at 07:58
お久しぶり〜 ちょこち..
by あきらっぱ at 20:19
>vinho様 ブルを..
by wakka-w at 11:44
ブルちさん、私にも笑顔を..
by vinho at 10:45
>RAY様 すっかりご..
by wakka-w at 22:34
心よりブルち君のご冥福を..
by RAY at 22:45
>驚き様 あまりお..
by wakka-w at 12:11
>がーこ様 ありがとう..
by wakka-w at 20:04
ブルち、元気?隣からパワ..
by がーこ at 19:08
>ま〜き〜〜さ〜〜ま〜〜..
by wakka-w at 20:45

画像一覧