フレンチブルのワンコそば in Japan

カテゴリ:諸々旅( 73 )




暑中お見舞い申し上げます。

1日の大半を海の上で過ごす旅が始まりました。タイはサムイ島に来ています。
世界で一番ジンベイザメを見れる可能性の高いポイントのある海、と言えばタイのタオ島でしょうか。直前のことでタオ島は取れず、その南に位置するサムイ島に来ています。ポイントまではスピードボートで1時間半。ちと遠い。。

自然相手なのでポイントに来たからと言って見れるものではありませんが大変ラッキーでした。チュンポンピナクルより

d0041074_21171158.jpg


d0041074_21174688.jpg


d0041074_2118219.jpg


子供だそうです。2匹見ましたが、3メートルの子と4メートルの子。2匹目はカッパが見つけました。ビバ!
タイのポイントが人気なところはもう一つあって、ここに来るジンベエイはダイバーの吐く泡が好きらしい。泡に興味津津で近づいてもあまり怖がりません。たまに自ら近づいてきます。
今日の子も近づいてきたのですが、あまりにびっくりしてシャッターチャンスは逃しました。

プランクトンを好むシトだから、見える時は透明度の良くない時が多いのかな。今日は透明度も良くて、最高だったと聞きました。
ヨメ達は初めての遭遇なので、ひたすら感動。

夢は適った。あとはのんびり楽しみます。
[PR]



by wakka-w | 2009-08-14 21:05 | 諸々旅 | Comments(3)

Tunisia: ジェルバ島の夕暮れ時

今なら言える。素敵な1日だったと。

サハラ砂漠からの帰路。小さな集落を回りながら空港のあるジェルバ島へ向かった。
フェリーで島に渡り3日間お世話になった運転手さんと笑顔で別れ、空港に入った。
飛行機は飛ばなかった。

翌日は朝一でボルドーへ向かう筈の私たちは途方にくれる。彼が電話をかけツアー会社と対策を練っている間、私はさっさとガイドブックを取り出しホテルを探す。
こんなに飛行機の神様に見放されたことはない、そう思った。とっても素敵な国だったけれどこんなに縁がない国もそうはない、とも思った。
もっと居てほしくて意地悪されているのだろうか。それともお守り代わりのファティマの手が故郷を離れたくないと意地を張っているのか。

とにかくホテルを探さねば。隣ではこれから陸路を使ってカルタゴまで戻る話も出ている。むろんフェリーは運航していない。島にもう一つだけある橋を渡ってならあるいは。それでも9時間はかかる。現実的な話には思えなかった。

結局島を出ることを諦め翌日朝一の飛行機でカルタゴへ戻ることに賭けた。そうすればおそらく荷物はロストするが体はボルドーに到着できる予定になる。
風が止む気配はない。今日泊まる筈だったホテルは保険も兼ねて翌日に振り替えてもらう。どうせキャンセルはできないのだ。

ツアー会社や航空会社との交渉を終えタクシーに乗り込む。砂嵐で茶色に霞む家々を眺めているうちにタクシーは細い路地に入りこんだ。周りは白壁に囲まれ人の気配はない。ホテルです、と言われなければ他より少し立派な家と思ってしまいそうな程 周辺に溶け込んだ門の前でタクシーが止まる。

私たちはこの町をとても気に入ってしまった。もともとジェルバ島はフランス人の避暑地。旅行客が賑わう海岸沿いには星を5つや4つ持つリゾートホテルもいくつかある。
古い邸宅を数軒つなげて作られたこのホテルは利便性もスパのような娯楽施設も無く、観光地からも程遠い場所にある。それでもチュニジアスタイルはそのままに、フランス人オーナーによって手を加えられ少々洗練された趣を持つホテルの中は居心地が良く、砂嵐から逃げるように門を開いた私たちはこのホテルとの出会いを手放しに喜んだ。

d0041074_1353742.jpg

d0041074_135528.jpg


そしてここいらに住む人々の慎ましくも優しい生活を垣間見るには最高の場所だった。
チェックイン後に歩いたホテルの周囲は職人の町らしく、様々な職種の小さな工房からは薄く明かりが漏れている。家具屋、モーターバイク屋、ジュエリー屋、雑貨店、食堂。。狭い範囲にたくさんの街の顔を見ることができた。

