フレンチブルのワンコそば in Japan

カテゴリ:モルディブ フヴァフェンフシ( 10 )




ドガログめ、ちっ

昨年ドガログのサービスが終了したのは知っていたけど、当然のように貼ったドガログが見れなくなるそうで。

こんなになるなら最初からやるなよ、ちっ

ぽっかり空いた元ドガログ(動画)部分、しばし無言で見つめて(何も出てこんがね)スルーしてくださいませ。ようつべで貼れとかようつべのアカウント作れとかうるせー。しゃー
[PR]



by wakka-w | 2009-01-30 21:48 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(0)

エイ、並ぶ。

フヴァフェンフシでは毎夕6時になると浜辺でエイの餌付けが行われています。浜辺は水上コテージをつなぐ橋への入り口、ラグーン側の浜辺です。

皆ビチビチしてます。



大人しく一列に並んでる辺りが謎です。
尻尾に毒のある棘があったりして危険なヤツらなんですが。

d0041074_12382312.jpg
↑ ご飯が欲しくて欲しくてゴンゲー!!

思わず乗っかっちゃったりもするんですが。
[PR]



by wakka-w | 2007-10-24 12:30 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(0)

小休止

お天気が良いですがだんだん空気は冷たくなってきましたね。
そろそろ冬支度すっかぁ~と片付けを始める(なんと遠い道のりか。)のですが、いっつもドライエリアの落ち葉拾いやら台所の細かい油汚れとかに夢中になりすぎてビファーアフターが分かりません。

おまけに何故かドライヤーが死にました。今日買いに行かねば。カッパに

このままでは毎日カッパスタイル(髪型)で会社に行かないといけない。。

と懇願されたので河童が会社で働いてるなんてバレたら大変!買いに行くのですが、あぁ、なんもこんなタイミングで壊れんでも。
自由が丘はブルさんを預けれる場所が分からん。あってもなんか高いんだよなー。子豚はまたお留守番か。

そんな感じで今日は火鉢に灰を入れたり墨の準備をしようと思います。

あと決めました。物減らします。買うのを止めるんじゃありません。

d0041074_1145833.jpg
↑ トイカメラFish Eye にて。ダイビングボート。毎日これに乗ってました。

トイカメラのFish Eye ってさー。これ絶対円の上下の端が切れるの?円カッターで端をかな~り切れってか?(ちょっとご不満なご様子)

モルディブでは毎日7時半に起床。身の回りの準備してカメラの準備して朝食食べて9時には出港。40分くらいボートで海を走り、ドボン!と健康な数日間を過ごせました。

--------------------------------------

ところでボチボチ以前の記事を戻し始めました(リンク外した後もランキングを辿ってここをチェックしてくださっていた方、感謝!)。久々にランキングもポチっとな!

ブログランキング
↑ フガフガフガフガブビブビありがとうでち。ブビブビブビブビ。。
[PR]



by wakka-w | 2007-10-23 11:05 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(4)

フヴァフェンフシ オーシャンバンガロー

棚からぼた餅、いや大判の初日終了。
翌日10時半過ぎにスタッフに連れられ、本当の部屋に連れて行かれました。
それがこちら ↓


おお!!こっちも素晴らしいー!!ってか充分広っっ(感激)

そして残念ながら昨晩の部屋よりは落ち着く。。小市民ほわ~ん

オーシャンバンガローの「No.40」です。
このリゾート、部屋数42室。前日に泊まったオーシャン パビリオン(2)、ビーチ パビリオン(1)、オーシャンバンガロー(12)←滞在した部屋、ラグーンバンガロー(12)、ビーチバンガロー(8)、デラックスビーチバンガロー(8)です。

ビーチバンガローとデラックスビーチバンガローの差は分かりませんが、オーシャンバンガローとラグーンバンガローは、名前にあるように面している海の様子が違います。部屋はオーシャンの方が一部屋多いみたい。

