フレンチブルのワンコそば in Japan

Germany: Nürnberg 2 - ニュルンベルク Christmas Market -

くるみ割り人形って実際クルミ割れないの知ってました?まぁ見るからに割れなそうですが。

おんま(馬)のくるみ割り人形は馬に口を阻まれてて明らかにクルミが口に入らないんです。これクルミ入らんやん、なにこれ名前負け?とか素で思っていたヨメ。
本気で考えてた訳じゃない筈なのになんだろう。。

馬鹿だなー。幸せそうな馬鹿だなー。

--------------------------------------------------



工芸玩具屋さん「Käthe Wohlfahrt」を無事通過し またケーニヒ通りを進むカッパ・チーム。
通りにはホットワインやソーセージ、プレッツェルの屋台や野菜のストールが出ています。
通りを通る人は皆幸せそうな顔。おぉ、心が暖かい~♪

ケーニヒ通りをもう少し進んだ先にある「Käthe Wohlfahrt」の別館ではなんとロンドンで知り合ったお友達ご夫婦に偶然遭遇!この日、お互いニュルンベルクに行く事は知っていたのでクリスマス市に辿りついたら連絡を取ろうと思っていたのですが、直前のショップ内でご挨拶叶いました。今思えばクリスマス市内で待ち合わせ、というのはちょっと無謀だったかも。
何せ凄い混雑(夕方になるにつれ人の数は膨れ上がる)だったので。
玩具に浮かれ輝くばかりの笑顔でご挨拶したヨメ。ご主人とは初対面でしたが、ヨメがどうゆー人間かははっきりと察していただけたかと思います。まともなカッパが横に居て良かったです。

お二人と別れ、しばらくキャイキャイ言いながら通りを進んだカッパ・チーム。とうとうクリスマス市に到着。

d0041074_8473879.jpg
↑ お天気が今ひとつで残念ですが、傘なぞ差そうものなら刺さります。

ひしめくように建つストール。そして輝く笑顔の人、人、人。。うわー、、楽しい!!

d0041074_8483992.jpg
↑ 玉専門店?

d0041074_8491026.jpg
↑ スノーマン風くるみ割り人形とか、あ、え?何故にピクルス?(しかもピクルス至る所で。大人気)

それほど大きな広場ではありませんが、クリスマスのオーナメント屋さん、ホットワイン屋ソーセージ屋、お菓子屋さんにミニチュア屋さんと広場自体がさながら玩具箱。

d0041074_8255589.jpg
↑ 玩具箱に異質なモノが なんぞこれ。恐ろしく不味そうに揚げられた魚(豪快)と、このくったり感が儚い(しかしザックリ首切りでやっぱり豪快)酢漬けだと思われる魚バーガー。恐ろしや

我々ソーセージは3種類も食しました。ミュンヘンの白いソーセージは食べませんでしたが。。(鮮度命のこのソーセージ、それ故午前中のみ販売のショップもあるそうです。昔はどこも午前中のみ販売していたようです。茹でて食べるようで焼いた方が好きなヨメはまぁいいか、と結局食べず。)
短いの、中くらいの、長いのと食べて中くらいのがジューシーで美味しかったです。ロンドンではほとんどソーセージ食べてないもんなー。
でもここで食べて本当にロンドンのソーセージは美味しくない、という事を再確認致しました。美味しいのもあるんだろうけど何種類も食べまくって美味しいのを探すほどソーセージに欲は無い。ドイツのソーセージはどれも本当に美味しかったわ。日本で売っている物と味が似てるー。
食べ慣れている味なのかもしれません。

d0041074_8222014.jpg
↑ ヨメが持ってるのが中くらいの。後ろのおっさんの残像ソーセージは特別長いの。ホットワインは毎回カップのデザインが変わるようだ。ストールによって長靴タイプもあったり。