d0041074_1361828.jpg

d0041074_136579.jpg


アジア人は珍しいのか興味深くこちらの様子を見ている気配もするが、目が合うと優しい笑顔で挨拶してくれる。モーターバイク屋の軒先にシャッターを向けると主人は向いの店でそこの店主と話をしていたのにわざわざ声を掛けてくれるし、雑貨屋の店主は手を振ってくれた。
満面の笑みを向け片言の英語で話しかけてくれると一期一会と思いつつも嬉しくなる。立ち寄ったジュエリー屋では使われた金属の重さで値段が決まるらしく、昔ながらの秤でアクセサリーを量り電卓を叩いて値段を教えてくれた。聞き慣れないフランス語で思わず10倍の値段と勘違いしてしまい「お金が無いの、ごめんなさい。」と言う私たちに首を振る若い職人。最後にはコインを数枚見せて「これだけ。」と教えてくれる。
素敵な笑顔で別れを告げてくれるこの青年の笑顔は私のカメラに収まって日本にやって来た。

そうか、これは神様がくれたサプライズだ。
そう思えるようになった翌日。
朝一の飛行機はキャンセル、次もキャンセルになりとうとう首都からエアバスが飛んでくることになった。
この旅のお守りにと買い求めたファティマの手をしたキーホルダーにお礼を述べて、
あなたの伝えたい事も分かった気がする。
そんな旅の1日だった。

d0041074_1194690.jpg

[PR]



by wakka-w | 2009-03-28 00:07 | 諸々旅 | Comments(4)

恋するヨメ

今週は寒いですね。。天気が今一つなので、今だ洗濯物が多い(引っ越しがらみで)&家のグリーン達の世話をしたいヨメにとっては大変切ない週になっております。

心も沈みがちなので、懐かしい写真を1枚。チュニジア旅行で行ったサハラ砂漠です。

d0041074_1814077.jpg
↑ んま、ちょ、ヨメちょっとカッパをすごく良く撮ってあげてない?これ良くね?

この旅が初めてのアフリカ大陸上陸だったんですが、ヨメはチュニジアに一目惚れしました。

さて。初日にチュニジアの首都、チュニスに飛び翌日周辺を観光した後、旅の3日目に4WD(現地の人が運転手さん。凄く良い方だった)でチュニスより出発。途中いくつかの村を回って2日目に砂漠の横のオアシスへ。

ラクダに乗って砂漠を進んだ休憩地点からの1枚です。

ちょうどこの時期(3月頭)ってチュニジアに行くのに良いかもです。夏になるとすっかり砂漠化する場所にもほんのり花が咲いているし、気候も寒すぎず暑すぎず、という感じ。もちろん朝晩の気温差はあります。

船便には旅で買った小さいキリムも積んであるので楽しみです。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-25 18:29 | 諸々旅 | Comments(2)

ヨメ、落ち武者になる。

ご無沙汰ん。ようやくネットのつながる場所まで戻ってきました。
レスも御返しできました。漏れてる方、挙手願います!あとメールの方のレスが何故か送信できましぇん。あとでもう一回トライしてみます。

さて、有終の美を飾るべく、ロンドン生活最後の旅をスタートさせた我々カッパ・チーム、

さっそく飛行機に乗り遅れました。

この日のガトウィックは激混み。その上、時間はちゃんと把握していたのですが、時間の感覚が1時間ほどズレていたカッパ・チーム。ネットでチェックインは済ませていたのですが、荷物を預けるべくカウンターに行った時にスタッフの顔にあせりが。(← この時点でまだ事の次第が把握できてないカッパ・チーム。カッパは仕事に送別会、ヨメは引っ越しの準備等で疲労満載。)

「8時半出発でしょ?So why?」って感じ(カウンターにいる時点で8時過ぎてる。ゲートもう閉まるがな)。ヒドスギル コンデションナ アタマ

しかしこの日のBA は何故か大変対応が素晴らしく、なんとか一番早い時間で彼の国へと向かえるよう飛行機をアレンジしてくれました。ガトウィック空港が激混みだったのでそれが幸いしたようです(自分たちに落ち度があると思ったらしい。確かにアナウンスはなかったし)。
その結果、オランダのスキポール空港にてトランジット。北アフリカのチュニジアに向かうことになりました。(スキポール方向微妙ー)
ロンドンからの直行便は1日1便だとか。

