フレンチブルのワンコそば in Japan

2017年 02月 12日 ( 1 )




充実した週末でした。

2月14日、今日はふん(2)どし(14)の日だって!!

週末は大変お天気の良い東京でした。
娘の習い事の発表会。今年こそドレスを作ろうと色々見ていたのですが、今や買った方が安い。そして写真の見栄えが良い。まだお姫様みたいなヒラヒラフワフラ(作るのが面倒臭い、綺麗に仕上げるのが難しい)が可愛いお年頃でもあるしね。今年もサクッと手作りを諦めドレスを購入。候補を絞って娘に選ばせたので本人も満足の様子。因みにドレスは発表会の後おままごと用に降ろされ、さらにおそらく今年のハロウィンの時期に習い事のパーチーで着れたら着る、という流れを予定しております。しっかり元は取るやで〜。
靴は昨年のビビデで買取になったピンクの「これぞお嬢ちゃんの靴!」風情が役に立ちました。これだけは我が家では元が取れそうにない、、と個人的に思っていたので再登場させることができて大変喜ばしいです。

帰りはカッパの希望もあって伊勢丹に寄りました。久々の伊勢丹さん。家の中も飽和状態なので物欲もあまり無いっちゃないのですが、たまたま香川のものが集まったイベントをインテリアフロアで見かけました。あら〜、こんなイベントあったのね〜〜、これは鬼無の盆栽か?なんて気軽に横を通ったら、昨年高松のまちのシューレさんで展示されていたと思われる森羅さんのお弁当箱がありまして。

昨年末に帰省する際にまちのシューレさんに寄ろうとHPを覗いていたら心に引っかかったのが、讃岐漆芸の森羅さんの新作で庵治の石粉を漆に混ぜて塗ったお弁当箱。うわー、見たい!と思っていたのですが、イベント自体は帰省前に終わっており、残っていないかしらねぇと年末覗いてやっぱり残っていなかった、というお品です。それが遠路はるばる伊勢丹で見られるとは。これぞご縁。

一昨年の帰省の際にまちのシューレさんで購入した正統派?の讃岐漆のお弁当箱もものすごく気に入っているのですが、昨年末に心惹かれたお弁当箱も雰囲気が変わって素敵。漆を塗る前の元から作家さんご本人が作られているそうで、本来の讃岐の塗り物は元を木をくりぬいて作るそうで、見た目もなかなか分厚くごついのですが、このお弁当箱は曲げわっぱの形式をとってらっしゃるそう。同じ石粉を使った塗りでもお椀やお皿は昔ながら(と言って良いのでしょうね)のくり抜きスタイルのものだそうです。
こういう出会いはたまらないね。やっぱりご縁がありましたか!な勢いで購入させてもらいました。すっごく嬉しい。


More そんでもって月曜。ブルと娘備忘録
[PR]



by wakka-w | 2017-02-12 21:54 | ブルち 関係ない | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
昨日の花火、
河川敷で
待っていたら
避難するにも
身動き
取れなかったんじゃ
なかろうか。

雨具があっても
笑えるくらい
濡れたんじゃ
なかろうか。

駅も凄まじそう。


4点


そこまでいったら
諦めて
無印とかユニクロで
新しい服買って
気分一掃やな。
幸いどちらも
下着も売っとるがな。

その後一杯
引っ掛けに
さまようか。
(そして満席ばかりで
コンビニで
アイス買うまでがデフォ)

とか色々
シミュレーション
してみた。

カッパに聞いたら
映画館とか、
カラオケ。
って言ってた。

何にせよ、
どこでだって
いつだってそうですが、
どう過ごしたか、
誰と過ごしたか、やね。

怪我や事故さえなければ
来年には
笑える思い出になる。

最新のコメント