シュノーケリングをする方、島のどっからでもスタートできるけど、特に部屋からスタートしたい方はどっちの部屋を選ぶかで見える魚がちと違うかも。

オーシャンバンガローはすぐサンゴ礁です。もうちょっと泳げばその先はドロップオフ。サンゴ礁は小魚の巣にもなるのでかなり魚が多いです。ドロップオフまで泳げばもうちょっと深場にいる魚も見れるかもしれません。
いろんな種類の魚をたくさん見ましたが、ヨウジウオを見つけた時は嬉しかったなぁー(底を貼ってる楊枝みたいに細い小魚)。あと蛸も見つけました。それからでかいハリセンボンもいましたよ。カッパが言うには小さなバラクーダーもいたとの事。

ラグーンバンガローは延々白い砂地が続く感じです。泳いでいないので魚の数なんかは知りませんが、浜辺で毎日エイの餌付けを行っているので、ラグーンにはそういったエイ達が住んでいるそうです(桟橋でエイのベイビー見ました)。あと小魚の群れが見れるようならおそらくブラックチップシャークのベイビーも住んでいると思われ。
よく浅瀬の小魚が群れている所でブラックチップのベイビーも見かけましたが、カッパチームの部屋の近くでは見かけなかったのでラグーン側に住んでいるのかなぁと思っております。
それからラグーンの方は、ボートがたくさん停泊しています。スタッフが首都マーレに行くボートやダイビングボートなんか。プライベート感は大事にしている筈なので、どこまでそのボートが見えるかは分かりません。気にならない程度だと思いますが。。泊まっていないので謎。

部屋にはテーマ曲のテクノがガンガンかかっておりました。外にもスピーカーがあるのでプールでも聞こえますよ。i-pod も常備されておりますが、曲はフヴァのテーマ曲がプロモーション程度に入っているだけでした。自分のを持っていくのが良いかと。CD 持って行っても聞けます。

アメニティはロクシタン、と聞いていたのですが違いました(ボトルがロクシタンじゃなかった)。でもシャンプーの泡立ちは良いので持って行かなくて大丈夫。
歯ブラシはござりません。海外って無いって聞くけど、カヌフラとアンサナにはあった記憶が。
髭剃りも無かったな。
アメニティが充実していた、という印象は無いです。

あとヨメは毎回楽しみにしているのですが、今回部屋にはアロマオイルの用意はありませんでした。残念ー。お香はあったんだけど、毎回同じ香りでした。
(アロマオイルはスパ「Lime」では使われていました。そんな訳でアロマポットやオイル、お香はスパ施設内のショップにありましたよ。)
[PR]



by wakka-w | 2007-10-23 00:11 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(0)

'`,、('∀`) '`,、

日焼けのケアで忙しいヨメですコンバンワン。でも何やっても結局時が解決するような気がするんですけど。ヨメの唇、今アナゴ君の唇と同じ色してるんですけど。

なんでいつも参考例がアナゴ君なんだろう。。なんでこんなにアナゴ君が気になるんだろう。。と真面目に考えてみると

生理的に受け付けない → 怖いもの見たさで目が離せられない妙にダンディーな声もなんか侮れない

だという答えに辿りつきました。
あのね、別に好きじゃないっすよ。アナゴ君の顔。

ところでカッパの様子がおかしいです(日曜)。旅が終わったのにまだモルディブ特集のダイビング雑誌広げてます。
しかもずっと今回行ったフヴァフェンフシのページを広げて読んでるんですが。何度読んでも何かが浮かび上がってくる気配はありません。哀れ也

------------------------------------------------------------

さて、モルディブ旅行記が続いております。今日は驚愕の部屋紹介です。もう笑っちゃう。

今回のリゾートは北マーレ環礁のフヴァフェンフシ
このフヴァフェンフシ。以前は「ナカチャフシ」だったみたいですが、2004年に全く違うリゾート「フヴァフェンフシ」としてオープンしたまだ比較的新しいリゾートです。