ヨメ的にはブブたん が帰国時に単身乗り込み1晩お泊りする空港なのでスキポール空港がトランジットならまぁいっか(一回見ておきたかった)、予定より遅れ3時間か、とゆーノリだったのですが。。(ブルさんが「父母参観しとくでち」と思ったのやもしれん。)
これはいかん。↓

トランジット時間が短すぎて(しかも天下のBA)預けた荷物が総ロスト。

カッパがおそらく荷物なくなるな、、とは言っていましたが、ヨメ自身の経験ではロストは初めてです。タラララッタッタ~♪ ←レベル アップ
ガトウィックの空港でBA のスタッフは「まかせて~♪」って言ってたけど、スキポール空港でのスタッフは「多分荷物ロストするわ~」って言ってました。元々直行便で行く予定だったので荷物も全て旅行バッグ内。
着のみ着ままっすよ。

ただ唯一ヨメが思ったほど立ち直りが早かったのは眉墨を持っていたからです。マユゲマユゲ
人生において、今までこんなにマユズミに全信頼を置いているとは考えもしませんでした。なにこの精神安定剤的な効果。本当に大切なものに気づいた、とゆーこと、、か。マユズミ ナノカ

それでも無事チュニジアの空港に到着。なんとかその日はモノプリで歯磨き道具と化粧水だけ購入し、風呂場で洗濯し、かなり土地に密着した形(?)で1晩過ごしました。
チュニジアの首都チュニスではメイン通りにもモノプリがありますし、ちょっと離れているけれどカルフールもあるって。
もし荷物が翌日届かなければカルフール行って服も多少調達する必要があったのですが、翌日には荷物も手に入れる事できました。いやぁ良かった。次の日から 4WD で南下していったので荷物ないとこれヤバかった。

そして無事サハラ砂漠に到着。
その後はホテルを取っているカルタゴに戻るべく(チュニスの隣のカルタゴ)チュニジアの真ん中辺りにあるジェルバ島の空港にて飛ぶ予定だったのですが、フェリーで島に渡り3日程ずっと一緒だった運転手さんと別れ、
さぁチェックインしてパスポートコントロールも通ったあとはゲートが開くのを待つばかり、、という時点で

風が強すぎて(しかも砂塵も)フライトがキャンセル

来たこれ来た!さすがにこの「おそらく一般的に考えられうる全てのトラブル(乗り遅れ、ロスト、フライトキャンセル)」を1度に経験したことはカッパもありやせん。タラララッタッタ~♪タラララッタッタ~♪タラララッタッタ~♪(無駄にレベルアップしてゆくカッパ・チーム)

先ほど島に入るのに利用したフェリーも風で閉鎖。もう1本ある橋が渡れたとしても、そこからカルタゴまでは車で約9時間。しかもこの日はチュニジア旅行の最終日、翌日朝一番で南フランスのボルドー方面に飛ぶ予定のカッパ・チーム。主にカッパが頭を抱えます。(ヨメはカッパに軌道修正を丸投げし、この日泊まる宿探してました。アイヤー)
旅行会社さんと連絡を取り合い結果、翌日朝一番のフライトでチュニスまで飛んだらトランジットの時間は短いけれど(同義 : 「荷物ロストの可能性はかなり高いけど」)元の予定の飛行機に乗れるとのこと。

それに賭けてこの日はジェルバ島で1泊。早朝3時過ぎに起き、4時半には空港に到着。さぁ飛べ今飛べすぐ飛べ。。!!と思っていたのですが。。(でもかなり風が強い。)

フライト延期。何の期待もなく延期。

結局飛ぶか飛ばんのか、いつ飛ぶのか。。と延々待って8時間。

本来なら今日中に南フランスに着いている筈ですが、これまた予定の行先のフライトが1日1便なのでもうこれは無理。
とは言えこの孤島で2日も過ごすのは大変不安。車を手配するか、手配して9時間延々移動に時間をかけるのかどうするんじゃぁ、、といろんな所へ電話したり航空会社のマネージャーと掛け合ったり空港で知り合った親切なおじさんに情報提供してもらったり(英語のアナウンス無いのんじゃ。フランス語、アラビア語、知らんのじゃ。)した結果、

チュニスよりエアバスを寄こし飛びます。

とゆー話になったのです。昨晩から3便はキャンセルになっていたし、他のお客もかなりの人数になっておりお怒りモード(天候なんで仕方無いけどね)。我々にも親身になってくれたおじさんんは既に英雄のような状態になっておりました(多分航空会社にもいろいろ掛けあってたみたい)。
なんとかなりそー、ようやく飯が食える。。と島の中心地へ向い約1時間滞在後、再び空港へ。3度目の正直也。そしてようやく

