フレンチブルのワンコそば in Japan

カテゴリ:諸々旅( 73 )




夏休み2017 ハワイ 5日目帰国日朝

ハワイからの帰国日。ホテルは10時半すぎに出発予定。

朝はホテルのサーフラナイでピンクのパンケーキを楽しみました。

d0041074_06433557.jpg
↑撮る前に食べちゃった。
ココナッツが香りこれまた美味しい。
どこまでもピンクでラブリーなホテル


カッパはオムレスをチョイス。ここのがとても気に入ったそうです。ハッシュドポテトが凄く美味しかったわ。アンチョビが入っていたのかなぁ。

娘はキッズメニューからフレンチトーストを頼んだのですが、ここのフレンチトーストはバナナのパウンドケーキをフレンチトーストにしていたみたいで、バナナの苦手な娘にはショッキングな出来事でした。お味は大変おいしゅうございました。

今回の飛行機はチャイナエアライン。預ける荷物は1つ。家族3人だから超過はないだろうと1つにまとめたら「1つの預けカバンにつき23キロまで」と言われ、行きの成田で大変な目にあいました。あと1キロ減らしてくださいと言われ開ける羽目に。ラップトップうんちゃら(出発のページを参照)もそうだったし。
帰りはちゃんと荷物を23キロに収めてランプトップについては言われませんのでスムーズでしたが、お土産で荷物が増えた人はチェックインカウンターで言われて慌てて荷物を開ける羽目になっていたようです。スタッフが「うんちゃらかんちゃら〜、そういう事だから気になる人は空いているカウンターで荷物を測ってください!」と大声でアナウンスしまくっておりました。
旅の荷物を身軽にできない人はお気をつけて。うちはカッパがそうです。空いていたら「だったら本を入れようか」とか「ゲーム持ってく?」とかとにかく埋めようとします。いいから、そこお土産入るから、と牽制のヨメ。大体、本、何冊読めるよ。読まんよ絶対。

d0041074_06540436.jpg

旅はいいなぁ。今回の旅も無事に終わり本当に良かった。ブルのソウルも一緒に帰国しました。
次、海外に行くとしたらいつかなぁ、どこかなぁ。またハワイにも行きたいなぁ。

d0041074_19364028.jpg
↑皆さん、これは2日目に
ホールフーズで買った飲むヨーグルトでち。
この日はサメさんでちか、、
これはパパンのセレクトでちね。
ビーチでサメ、、
ジョーズじゃねーか。
パパン、古いおっさんでちね。
楽しいワイハだったでち。
僕のソウルはいつもママンと共に、でちよ。
思わず「フォースのあらんことを」
とかってついでに言っちゃいたくなるでちね。





[PR]



by wakka-w | 2017-09-08 06:57 | 諸々旅 | Comments(0)

夏休み2017 ハワイ 4/4日目パナマ帽

お一人様、街の散策を終え部屋に戻っても誰もいない。。後から戻ってきた2人にロビーでお酒飲んでます、と言うと娘も付いて来てしばらくホテルのプールを見ながら最終日のハワイに思いを馳せました。

さぁこれからいよいよパナマハットのお店へ行くぞ。結局とうとう最終日になってしまったがとっても楽しみ!と通訳のカッパと合流し、ホテル敷地内のお店へ向かいます。ニュート・アット ザ・ロイヤル

d0041074_09491441.jpg
↑右が帽子屋さん、左奥はmikomoriさん

パナマハット、やはり夏の帽子なので常夏のリゾート地、クラシカルなハワイ、、みたいなイメージなヨメ。パナマ産ではなくエクアドル産です。
なかでもモンテクリスティ産を扱っているのがこちらのお店、ニュートらしい。

店内、とても小さいですが所狭しと帽子が飾られています。
早速お店のおじさまにパナマ帽を見たい、と伝えるとまずはサイズを測るらしい縁つきの帽子を被せてくれました。さすが!ピッタリ。しかし問題はここから。

サイズはこね〜、これだと思う。と被せて貰った帽子がとても美しく、色もヨメの思うパナマハット。しかも編んである葉が細くて繊細、軽くてしなやか。これ素晴らしい。素敵〜〜!!
帽子の中の肌と接する部分、「スベリ」って言うの?そこは羊革でした。んま!んま!!(汗かいてヨレヨレになりそうなのはピッチョリーナなヨメだけなのか)
ピン蝶(可愛いリボンが帽子の中に、、なにこれ?と思ったら、帽子の後ろを示す目印だそうです)なんてもんが付いた帽子を触るのは初めてだ。。

キャーキャー喜ぶヨメに帽子の被り方やスタイルを教えてくれます。そしてもう1種類出してくれたのがワンサイズ上のもの。ワンサイズ程度なら中で調整して被れるそう(クッションテープのようなものを貼って調整してくれました)。被り心地や被った見た目は素人目には分かりません。でもやはり色や葉の細かさは先ほどのものがヨメ好み。ワンサイズ上のものだってしなやかですが、、

そこでおじさまが少し困った顔をして言いました。「貴方のサイズはとても難しいです。」と。
所謂パナマハットなデザインの帽子の話です(女性用デザインに関しては聞いていない)。
サイズはヨメのベストサイズが一番下とのこと。店内で扱っている帽子は作られている帽子の中間サイズ(一番良く出るサイズ)のものが豊富なこと。一番小さいサイズと一番大きなサイズは出る数が少ないのでそんなに取り扱っておらず、同じくそれに順ずるサイズも在庫はあまりないこと。
つまりヨメが被れる帽子はデザイン、サイズともベストサイズとその上のサイズ(調整してもらった)の2つだけでした。。な、なんだってーーー

そしてこれまたタチが悪い事に、ワンサイズ上のものは2ヶ月掛かって作られたもの、ベストサイズは4ヶ月掛かって作られたもの、お値段は3倍に跳ね上がります。な、なんだってー!!!
全ての好みはベストサイズの帽子なのにお値段が3倍だという。職人の手作り、さすが。
在庫数のある帽子なら色々選べたみたいなのですが。。色、編み葉の細かさ、さらに職人さんによって編み癖があり、一定のパターンが模様のように浮かんで見えるのですが、そういったものも選ぶ楽しみがあったようです。掛かった時間によって値段が変わるって事は値段的な選択肢もまだあったであろう。。

ハワイにはよく来られる?(来られるならオーダーしといてもいいんだけれど、、)みたいな雰囲気の会話をしたとカッパが言っておりました。

大変なお値段のパナマも触らせてもらいましたが、まるで生地でした。目の細かさが老眼に沁みる、、

因みに網目の細かさはやはり比べて見ると雰囲気にも違いがでます。もちろん網目が大きい方がカジュアルだし、細かくなればなるほどエレガント。
色も白い方がエレガントですが、使っているうちに飴色に変わってくると言われました。大体10年くらいもつ、って言ってたかな。

湿気の多い日本。我が家は特に湿気に悩まされている家。保管はどうしたらいいですか?乾燥剤とか入れておいたほうがいい?と聞くと、作られた所がエクアドルなので「乾燥が一番の敵」と言われました。寧ろ日本の環境はパナマハットに好まれると。お風呂でシャワーを浴びる時にスチームに当たるよう置いておく人もいるそうです。雨に濡れたらササっと吹いてクラウンを下にして自然乾燥、と言われた記憶(日本語の取り扱い説明書が貰えます)。

購入したら飛行機の荷物棚にも入る収納ボックスもあげますと言われました。日本だと夏の間の使用ですね、あとの保管はその箱で。
どちらも素敵でしたが、比べるとそりゃ4ヶ月掛かってるものの方が物ととしては良いわけで、この日は決められませんでした。。
カタログや日本語の取り扱い説明書を貰い、悩んだ(選択肢2つしかないけど)2つの品番を描いてもらったメモを貰ってお店を後にしました。本当に素敵だった、、そして手前味噌ですがヨメに似合っていたわ。。カッパはちっとも似合っていなかったわ(その場にいた娘以外が全員失笑)。。

さすがに女性用の帽子はサイズはもっとある筈。つばの広いもの、レースのように透け感があるもの、フレンチプレスは娘が被っても可愛かった(サイズはもちろん合っていない)。このフレンチプレスは600ドル弱くらいだったかな。

d0041074_18391603.jpg
↑娘が被っているこれがフレンチプレス。
娘と一緒に被れたらなぁと思いました。
これをちょい斜めに被ってみて?オッシャレやでー。
娘の頭のサイズが固定されるのっていつだ?

