フレンチブルのワンコそば in Japan

<   2009年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧




大人としての羞恥心は忘れずに

カッパの自由奔放振りには笑うわ(そんなひどい話じゃないんすけどね)。ネットでお買い物する時はいつなら宅配受け取れるかやら他に頼む物もあったら一緒にしてもらって。。とか結構考えて注文するじゃない。そんなんもあってアマゾンでのお買い物も候補を挙げてる最中の本日、帰宅したら留守用荷物ロッカーにアマゾンで注文された荷物が。
カッパが勝手に頼んだものでした。ロッカー空いてたから良かったものの、お前とゆーやつわぁぁぁ、、フツフツ

そんなカッパがいつだったか買ってきた AERA にインタビューが載っていた古田新太さん。
普段ドラマは見ないので好きな俳優さんが居ても早々見る事はないのですが、気になっていた方です。へーへーほーほーと読んでいたところ、今やってる舞台があるらしい。
何気にWeb を見てみると当日券もあるみたい。抽選だから見れるかどうかは分からないけれど、まぁ動ける時は動いておこう、と朝から赤坂に行ってきました。
そして無事見れた 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎・壊「蜻蛉峠」
舞台物なんて今まで5本の指で数えれるくらいしか行ってないような気がしなくもありませんが、おもしろかった!
宮藤勘九郎さん作ということだったので、超の付く初心者でも楽しめるかな、と期待していたのですが、すっかり楽しく見ることができました。でも楽しいだけじゃないの、よくよくストーリーを追ってると切ないの。そのアンバランスな部分を古田さんがしっかり演じられていて「舞台ってこうゆーものなのかぁ」と改めて知った本日也。
堤真一さんは美丈夫だし(いやホント凛々しい方だわ。)女性陣は艶っぽいし、脇を固める役者さん達はアジがあるし。
ライブ感ってやっぱりいいですねぇ。
当日券では2,30人前後見れるみたいです。抽選形式なので気になる方はWeb でご確認ください。関西の方は東京公演の後に大阪公演があるようですね。

舞台が終わった後は自由が丘に寄って今日が最後の青山ブックセンターを覗いてきました。本屋さんが無くなるのって残念ー。
良い感じの接客をされているようだったので自分の番がきた時にふと「お疲れ様でした」という言葉が自然と出てきました。
ここんところ、とゆーか、日本に帰国してから

なにこれ、ロンドンの方がよっぽど接客いいじゃん。ビツクリだビツクリ。

と思ってしまう若者的昨今の時代的接客スタッフに当たることが多いので、本当に普通に接客できるスタッフさんだと安心しますわ。
言葉使いもムチャクチャだし(あー、でもあの人は明るくてハキハキしてたな。だから腹は立たなかったけど、おもしろかった)、死んだ魚の目でボソボソ喋ってこちらの聞きたい事にも頭が回らず(なんだろう、、普通接客してて目の前のお客さんがどう伝えたらいいか悩んでいる時ってさ、なんとか意味を汲み取ろうと自分でもいろいろ頭の回転上げるじゃない?それが無いの。ぼーっと無言で待ってるの。怖いです)。。って人が目立つもので。もちろんちゃんとできる若い人なんて普通にたくさんいるわよ!
ぶっちゃけ言葉使いとかはまぁええわ。ヨメも人前だと緊張して間違った言葉使いする事はよくあるし。でもさ、からっぽな感じで接客するのは止~めぇ~てぇええ~~コワインジャ~~

本当に昨今の若者はいかん!こんな年取ったおっさんのような事をヨメに考えさせる若者の態度はいかんぞプンプンスカスカプンスカスカ!!

タイ焼き買って歩き食いしながら考えてたら

タイ焼きのカリカリが首から服の中にこぼれて帰宅するまでずっとチクチクするという大事件発生。

なにこれ!ぎゃーっすなんかチクチク痛い!!気になる気になる、なんかヘソ回りにあるみたいでおヘソまで痛い気分になってきた!なんじゃいこれ、この年で食べ歩きしてるからなんか!こんな事するヨメに昨今の若者を批判する資格なぞ無いとゆーことかっっ!