なんとかその日の夕方に無事チュニスの空港に戻ることができました。

ァー良かった。着いてみればホテルもすんごい。当初の予定だと夕方着いて早朝にはこのホテルを出ないと行けなかったのですが、結果ホテルでのんびり過ごす事ができました。不幸中の幸い

ジェルバ島の空港では疲労も蓄積。時間が経つに連れ、因果関係はないと思いますが、ヨメは落ち武者に。(ジェルもつけずに髪をひっつめていたので時間の経過とともにパラパラ細いのが落ちてきた)
連日朝も早かったので、ここで一呼吸、って調子です。

チュニジアはとっても素敵な場所でした。
モロッコと迷ったのですが、ロンドンから手配できるちょうど良いツアーが無かったとかで、行った人誰もが「あそこは良いから1度行け」と言うこの国に白羽の矢が立ったんです。
本当にイイ。また来たいです。

そしてカッパ・チームもまた「あそこは良いからお勧めだよ!」と言うのでした。

結局南仏旅は1日短縮されましたが今日は無事ボルドーに飛べそうです。

d0041074_17201763.jpg
↑ 所変われば標識も変わる。。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-06 03:54 | 諸々旅 | Comments(1)

追記3。 スペイン、イタリア おトイレ事情

ブルバアも無事到着し、本日はいろいろ観光地を回りましたが、夕方6時には帰宅。ブルバアなりによく頑張って歩きました(本当に歩けない人だから仕方無い)。

ヨメもロンドン観光なんて6年ぶりです。ロンドン塔は初めてだったし、大好きなウェストミンスターも6年ぶり。今回赤子を連れてるようなもんですから、きっちりぴっとりブルバアの観光にお伴しております。
それにしても高いわ。あれないわー。観光地のチケット代。維持費と思えばそりゃ貢献するけどさ。
代わりに美術館がタダっつーのは凄く嬉しいんだけどさ。

ヨメもすっかり疲れちゃったので、今日は小話を。

--------------------------------------------------------

スペイン、イタリアの観光地や空港でびっくらこいたのはおトイレ。
便座の無い所が多いんだよねー。(棒読みどん引き。)

盗むのおりぃの壊すのおりぃの、、ってのも多いらしい(多分掃除も面倒くさいんだろうよ)のですが、どうも使用方法がちゃうらしい。

皆さまご想像くださいませ。便座が無い時の正しい使い方ってさてどうでしょう。

ヨメならこう答えるね。

空気イス(えっへん)

と。

More
[PR]



by wakka-w | 2009-01-10 04:14 | 諸々旅 | Comments(4)

Germany: Nürnberg 2 - ニュルンベルク Christmas Market -

くるみ割り人形って実際クルミ割れないの知ってました?まぁ見るからに割れなそうですが。

おんま(馬)のくるみ割り人形は馬に口を阻まれてて明らかにクルミが口に入らないんです。これクルミ入らんやん、なにこれ名前負け?とか素で思っていたヨメ。
本気で考えてた訳じゃない筈なのになんだろう。。

馬鹿だなー。幸せそうな馬鹿だなー。

--------------------------------------------------

More
[PR]



by wakka-w | 2008-12-18 18:32 | 諸々旅 | Comments(0)

Germany: Nürnberg 1 - ニュルンベルク Christmas Market -

今日学校を遅刻したんです。それもかなり遅刻しちゃってゼイゼイ思いながら(思うだけ)教室に向かった訳ですが、教室のドアに付いてる窓から電気が付いてない事が分かったの。

また教室変更か。

そう思って中にある紙切れ(教室が変わる時は移動場所の書かれた紙切れが置いてある)を見ようと窓を覗いたのですが

先生居ました。電気も付けずに一人携帯をいじってました。

ギャーッス!!なにこの悲しい風景。
と思うと同時に
マンツーマンかよっっヨメ乙(金銭的には嬉しいが、気分的にorz)

と思いましたよ。
そんな訳で先生の笑顔は戻り、無事1時間目終了。ヨメ一人で終了。
そして2時間目。やっぱり一人のヨメ。わ、わぁぃ、まンツーマぁぁんn。。。(テンション下がりまくり)