今回のリゾート選びはハウスリーフが良い事(サンゴが綺麗な所、セルフダイビングができる)と、リッチな気分に浸れるリゾート(ご飯が美味しいのはできれば(?)必須)、で探しました。

「良いハウスリーフ」、これを探すのがなかなか難しかったです。白い砂地がずっと続くリーフは綺麗だけど、魚があんまりいない。こういうリーフは我々の求めているリーフではなかったので、どういう意味で「良いリーフなのか」ってのを確認しつついろんな方のブログをチェックするも
結局

ハウスリーフが良さそう。。セルフダイビングもできそう。。ご飯も美味しそう。。でも確実な情報が無い。。

という状態でフヴァフェンフシに決定。
ぶっちゃけ良いお値段しておりますのでそれなりのリゾートだとは思っておりましたが、はてそっから先の評価はどんなもんじゃ、と少し不安な気持ちもまじりつつモルディブ到着。

モルディブはいくつかの環礁で成り立っているのですが、北マーレ環礁のリゾートは空港に着けばすぐ各リゾートのボートでその日にリゾートに到着します。
でもボートは出港するとすぐに真っ暗(規則なんでしょうね。)。一体どこを走っているのかさっぱり分からん。それでも満天の星空が期待だけをどんどん膨らませてくれます。

そして空港を出発して約30分。ついに到着。今まで通りなら日本人のスタッフが出迎えてくれるのですが、今回は現地スタッフの方だ。。ドキドキ
そして言われたのです。

我々が滞在する部屋は前々日、前日の雨でどっかのパイプが故障して修理中。明日までには直るけど今日は使えません。

と。ギャーッス!!!いくら雨期とは言え、着いた早々修理中かい(ノД`)

スタッフはすかさず続けます。何故かこっからは英語。英語が分からんヨメは雰囲気と単語だけで何とか理解しようと四苦八苦。まぁでもなんか違う部屋をあてがわれるらしい。。あれ?今「パビリオン」とか言ってた?あれ??まじ「パビリオン」って言ってるよ、ちょ待っこれカッパ、ちょっとカッパこれマジで?マジでかギャーッス!!

そして連れて行かれた先が ここですよ。↓


   。 。
  / / ポーン
( Д )  

d0041074_235355.jpg
え、どしてどして?え、なんでなんで?(主寝室。何故かハレンチにも浴槽まで。しかもこの浴槽、蛇口捻ると天井から水が落ちてくる。ビビるカッパチーム)
(; ゜д゜)
(つд⊂)ゴシゴシ
d0041074_23304440.jpg
何故こんな事。。に。。? (リビングにまでつながるプール。プールの横(外)にはジャグジーが。)
  _, ,_
(; ゜Д ゜) …?!

度肝抜かれました。主寝室にリビング、ダイニングに もう一つのベッドルームとバスルーム(もちろんオーシャンビュー)。キッチンもあります。部屋まで延びるプールと外にはジャグジーまで完備。主寝室のシャワールームなんて、なんぞあの壁に縦2列配置されたところから水がブワーッっと出てくる、なんかあれスーパー銭湯でしか見た事ないんですが。

「オーシャン パビリオン」と「ビーチパビリオン」はここのスィート。
他の部屋とどえらく離れた場所まで連れて行かれたのですが、ここに1泊できたんです。飛行機が遅れて23時くらいにリゾートに着いた(本当は21時半頃到着予定だった)のが あな憎らしや。

スタッフの方が去った後、ヨメとカッパはゴキブリのようにガサゴソガサゴソ挙動不審に動いておりました。無駄にいろんなドアを開けてみたり締めてみたり。同じ部屋に何度も行ってみたり。しかもほとんど二人の間で会話無し。
各々自由に写真やら動画やら取っておりました。風呂の蛇口捻って天井から出てくる水にビビったり。

