フレンチブルのワンコそば in Japan

<   2008年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧




寝ぐせ

ブルさんだって寝ぐせぐらいつくのですよ。さぁ想像してみよー。

正解はこちら(早っ) ↓













d0041074_17151795.jpg
↑ プリティーでちね。

丸1日寝ぐせ直らず。
[PR]



by wakka-w | 2008-07-31 17:15 | 今日のブルち | Comments(2)

乙女再び

おっすおらヨメ。
何日ぶりでしょうか。こにゃにゃちわ。我が家は皆元気です。

先週はバースからお友達がお泊りに来てくれたり、神戸のブルおばあちゃんとブルお姉ちゃんがロンドンに遊びに来てくれたりと諸々。
ヨメは大したおもてなしができた記憶もなく、二人の後にくっついて行っては「オペラ座の怪人」(6年間の時を経て2回目。前回よりは聞き取れた部分もあるが、やっぱりほとんど分からず無念)を楽しんだり、ビクトリア&アルバートホールのコンサートを鑑賞したり、夜景が綺麗で有名なレストランに行ったり(ロンドンで夜景が綺麗な所ってあんま無いそうですが。OXOビルの最上階は綺麗で有名だそうです。何せ、できたばかりの頃はここに連れて行ってポロポーズできるかが鍵だったらしいかんな。大変ね、男性諸君は)楽しませていただきました。オホホホホ
ありがとうございました。

それにしても先週は馬鹿暑かったロンドン。。

----------------------------------------------------------
※ 本日は乙女にありがちな一人疾走感な文章でお送りいたします。可笑しな文章は仕様だヨ

さて、またしても日中はブルさんと二人だけ、、とゆーうすら寂しい(とは言えヨメは遊び呆けているがな。)日常が戻った今週。昨日は突然連絡があり、この前の寿司メンバーの一人、Nati とハイドパークでランチしてまいりました。Nati は現在学校に行っておりませんので、謎の英語で話続ける二人。おそらく近くに日本人がいてもスペイン人がいてもイギリス人がいても誰一人として二人の会話を理解できるようには思えません。
日常会話ならもうこれでいいような気がしてきたよあたしゃ。。

と思ったら今日ですよ。ヨメの乙女化再び。

今日もまたNati とハイドパークでランチの予定だったのですが、午前中ちょっと天気の雲行きが怪しかったのでキャンセルになった訳。なにせ青空ランチすから。
そんなんでいつものごとくラウンジに行ったのですが、ここ数週間、元気があればラウンジで教科書の復習をやっているヨメ。とうとう以前「てぇ~ちゃ~ハッピーバースデー(三十路にしてこれ)」で紹介した現在のヨメのクラス担当の先生と数十分会話を試みる。。とゆーアドベンチャーを体験致しました。本日の事よ。

実は先週、珍しく、とゆーか初めてラウンジに先生がいるのを発見。声を掛けたものの会話を続ける勇気がなく、恥ずかしくて(注:ヨメ、乙女なので)そのまま別のテーブルについて勉強するとゆー無念の1日があったのですが、今日はたまたま先生がヨメを発見。声を掛けてくれました。おぅお!!以前の廊下での一人大騒ぎがこんなところで実を結ぶとはっっ!(このあたりから興奮しておばちゃんみたくなっているヨメ)

今日はもう以前に増して頑張りましたよ。大分恥ずかしさも和らぎしましたし(乙女化終了早すぎ)
初めに声を掛ける時はもうどうしようもなく恥ずかしくて乙女なんです(なんでだろう。。?)が、2回目以降になると途端におばちゃんみたくなってきますからね、ヨメは。

なんでロンドンで英語を勉強しているのか(これは質問された)から始まり、なんでポーランドに行ってたのか聞いたり、え、今もポーランド語勉強してるの?ってかスペイン語まで??なんか凄いんですけど先生外国語勉強するのが好きなの?(「いや好きじゃない」とか言われてるし。)←この流れで言語習得には練習を繰り返す事が大事だよ、との事。

ウェールズ出身の方なのでウェールズ語を喋るの?やらヴァケーションは取るの?やら、え?先生秋から大学行くの??でもここで教えるのは続けるんだよね?(←これかなり理解が怪しい。でも今他の言語を覚えているのになんか関係してるらしい。)これもうワタクシ、独り身でしたらフラグ立てちゃうかもよ!レベルでした。妄想 of the year ノミネート作品。(浮かれているので妄想が超特大。実際は別に果てしなく普通の世間話)トキメキました(何故)。ぽっ(今だ興奮中。正直この先生と喋る機会があるとは思っていなかったので大変嬉しい。)