とゆー思いと

これ、胸の谷間とやらが本当に現世に存在するとゆーのならこんなヘソくんだりまでカリカリが落ちることもなく、サラッと取り除くことができ、颯爽と帰宅する事ができるのだろうか。。腹で止まるとゆーのがまた憎い憎いあな肉垂らしぃやぁ

とゆー思いが交差してもうヨメ パニック。静かなるパニック。

羞恥心は忘れてはならん。が、鯛焼き歩きながら食べるの美味しいじゃん立派なファストフードじゃん。俺は負けねーよ(何と闘っているのかヨメ)。
ソシテ イイタイコトモ ヨク ツタエラレズ ナリ

いやぁ、大層な事じゃないけど(食べてるもんも鯛焼きだし)、一応「こーゆーのはお行儀悪いもの」とゆー羞恥心はいつまでも忘れず持ってたい。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-31 19:56 | ブルち 関係ない | Comments(2)

すんません

ブルさんの近況を、と思ったのですが、今別作業をpc がやってまして、そちらにえらくいろいろ食ってるので画像をカードから移すことができそうにない事が判明。もう2日間不眠不休でやってる作業なんでフリーズされても困るしで、もうしばらくお待ちください。
明日には作業も完了するそうです。ホントカヨ

さて昨日は蓮に着手。着手したは良いが全滅しないか心配です。あぁワタクシの古代蓮。。樽の中でギュウギュウ詰めになったレンコンは一つ一つの節も大変細く心もとない。しかも芽がデリケートなシトのようでなにかと漢気溢れたヨメ(泥とか顔にはねまくり)がやった作業が影響しないか心配です。

土の方は熱湯かけて殺菌中。あと乾けばようやく土すきできる。

押入れからは謎の反物発見。江戸小紋でした。なにこれ。むっちゃよう使えそうやんこれ。なんで反物で放置なんこれ。仕立てる余裕今無いわこれ。

今雑誌も1冊ずつ確認して捨ててるし、好きで集めた古着物も趣味が変わったり、そろそろ年齢的に小汚いのは着たくなくなったりとこれまた選別作業が。しかし広げる場所もなく。
紙モノ好きなので、そう言ったよく分からん小さな紙片も集めてたりと片付け作業も難航中。
思ったより減らせなくて途方にくれてます。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-31 08:49 | ブルち 関係ない | Comments(0)

ニコタマ高島屋、恐るべし

曖昧な情報日記みたくなっててすんません。時間できたらあとでブルさんの様子もご紹介するでちよ。

--------------------------------------------------

昨日はニコタマに7時間もおりました。ありえん。でも全然時間足りなかったよ。

その中で高島屋のやる気っぷりが半端なかったっす。

まずワインコーナー。今「神の雫」最新刊に出ている日本産 例のワインが置いてあります。昨日はワイナリーの方も来ていたのでお話を伺う事もできました。
いろいろ面白いワインがあり、運転するので試飲できないヨメは片っ端から「これ買っとこう」「飲まんと分からん」と数本カッパに買ってもらった訳ですが、昨日飲んだ グレイス「甲州 芽ヶ岳」は和食にぴったり。

刺身と合わせても生臭さなく(醤油と合う)、
菜の花と筍のパスタと合わせると、春野菜の苦味とぴったり

感動しました。
カッパも言っていたけれど、これまで日本産のワインを飲むとなんとな~く水っぽく思っていた訳も判明。

言われてみればなるほどそうか、水の違いでした。
日本のワインは軟水を吸い上げて実ったぶどうから作るのでくせがなく、
フランスなどのワインは硬水を吸い上げて実ったぶどうなのでがっつりした味がつくようです。

これはまたお料理とのマリアージュとも深く密接しているらしく、ヨーロッパの肉が固く癖があるのは牧草だけを食べさせているからなのだそうですが、その癖のある肉に合うには がっしりしたワインが。
逆に日本の料理は出汁文化。出汁と言えば水、同じ軟水を使用した日本のワインと合うようです。