知恵熱が出そう、でもおじさまに色々話が伺えて楽しかったし帽子も色々被らせて貰えた、ミニヨメコも帽子を被らせてもらって楽しそうだった、、この熱冷めやらず、とハワイ最終日の夜は到着日にランチをしたホテルのレストラン「サーフラナイ」で食事をしました。サラダを前菜にカッパはミネストローネも頼んでいたかな。メインは魚料理をそれぞれ2種類のソースで頂きましたが、どちらも美味しかったです。ホテルのレストランとしても美味しい部類に入ると思うのですが、さてどうでしょうか。











[PR]



by wakka-w | 2017-09-07 11:19 | 諸々旅 | Comments(0)

夏休み2017 ハワイ 4/4日目ワイキキ散策

d0041074_09362762.jpg
↑17時前のこの景色も我々は今日で最後。


さぁ無事にワイキキへと戻って来ました。しかし我々に時間はありません。前日アラモワナに行くのを愚図った娘とプールに行くという約束をしていたのです、カッパが。

ドライバーをやってたヨメはさすがに疲れたので休みます、と辞退。カッパもママはもう好きにしてくれて全然良いです勿論です、と気を使ってくれ、ヨメは部屋で片付けしながらゴロゴロするかと思っていたのですが、娘のやる気満々さを見ているとここでヘバッてはいかん、と。ラストスパート駆け抜けんでどうする、と。
早速街歩きの準備をして出発。2人との約束は18時半。1時間弱です。

そしてロビーまで降りて地図を忘れた事に気付くヨメ。なんということでしょう。。が、大丈夫。いつもの事なんで行きたい場所は頭に大体入っています。しかもお一人様。身軽にサッサと散策を終わらせるぜ〜と最初に向かったのはオシャレで大人気のホテル、ザ・サーフジャック・ホテル&スイムクラブ

d0041074_09463685.jpg
↑ビーチ沿いではありませんが、オシャレなプールがあります。

d0041074_09470189.jpg
↑コーヒーカウンターの隣にショップが。
ショップのカウンター脇にあった
小さな缶バッジを買ってくれば良かったー。
ポーチにつけたら可愛いかったなぁ。

d0041074_09471237.jpg
↑フォトジェニック〜。
マイナップルのカップが可愛くて思わず持ち帰ってしまいました。
カッパにどうすんの、それ、と聞かれています。
見てはしばらく旅に浸る。


こちらのホテル、カイルアで行けなかった「オリーブ・ショップ」と「オリバー・メンズ・ショップ」の姉妹店「オリーブ&オリバー」が入っていて、ホテルもショップもとてもフォトジェニック。コーヒーショップも併設。可愛い雑貨やお洋服を見て、カプチーノをフォトジェニックなデザインのカップにオーダーし次のホテルへと向かいます。

クヒオ通り沿いにあるのは「ザ・レイロウ・オートグラフ・コレクション」。サーフジャックからクヒオ通りを通ってインターナショナルマーケットプレイス手前辺りのビル2階がエントランス。

こちらもビーチ沿いではないけれどとってもオシャレなホテル。カップルやリピーター、ビーチで泳ぐ予定がなければここに泊まってもいいなぁと思っていたホテルです。
プールサイド横に小さいですがセンスの良いものが並ぶショップがあります。エイやクジラがスコップになったハイセンスな砂場遊びのセットやお魚の形をしたポーチなんかもありました。ホテルのビーチサンダルもありましたがどちらかと言うとセレクト品が多いのかな。品数は少ない。
何時にクローズするのか聞いたら20時とのことでした。オープン時間は聞いておりません。

d0041074_09540633.jpg
↑思わず惚れたポーチ類。
太っちょサメのリュックもありました(スペイン産)。
上の砂場遊びセットは娘がもうちょっと小さければ即買いだったなぁ。
下のビーサンとは別にホテルのグラフィカルなビーサンも販売していました。


これにて散策終了。急いで部屋に戻らねば、、と歩いていたら「ターコイズ」を見つけました。あ、ここもチェックしていたところだ。
セレクトショップです。ここは水着のセンスが可愛いのに落ち着いていてヨメ好みでした。ノースショアで毎日焙煎されているコーヒー豆を売っていたりもしていました。
今年大人気のフラミンゴ浮き輪も売ってた!

ホテルに帰ってきてちょこっとロイヤルハワイアンのお土産ショップのお話も。
ピンクがカラーのロイヤルハワイアン。ホテルのお土産となると2箇所ショップがあるようです。本館1階、ロビーのショップが1つ。そしてタワーのエントランス前のショップが1つ。
このタワー側のショップは中に小さなコンビニも入っていて、ジュースやお菓子だけでなくアメニティ用品も売っています。
色んなお土産が集められて「なるほど〜」となかなか面白いのですが、ここで可愛いペーパーグッズで雑誌によく載っている「ノースショアペーパリー」のアイテムを見つけました!淡い水色に小さなパイナップルが浮かんでいる可愛いノート。レターセット、ノート、ミニノートの3種類で柄は前述の1種類だけ。お店で買うよりちょっと割り高かとは思いますが、歩いて行くにはちょっと不便な所にあるショップのようなのでヨメは見つけて嬉しくなっちゃいました。

よし、これでもう街歩きは満足した。あとはとうとう最終日になっちまったパナマハットのお店にカッパ(と娘)を引き連れGo!




[PR]



by wakka-w | 2017-09-06 11:08 | 諸々旅 | Comments(0)

夏休み2017 ハワイ 4/4日目クアロアランチ&カイルア

前日夜、Tギャラリア内にあるトヨタレンタカーで車を予約しておきました。こちら全て日本語で手配してくれます。4歳の子供はチャイルドシート、、ではなくブースターの着用が義務付け。日本とはちょっと年齢の区分分けが違います。
頼んだ所ではレンタカー代は誰のカードでも良いみたいなのですが、利用当日、事務所で払うナビのレンタル代だとかは運転手のカードで支払ってくださいと言われました。

そして最終日、朝7時半のホテルにてレンタカーを借りる場所までの送迎(Tギャラリアには車はありません)をしてもらいました。このホテル毎の送迎は予約数が決まっており、朝早くから使いたい人は早めに予約するか、7時半にTギャラリアの事務所への送迎集合場所に向かいます。Tギャラリアの場合はそこから来た順に事務所に連れて行ってくれるそう。

前日の予約時に色々説明があった後、「次回からは国際免許証を持って来てくださいね」と言われました。持って来てるんで大丈夫です。「あ、じゃぁ大丈夫ですね。」
できれば持って来ましょう。何かあった時に面倒な事になるかもです。

そしてレンタカーを借り、いざ出発!となったところでハタと気づきました。

アメリカの交通ルール、知らない。

なんという事でしょう。なんでヨメはいつもこんなんでしょう。40過ぎてこれか。
右車線に左ハンドルだという事だけ注視しておりました。とりあえずアババババばとなりながら車を走らせます。
そして早速クラクションを鳴らされました。「赤信号でも右折できる」。あぁこれが!(なんかネットで見た記憶)と思うヨメ。迷惑かけてすみません。信号の下に注意書きがなければ赤信号時も確認して右折できるそうです。詳しくはググれ

最初に向かった先は「クアロアランチ」という映画の撮影場所(ジュラシックパークとか)として有名な牧場。ハイウェイを使って4、50分でしょうか。

d0041074_09071047.jpg
↑ なんということでしょう。
こんな愉快な写真でしか全体を撮っていませんでした。。
左がエントランス、奥の山の渓谷2箇所が
アクティビティ別に分かれたルートになります。


乗馬したり四輪バギーを使って牧場や渓谷を走りつつ映画のロケ地を廻れます。うちは娘がまだそういう事ができない年齢なので「映画ロケ地ツアー」というアクティビティを希望。これは大型の車に乗ってするロケ地巡りツアー。
こちらのツアーは予約せずに来ました。ワイキキからの送迎もあるのですが、1日潰れます。もし来るならレンタカーで、と決めていたのですが、レンタカーも前日に予約したくらい。
できれば朝一のツアーに参加したかったのですが残念ながら満席。次の10時半なら参加できるという事でそちらの時間に参加しました。