そして会話終了後、ラウンジで教科書を読むふりをしつつ、一人反省。。ort おま、お前、、ひどい英会話だったよ。。先生本当にありがとう(涙と共に)

それしても今日ちょっと「なるほどねー」と思ったのですが、ウェールズ語は訛りに近いみたいですね。←ヨメのヒアリングと理解が正しければ。「日本の東北の方の言葉をしゃべる?喋らないでしょ、そんな感じ。」みたいな事おっしゃってました。先生のホームタウンでは喋らないみたいだったなー。

あと「ヴァカンス」って夏休みみたいな、なんでも長期の休みに対して言うだと思っていたのですが、ちと違うかった。最初ヴァカンスは取らない、と言っていたので「えー!でも私の1時間目の先生は今休み取ってんじゃん」と言ったのですが、そしたら「あー、1週間の休みは取るけど、田舎に帰るからヴァカンス、って感じじゃないなぁ。」とか言ってました。えー、そうなんか。

なかなかのアドベンチャーであった。。おぉ、俺もうしばらく英語頑張るよ、もうちょっとまともな英語が喋れるようになりたいよ、と強く思った次第。
おそらくもうすぐ休み取るそうなので、先生とも別れの予感がしますが。。次の先生も良い人でありますように。。と(既に過去になっている七夕に思いを馳せつつ)短冊に書きこむ乙女な気持ちのヨメのそんな1日でした。

d0041074_2335774.jpg
↑ ママンもモチベーション維持するのに必死でちね。でも僕乙女は嫌いじゃないでちよ。可愛いじゃん。。zzz..
[PR]



by wakka-w | 2008-07-30 02:15 | ブルち 関係ない | Comments(2)

混ざってました。

Jorge と George が混ざって Gorge に。

ごめん、ホゥヘ~。でもヨメの事はお見通しと思われ。

正しくは混ざる前の2つみたいです。両方教えてもらったからいいんじゃなかろか。
[PR]



by wakka-w | 2008-07-18 08:11 | ブルち 関係ない | Comments(2)

本日おしゃべりデー

この画像既出?覚えてないわ。

d0041074_6164624.jpg

↑ ママンが一目惚れして連れて帰ってきた子でち。かなり修理が必要な子なのでいつか直すと言っているでち。言うだけじゃなくてちゃんと本当に直してやれでち。

----------------------------------------------------

いろいろ詳しく書きたいのですが、カッパがもうすぐ帰ってきて飯食うそうです。覚書で失礼。

本日いとこのお姉ちゃんとランチ。その後、延々しゃべり続けながらニューボンドストリートを冷やかし、最終的にはリヴァティ寄って近くの「ル・パン」(あのパン美味しいとこな)でお茶してきました。

ランチ、美味しかったー。しかし延々しゃべり続けたていたので写真をすっかり忘れておりました。

そして本日のラッキーは、Lucie Rie の展示会をたまったま見つけた事です。こちらにいる間に一度はお目に掛けたい、そして相場を知りたいものだ。。と思っていたのでこれは感激でした。

しかし感動だけでは終わらない。驚くべき出来事は、本当の金持ちマダム(見事に本物のマダム。紫のクロコのヒールだっけ?ジュエリーも凄かったよ。そして若いツバメ付き。ツバメはツバメらしく、リーの作品には全く興味がない様子だった)が何百万もするルーシー・リーの作品をおそらくは値段の確認もせず、バンバンバンバン買っていった事でした。おそらく1千万は買ってたみたいー。
ヨメが目を付けた作品も2つほど持っていかれました。ぅわぉ、出会った瞬間別れがやってきたよ。

マダムが帰ると、飾ってあった作品がどんどん仕舞われるとゆー。不思議!!

そして本日が初日だったにもかかわらず、すでにソールドした作品が奥の棚にわんさか仕舞われているとゆー。不思議!!

今日来て良かったね。マダムの後だと何も残らないんじゃん?