しかも今まで行ったリゾート(カヌフラとアンサナ)ってヒーリング系の音楽がかかっていたのに、ここはごっつテクノ。アーバンまっしぐらです。(笑いどころ)

グッジョブ雨期!と心の中で叫ぶヨメ。
その晩はリゾートの方が用意してくれていた「ハネムーナー ウェルカムシャンパン」(あれ?)とオードブルを半笑いで食しつつ就寝。(あまりの凄さに静かに笑うしかないカッパチーム。しかも何だか落ち着かない。)もちろんその前に思わず使わない部屋の電気消してます。

翌朝10時半に本当の部屋に連れて行かれるカッパチーム。
早起きしたヨメはパビリオンを満喫すべく、まだ冷たいのに無意味にプールで遊び、ジャグジーも急ぎ足でつかりましたよ。カッパにも「ほらめいっぱい使いなよ!」って言ったのに、彼は「別にいい」とか言っちゃってさ。使っとこうよ。こうゆー時は使っとくもんなんだよ。

すげーなぁ、セレブは。ここ貸し切っちゃうのか(当たり前)セレブヒブヒブヒ~~(気恥ずかしくてこう言っちゃう)
[PR]



by wakka-w | 2007-10-22 22:38 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(0)

例の尾っぽな。

本日のラスト。昨日予告していたあの尾ビレの正体やいかに。

この動画はヨメが初めて奴らを見た時そのままを再現致しました。

今回の旅のダイビングはこれが最後だったのですが、船が出る前に実はフヴァフェンフシのハウスリーフでも「アドバンス以上、ログ数50本以上」でなら潜れる、という事が判明。最初のチェックダイブの時には「できない」と聞いてたので「まぁでもチェックダイブで潜るし、どうせならボートでいろんなポイントに行ける方が楽しいし。」と思っていたカッパチームだった訳です。

が、潜れる事が分かったもののラストダイビング。。という時間だったので、なのかな?(便宜を図ってくれたのかも)&一緒に潜る方が耳の調子が悪いらしく若しかしたら早々に上がるかもしれないので、その場合はカッパチームだけでしばらく潜っていても良いです、と OKサインを頂いておりました。

それがフヴァフェンフシより船で10分程。「Gundlhi Faru」というポイントです。リゾートが見える程近いポイントです。

そしてヤツがいた訳だ。のんびり小さき生き物達を探していたカッパチームにガイドのNorikoさんが鳴らす鐘の音が。急いで音の方向へ向かうと「サメがいるよ。静かにおいで」のサインが。

??でも周りはサンゴだらけなんだけど。。

そう訝しがるヨメが岩の裏から恐る恐る近づくと。。ヤツらがおりました。テーブルサンゴに尾っぽ乗せて爆睡です。



最初見たのが尾ビレだけだったのですが、あまりのでかさにビビるヨメ。でかいよー。あの先っちょだけで50センチはありそう。

彼ら、カップルで爆睡しておりました。触れそうなくらい近づいたんだけど、微動だにしません。水深は20メートル辺りです。
名前はナースシャーク。日本名オオテンジクザメです。とっても大人しいサメだそう。でも大きさは2.5~3メートルはあったよ。。大人しくても動き出したら怖いよ。。

もう大興奮っすよ。クルクルクルクルクル彼らが寝ている岩を回り続けました。
[PR]



by wakka-w | 2007-10-21 00:40 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(2)

帰ってきました。

帰ってきました。現在子豚が膝の上で爆睡中。先生のところで抜糸も済ませ、新生子豚としてブヒブヒ言うております。腹には漢気溢れるでっかい傷が。。戒めですね。

---------------------------------------------------------

さて、ようやく動画が up できる環境になりました。予告している3つの動画を順に up し、その後はまた徒然なるままに書こうと思っている訳ですが。予定は未定。

動画の栄えある第一本目はマンタさんです。



ちなみにゴボゴボ言ってるのはヨメの呼吸音です。詳細はこちらへ。

この後も彼(彼女?)は何度も姿を現してくれました。マンタポイントはいつも大人気でダイバーもわんさか。ダイバーの泡があまり好きではないマンタさんですが、何故か異常に近づいてくることも。