約1時間の待ち時間、初アメリカドライブの緊張もあり、まずは事故らずに良かったとホッとするヨメです。
そして1時間後、日本人は集められて日本語でガイドしてくれるドライバーさんと共に出発。一昨日の大雨時は全く何も見えない状態だったとの話でした。カッパチームが(イルカは濡れたナスでやっぱりナスか〜〜)と言ってた日。何も見えないのですが、雨が数時間振った時にだけ大きな岩肌に現れる滝は見えたそうです。撮影時の裏話やハワイの海の色の話、カルピスが何故カルピコなのか、そんな話まで。これは絶対日本語ガイドのツアーに参加するのが面白いです。

d0041074_09070134.jpg
↑奥の山はディズニーシーのあの山です。
モアイはモアイを移動させる実験をした時のもの。
歩かせたそう。


娘はというと最初はつまらなそうにしていましたが、ジュラシックパーク(娘は観ていないが、「恐竜の映画」と教えてはある)の草原を見、ゴジラ(観てない。母がゴジラ好きなので知ってる)の足跡を見た辺りから表情が変わり、今年上映された「キングコング 髑髏島の巨神」(もちろん観てない。母さえも観てない)のロケ地でゴロゴロでっかい骨が転がっているのを見てカメラカメラ!!と大興奮。自分のカメラで激写しまくっておりました。ガイドのお姉さんにも話しまくってもう大変。

d0041074_09064410.jpg
↑ゴジラ〜。
夜放牧する牛が落っこちるのでかなり埋めたそう。

d0041074_09065242.jpg
↑ゴリラ〜
髑髏島です。娘大興奮。
現地で見ると笑えるくらい大きいです。


さてこちら、行きに帰りに不思議なモニュメントを見ました。大きくはないです。木彫りのイノシシか豚の頭のようなものは一体なんぞ?結局ガイドさんに聞かずに帰国したのでちょっと調べてみました。古代ハワイの地区区分の境界線「アフプアア」のモニュメントらしい。クアロアランチに行かれた方、見かけたらあぁこれね、と思ってください。実際の境界線(石が組まれたもの)もクアロア内にあるようなのでガイドさんに聞いたら教えてくれるかも。

ガイドさんの話が面白く、自然も素晴らしくて来てみて良かったと思ったクアロアランチでした。
約1時間のツアーを終え、ここからカイルアへと向かいます。クアロアランチから車で約30分。

カイルアは最近人気が出てきたエリアだそう。オシャレなショップに全米No.1と言われるカイルアビーチ、日本未上陸のパンケーキ屋さんもあります。レンタカーはカイルアショッピングセンターに停めました。ホールフーズがあります。
ここに来るなら食べたいと思っていた「ブーツ&キモズ」のパンケーキ。イートインなら40分くらい待ちますが、テイクアウトするなら15分くらいの待ち時間。我々はイートインでカッパに待たせている間に娘と一緒に近所のショップを覗いて来ました。

ママ、英語苦手だけどどうするの?大丈夫なの?
さぁ、大丈夫かなぁ。よく分からないなぁ。多分分かんないし。
パパと離れてママ大丈夫なの?だって英語分からないんでしょ。何かあった時どうするの?!

と大変心配する娘。大丈夫大丈夫へーきへーき、何とかなんねん、とショップに入るも

ママ、ここでは見るだけにしましょう。いい?がまんするの。欲しかったら後でパパを連れて来たらいいでしょう。
ね、がまんしなさいね。(この父と母との信頼さの落差はなんだ失敬な。正しいけど)

と諭されます。そうだね〜〜とお気軽な母。娘の心配は杞憂に終わり、可愛い雑貨やお洋服はたくさんあったけれど、ハワイの街に似合うお洋服、もう明日は帰国の日だし、どれも同じくらい可愛くて選べない。結局買わず終いでお店を出ます。ホッとする娘。街の看板を見て「あれ何て書いてあるのかな」という娘に母が説明すると心底驚いたように「ママ!なんで分かるの?!!」と言われました。うん、、まぁ、、ちょっとは分かんねん。分からな過ぎて恥ずかしいから秘密だけど。
ではパンケーキ屋さんに戻る前にもう一つ、日本人の方が可愛いピンクのワーゲンで開いているアクセサリーのお店に向かいましょう。レイナイアさんです。

こちらのアクセサリー、もっと早く来てハワイの街で付けたかったなぁと思いながら、あ、これ可愛いとゴールドのワイヤーでBeachと書かれたブレスレットを見ます。そう言えばお願いしたら30分くらいで希望のものを作ってくれると何かの雑誌に書いてあったような。。このスタイル、多分ミニヨメコの方が似合いそう。ねぇねぇミニヨメコ、、なぁにママ〜、ヒソヒソ、、

そしてオーダーしたのが文字を「Aloha」に変更してもらったブレスレット。ちょっと無理を言ってミニヨメコサイズの箇所にも丸カンを付けてもらいました。これなら母も娘もできるわ。2人のお土産だねーと言うと娘も大喜び。日本語で良かったねー

d0041074_09073386.jpg
↑可愛いピンクのワーゲンがお店


先客がいたので1時間後の引き取りでブレスレットをオーダーし、パンケーキ屋さんへ戻ります。そして待ちに待ってようやく入店。念願のパンケーキです。ウマー!!!
ハワイで初めてのパンケーキ、最終日にようやく食べれた。こちらのお店はマカデミアナッツのクリーミーなソースがかかったパンケーキ。そしてカッパが頼んだオムレツも美味しかったです。中には地産地消の野菜とチーズ。付け合わせにハッシュドポテト。幸せ〜

d0041074_09062040.jpg
↑「ハワイ」「パンケーキ」のイメージでやって来た
ヨメのイメージとはかなりギャップのある外装と店内。

d0041074_09063531.jpg
↑パンケーキも美味しかったが
40代二人には
オムレツとハッシュドポテトも嬉しかったです。
ペロンチョ


しかしそろそろタイムリミット。カイルアに来たなら寄りたかった「オリーブ・ブティック」は諦め(ワイキキのサーフジャック内にミニショップ有り)、絶対寄りたかったハワイアンハーブティーのお店に最後寄りました。「アヌエヌエ・エクスクイジット・ティー」

カブを預かってもらっている紅茶好きのお友達にワイキキでは手に入らない茶葉をお土産にしたくてどうしても寄りたかったのです。マンゴーやハイビスカス、パイナップルのフレーバーがハワイの香りを運んでくれます。店員さんにハワイらしいオススメを聞いてお土産に。

ブレスレットとハーブティー、カイルアらしいお土産を手に車を走らせワイキキに戻りました。カイルアビーチに寄る時間はなし。次回に期待す。

今回の旅ではノースショアの方に足を運べなかったのが残念。あちらもレンタカーが便利なようですね。ウミガメを見せてやりたかったのですが、日程が取れませんでした。
娘がハワイを大変気に入ってまたハワイに来たい!またダイヤモンドヘッドに登る!と言っているのでいつかの再訪を期待する母です。







[PR]



by wakka-w | 2017-09-06 10:16 | 諸々旅 | Comments(0)

夏休み2017 ハワイ 3/4日目ウィンドウショッピング&ステーキハウス

シュノーケリングから帰り、昼食もそこそこに向かった先はアラモワナセンター。
しかしカッパと娘にずーっとアラモワナに行くことを嫌がられておりました。つまんないって。
ヨメだってヨメのやりたい事やらせてくれよ、あなた達昨日イルカ触っただろ!と駄々をこねます。

ところで今回の旅で、パナマハットを見たいという以外にショッピングの目的は特にはございませんでした。どちらかというとどういうものがあるのかな?ってのを知りたかったのです。
アラモワナは個人的には30分かからない予定でしたが、あんなにアラモワナを嫌がっていたカッパと娘によって想像以上に時間がかかりました。ヨメより盛り上がる2人。
またしても夕食の時間に間に合わず。カッパが電話します。。