ホットワインも美味しかったです。飲み終わったカップは返すとデポジットが戻ってくるシステム。クリスマス市の食器類は基本的にどれもデポジットを取るようで、そのためかゴミも少なく人が多い割には綺麗でした。
トイレもマーケットの近くにあります(Burg st.沿い 有料。コインの用意を忘れずに)。

d0041074_8502712.jpg


d0041074_8511069.jpg
↑ 右の小さな果物のオーナメント、全部揃えて持って帰りかったったなぁ。

d0041074_8524032.jpg
↑ 錫のオーナメントはハンドペイントという事もあり€8とか€15とか結構良いお値段。

マーケットを一通り見た後はマーケットの横を通る Burg st. を通ってカイザーブルクへ。お城です。
滞在可能時間が短い事もあり、マーケット以外の観光は諦めていたので高台にあるこのお城からニュルンベルクを一望してきました。

d0041074_931026.jpg
↑ 、、城。。?そして 何の感想もない街の景色。あ、でも↓
d0041074_937225.jpg
↑ 綺麗な街並みなのですぞ。(by ムック)

途中通り沿いで見つけたこちらのお店。

d0041074_9384792.jpg


d0041074_9393752.jpg


この手のお店も探していたのでヨメ狂喜乱舞。専門店があるとは知りませんでした。これまたドイツの工芸玩具です。毎年この時期に飾っている木のフィギュアがあるのですが、同シリーズの木を発見。

我が家、最初は大きな1本木しか無かったのに着々と林へと変貌しております。来年のクリスマス時期が楽しみ。
それにしてもドイツのTin Toyは平面ですが、これがロンドンになると立体になるのは面白いところ。

すっかり満足した後は元来た道を戻り、Burg st. を下る形で駅へと向かいました。途中またマーケットに寄ったりして。確かこの通り沿いだったかな。Steiff のショップがありました。ヨメが狙っている復刻版もあったけど今回はスルー。
どこ行ってもいろいろ見つけてくるね、とはカッパによく言われます。はい、知ってます。何かの役に立たないでしょうかねー(棒読み)。

d0041074_941794.jpg
↑ こちらは日本でも密かに人気、藁でできたオーナメント屋さん。

d0041074_942846.jpg
↑ お菓子屋さんもたくさんありましたが、こちらは飾れるスウィーツ屋さん。

d0041074_943879.jpg
↑ マーケット内に1店舗だけあったミニチュア屋さんは十分な品揃え。

d0041074_9551133.jpg
↑ ケーキのオーナメントもあるのですね。本物のスウィーツのケースには怪しいシト達が。おそらく洋ナシのシト達。

帰りは最終便のフライト(9時頃かな)に余裕持って間に合うよう6時2分だかの列車でニュルンベルクを発ったのですが、想像以上にしょぼかったミュンヘンのBAのターミナル。後から思うと30分くらいミュンヘンのクリスマス市を見れる時間があったそうですが、満足していたのでまぁ良かったかな。ビアホールには行ってみたかったなぁ(カッパはミュンヘンに来た事があるらしいのですが、ヨメは行った事ないので。ビアホールに連れて行ってあげたかったとカッパが言うとおりました。ありがとう)。

ビールは結局ターミナルのしょぼいイートインでとりあえず。時間余ったから軽食取った後免税店冷やかそうか、と言ってた端から免税店が閉まっていったのにはワロタ。

時間はかなりキツキツでしたが、1日あれば十分周れるニュルンベルク、この時期お勧めの街です。

以上本日は写真当社比3割増しくらいでご紹介。ヨメから皆様へのクリスマスプレゼントでございます。

Merry Christmas!&
Happy New Year!!

[PR]



by wakka-w | 2008-12-18 18:32 | 諸々旅 | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
そろそろ
浴衣を新調するなら
探しだす時期が
やってきたな。


6点


毎年チェックは
しているが
着るのも
年に1度だもんなぁ、
今や。

どっか着て楽しいとこ
ないやろか。

最新のコメント