教科書やるのとカンヴァセーションとどっちがいい?って聞かれたのでカンヴァセーション選んだんですが、

ちょ、セツコ、それ会話ちゃう。

状態でした。夏から進歩してないんすけど。
あぁ、でも「ボローマーケット」か「バラマーケット」か聞きましたよ。「バラマーケット」だって。時代の流れと共に発音が変わったらしいです。ほうかほうか。


さて俺とクリスマス気分に浸ってみないか。

------------------------------------------------------

More
[PR]



by wakka-w | 2008-12-17 06:39 | 諸々旅 | Comments(2)

京都はそこここに行ったんじゃよ。

この京都旅行。ヨメには目的がありました。

今までになく贅沢に攻めてみよう。

ヨメの買い物好きを知っていらっしゃる方はいいかんげんにしろ、と思う方もいらっしゃるかと思いますが(>ほっとけ)、実は京都に泊まるのは初めてのヨメ。悔いの無い旅をしたいじゃないか!ほら、スポンサーも横にいらっしゃる!

スポンサーの方は食にこだわりたかったらしく、もうこうなったらよく分かんなくてややこしいから(?ホワイ?)後先考えずにとりあえず京都に攻め込もうぜぃ、と相成った訳です。大丈夫だ、カポンヌ。君はここで癒しておかないとすぐまた出張あるからな。たまの贅沢は許されるさ。。ヨメは適当に便上させてもらうよ。

そんなんで2週間前くらいからずーっと京都のガイドブック、買い物ガイドとにらめっこしておりました。その成果が以下だ!

: 栄光の1日目 :

昼前に京都着

京都の伊勢丹で「公長斎小菅」(のお弁当箱)をチェック(本店に行く時間は無い。)(そしてお弁当箱は無かった。。が、青山のスパイラルに売っているのを知っているのでとりあえずよい)

産寧坂のお店を冷かし(なんか新しくなってた。と言いつつ前回行ったのは結婚前。でも去年だかに何か新しくなったらしい。ようじや、松栄堂、ぴょんぴょん堂等々有り)
二年坂の洋食屋さん「みしな」へ。(えびふりゃぁ、ごっつ美味しかったです。)

なんとなく(ではないが)高台寺方面へ向い(高台寺蒔絵は見とけ)、迷いつつも

石掘小路にある「京呉館」へ。(「行く時間があったら行きたいなぁ」程度だったので地図とかうろ覚え。カポンヌにアバウトな説明をし、あとは想像力で補ってもらってなんとか見つけれました。)

スパの予約まで時間が無い!という訳でタクシーで「象彦」&「細身美術館のミュージアムショップへ(向学心よりも物欲也)

え!カポンヌもっと早く言ってくれないと、もうこんな時間じゃん!とホテルへ。


: 妥協はせん!2日目 :

次に京都行く時は寄りたいと思っていた「セレクトショップ 京」をチェック

カポンヌは癒しを求めているのでホテルでちょっとのんびり気分(およそ30分。)
ヨメは一乗寺中谷にある「恵文社」に行きたかったのだが、とてもそんな所にまで行く時間がないので思いを馳せる。

ブルおばあちゃんと待ち合わせ。行ってみたかった「花吉兆」へ。

「花吉兆」から歩いて約10分、文具(紙類)「裏具」へゴ~。

今回は祇園のメインストリート「四条通」を歩く暇は無い。そのまま「Sfera Shop」に向かい、1階にあるカフェ「せせらぎすへら」に後ろ髪惹かれつつも

念願の「てっさい堂」へ。オーナー夫人、貴道裕子さんがいらっしゃった!

興奮しつつ川原町「高島屋」内「京楽布(きょうらっぷ?)」をチェックし

カポンヌの願い、京料理「道楽」さんでお弁当を受け取る

お弁当を受け取る時間を優先したので、再び今度は錦小路の「有次」へ。

カポンヌは仕事が残ってるらしい!帰るぞ!!と夕方京都を発つ。


河原町オーパの裏にある「SOU・SOU」なんかはすぐそこだったのに寄れませんでした。。トホホ
市役所周辺も諦め、そうなると必然的に寺町通も行けず、そこら周辺も彷徨えない訳で思わず子豚がおねだりする時の「アウッアウッ」とゆー、アシカのようなおかしな声をヨメも出したくなりました。