ヨメが覗いたのはニーマンマーカスとピエールマルコリーニ、レゴショップがあったのでそちらも。レゴは日本よりこっちのが安い。そして日本ではこれから発売(若しくは発売未定)というものもありました。かなり大きいサイズも飛行機で預けたら持って帰れるな。そんな事を考えるくらいには日本より安い。

娘はトイザらスで延々悩み続け、レゴとの間にある雑貨屋にまで入る始末。ヨメはさっさとマルコリーニでドリンクが買いたい、、それでここのミッションは終了なのに。。とイライラしていたらカッパとミニヨメコ2人がキャッキャとハロウィンのグリーティングカードで盛り上がりだしました。
アラモワナつまんない、とか言ってた口をひねってやりたくなります。

そしてようやくピエールマルコリーニに到着。ハワイでマルコリーニ、、とも思いますが、こちらのハワイ限定ホワイトチョコレート&パイナップルを飲みたかった!それにハワイ限定のボックスや裏地を使う事で有名なアロハシャツブランド、レイン スプーナーとコラボしたバンダナを横浜で見かけてどうせならハワイで見たいなぁと思っておりました。

念願のドリンク、さすがマルコリーニって味でした。くどさのないホワイトチョコレートにほのかにパイナップルが香って品のある美味しさでした。大満足

マカロンの箱が可愛くて自分用のお土産にしたら保冷剤を入れてくれました。ホテルの冷蔵庫で保管(保冷剤は凍らせる)して飛行機内で頂きました〜。美味しいところのマカロンは美味しい。
賞味期限は約5日。

d0041074_07364750.jpg
↑上がマルコリーニのマカロンボックス
下はニーマンマーカスで買ったシャボネル エ ウォーカー(イギリス)の
ハロウィンボックス。


そしてレイン スプーナーとのコラボバンダナ。夏限定だと言われました。通年かと思ってた。来年の夏に出るのかは知りません。日本でも6月末辺りに数種類限定で売っていたのですが、そちらの種類も赤色は残り6枚と言われ、ハワイ限定に関してはもう完売とのこと。
ハワイ限定麻素材トートバッグもありましたよ。

アラモワナ散策無事終了。西よりにちょっと歩いて(5分くらいか)サウスショア・マーケットも覗きます。ハワイ発祥のセレクトショップを集めた複合施設だそうです。ワードビレッジというショッピングモールの一角なのかな?アラモワナ側のビルの一角に入ると中全体がなんだか洒落ておりまして、数店のロコアーティストショップがありました。ロコデザイン可愛いー。女子向けです。
プチプラではありますが、そういうのこそ積もれば何とやら。なんとなく見て満足。

d0041074_08175657.jpg
d0041074_08145074.jpg
↑ロコガールのラブリーさよ。色んなロコ柄のポーチはスモールで$25



タクシーを拾って向かった先は今日のお食事「d.k Steak House」。ワイキキのマリオットホテル内です。
こちらのステーキはハワイで唯一、自社でドライエイジングしているレストラン。子供メニュー有り。お肉が苦手な娘は魚料理を頼んだら大量のフライドポテト(のお皿だと思ってたら魚が埋っとった)と鮭のポワレが出てきました。美味しかったそうです。

我々はもちろんステーキを。NYストリップとエイジングのお肉を頼みました。結構なサイズでしたが美味しかった!エイジングも日本で食べるのよりもうちょっとまろやかで馴染んだ味で美味しかったです。
NYストリップというお肉の種類、初めて食べましたがジューシーで美味しかったなぁ。ヨメは好みでした。
付け合わせはカッパがどっかでおススメで見た、という「クリームド スピナッチ」をシェア。これまた美味しかったです。

d0041074_08144392.jpg
↑こちらエイジングビーフ、ボーン付いてます。


大満足でレストランを後にした後、夜のビーチを散歩しながらホテルまで戻りました。マリオットホテルからロイヤルハワイアン、4歳児も歩けます。
3日目も無事終了。明日はとうとう最終日、朝からドライブです。

d0041074_08150496.jpg
↑犬の散歩をするローカル、旅を満喫するツーリスト。
楽しい夜のビーチです。








[PR]



by wakka-w | 2017-09-06 05:53 | 諸々旅 | Comments(0)

夏休み2017 ハワイ 3/4日目ハナウマ湾

本日は5時半起床。起きれないカッパを放っておき、起きられると色々面倒な娘を尻目にできる限り準備をしておきます。
8時半集合のシュノーケリングツアーの集合場所に家族揃って(ここがポイントや)行かねばなりません。

ワイキキのビーチの海の色は綺麗ですが、海藻やサンゴがないからか魚を見る事はなさそう。シュノーケリングをするならハナウマ湾らしいです。
が、考える事は皆同じ。交通の便があまり良くないのでレンタカーかツアーの送迎をお願いするのが良さそうなのですが、レンタカーでは朝一で出ないとパーキングがすぐ満車になります。我々が着いた時も満車で車が中に入れませんでした。一応ツアーの手配した車なのですが。ドライバーが中の人?に連絡して無事にパーキングに入れました。
なのでここはツアーで来たカッパチームです。

因みにパーキング待ちはできません。パーキングに入る道前で係員がガッチリガードするから。ワイキキ方面から向かってパーキングに入れず通り過ぎる形になりました。1本道ですがしばらくすると景観を見るためのちょっとしたパーキングがあり、そこでUターンする、という形になりました。

そしてここでヨメは見てしまった。縁石に乗り上げたレンタカーを。。次の日は自分も運転する身なので「何かあったら持ってて良かった国際免許証」と思いました。他人事っちゃー他人事ですが、別に自分がやってもおかしくないわー、ヨメもやっちまいそうやわーーーーー。気分もだだ下がりやと思うけれど、人さえ巻き込まんかったら恥は書き捨てやで〜〜ファイトォオオ!とまで思いました。
レンタカー会社でも「なんちゃらかんちゃら〜。なので次回は国際免許証、持って来てくださいね。」「持って来てます。」というやりとりがありました。

さてハナウマ湾です。こちらはサンゴがあり環境的にも色々保護されているのでエントランス料金を払った後、ビーチに向かう前に環境保全のためのビデオを見せられます。そして火曜だかはお休みで入場できません。ダイビングもできるようですが週4日の決まった曜日だけらしいです。

d0041074_19395311.jpg
↑エントラスから更に坂道を下ります。
トロリーみたいなのが坂道を往復しています(有料)が
多くの人は歩いています。


こじんまりした綺麗な湾でした。坂道を降りて湾に向かうのでとても素晴らしい景色が見れます。海亀も見れるようですが、娘とシュノーケリングをしていたらそんなものを探す余裕はない、という事が分かりました、、(そりゃそうか)。やはり海の塩っけが気持ち悪くてそこから怖さを感じるようで。
到着してビデオを見たら10時半でそこから集合時間の13時15分までの約2時間半でしたが、娘のチャレンジをサポートしながら3回くらい海に入れたかな。前日の天候が関係してか雲が多く、午前中は肌寒い時間もあったので娘は寒がり、ヨメは珍しく波酔いして3回目はヨレヨレでした。。テヘペロ

さてビーチに着くと有るのはトイレとシャワー(兼更衣室)くらいです。大きめなので並ぶことはなさそう。ドリンクとかレンタル品ショップはありません。坂を登ったエントランス付近にお土産屋さんがありドリンクは買えるみたいです。
ココヤシもあるので多少日差しは遮れますがビーチからはちょっとだけ離れます。

1本目、娘を海に慣らす練習をし、嫌がる娘をまぁまぁとなだめつつ沖へ繰り出します。足がつく所にも結構大きい魚がいるので子供でも十分楽しめます。チョウチョウウオやブダイの仲間を見ました。透明度は想像より悪かったなぁ。前日の雨のせいかな。宮古島のシギラ湾の方が透明度は良かった。。

2本目、相変わらず愚図る娘をなだめ脅しつつ海へ。ここで腹を括った娘が覚醒したかのように見えました。「だいじょうぶ、わたしならできる。きのう だいやもんどへっども のぼれたし わたしならできる」そう呟いては頑張って海の中を覗いていました。そしてついに発見。ママ!変なおさかながいる!!!