とは いとこの言葉。本当な。
あー、、すごく欲しい。やっぱりすごく素敵でした。

ヨメ、幸せな1日だった。ほわ~ん

久々におしゃべりもいっぱいしたし、楽しかったー!Wちゃん今日はありがとう。残りのピックアップしてくれたレストランにもまた連れて行ってー♪
[PR]



by wakka-w | 2008-07-17 06:46 | 今日のブルち | Comments(4)

うちの息子は可愛いよ。

今日帰ってきたら宛先も差出人も書いてない、真っ黒な、本当に真っ黒な封筒が家に投函されておりました。

ものっそ気味が悪く、

異国の地にて何かよく分からない禍々しいものと闘う事になったらどうしよう。。ありえなく真っ黒い(そりゃそうだ。黒い封筒だから)封筒なんですが。。

と思いそのまま放置。→忘れる

先ほどまで怖い話をネットで読んでいたので急に思い出しました。

なんか指紋とか付けたくないなぁと思いつつ、触診→ なるべく開けた痕跡が残らないようにゆっくり開けてみると

フィットネスクラブのオサレ勧誘DMでした。あー、近所のフィットネスクラブだろこれ。確かお前んとこ外観黒っぽかったよな。なんかクラブとか併設してたっけ?

脅かすなよ。。と思った本日。

-------------------------------------------------------

メモリーカードから久々に画像を落としたので我が家の幸せな1日をご紹介します。

d0041074_621457.jpg

↑ 幸せそうじゃろ?でもなんか匂ってきそうじゃろ?

カッパに見つかったら「恥ずかしいから」ってこの画像消すよう言われるかも。ヨメは好きなんだけど。
ブル頭でかくない?
[PR]



by wakka-w | 2008-07-16 06:27 | 今日のブルち | Comments(0)

寿司パーティー

3月末に1週間ほどトライアルを受け、今に至るヨメの英会話学校。
4月から同じクラスだった Jorge とNati は私が初めて異国の方に声を掛け、仲良くなったお友達です。大変感慨深い。

ある時期はクラスに我々を含めて4人しかいない事もありました。比較的長期滞在の3人なので他のメンバーが入れ替わる中、我々はいつも一緒。
しばらくしてNati はクラスが変わりましたが、Jorgeとヨメはずっと一緒。二人ともスペイン人という事もあり、「もしもの時は二人がスペイン語で協議をし、ヨメが何を言っているか確認しあう」という裏ワザで交流を深めていた訳です。

そんな二人のうち Jorgeがこの度帰国。帰国前に一度 寿司パーティーをしよう、ライスボールの作り方を教えてくれ、と言われていたので昨日「炭水化物パーチー」開催。

うちの近所はリージェンツ・パークだ、と言ったのにさっそくグリーン・パークで待つ二人(犯人はJorge)。
海苔とウォーターをリビングに持って行ってね、と言ったつもりだったのに、突然ペットボトルの蓋を開け海苔に水をかけだすNati。

とイレギュラーな事もありましたが、祭りも終わり頃にはカッパも帰ってき、とぉっても楽しい祭りになりました。

寿司は手巻き寿司。鮮魚はセルフリッジにて。あとちょこちょこ きんぴらやらトマトのマリネやらキノコのホイル焼きやら作りました。そういえばキノコのホイル焼きも寿司の具にしてたなー。

いろいろ自分で好みを作って楽しんでいただけましたが、昨晩一番ヨメ的に恐ろしかったのは 後に「Jorge寿司」と命名された手巻き寿司。ほたてにワサビを乗せ、マヨシーチキンをかけて巻いておりました。これ普通?食ったけど悪くはない。。?いやぁ、いろいろ台無しだろ(爆笑)

子豚はJorge にごっつ遊んでもらったしな。大喜びの子豚は本日どこでもパタッパタッと倒れては惰眠を貪っております。

あぁ、言葉の問題にコンプレックスは有れど招待して良かった。。すごく楽しい!すごく楽しいけれど Jorge は帰国しちゃうのねん。。と思っていたら Nati の帰国も当初より早まった事が判明。なんだとこらー!!完璧なお別れ会になってんじゃねーかっっ
センチな夜でもありました。

そして本日。
来週の月曜帰国予定のはずの Jorgeから連絡。「帰国が明後日になったかランチしない?」なんだとこるぁー!!お前昨日月曜に帰国だっつーって言ってたじゃねーかぁっっ!!(号泣。でも正直明後日も月曜も変わらんのにな。)
慌ててブルティッシュミュージアムのカフェにてランチしてまいりました。大英博物館行った事ない(別に行きたくない)って言うからさ。無理やり連れて行ってやったぜ。
そして写真も撮ってやったぜ。カフェ(ってあのエントランスのとこのカフェっつーかなんつーか。)でランチしただけなのにあら不思議。