日本のワインが水っぽいと感じていたのは馴染みぶかい軟水でできたワイン故、すぅーっと体に入るからのよう。反対に我々日本人にとって硬水が飲みにくく感じられるのと同じようにヨーロッパのワインはちょっとクセのある(?ちょっと言い方変だけど)味覚を感じさせるようです。
なるほろね~。そーゆー違いもあるのね。

もっといろいろな和食に合わせてみたいなぁと思うワインでした。あとライチの香りがするワインもあるらしく、それはパクチーなんかのアジアンな香りものとも合うらしい。生春巻きとかに合いますよ、ということでこちらもお買い上げ。楽しみです。

さて、話変わって本館6階では「京都展」やってました。4月1日まで也。
着物関係でお勉強できるかしらん、、と覗いてみたところイノダコーヒーが出張カフェやってました。こんなところに突然カフェが。ケーキとかサンドイッチは食べれるみたいだったとです。
有次さんも来てたり食品関係も来てましたよ。
お近くの方は是非。結構楽しいかも。
肝心の着物関係は1ついいなぁと思った帯がありましたが、当然それなりのお値段なので簡単にポンと購入という訳にはいきまへん。
しばらく着る余裕も無いのでショップカードはしっかりもらって早々に退散でございます。
あー、でもあれ一生使えると思うの。しかも普段使いできるから重宝すると思うのよねー。でもカッパに軽く言ってみたら軽くスルーされたのよねー。もうすぐお誕生日なんですけど、その枠は使ったっちゃぁ使ってるのよねー。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-30 10:20 | ブルち 関係ない | Comments(0)

何でもない週末

昨日はブルさんと等々力渓谷を3分の一散歩した後、カッパと代官山へ。うちらが代官山に行くことは本当に珍しい。ましてや二人でとなると。。4年ぶりとかですわ。

それが何故ヨメがカッパを引き連れ行って来たかとゆーと今 リサ・ラーソンのスタンプラリーをやっているから。そして何故カッパがヨメに素直に連れて行かれたかとゆーと、カッパは麻布テーラーに用があったからでございます。

さて、スタンプラリーで回ったショップですが、人気のライオンや猫さん、ブルドッグさんがゴロゴロゴロゴロおりました。
惜しむらくはヴィンテージが少なかったこと、あと珍しい物もあまり無かったかなぁ。せっかくの機会だったので普段見れないものがもっと見たかったです。
いろんな種類を見るならネットに勝るものはないけれど、現物見たいもんー。
ショップなら IDEE とか伊勢丹のインテリアフロアが結構多い? ハトさんや船、ハリネズミさんとか好きです。
あの一番でかいライオンさんも見たけど、凄く可愛かったなぁ。でも改めて思ったけどうちに置く場所はないわ。。清水の舞台から飛び降りんくて良かったと思いやした。(もうなんでも欲しがるシト)

スタンプラリーは全部集めると collex で抽選ができるのですが、結果、ヨメは残念賞、カッパは何かの賞であるモノをゲット(リサには関係ないもの)しました。
戻ってきてからなかなか好スタートの週末生活。
こちらのスタンプラリーは4月1日までです。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-29 09:39 | ブルち 関係ない | Comments(0)

Tunisia: ジェルバ島の夕暮れ時

今なら言える。素敵な1日だったと。

サハラ砂漠からの帰路。小さな集落を回りながら空港のあるジェルバ島へ向かった。
フェリーで島に渡り3日間お世話になった運転手さんと笑顔で別れ、空港に入った。
飛行機は飛ばなかった。

翌日は朝一でボルドーへ向かう筈の私たちは途方にくれる。彼が電話をかけツアー会社と対策を練っている間、私はさっさとガイドブックを取り出しホテルを探す。
こんなに飛行機の神様に見放されたことはない、そう思った。とっても素敵な国だったけれどこんなに縁がない国もそうはない、とも思った。
もっと居てほしくて意地悪されているのだろうか。それともお守り代わりのファティマの手が故郷を離れたくないと意地を張っているのか。