なんだなんだ何を見つけた?とあまり期待もせず娘の指差す方向に頭を突っ込むと、なんとヘラヤガラを見つけた娘です。しかも結構でかい。ヘラヤガラはパイプのように長い体をして頭は馬のよう。ヨメの好きな魚です。ミニヨメコ、やったじゃん!!

d0041074_19420588.jpg
↑重装備のミニヨメコ。
腕輪(ABCマートで購入)を装着し、
浮き輪かライフジャケット(日本から持ち込み)かを
装着してシュノーケリング。


その後も頑張ってキョロキョロする娘。しかし残念。日が雲に隠れて結構肌寒くなってきました。ヨメは波酔いに。娘がすごい力で掴んでくるのとシュノーケリングを付けているので思うように泳げず。も、もう満足、、、
しかしカッパが執拗に3回目を主張。今度は逆方向を泳いでみよう!と頑張ったのですが、結局寒さでヨメと娘はリタイヤ。

ハワイのシュノーケリング、これにて終了。
しかし綺麗な湾でした。カッパもハナウマ湾がこんな感じ、というのが分かったようで満足したとのこと。またハワイに行く機会があればチャレンジしたい場所です。

急いで着替えてピックアップしてもらいワイキキに戻りました。実はハナウマ湾、バスのようなものは入れないのかな?ツアーでもワイキキから事務所まではワゴン車で送迎だったのですが、事務所からハナウマ湾までは小さな車に乗り換えてでした。なので待ち時間とかちょっとだけ時間がかかったかな。でもツアーだとパラソルやゴザ、マスクやフィンを借りれるので楽チンでした。

ワイキキに戻った後はランチも取らず(夜ステーキなので軽食も軽食で済ませた)、着替えて向かう先はアラモワナショッピングセンターです。散々カッパと娘に「ショッピングなんてつまんない」と嫌がられた場所ですが。。



[PR]



by wakka-w | 2017-09-05 17:19 | 諸々旅 | Comments(0)

夏休み2017 ハワイ 2/4日目カハラモールとインターナショナルプレイス

ハワイ2日目もそろそろ終了です。
イルカのぬいぐるみをお土産にした娘と共に、カハラホテルからタクシーでカハラモールまで向かいます。こちらのショッピングモールはWhole Foodsで有名。
皆さん、あのホールフーズですよ。ヨメがロンドンで大変な目にあったあのスーパーマーケットがハワイに。

ヨメも例に漏れず、こちらのショッピングモールにはホールフーズ目当てで来ました。早速ウソッキーとヌオーがお出迎え。

d0041074_11255270.jpg
↑わぁ〜、カハラの顔やね!(棒)


ハワイのホールフーズはこのカハラと郊外のカイルアにある2箇所に行きました。比べるとやはりワイキキからはかなり遠いカイルアの方がお土産としてガイドブックに載っているようなものは残っている感じ。大人気のエコバッグも種類数が多いです。種類の在庫とかは時期にもよるのでしょうが。
我々のハワイ旅行、夏休みの終わりの今はシーズンからそろそろ外れるって時期かな。

ハワイ土産としても脚光を浴びているジョンマスのシャンプーはABCストアでも小さいサイズは見ましたが、カハラのホールフーズはレギュラーサイズもかなり売り切れているようでした。それからジョンマスの中でも値段の高い種類のシャンプーは置いてなかったかも。

レトロデザインで人気の歯磨き粉、マービス(イタリア産)。こちらはワイキキのサーフジャックとかレイロウなんてオシャレホテルでも結構見かけました。
同じくオーゲニック系高級歯磨き粉「THEODENT」。パッケージも高級チョコレートっぽくてゴージャスですが、カハラのホールフーズで見ました。

レアハワイアンの高級白ハチミツはレギュラーサイズはありました。ABCストアにもあるやつです。カイルアの方が種類が揃っていましたが、ミニサイズは無かったー。ミニサイズ探していたんだけれど。

きのこはねー、やっぱりロンドンが多いね。ホールフーズ全体の香りがロンドンのホールフーズを思い出す「The 外国のスーパーマーケット」で懐かしくもあり、ワクワクしたり。

こちらはCOMBUCHAが人気なのですが、ワンコーナー全てコンブチャってのも見ました。カッパと一緒に何だこのCOMBUCHAとは、なんだっけ聞いたことがあるな、確かモデルさんとかがよく宣伝していたような。。と考えている間にもどんどん売れてゆくCOMBUCHA。かなりの本数買って帰っていました。

ヨーグルトのパッケージデザインとかも可愛いのよね。無駄にヨーグルトを買ってカッパに飲んでくれ、食べてくれとお願い。

LongsDrugsも入っています。品揃えはワイキキのより良いかな。LongsDrugsでママ達のお土産で便利だなぁと思ったのがいろんなキャラクターの絆創膏。雪アナとかスターウォーズ、ミッキーやらたくさんあって1箱20個くらい入っているのでバラして詰め合わせにしても良さそうです。スヌーピーの絆創膏は大人気。なかなか在庫を見ませんでした。

今回色々なモールも歩いてみましたが、特に目当てがなければパスしても良さそうな印象。もちろん人それぞれなんだけれど、ウィンドウショッピングとしても楽しいのはアラモワナで事足りるのかな、というのがヨメの感想です。
そんな感想も色々歩いたからこそですが。。

とりあえずカハラモールが大体どんな所かは分かった。お腹が空いてさぁ今日はどこで食べよう。ワイキキに戻ってインターナショナルマーケットプレイスなら食べる所もあるんじゃない、とタクシーでワイキキへ戻ります。

インターナショナルプレイスはロイヤルハワイアンセンターの斜め向かいにあるショッピングモール。日本食料品もモールに入っていてそこのフードコートには山頭火(ラーメン)がありました。ラーメンがTO GOできるのよ、凄い。
こちらでは子供服のショップも2店ありました。
全部は見ませんでしたがモールの雰囲気を楽しんだ後に3階のレストランフロアにあるイーティングハウス1894で食事。美味しかったですがボリュームはかなり。キッズメニューもボウルから溢れそうなミートソースがやってきました。ヨメが頼んだリゾットは有頭海老が5本も入っておりました。。そんなに食べれん。
こちらはロコモコが人気らしく、カッパがオーダーしようとしたのですがメニューにない。聞いたらディナーでは基本ないそうですが、できるか聞いてみるわと言ってくれ、無事カッパのロコモコもオーダーが通りました。これは子供も食べれるわね。味見させてもらいましたが美味しかったです。もちろんボリューミー。

さぁこれで2日目終了。明日3日目は朝一でハナウマ湾でのシュノーケリング、夜は熟成肉のステーキです。







[PR]



by wakka-w | 2017-09-05 10:03 | 諸々旅 | Comments(0)

夏休み2017 ハワイ 2/4日目ランチSenia〜イルカの肌質は濡れたナス

ダイヤモンドヘッドを登りきり、帰りのトロリーに乗るカッパチーム。いろんな会社のトロリーが同じ停留所に迎えに来ますのでお気をつけて。ドライバーが「ダメ!」と子供に言うように注意しているのを良く聞きました。
このトロリーはワイキキからダイヤモンドヘッド、カハラモールと続きワイキキへと戻ります。グリーンラインのトロリーです。
帰りも1箇所景色の良い場所に停まって5分程の写真撮影の時間がもらえます。必要ない人はトロリー内で待っていれば良い。そしてヨメは「そんな事よりワイキキ帰ろうぜ!」(by Nakajima)

無事にワイキキに戻って来た後はタクシーを使いチャイナタウンへ。向かった先は昨年12月にオープンした「Senia」というレストランです。ハワイの食材を使い色々な料理からインスピレーションを受けた独自のお料理、という雰囲気。

