フレンチブルのワンコそば in Japan

Borough Market

The tower of London からテムズ川を越えるとすぐの Bankside。

ミレニアム事業の一環として再開発の対象になっているそうで、かつての倉庫街(治安もあまり良くなかったのでしょうね)が進化してモダンなエリアになっています。

と言いつつ、Market にモダンも何もないだろうけど。

という訳で今回は Borough Market のお話を。 最寄駅は London Bridge
金曜と土曜の朝9時から17時まで開催(とは言え特に冬場なんかは16時くらいには店仕舞いの雰囲気だだ漏れ。早めに行くが吉)。

d0041074_438051.jpg
↑ 駅のどっかの入口から出るとすぐエントランス有り。でもこっからでなくともいろんなとこからちょこちょこ入れます。

ボロー・マーケットともバラ・マーケットとも聞きますが、日本人には「バラ・マーケット」の方が馴染みのようですね。結局はどっちなんだろう。。今度ガッコの先生に聞いてみよう。



ロンドンでは様々な場所で Market が開いていますが、世界各国の食品が揃う、となるとここ Borough Food Market。

なるほど、、マーケットの入り口に立つと(マーケットへは至る所から入れますが、一応屋根のある辺りに集中)たくさんのお客さん、スタッフ。。その熱気 、興奮、、屋台からの香りと大盛況。

冬場ならホット・ワイン。夏場はシャンパン片手に散策開始です。小腹が空けば出店でバーガーやスープで一息つけます。乳製品屋さんに行けばフランス産の美味しいプリンもその場でペロンチョ。

野菜、肉類、魚類にチーズ、ワイン、ビール、シードルにベーカリー、そしてスパイス屋さん。。オーソドックスなものから季節のもの、レアものまで食べ物なら何だって揃っちゃいそうです。

d0041074_4462623.jpg
↑ 屋根はありますが、川も近いし冬は寒いと思うわ~。ってかここでヨメ風邪引いた。

らしいのは、ジビエのお店。牛や豚と言った普通のお店もありますが、ジビエ屋さんではキジやウサギ、鴨や見たことないような(野生のヤギとかかね)動物が、ある物は頭付きで、ある物は頭無しで吊るされております。もちろん鴨もおります。
中にはダチョウ専門店、猪専門店も。

d0041074_4425919.jpg
↑ 左: ジビエ屋さん。毛とか取ったのもちゃんと売ってます。興味深々のヨメ(禿のおっさん≠ヨメ)。 右: ゴンゲ~

d0041074_440173.jpg
↑ 左: おそらくはイノシシ屋さんですが、豚も扱うブヒ属性メインのお店。 右: フランス食材屋。賞取ったらしいブレス産シャポン(雄鶏)は鬼のようにでかかった。猫くらいあったわ。

魚屋さんではあんこうやマテ貝(黒っぽいほぼ細長~い長方形の貝です)など。マテ貝は美味しいそうですね。スペインに旅行に行ったお友達が、「鉄板で焼いてレモンと塩でいただいたけど美味しかったよ~♪」って言ってました。
そうそう、この前カッパと行った時には魚のアラも売ってたよ。
以前ブイヤベースを作ろうと思って近所の魚屋さん(兼レストラン)にて

「魚のアラある?ブイヤベース作りたいから欲しいんだけど。」
「アラ?う~ん、ちょっと待ってて。。」
・・・(ヨメ、ブルさんと待機中)
「アラはあるんだけど、シェフが使うから売れません。」
「!!!(そりゃそーだ)」(ブルさん抗議の(?)鼻ならし)

こんなやり取りがあったのを思い出しました。シェフは生活かかってるから仕方ねーやな。

チーズはワインで洗ったウォッシュチーズのお店もありましたよ。チーズと言えばマーケットのすぐ傍にある Neal's Yard Dairyのスティルトンが美味しいと本で見かけました。ハロッズのスティルトンも美味しいって。
Stilton(スティルトン)とはイギリス原産のブルーチーズ。これ専用のポットも売られていたりします。ヨメは未食故、味はよく分からず。
お店は他のチーズもたくさんあって、大人気です。

お勧めはスペイン食材専門店。表で売っているチョリソーのバーガーは本当に美味しい♪ 長蛇の列ができています。
ここではハムもいろんな足から切ってくれます。パエリヤの鍋も売ってますし、紙パックに入ってて一瞬「紙パックですかい。。」と思うガスパッチョも結構美味しいです。ハム足固定する台も売られていますので、一家に一台どうですか。「ハムの人」も真っ青也。

d0041074_4473567.jpg
↑ 働くおっさん達。左のおっさんは豚足を割っているのです。好き嫌いの多いヨメは豚足も恐らく嫌いだと思われ。残念、コラーゲン乙。

