フレンチブルのワンコそば in Japan

カルティエ

コメありがとうございまっす!レスはお待ちくだされ~

土曜に上野に行く予定が入るかなぁと思っていたのですが音沙汰がなく、てっきり流れたんだと思って今日行ってきました。そしたら帰りに電話来るんでやんの。是非明日行きたいっっ イキタインカイ

さて今 上野には阿修羅が来てて大人気。そりゃハンサムですもんね。今日の午後で40分待ち状態でしたが、まぁそれはまだ時間あるのでおいといて、明後日(日曜まで)で展示が終了するカルティエの展覧会に行ってきました。監修が吉岡徳仁さんなのでそれも楽しみにして行ったでよ。

これまで2回ほど日本でカルティエ展があったようですね。ジュエリーもさることながら(マハラジャ、っぱねぇっす。スゴー 当時のインドにおける宝石の位置付けも分かってすっきりした)ヨメが楽しみにしていたのはミステリークロック。いやぁ、美しかった。今回4体ミステリークロックが展示されていますが、4体同時に展示することは初めてのことらしいです。そしてジャン・コクトーがアカデミー・フランセーズ会員になった時の剣も展示されていました。昔雑誌でこの剣を見たのですが、その実物が。まさか見れると思わなんだ。美しかったー。
ジュエリーは「そりゃぁもう」な凄まじさでしたが、繊細ながら華やか、金具?石を止めてある爪も美しく、さすがカルティエなんだなぁ。あれはもう美術品であって身につけたいとかそーゆーもんじゃなかったけど、カルティエならこれよね、って感じです。日本の風土や日本人の性格とはちょっと違う感じを受けました。美しいけれど展示されているような作品のあの大きさは当時の日本人(最近の日本人と体系違いますしね)には合わなそう(でも今の日本人であれが似合う人がいるとも思いましぇん。人間にもかなり重みがいりそうです。なにより今は「時代」に余裕がない)。
でも良いパトロンがいれば良い作品が生まれるのだな、と思った次第。

徳仁さん監修の展示方法はなんとなーく徳仁さんらしいって言ったらお前どんだけ知ってんねんって感じですが、でも何故かそんな印象を持ちました。透明感があるけど希薄じゃないとゆーか。

最近の美術館はこんなんですね→ 金土日祝は午後8時までやっているようです。興味がある方は是非チェックしてください。
帰りは8時までやってるとゆーので今日知った国立科学博物館の大恐竜展見てきました。呼ばれている。ヨメは奴らに呼ばれる運命なのだ。。最近の恐竜の名前はもう全然知りませんけど、でかい爬虫類が昔いた、っつーだけで興奮するヨメです。可愛かったよ!

あ、ルーブルもまだやってた、、今年の頭ブルバアとフランス行った時にいくつか壁が空いているところがありまして、有名どころの不在が多かったんですけど、あー、日本に行ったんか、って感じでした。うん、ブルバア完璧入れ違いでした。でも広いから十分楽しんだけど。こちらもそろそろ展示終わるみたいですね
日本は小さな島国だけど、充実してる。ありがたい事だと思います。キュレーターさん、協賛会社さん等々セッティングしてくださってる方々に感謝です。
買い物好きとしては昨今のミュージアムショップの充実ぶりとかも大歓迎。今回ルーブル展でもあのショップの出店を見かけましたん

中身ない美術館情報ですけど、そんな訳でもう寝ます。

あ、帰り新丸ビル寄りました。楽しかったー。
[PR]



by wakka-w | 2009-05-30 00:06 | ブルち 関係ない | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

結局
娘のおたふくは、

痛みを感じて
起きた約1時間半が
ピークだったようで

それ以降
腫れは
少しづつ小さくなり
本人は
いつもと変わらず
元気です。


7点


良かったよかった

最新のコメント