カポンヌはさすがに関西人だけあって京都の地図が頭にちゃんと入ってるようなので、行きの新幹線でヨメの行きたい店、予定の道順を伝えていたのですが、ヨメがどんどん予定外の場所へ寄り道をし、あまつさへ買い物をするのでなんかムッとしてました。(ムッとってか、怒ったりはしないのだ。呆れるのだ。だがこんな女と知って結婚したのだからしょうがない。だからだから→)だって仕方ないじゃ~ん。(ちなみに学生の頃からお買い物が好きなヨメは、その物欲&強欲さををカポンヌも認識していた訳だが結婚する時にも「買い物はライフワークなんじゃぁ~」と確認しておいた。ならばせめてそれを活かせ、と言われるヨメ。あいや~。)
しかし基本、カポンヌもお買い物が大好きなのです。疲れた顔で「楽しい楽しい」と言ってました。

次回、ショップでの詳細やらが語られるのか?まじでか。

ところで京都ってお店が閉まるの早いよね。
[PR]



by wakka-w | 2007-06-19 21:47 | 諸々旅 | Comments(6)

週末京都に行ったんじゃよ。

今日はずっとポケモンと一緒でした。

趣味なんだか仕事なんだか分かんない作業を嬉々としてやっていたがため、子豚からは非難の目が。

ママン、僕のことほっといて「ポケモンゲットだぜぇえええ!!」でちか。一体何匹ゲットするでちか。

散歩よりポケモンゲット(注:別にマジでゲットとかしている訳ではない)でちか。

人のイスの下に潜り込み体を伸ばしてみたり、膝の上にアゴを乗せてみたり、マイソファで潰れた顔してじっと見てたりとなんだかいやらしい子豚。

しかし無視していたのでなんとかポケモン作業(注:別に遊んでいる訳ではない)は終了。明日は枠を攻めてゆきます。

-----------------------------------------------------

週末はゴージャッスな京都旅行をしてまいりました。カポンヌが言ったのです。出張前に。

どこか遠い所へ行きたいなぁ。。仕事から遠く遠く離れた所へ。。身体を癒したい。。

その言葉を聞いて目の前の風景が霞んだヨメ。うぅ。。ならば、ならば、ヨメが予約を取って進ぜよう。
そんな訳でいつぞやから我が家に鎮座ましますギフトカード様達を使って「ハイアットリージェンシー京都」へ予約。ここスパもあるんですよ。

どうしてもカポンヌに鍼をさせたかったのでスパと宿泊のセットを選択致しました。あとヨメにはこのホテルに別の用事があったんだけどそれはまぁ後で。
カポンヌが言うとです。

体を癒すには段階があって、まずマッサージ、それから。最終手段はお灸らしい。

カポンヌ、ようこそ!レベル2へ!!

多分続く。でもいつになるかは分からん。終わるかもしらん。
[PR]



by wakka-w | 2007-06-19 21:27 | 諸々旅 | Comments(0)

諸々。

現在「CM 豚 バレエ」で検索するとナンバーワンに紹介されている子豚ブログです。
お初に来た人これまたビックリだろうて。ちなみにネタは下にあります。↓

---------------------------------------------------------

最近耄碌が激しくて今一つです。正直病院で診てもらった方がいいんじゃないのー的な感じ(?曖昧)なんですが、カポンヌには

ただのうっかり八兵衛だから大丈夫。

まだちょっとすんごいうっかり八兵衛だから大丈夫。

と。どっちにしろうっかり八兵衛なんですよ。そして「ちょっとすごい」時点で既に「うっかり」でも「八兵衛」でもなくなっているのでは。そこんとこどうなの。

さて、そんなヨメですが、今週は思い出に頭の花を咲かせてお花畑みたくなってました。
ここ数年、写真はROM に焼いてそのまんま。。という事がほとんどだったのですが、今回の旅行(っつーか、2月のwaiiHaだよ。それもこれもどうよ!!)では結婚式にてエセ(似非)カメラマンを演じた事もあり、親戚もちょくちょく撮ったのでプリントアウトせねば。。とずっと思ってはおったのです。忘れてなんかなかったYO。

でもね。。まずプリントアウトする総数が結構(400枚くらいか)。そしてそのほとんどを簡易フォトショで修正ですよ。しかも素人手で。必死っすよ。
もうこれ考えただけで、かなりガクブルではあったのです。
始めてしまえば思い出に頭もお花畑で花も咲いてとっても楽しかったんだけど。なんでも最初の一歩が遅すぎる人間なんですが、これは治らない(!)んですね。
お子さんのいる親の皆様はお気を付けくださいませ。気を付けてあげてくださいませ。。うぅ