夜に行ってみたかったのですが、ディナータイムに子供を連れていくのはどんな感じか分からなかったのと、チャイナタウン、ダウンタウンは夜はあまり治安が良くないと聞きましてランチを予約しました。ランチなら子供もオッケー。赤ちゃん連れもいらっしゃいましたよ。ちなみに雑誌によく乗っているフォトジェニックな「チャード・キャベツ」はランチにありませんでした。
メニューに子供メニューはありません。ランチ時も基本はコース料理でアラカルトはお酒のツマミという感じ。そしてシェアはしないでね、という注意書き有り。ですがこちらのお料理はボリュームが凄いという事はないので3人分コースをお願いしました。今回は子供がいたからかな、シェアする?(子供と一緒に食べる?)と聞いてくれまして、もちろん!とお願い。
ランチメニューは前菜、メイン、デザートでそれぞれ選びます。メインにはパスタやハンバーガー(お魚)もあって4歳くらいの子供なら食べやすいかな。娘はお肉が好きではなく他はあまり好き嫌いがないタイプですが、ハーブを使っているものは苦手そうながら、前菜のマグロやタコ、メインのラグーソースのパスタ等結構な量を「美味しい!」としっかり食べれていました。コースの中での選択肢はかなりあると思います。

d0041074_09201082.jpg
↑こちら前菜3種。手前から、マグロ、タコ、タルタル
見た目も綺麗、味も美味しい。


出て来たお料理はどれも繊細、そしてデザートまで手を抜かず最初から最後までとっても美味しい。日本でも好まれる味です。いやぁ、(間に合わないなら諦めろとか言われて)ムクれてでも来て良かったわー。カッパも来て良かったと満足。な、だろ?
美味しかったし量もほぼ日本のコース料理と一緒なので4歳児合わせての3人分コース、ペロンチョでした。

d0041074_09200392.jpg
↑メイン3種。
手前のラグーソースが絶品で娘も大好きとのこと。
横の豚、脂身がカリッカリですごく美味しかったです。
マリネされた玉ねぎのグリルや一手間かかったフライドポテトが付きました。
奥のラビオリはヨメは好みでしたが、
ミントが入っていて娘は苦手だった様子。
コースのメインにパスタの選択肢があるので子供も食べやすそう。


大満足おなかいっぱいでレストランを出た訳ですが、雨です。この日は雨予報が出ていたのよね。。時間もランチにしてはちょっと長めになった記憶、、チャイナタウンまで来たら島根の分社の出雲大社や、帰り道の途中でアラモアナショッピングセンターに寄れればベストでしたがどこかに寄る時間はあまりなく。唯一カッパが見たいとかでハワイ・シアター(ハワイ最古の劇場)を見てきました。でもフォトジェニックなのは夜のライトアップ時なんだよね。。
雨も強くなってきた。さてどうしよう、とりあえずTheBus(ローカルバス)でワイキキまで戻るか、ということになりました。
娘は雨が降ったらイルカと遊べないのではないかと戦々恐々。いやいや、イルカ、どこに住んでんねん。大体早々簡単に中止したりしないから。大人の事情は天候より強い。雨、イルカさんと会う頃には止むといいねぇ。

バスに乗って揺られるカッパチーム、カッパもヨメもお酒を頂いておりましてこの揺れが眠気を誘います。結局1本前の停車場で降りれば朝購入したグリーンラインのトロリーに乗ってカハラモールまで行けた(そしてそこからイルカのいるホテルまでタクシー)のですが、最終便に乗り遅れ、ワイキキからタクシーに乗る羽目になりました。トロリーぇぇ
トロリー最終の時間、夕方3時半くらい?グリーンライン、あの値段取っとって早すぎやろ(他のトロリー会社の事は知らず。遅くまでやってるのかね)。

ところでワイキキからカハラホテルまでは約10分くらいのようですが、こちらのタクシーさんは結構のんびり。いつも結構な時間タクシーに乗っているというイメージ。近いのか遠いのかよく分からん。
雨も少し止みそうな気配かな、、と思っていたのですが、結局その後大雨になりまして、イルカを待っている間には携帯に洪水警報まで出てくる始末でした。それでもイルカを触っている時間は比較的小ぶりで良かったです。
イルカの帰りにカハラモールに寄りまして、その後ワイキキまでタクシーで帰りましたがドライバーさんによると数ヶ月ぶりの大雨だとか。さらに年数回くらいの土砂降りが降ったそうです。いつもなら降っても1日降ることはなく、降っても大したことがないようでした。

さてハワイでイルカに触るならどこで触れあいましょうか。
娘がもう少し大きければクルーズツアーも良いですが年齢が足らず(船には乗れるけれど泳げないとか)。
イルカとのアクティビティを楽しめるシーパークがあるようですが、大体半日観光になるようで今回の我々の予定とは合わず。
4歳ではまだ一緒に泳げるアクティビティは他の所のものも含めてないようですね。泳げないならそんなに時間を取るわけにもいかず、触れ合えてすぐ帰れる場所でイルカに会いました。
ワイキキから車で約10分、ダイヤモンドヘッドよりさらに東に位置するカハラビーチに立つのがラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」です。

残念ながら雨で曇り空が広がっていたのですが、高級住宅街の中に静かに佇むホテル、ワイキキとは違う落ち着いた雰囲気の素敵なホテルでした。館内のシャンデリアは他のホテルと一味違い、色とりどりのベネチアンガラスでできています。涼しげながらクラシカルで綺麗だったなぁ。
このホテルには6匹のバンドウイルカがいます。ラグーンを囲むようにしてドルフィンを見ながら泊まれる部屋もある様子。

4歳の娘がイルカと触れ合えるアクティビティ、「ウィーファミリー フィンズ&ファン」は少数グループに1匹のイルカがついて説明を受けながら触ったりキスしたりできるアクティビティで約15分。小さな子供には大人が一人つかなくてはなりません。
説明が英語なのでカッパに任せ、ヨメは遠くから写真撮影。
イルカのいるラグーンに屋根はありませんが、待つ場所には屋根があります。小さなお土産ショップも。

d0041074_09195517.jpg
↑手前には屋根があります。ラグーンを囲むようにしてお部屋が。


生き物とのふれあいアクティビティに関しては、アクティビティ料やそれに伴う写真料金はそのシト達の生活を支えるものと理解して承知しております。しかし正直15分で一緒に泳げない(触ってキスはできる)、という状況に払う値段としては一息飲むお値段。ヨメはカッパにこれだけは確認してくれと再三しつこくお願いしておりました。

イルカなるもの、肌触り、濡れた茄子と同じ也。これ、本当か。

さぁ、遠くからカメラを構えるヨメにも緊張が走ります。濡れた茄子なのか。やはり奴らは濡れた茄子なのか。だったら濡れた茄子を触っときゃいいんじゃないのか。。
アクティビティはもう1組の家族と一緒に「LOMO」ちゃんという女の子イルカがついてくれ、色々な説明をしながらそのつどLOMOちゃんにお腹を見せてもらったり口を開けてもらったりしているようでした。うむ、、遠くから見ると茄子。。
それでも娘がとても嬉しそうにキャーキャーやっているのを見て良かったなと。ふと見たら横のカッパの顔もむっちゃ嬉しそう、、?さてはイルカ、とっても触りたかったのか?(ヨメだって触りたかった)

d0041074_09300876.jpg
↑カッパ満面の笑み。やはりイルカさん結構大きい。


アクティビティ終了後、走り寄って来た娘の最初の言葉が「イルカさんの頭の穴、あれ鼻なんだよ!」そして次が「歯はね、あれは噛むためじゃないの。イルカさんは魚を丸呑みにするの。歯は掴むためなんだって。」キラキラしています。そう、良かった。この笑顔、プライスレス。
そして戻って来たカッパに「どうだった?ナス?」と聞くと

思った以上にナスだった。ヨメが濡れたナス〜、濡れたナス〜って言うからもうそればっかり気になって触ってナスで感動した。

と、横の娘が父の言葉に被せるように

すっごく、もう全然ナスだった!!