今回のシトは3メートル級。腹にもいっぱいコバンザメが付いておりました。大層ラブリーです。
[PR]



by wakka-w | 2007-10-20 23:58 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(0)

見た!見た!!予告編 - モルディブ旅 2007 -

カッパに「小麦子さん」と呼ばれています。お早うございます。
もう既に苗字が無くなっているのですが。(参考: こんがり 焼け子さん)

昨日で最後の更新のつもりでしたが、その後のラストダイビングでとってもキュートなヤツらに出会ってしまい、興奮しております。メインは動画で紹介しますが予告編。

d0041074_10515594.jpg
↑ 必死に撮っているヨメの興奮ぶりがおもしろかったとはカッパの談。深度が深くてフラッシュたいても青被りします。

浮上後、波の上で船を待つ間、カッパとガイドさん、そして一緒に潜った外国のおじさまはその大きさについて語り合っていたそうですが、カッパが

僕のヨメよりはでかいよ。

と笑いを取っていた模様。
乞うご期待。
[PR]



by wakka-w | 2007-10-19 10:55 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(0)

モルディブ旅行2007 - こんなんに会ってます -

つながりが悪いので、レスはまた後ほど!

とりあえず、今日はこんなんに会ってきました。

d0041074_2375314.jpg
↑ カッパ撮影。

本日の天気 : 明け方雨(夜中大雨)、後曇り

撮影深度 : だいたい15メートル

透明度 : 10~15メートル

ポイント : パラダイス マンタポイント

マンタ数 : 2匹

一昨年は同じく北マーレ環礁の「アンサナ」に滞在し、同じポイント(エントリーの場所が微妙に違ったりしてポイントが「ランカンケーブ」という名前だった。でもマンタを見た場所は同じ。)で10匹以上の群れを見たのですが、今回は2匹。それでもずーっと泳いでくれて、1時間程潜っておりました。(モルディブは基本的に1本のダイビングでの潜水時間はMax1時間)

このポイントは有名なマンタのクリーニングスポットです。
マンタさん、飯がプランクトンなので会う時はだいたい透明度が悪いです。



ヨメの動画も up 予定。
[PR]



by wakka-w | 2007-10-17 23:08 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(4)

タヌキとの闘いの途中ですが。- モルディブ旅 2007 -

元気になった子豚を置き去り(先生の所のペットホテル)にし、カッパと二人、モルディブに来ています。

子豚 : ママン。。僕を置いていくでちか。。あんな事あったのに。(と言いつつ、自ら率先して病院=ペットホテルの入り口を進むブルさん。振り返りません。)

ヨメ : お前もう元気じゃねーか。

ブルさんはもう日常生活に戻っております。抜糸も先生の所で滞在中にしてもらう予定。

実はつらつら書いていたのですが、無線ランが弱いらしく一回全部消えちまいやがりました。そんなんでとりあえず。

(続く)
[PR]



by wakka-w | 2007-10-17 20:25 | モルディブ フヴァフェンフシ | Comments(2)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
結局
あの日を逃したら
GW明けしか
時間がないので
食べて来ました。

オクシモロンの
エスニックそぼろご飯。


ウマー点


ドライカレーも
美味しいけれど、
あそこに行くと
やはり
エスニック
頼んじゃう。

パクチーが
美味しい。

好き嫌いいっぱい
あったけれど、
パクチーは
最初っから好き。

フォーに入れたり
いいよねー。

腸の調子は
落ち着いたみたいです。
なんやったかしらん

最新のコメント