この時期だからこそ、の物としては白トリュフ。11月22日の土曜にカッパと行った時に売られておりました。
白トリュフ、一応1月くらいまでは取るらしいのですが、イタリア「アルバ」の白トリュフ祭りは
10月初旬から11月末の期間と聞いているので12月くらいまでが旬のようですね。
ティッシュに包んで冷蔵庫で1週間もつそうですが、3日くらいで食べきるのが良いようです。

店仕舞いを始め出した辺りで発見したカッパ・チーム。最初は「あ!白トリュフ~」と冷やかしで通り過ぎたのですが、興味深々のヨメ。こんなチャンスは日本ではなかなかありません。「ちょっと気になる~」と戻って帰って戻って帰ってを3回程繰り返しました。
良いカモが来たとばかりになかなかトリュフを仕舞わないお兄さん。ヨメの謎の行動に他のお客さんも目をつけます。「あ!白トリュフじゃん。」
「Smell me」と書かれたどでかいトリュフの入った瓶は濃厚な香りがムンムンと。
500円玉サイズ約10gで29£也。CD1枚分に足が付いたと思えば(なんでも足付けばCD1枚分とか言えるがな)。。でも二人にはこれで十分。トリュフパスタにトリュフオムレツ、トリュフご飯にトリュフリゾット。。香りが強いのでパックに入れて冷蔵庫に入れておいてもムンムン香る!
これなら卵と一緒に保存したりお米と一緒に保存すれば、十分香りも移ります。持て余すかなぁと思っていたのですが、なんのなんの。良い経験ができました。
ブルしゃんは「トリュフ犬」となるべく香りだけを定期的に。ブビブビ言うとりました。お前もう一生出会わないだろうから忘れんなよ。

主婦として嬉しいのは野菜類の充実ぶり。里芋やゴボウもあります。Borough Market は値段は大して安くないのでインド食料品で里芋を買う方が安いなんて事はあるし、ゴボウも日本の物とは違って繊維が柔らかく灰汁も凄かったりはする(どうも美味しくない)のですが、一度に揃うのはありがたいねぇ。
それにきのこもお勧めです。
ウェイトローズなどレベルの良いスーパーには「しいたけ」も売っているのですが、我々日本人からしてみると傘が開きすぎておいしそうじゃない。でもここのしいたけは傘がまだ閉じて産毛が生えているの物も結構ある上に自分で選べるのが嬉しい。

d0041074_4454100.jpg
↑ こちらのエリアは出張出店が多数。チーズとか野菜とか。。トマト専門店なんかも。

旦那様はワインやチーズ、奥さまはお野菜にちょっとした面白ろ食材と、家族でも楽しめるマーケットです。物によっては日本に持って帰れるかも。

d0041074_449823.jpg
↑ こんな素敵な花屋さんも。旦那様、奥さまにいかがですか。別に旅行中だっていいじゃない。楽しんでホテルに残していけばいいじゃない。ホテルのスタッフも楽しめるじゃない。
[PR]



by wakka-w | 2008-12-04 02:24 | London | Comments(2)
Commented by まるの雇い主 at 2008-12-04 16:16 x
ここ行ったヨ。ラブリーなマーケットだったヨ。アンコウ一匹大名買いしてブイヤベーズ作ったヨ。シャンペン飲みながら生牡蠣すすったヨ。
バルサミコ酢の専門店で買ったバルサミコ酢(当たり前)大当たり~~
Commented by wakka-w at 2008-12-05 06:44
>まるさんの雇い主様
知っております(ストーカーじゃないよ)。雇い主様がブイヤベース云々と書かれていたのを見てブイヤベースじゃそうじゃそうじゃ、と魚屋へ行ったのでした。結局アラ無しで作ったけど、美味しゅうございました。
そう言えば生牡蠣見なかったなー。もう結構遅かったからかも。あぁ、どっかで終わった感じのものを見掛けたかもー。
好き嫌いが昔ほどではないけど(雇い主様も嫌いな物多かった?それ読んでビツクリしたけど、なら私もまだ矯正できるかも、と思った次第)やっぱりまだあるのでもっぱら食べるよりは食材と道具を見るのが好きなヨメでございます。でもここ来るようになって何かいろいろチャレンジしてみたくなっちゃった。
バルサミコ、うちのブルバアがいただいたやつ?ブルバアが美味しかったとゆーのでこの前の帰国はバルサミコがお土産となりました。割れ物故思わず手荷物に入れてしまいチェックをされるヨメ(涙)。しかし日本人の完璧な荷造りと許容量ギリギリのバルサミコ、カッパの事前申告により無事母の元へ届ける事ができやした。
好き嫌いもいいけどこのうっかりなんとかしたいわー。30年も生きてきて。。

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
焚き火の炎を
見ていると
ブルを思い出し
号泣。


4点


翌日腫れた目で
目が覚める。

数時間ごとに目は覚めたが
珍しく熟睡した
テントの中だったのに。

最新のコメント