それにしても、まぁよく撮った割にピンボケも多くてなんじゃこるあ。しょっぱなが室内撮りだったのですが、フラッシュは焚くと生生しい色合いになるからどうも使ってなかったみたいなんですよね。そりゃブレるわ。
次の教会内は見事な逆光でこれどうなるかなーと思っていたらやはり人間真っ黒でした。
そのような物を地味~にできるだけ持てる限りの技で修正。
あとはトリミングしてプリントアウト。言葉にするとこんなに早いのに。。そして持てる限りの技使ったのに。。gtyふじこlp;@・・

まぁ技術の事は良いわ。
それよりも、うちの親戚、皆言う事聞かないんっすよ。必ず誰かは頭振ってるっぽい激しいブレ顔が。「こっち見て」っつって言ってんのにあらぬ方向の人が数名。
画像見てると、途中からヨメもどうでも良くなって、とにかく花嫁さんだけ綺麗に撮れれば良い、とターゲットが絞まれているのがよく分ります。
なんで言う事聞かないんだよ!(←特にうちの親戚のレイディーども)

そしてこれまたうちの親戚のレイディーどもは皆顔がキツイ。性格もキツイんですが、もうなんか湧き出るものがキツイのよ!禍々しき也。(なんであんなにキツイんだよ。)そんなメンバーばっか集まった写真とかを修整するため延々1枚1枚チェックしていたので突然花嫁さんの顔が出てくるとそれはそれはホッとしました。(←笑いどころ)

とにかく無事プリントアウトも完了です。明日には送れる。。
以下、ちょっとご紹介。(新郎新婦様、お顔は見えないから貼らせてねん。)

d0041074_19341228.jpg
↑ 教会。中に入ると正面に絶景の海が。光に包まれているようなお式でした。

結婚式は市内から車で約40分くらいの所にある KO OLINA CHAPELE PLACE OF JOY。周りが拓けた場所にありハワイらしい景色が見渡せます。裏のビーチも近くのリゾートだか別荘だかとのプライベートビーチなので、人影もまばらでとっても素敵。

d0041074_19385014.jpg
↑ こちらが教会の裏のビーチ。うと~りです。砂浜の前には芝生が。

d0041074_19393714.jpg
↑ 遮る物が無くてハワイらしい景色に囲まれているのです。。従妹達撮影中。

あー、良かったなぁ。花嫁さんがとってもキュートでした。そして新郎(ヨメの従妹)がまた幸せそうな顔で。良いですね。人の嬉しい顔は。ヨメまでコラーゲン出てきてツヤツヤになりそうでしたよvv
[PR]



by wakka-w | 2007-05-10 19:03 | 諸々旅 | Comments(2)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

幼稚園のイベントで
発表会みたいなもんに
出席。

子供達が
ママやパパに
劇を見せてくれます。


9点


ワンテンポ早く
歌い始めたりも
しておりましたが、
娘の堂々たる姿に
感激しました。

素直に素晴らしかった。

劇に使われる絵も
すごく上手で
びっくりしました。

ママ達にも
ミニヨメコちゃん、
凄いじゃない!と
褒めていただきました。

何より嬉しいのは
娘が本番に強い事。
母は本番に弱いので
本当に似なくて良かった、
と心から思うわ。

色々吸収した
1年だったのね、
とその成長ぶりに
安心した半日でした。

周りの様子を見ていても
色々な個性の
お友達に囲まれて
幸せ者だなぁと思います。

最新のコメント

>あきらっぱ様〜 ..
by wakka-w at 07:58
お久しぶり〜 ちょこち..
by あきらっぱ at 20:19
>vinho様 ブルを..
by wakka-w at 11:44
ブルちさん、私にも笑顔を..
by vinho at 10:45
>RAY様 すっかりご..
by wakka-w at 22:34
心よりブルち君のご冥福を..
by RAY at 22:45
>驚き様 あまりお..
by wakka-w at 12:11
>がーこ様 ありがとう..
by wakka-w at 20:04
ブルち、元気?隣からパワ..
by がーこ at 19:08
>ま〜き〜〜さ〜〜ま〜〜..
by wakka-w at 20:45

画像一覧