とにかくホテルを探さねば。隣ではこれから陸路を使ってカルタゴまで戻る話も出ている。むろんフェリーは運航していない。島にもう一つだけある橋を渡ってならあるいは。それでも9時間はかかる。現実的な話には思えなかった。

結局島を出ることを諦め翌日朝一の飛行機でカルタゴへ戻ることに賭けた。そうすればおそらく荷物はロストするが体はボルドーに到着できる予定になる。
風が止む気配はない。今日泊まる筈だったホテルは保険も兼ねて翌日に振り替えてもらう。どうせキャンセルはできないのだ。

ツアー会社や航空会社との交渉を終えタクシーに乗り込む。砂嵐で茶色に霞む家々を眺めているうちにタクシーは細い路地に入りこんだ。周りは白壁に囲まれ人の気配はない。ホテルです、と言われなければ他より少し立派な家と思ってしまいそうな程 周辺に溶け込んだ門の前でタクシーが止まる。

私たちはこの町をとても気に入ってしまった。もともとジェルバ島はフランス人の避暑地。旅行客が賑わう海岸沿いには星を5つや4つ持つリゾートホテルもいくつかある。
古い邸宅を数軒つなげて作られたこのホテルは利便性もスパのような娯楽施設も無く、観光地からも程遠い場所にある。それでもチュニジアスタイルはそのままに、フランス人オーナーによって手を加えられ少々洗練された趣を持つホテルの中は居心地が良く、砂嵐から逃げるように門を開いた私たちはこのホテルとの出会いを手放しに喜んだ。

d0041074_1353742.jpg

d0041074_135528.jpg


そしてここいらに住む人々の慎ましくも優しい生活を垣間見るには最高の場所だった。
チェックイン後に歩いたホテルの周囲は職人の町らしく、様々な職種の小さな工房からは薄く明かりが漏れている。家具屋、モーターバイク屋、ジュエリー屋、雑貨店、食堂。。狭い範囲にたくさんの街の顔を見ることができた。

d0041074_1361828.jpg

d0041074_136579.jpg


アジア人は珍しいのか興味深くこちらの様子を見ている気配もするが、目が合うと優しい笑顔で挨拶してくれる。モーターバイク屋の軒先にシャッターを向けると主人は向いの店でそこの店主と話をしていたのにわざわざ声を掛けてくれるし、雑貨屋の店主は手を振ってくれた。
満面の笑みを向け片言の英語で話しかけてくれると一期一会と思いつつも嬉しくなる。立ち寄ったジュエリー屋では使われた金属の重さで値段が決まるらしく、昔ながらの秤でアクセサリーを量り電卓を叩いて値段を教えてくれた。聞き慣れないフランス語で思わず10倍の値段と勘違いしてしまい「お金が無いの、ごめんなさい。」と言う私たちに首を振る若い職人。最後にはコインを数枚見せて「これだけ。」と教えてくれる。
素敵な笑顔で別れを告げてくれるこの青年の笑顔は私のカメラに収まって日本にやって来た。

そうか、これは神様がくれたサプライズだ。
そう思えるようになった翌日。
朝一の飛行機はキャンセル、次もキャンセルになりとうとう首都からエアバスが飛んでくることになった。
この旅のお守りにと買い求めたファティマの手をしたキーホルダーにお礼を述べて、
あなたの伝えたい事も分かった気がする。
そんな旅の1日だった。

d0041074_1194690.jpg

[PR]



by wakka-w | 2009-03-28 00:07 | 諸々旅 | Comments(4)

備忘録

昨日、午後から曇り。夕方一時雨。ひどい。。しかしそんな事になるなんて想像もしてない(天気予報では予報されていたが)青空だったため、コンテナガーデニングの土壌改良に昼頃乗り出す。

とりあえずは生えまくった草どもをブッチブッチと引き抜いてゆく。つい可哀想な気もするけど。ダメだ、この子達はヨメのグリーンの栄養を吸いまくって春を謳歌しているのだからな、鬼になってブッチブッチと引き抜く。