冬にスペインに行ったら(バルセロナには一度行きたいしね) NatiにもJorgeにも連絡取って会う気満々だけど、日本に帰ったらスペインは遠い。。もうほぼ今生の別れの気分です。ヨメ。。うぅ
英語ある程度喋れるようになったらスペイン語習うよ。。(←本当か)。

d0041074_14026100.jpg
 ↑ 写ってませんが、一応和食器できんぴらやらお出ししました。まさかご招待できる程のお友達ができるとは思っていなかったので持ってきた食器は最小限。嬉しい誤算でした。
[PR]



by wakka-w | 2008-07-16 01:17 | ブルち 関係ない | Comments(0)

Viktorさん達がね。

今日も昨日に懲りず、ラウンジ(学校の)でお勉強。
だって家帰ったら絶対しないもんねーだ。

昨日は なんだかもう。。な異国交流をしてしまい、途中で抜けれない(5人くらいで会話してたのかなぁ。これって自分が話しするのも面倒な数だし会話レベルは皆バラバラだし、だいたい結局2、3人で喋る事になるのよね。で、ヨメは聞いてるだけになるんだよな。)心の弱いヨメの馬鹿ん、、とかなりストレスがきたので(だって結局復習もできなかった。その割に成果の上がる会話とも思えず)、今日はもう殻に閉じこもるべし、と決意新たにしていた訳です。

で。
今日はもう最初に会ったら「教科書私には難しいから勉強しないとダメなんだよね。」と一言宣言。あとは i-touch 味方に延々己の時間を満喫しておりました。席がそこしか空いてなかったんだ。。そして会話がでかいんだ、これまた。仲が良いのは良いけどね(ウィンク)
そして十代だった。。会話が若いなぁと思っていたけどあー、なるほど。
-------------------------------------------

さて今日は金曜です。でもカッパが今週は忙しく遊んでくれない。。昨晩あまりのストレス(← ラウンジでの一件)に、帰ってきたカッパに英会話を試みたのですが、「Go to bed」の一言で終了。

そんなカッパさん。今日も忙しいんだってー。ちぇっ
明日の土曜は夕方からハムステッドの方のピクニック・コンサートやらに連れて行ってもらうからいいけどね。
それにヨメは午前中、ポートベローでアンティークトイのお店に行くからいいけどね。(カッパがいると寧ろ邪魔ツヨガリ)

で、Victorさんの話なのですが、ちょっと前に地下鉄の構内に張ってあったポスターが気になっていたんだ。
カッパがちょっと早めに仕事終るのなら一緒に行こうかしらんと思っていた「The House of Victor&Rolf」の展示。Barbican でやってます。9月21日までやっているので好きな方はチェックしてみてください。ヨメも行ったらレポできれはいいなぁと思っております。
初期の頃のデザインの方が断然好きなのですが、さてどうかしらん。
[PR]



by wakka-w | 2008-07-12 02:43 | ブルち 関係ない | Comments(0)

あーあ。

なんかパソコンがおかしい。ブログの記事書いてると勝手にリロードしやがって「あれ?変なボタン押した?」と思ってチャレンジしまくっているのですが、なんなの馬鹿なの?>パソ

--------------------------------------------------

もう無理です。
今日の覚書。

・ これはどうでもいい。皆言うし、自分もそうだと思っている英語の上達法→他の国の人とコミュニケーション取るのが大事って、時と場合によるな、と思った場面。

・ 俺の漢な友人。Jorge が今日で学校ラストデーだった事。
・ スカンジナビアンカフェ
・ 試供品配りで with Jorge

唯一人、ずっとクラスが一緒だったスペイン人の友達が帰国。初めて勇気出してランチ誘ってできた初めての外国のお友達なのに、悲しい。。泣いちまいそうだ。

毎回ランチ行く度にヨメの方が学校から家が近い事もあり

「どこ行く?」
「君に任せる」
パターン1:「じゃぁ道間違えるかもしれんけどこっち」
パターン2:「じゃぁよく分かんないけどこっち」(2者択一の割に結果が変わらない)
「?!!」
なヨメに大人しく付いて来てくれ、