と教えてくれました。。あぁ、、茄子。。ナス、、娘とカッパの顔を見たら笑えるほどプライスレス。ヨメは濡れた茄子を日本の台所で触るわ。

d0041074_09301697.jpg
↑LOMOちゃんとキスする娘。
LOMOちゃんの目がつぶらでうっとりしているように見えるのが最高。

ダイヤモンドヘッドもそうだったのですが、イルカのアクティビティも短時間ながらとても娘にとっては良い思い出になったようです。時間の制約もある今回の旅で、イルカに会うかはかなり悩んだのですが思い切ってイルカのアクティビティを加えて良かったと心から思いました。







[PR]



by wakka-w | 2017-09-05 06:23 | 諸々旅 | Comments(0)

2017夏休み ハワイ 2/4日目ダイヤモンドヘッド

d0041074_19363975.jpg
↑ 朝6時のビーチ。すでに遠くの波に乗るサーファー達の姿が。
5時45分頃からサーファーの姿が見えてきた記憶です。
ヨメもここでローカルサーファーだったら早起きできるのかな。(ぼんやり)


ハワイ2日目。朝6時に無事起床。意外に元気です。

d0041074_19342027.jpg
↑雑誌でオススメされていたヨーグルトでちね。
Longs Drugsで売っていたでち。
Whole Foods Marketでも見かけたでちよ。
ヨーグルトはかなり重ためのテイスト。
この苺とルバーブは酸味が効いてママン好みだったでちよ。
サイズも大きめでち。女性ならこれ1つでお腹いっぱいでちね。
別の日に食べたブルーベリーも美味しくてママンは気に入ったでち。
ややや、今日はユニコーンさんでちか。ママンのセレクト、謎でち。


昨晩Longs Drugsで買ったヨーグルトとロビーの軽食で軽い朝ごはん。今日はランチを予約していますが、場所がチャイナタウン。本当はアラモワナのショッピングセンターと抱き合わせで行きたかったのですが、時間がない。何故なら今日は午前中にダイヤモンドヘッドに登り、ランチはワイキキを挟んで真逆のチャイナタウン、更に夕方にはカハラホテルでイルカと戯れ(15分間)、そこまで行ったらカハラモールに寄るしかないだろ、な1日だからです。因みにダイヤモンドヘッドもカハラ方向で、朝からワイキキ挟んで行った来たりやで。
他の日の都合上、うまく予定が立てれませんでした。。

さてでは早速ダイヤモンドヘッドに向けてGO!!なのですが、実はどうも交通手段をあまり理解していなかったカッパチームです。ホテルのコンシェルジュにも聞いたのですが何だかよく分かってなかったみたい(そして聞いたカッパもトロリーについてよく分かってなかった)で普通のトロリーの場所を案内されたみたい。

レアレアトロリーならロイヤルハワイアンショッピングセンターに乗り場があるようですが、現地?のトロリーはTギャラリア ハワイby DFS にあります。ところがビルのオープン前だったので乗り場が分からず大変困りました。ビルの東側にあるエントランス(クヒオ通り寄り)はトロリー乗り場への入り口につながっています。

気を取り直して取り敢えずダイヤモンドヘッドはトロリーで向かいます。このトロリーライン、ダイヤモンドヘッドの次はカハラモールに向かいます。でもお昼にチャイナタウンにおらねばならぬ我々はカハラモールに行く予定があれど利用できず。時間ないから。
ダイヤモンドヘッドに向かう間中、ドライバーの説明が早口で続きます。景観の良い場所に立ち寄ると写真撮影の時間がもらえます。ドライバーさんも降りて来て写真を撮るサポートをしてくれましたが、ヨメの気分はそんな事より先を急ごうぜ(by Nakajima)。トロリーで2、30分くらい掛かったかしら。。タクシーだと10分くらいかな。

ようやくダイヤモンドヘッドに着き、さぁ登るぞとなったのですが、なんという事でしょう。ランチの予約時間にギリギリ間に合わない(!)トロリーの時間があるのでトロリー乗り場まで1時間で戻ってこなくてはなりません。この日は数ヶ月ぶりだかの大雨が夕方あったのですが、午前中は天気もまぁまぁでジリジリと日焼けも実感できるくらい。片道40分くらい、と聞いていたので絶望しましたが、ミニヨメコが健闘。登りだす前に麓のパイナップルが並んでいるドリンクショップを見つけ、パイナップルを食べる事だけを目標にダイヤモンドヘッドを最後まで登りきりました。結局カッパチームの片道所要時間30分弱。登って下ってきっちり1時間で戻って来ました。

d0041074_19351000.jpg
↑頂上付近からの麓。建物のある場所がスタート地点です。
あの麓に娘の呪いを解くパイナポーが!!


カッパは間に合わなければランチを諦めるしかない、とか途中で引き返す、とかイラつく事を言い出す始末。ちょっと待てぃいい!!今日のランチはヨメが楽しみにしていた所なんだ!そんな気軽に諦めるとか、自分の都合は優先して(ダイヤモンドヘッドに登りたいと言ったのはカッパ)こっちの楽しみを蔑ろにするような事を言うのはこの口かぁああああ!!と思いましたし、観光トロリー、結構良いお値段でこんだけ払って途中で引き返すとかフザケンナぁあああ、みたいな気持ちで急ぐヨメ。
娘は帽子を被って水をこまめに取ってはいるとは言え、やはり火口(ダイヤモンドヘッドはカルデラではなくタフリングというそうです。)がスタートで風もなく日も差して大変なようでした。
でも「もう戻る?」と聞くと嫌だと拒否する娘。そしてブツブツと

わたしならできる。
わたしならのぼれる。
パイナップルたべる。

と呪いの言葉のように繰り返しながら登ります。最後の方はパイナップル、、としか言ってませんでした。なにこの執念。

ダイヤモンドヘッドの頂上までの道のりですが、結構道は細いです。途中ゴツゴツしている道もあり、ラストは急な階段の先のトンネル、そして螺旋階段です。とは言えビーサンやヒールでなければ普通に登れる道かな。ランニングスタイルでも良いくらい汗をかきましたが。
ちなみにトンネルに続く急な階段の手前が二手に分かれており、坂道を延々登ることでも頂上に向かえます。カッパチームは行きに階段、帰りは坂道を降りて下山。

登り切ると景色は気持ち良いですよー!ロイヤルハワイアン等ワイキキビーチも見えて感動。娘も大喜びでした。
そして即下山。感動はしたが思いを馳せている時間はない。ランチが待っている。

d0041074_19345192.jpg
↑ちょこんとラブリーにピンクパレスが見えます。
とても気持ちの良い景色でした。
ハワイって感じっすね。


そしてちょっきり1時間後に下山成功。ところがジュース屋さんが激列で1本早いトロリーには間に合わず。しかし最早「パイナップル」としか言わない娘の呪いを解くためには致し方なし。そしてこの「ダイヤモンドヘッドを登りきった」という事実が娘の将来の姿勢を決めかねない程の自信を彼女にもたらせたのは明白でした。こんな強固な自己肯定感&自信がダイヤモンドヘッド入山料1ドル(大人1人につき。4歳はいらなかった)とパイナップルフラッペとレインボーかき氷(娘、日本時からの希望レインボーなかき氷がここにも売っているとは)で手に入るとは。安いもんだぜ

d0041074_19350014.jpg
↑色々な飲み物にかき氷も売っていました。
娘はレインボーかき氷も食べてご満悦。
試練を乗り越えた結果、呪いが解け自信までつきました。
チャラララッチャッチャ〜〜〜〜♪(by ドラクエ)


あまりに娘の充実した顔を見てほっこりの母と父。しかしかき氷の赤シロップを前日に買ったばかりの日焼けスヌーピーTシャツ(モニホノルルにて)にこぼされ般若の母。
めまぐるしく変わる環境の中普通に12時ワイキキ着予定のトロリーに乗車。ランチの予約は12時です。ワイキキからチャイナタウン、どんくらいかかるん?
震えるヨメのためにカッパがレストランに電話してくれました。終わりよければ全て良し。
とにかくトロリーとタクシーを乗り継いで向かった先、時間変更12時半ぴったりに到着したのがチャイナタウンに昨年できて今最も予約が取りにくいと言われている(某雑誌より)レストラン「Senia」です。











[PR]



by wakka-w | 2017-09-04 13:28 | 諸々旅 | Comments(0)

2017夏休み ハワイ 1/4日目

今回個人旅行もあって、現地の移動では常に「時間かお金か」みたいな感じでした。という訳でハワイに到着。約1時間弱もナチュラルに遅れて到着。タクシーでまずはワイキキのホテルに向かいます。