「Nadal 誰それ。スペイン人?強いの?」
「スペイン人でランキング2位だよ(こいつ早くなんとかしないと。。)」

と辛抱強くヨメに付き合ってくれたJorge。
そうそう、

「ヨメ、(会話)理解できた?」
「うん、多分分かってると思う。。」(この時点で面倒くさくなってる)
「多分じゃダメだ。お前は分かってない。ちゃんと聞け」(見透かされている)

こんな事は毎回だったわね。。フ

女の子の友達は皆学校の後こっちでバイトしてるんだよね。だから学校オンリーで来てたJorge とはよく会話の相手になってもらっておりました。(メカニックマンだったらしいけどお仕事辞めて来てた)
スペイン行く時はよろしくな。なんか違う意味で怖いのね。

月曜は Jorge と Nati(久々に会える♪)と寿司パーチーです。ってか炭水化物パーチーです。
[PR]



by wakka-w | 2008-07-11 03:24 | ブルち 関係ない | Comments(0)

乙女なヨメ

日常の些細な事は書けるようです。

------------------------------------------------

今日はちょこっと頑張って、ちょこっと不安になってちょこっと落ち込んで、まぁいっか。と思った日でした。

ワタクシ現在担当の先生が3人目。Gorge と今日話をしたのですが(彼が唯一ずっと一緒の仲間なのだが明日で終了。スペインに帰っちまいますort)、どうも定期的に変わるのかな。。

そんなんで大好きだった(すでに過去形。乙女の心は移ろいやすい。)先生から3代目の今の先生。ちょっと授業の仕方が小憎たらしいわ。。と何故か思っていたら(別に嫌いじゃないよ。寧ろ髪の色がまだらでテディベアみたいで可愛いよ。いや、あの色のテディモヘア欲しいよ。)今日たまたま廊下で後ろにいました。怖っっ!あんた先に出て行ってたじゃん。。

しかも私が気付くまで声を掛けてこないとゆー。まぁそういう先生だとは思っていたけど。。ってかそーゆーところが小憎たらしいのよね。これだから最近の若者は。。見た目はヨメと変わらなそうだけど この小憎たらしさは若さ故か、と鋭く分析していたらやっぱり若かった(生まれ年言ってたから判明)。ほれ見たことかっっ

この先生は 大好き先生みたいに気を使って話しかけてくれるタイプじゃなさそうです。。どうするよ廊下混んでてピクリとも動かないし、寧ろ気付かないフリをすれば良かったなぁ(相手も気付かなければ楽、とか思っていそうなタイプ。確信がある。同じ匂いを感じる)
話したい事別にない(思い浮かばない)のに何この罰ゲームのような重圧(ヨメの頭の中以外では学生達の笑い声が満ち溢れている廊下)。しかもそんな見えない敵と闘っているのはおそらくヨメ一人。。は!!

てーちゃぁ、はっぴぃばーすでー。(フェードアウトする声。三十路でこれか)

先生の誕生日ビバ☆タイミング。
第一の山は越えました。が、「ありがとう」とニッコリしたまま話が続かない てーちゃぁ。ヨメも一言言った後に話を続ける自信がなかったので前を向いたのですが、一向に進まない廊下。。。は!!

てーちゃぁ(← すぐ横にいる人に軽く声掛ける時ってどうすんの、毎回てーちゃぁ言っててアホなんですが)、パーチーとかするの?

つい最近やった「あなたは自分の誕生日にパーティーした事ありますか?」なビバ☆質問。← 一生使わなそーとか思ったらさっそく使ってるし
第二の山を越えるヨメ。するとティーチャーしないって。しないのかよ!(ミムラ風)ちょ、続かない。。学校(働くの)ハードだからねぇ。。おぉ!貴重なヒントが!

どれくらいここで教えてるんですか?

もう喉カラカラです。ダメですヨメ。ちょっと極度のあがり症なのに。。しかし「a couple of months」と新たな情報が引き出せました。カップルとかおされに言わずに数字で言え!(数字がくるかと身構えたのにカップルとか言われて思わず憤るヨメ。ちなみに廊下は普通に学生の笑い声が溢れているがヨメには聞こえない)

そして、ちょ、でもその小憎たらしさ たかだか2,3ヶ月の教え方じゃないような気がすんだけど。。と大変不審な気持ちになった瞬間見透かされたかのように 同じ系列の他の学校で教えていたと説明が。ぎゃーっす!心読まれてるかもこえー!!サトリー!(← そんな訳ない。でも分かります?乙女の気持ちが。)

とにかく、どうもポーランドで教えていたらしい事と週40時間働いている事が判明致しました。これ今後なんぞ役に立つやろか。ところで2代目の先生からも聞いたけど、週40時間ってなんつーか感想がない時間ですよね。。なんて返せばいいか悩むわ。こっちでは長いのかな。

どの程度教科書が進んでいるか知っている小憎たらしい先生(寧ろこの人が進めている訳だが)に対してこんなタドタドしい話し方しかできん己のふがいなさやら今の現状から想像する今後の見通しの悪さ やらに絶望し、でもまぁちょっと苦手だと思っていた先生と話をする機会もあったし、まぁいっか、と思った訳です。

ヨメはまだまだヒヨッコなれど、それでももう自分より年下の先生とかができる年なんですよね。人間って豆腐みたい(に脆い。もろい?)なのにしっかり生きててすごいよね。(何故か突然全く脈絡の無い感想)
[PR]



by wakka-w | 2008-07-10 06:38 | ブルち 関係ない | Comments(0)

WIMBLEDON 2008 其の2

今月は益々更新が滞るかと思われます。

---------------------------------------------------------

祝 Nadal!

さて、ようやく Wimbledon内に。

d0041074_145568.jpg
↑ 右は第2コート(無料)から。段々畑みたいに段差があるみたいでした。

ヨメ的にはもうすっかり「見た見た→施設を。」とゆー感じでお酒や食事を楽しんだりお土産買えたらいいかなぁと思っていた程度だったのですが、カッパに引きずられて第2コートと第3コートを地味~に観戦。

あれ、なにあれ兵馬俑?

d0041074_140437.jpg
↑ Nadal と Federer いるんだけど。。新しくできる第2コートに鎮座。

もちろん試合も見ておりましたよ。。でも選手とか全然知らないし。

まぁ今日はこんなもんだよな。。と思っていたのですが、運よく resaleシステムのおかげでセンターに入る事ができました。

d0041074_1472590.jpg
↑(右)使用方法を間違っているみたいですが、芝生の上で寝転がって見てたり。(左)resaleシステムに並ぶのもこんなん。この日は全て後手後手。ただ時間が時間だったので、案外早く買えました。

説明しよう。
resale システムとは、センターやファーストコートのチケットを購入した人間が退場する際、自分のチケットをスタッフに返す(Wimbledon会場の出口で集めているスタッフがいる)事でその空いた席がresale されるシステムだ。施設内の小高い丘の上で売ってます。
しかもたったの5ポンド。
観客もウハウハ。運営側もウハウハ。(゚д゚)ウマー


しかもこの日のラスト、Nadal と Kiefer(英)。
我々もう Nadal の試合が見れただけでごっつ嬉しかった(何度も言うけど他を知らなかったので 熱狂的ファン(爆笑)) のですが、この日の試合は Kiefer(ランキング27位) が大健闘。玉への食い付きが良くてサーブも早かった記憶が。ポイントは Nadal が全部取ったのですが、中身の濃い試合でした。
イギリス人も大喜び。
センターコート全体でウェーブ3周くらいやりました。楽しかった。。

d0041074_1492134.jpg
↑ センターコート。

この試合、結構長くて最後の試合だった事もあり、もうカッパ・チーム、腹ペコリータ。ほとんどの店が閉まるなかやっていた フィッシュ&チップス(クリスピーみたいなフィッシュでしたが。。タルタルあれば良かったのにぃ)をビールで流し込み帰路に着きました。
ファーストコートの下のフードコートだったかな。。

因みにお土産ですが、免税してくれるようでした(よく知らんのですが、いくらか買ったらどこでもしてくれるんだったっけ?)。なんかショップの外で免税の受付(?)ブース見たよ。

d0041074_1355490.jpg
↑ この試合でもバナナ食ってたけど、いつもそうなの?

そして迎えた今週日曜の決勝。
最高に面白かったねー!あれ見たらまた来年も行きたくなっちゃうなぁ。。(カッパと行ける事はもう一生無さそうですが。)
[PR]



by wakka-w | 2008-07-10 01:13 | London | Comments(2)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
焚き火の炎を
見ていると
ブルを思い出し
号泣。


4点


翌日腫れた目で
目が覚める。

数時間ごとに目は覚めたが
珍しく熟睡した
テントの中だったのに。

最新のコメント