空港からタクシーでワイキキのロイヤルハワイアン(今回滞在のホテル。愛称ピンクパレス)までは約40分くらい。お支払いはキャッシュでございます。

ホテルも色々悩みましたが、初めてのハワイ、子連れならビーチが近く&アクセスも部屋からの景観も良い&子供サービスも良さそうなホテルが便利だね、という事で老舗ホテルをチョイス。更にミニヨメコがピンク好きなのでロイヤルハワイアンにしました。
シェラトン、モアナサーフライダーに挟まれているロイヤルハワイアン。シェラトンのミニスライダーのあるプールも利用できます(タオルとか貸し出しているプールカウンターでピンクのタグを腕に巻いてもらうと行ける)。

ホテルの緑にクラシカルなピンクの外観が映えてとても素敵で快適なホテルでした。かなり緑の多いホテルです。昔、船旅をしてきた人達が「海はもう沢山」と思いながら上陸してきたからだそうです。今年90周年。
ビーチと反対側のメインロードにはロイヤルハワイアンショッピングセンターがあり、高級ブランドからお土産やさん、ABCマートも夜10時までオープン。すぐ隣のシェラトンの中にはコンビニもあるようですね。日焼けしたスヌーピーグッズのお店「モニホノルル」もシェラトン内にあります。
とにかく繁華街のど真ん中にあるのがシェラトン、ロイヤルハワイアン、モアナサーフライダーってイメージ。その他周囲のホテルもこの辺りのホテルはどこもメインエリアにアクセスが良さそうな印象です。

さてホテルに到着したはいいが、部屋をアップグレードするには午後3時まで待ってくれと言われたカッパチーム。新館?のタワーホテルの2階が9階に変更できますと言われました。結構景観変わりそう。。現在11時過ぎ、、そしてカッパは12時からなんと電話会議だとか。なぜ
ホテルのWiFiで会議に参加するつもりだったようですが部屋にチェックインしないとWiFiは使えない。悩んでいるうちにサクッと用意ができたら電話します、と言われ(そしてもちろん電話は来ない。14時すぎに聞きに行ったら準備できてた)、まぁ日本でWiFiも借りてきたしホテルでランチしながら会議するわ、となりまして早速ホテルのレストラン「サーフラナイ」に向かいました。

d0041074_10383278.jpg
↑ロイヤルハワイアンの色んなピンクがとにかくキュート。
食事もおいしいホテル内レストランでした。
子供の食事、これは普通の大人サイズでは、、。さすがアメリカ

ホテル内レストランサーフラナイは、到着日のランチと「食べるところが無くなって(遅くなった)」の最終日夜と帰国する当日の朝食で利用。ホテルの食事、とても美味しかったです。キッズメニューも有り。
ハワイアン、滞在中1日につきリゾート料金なるものを払うのですがそのサービスについているらしく、オーダーした大人1名につき12歳以下の子供はキッズメニューと朝食ビュッフェが無料。

ランチではヨメはカルパッチョ、カッパはハンバーガー、娘はキッズメニューからピザを頼みました。マイタイで有名でマイタイバーはレストラン隣。早速マイタイも頂きます。ウマー

食事で一息、カッパがレストランで会議の間、ヨメと娘はホテルの散策&ロイヤルハワイアンセンターの散策です。

d0041074_11321868.jpg
↑中庭からのロイヤルハワイアン。
この右手にミコモリとかパナマハットのお店とか並んでいます。
レビッカビーチはホテル内。
ホテルのテラス左手にバナナブレッドで有名なベーカリーが。
写真手前はショッピングセンターの裏口、右手にシェラトンがあり左手がビーチ


ロイヤルハワイアンホテルの中にはオシャレなショップが入っています。レベッカビーチはオシャレでキュートなビーチセレクトショップ、ミコモリは表参道のショップオープンも楽しみ(もうオープンしたのかな?)な日本人スタイリストさんのお店。欲しい水着があったのですが現地でも売り切れでした。残念。
そして今回楽しみにしていたモンテクリスティ産パナマハットを取り扱うニュート・アット ザ・ロイヤル。初日に行きたかったのですが時間がなく、最終日夜に色々話を聞いたり試着させてもらいました。後述しますが、買うつもりの人は旅の早い時期でお店に一度訪れるのをお勧めします(なんとヨメのサイズはオンリーワンですた。一応ワンサイズ上げて調整も可能らしい)。

ウインドゥショッピングが好きなヨメ。到着日のどっぷり疲れた時間にカッパの顔色を伺うことなく(伺ったことないけど)娘と気ままに散策できたのが良かったみたいです。すっかり飛行機内の疲れもリフレッシュ。
カッパの仕事終了と共にチェックインカウターへ行き部屋の様子を聞いてみたら準備完了とのことで早速部屋に入ります。

d0041074_11321157.jpg
↑ママン、ようやくお部屋でちね。
遠くの方に見えるのがダイヤモンドヘッドでちね。
思えば遠くへ来たもんだ。


さてカッパチームの滞在はホテル内マイラニタワー。本館のクラシカルより少々モダンなのかしら。タワーの入口はルームキーが必要です。中のロビーでは朝と夕方に軽食が出現。これもリゾートフィーに入っています。夕方の軽食ではビール、ワイン、スパークリングワインやジュースもあります。コーヒーマシーンは常時置いてあり、持ち歩きできるカップも準備されています。

この日は部屋で一息着いた後、目の前のワイキキビーチとホテルのプールに繰り出しました。ハワイアンのプールにはジャグジーがありますがこちらは子供はダメ。シェラトンの方のジャグジーには子供も入れます。
ハワイのビーチ、海の匂いがしないの。そして空の色が移ってとても美しい。これらは海藻の有無が理由だそうで、ハワイの海には海藻がほとんど無いので海の匂いがしないそうです。同じく海藻がないので光の屈折が素直?でそのまま空の青さが海に反映されるんだって。透明度は良くないけれどね。
波も思ったよりあるのね。楽しいよ。そして気軽にサーフィンできるね。沢山の人達がサーフィンを楽しんでいるのが遠目に見えました。

d0041074_11322424.jpg
↑ホテルは宿泊エリアが2箇所に分かれているようです。
こちらマイラニタワーの9002号室。9階の景色は素晴らしかった。
下にはヤシの木とピンクのパラソルに囲まれたホテルのプールが見えます。


今回3日目にハナウマ湾でのシュノーケリングを予定していたので娘は初シュノーケルの練習。お風呂ではうまくできていたのですが、海の塩が気持ち悪いらしくすっかり旋毛を曲げてしまいました。が、その後シェラトンのプールで色々遊んだので機嫌もすぐ直るわけです。疲れもあったかと思いますが、それよりもハワイへのワクワク感でいっぱいだったようね。滞在中もずーっと元気一杯でした。

シェラトンのプールではなんと習い事のママ友に会いました!ビックリ!!少々話をして盛り上がり翌日帰国の友に最終日の夜を楽しんで!とバイバイ。おぉぉぉ〜!!こんな事あるのか
我々は17時半過ぎにプールを上がりましたが、まだまだ子連れで楽しむ人々がいっぱい。
着替えた後はマイラニタワーのロビー内で前述の軽食を夕食にします。スパークリングとグァバジュースで家族揃って乾杯。軽く食べた後はホテル周辺を散策。Longs Drugs(多少食品もある生活用品店、、?お土産も有り。薬も売ってる)でお土産候補をチェックしたりガイドブックでお勧めされていたヨーグルトを買ったり。
その後はカッパと娘と別れ、ホテル目の前のセフォラを物色。

1日目終了。ビーチとプールで思いっきり体も動かしたせいか、飛行機内で思ったよりは寝れたせいか、時差ボケのしんどさはなく、翌日からは6時起きです。ハワイの朝は早い。6時にビーチを見るともうサーフィンしてます。お店もコーヒーショップなんかは6時半くらいからオープンしている所も少なくないようですね。








[PR]



by wakka-w | 2017-09-04 10:07 | 諸々旅 | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
えらく固い
ウィークエンドに
なってしまった。


3点


何故。

バターと砂糖の
混ぜ方が
悪かったか。

膨らみは普通。

食べているうちに
こんなもんか?
と思えてきた。

最新のコメント