グリーンを植えていないコンテナの土は耕しお天とうさんにお願いして乾かす。ここにて1日終了。合間に枯葉やら朽ち果てたトレリスやら焼けたかのように真っ黒に枯れたミモザの枝を落としたりとかなりの重労働。ミモザは中もカラッカラ。こりゃおそらくもうダメだなぁ、、と切なくなる。合掌
今思ったんだけど、もしかして去年留守中にカイガラムシにやられたのかな。。?黒くなるってやっぱ変よねぇ。

乾いた土はどうも熱湯をかけて殺菌した後また乾かすらしい。その後土がフワフワになる緩衝材のようなものと肥料を混ぜ込んだら再利用可能か。来週の仕事になりそう。

根腐れと思われていたハートホヤは現在荒療治中。土を全部落とすと根が腐っているようには見えない。とりあえず今は土を落とした状態で乾燥中。どうもヤシのくずか何かに着根させているみたい。これ全部落とすと多分良くないんだろうな。。と思いつつ、今日か明日にでも土に植え替えたい。さてどうするか。
そしてこれ復活するんじゃろか。。

瀕死のブラックキャットさんにはとりあえず温室と湿気をプレゼントする必要がありそう。温室、、どこに。。玄関じゃ多分寒い。。思案中
サトイモ科なのでおそらく強い生命力を持っている筈。なんとか頑張ってほしいんだけど。。

蓮は放置中。来週いけるか。
一昨年以前に取れた種もそろそろ発芽させる準備せねば。忘れそー(だからの備忘録)

我が家のツルども、モッコウバラとあけびさんは己で元気にしてくれているのでとりあえず放置。ロンドンから根性で送っているトレリスが届くまでにはいろいろ終わらせないと。
コデマリも蕾がたくさん。楽しみ。

ヨメは植物を育てるのが得意じゃない。故に治療が諸々成功するとは限らない訳ですが、時期も良いし、だいたいうちに来る子はいつも何故か強いのばかり(チビチビ~sも。ベテランの精鋭どもは皆元気なようでした。。ライム坊やがライどんになってて凄かった。でかすぎ。お前は海に帰るつもりか。)なので皆の力を信じつつ、しばらくは手助けしてゆく予定也。

ブルさんも一緒にテラスに出てフガフガしてました。裏の猫ちゃんが気になったらしい。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-27 10:41 | ブルち 関係ない | Comments(2)

お天とさん

今日は晴れが続くかな?青空のようですね。これがしばらく続いてくれると土壌改良に着手できるのですが。。

室内の観葉植物にはいくつか根腐れらしきシト達も。
治療したことがないのですが、ちょっと珍しいのもいるのでなんとか復活させてやりたいところ。ダメ元で荒療治してみます。

カッパが帰宅しても遊んでくれんので(カッパ自身がやりたい事もあるが、本人それすらままならぬため帰宅しても話聞いてくれん。気にせず邪魔してますけど。)つぶやいときます。

----------------------------------------

そうそう、今回の ku:nel に応量器についてのページがありますね。
究極のミニマム食器、このショップ↓で取り扱い始めた時に興味を持ったのですが今だ購入には至らず。ご興味がある方は designshop で購入できます。
それにしても修行僧の方の凛とした佇まいは大変美しい。袈裟も美しいなぁ。不謹慎ながらお坊様に恋する女性の気持ちも分からぬではない。いやはや心が洗われます(>前述)

話戻りましてdesignshopでのお勧め商品をもう一つ。お醤油差し。

これまた以前どこかの本で見掛けた「遊べる醤油差し」(どうも昭和初期の「小出し醤油さし」と言うようだ。)が欲しくて探していた時にここで見つけました。形は初期のオリジナルの物の方が好みだった記憶がありますが、コロンとしたその形は大変愛らしいです。「ガラス」ジャンルでご覧くださいませ。。

帰国して久々に J. に行ったらなんと現物がありました。取扱始めたのかな。以前は無かった気が致します。

物欲、とくくられると身も蓋もございませんが、「人が作ってきた物を見る(買う、使う)」というのは文化の営みを見るようでもあり人間の歴史を見るようなそんな気もします。手に入れるとこれまた楽しい訳ですが。

まぁ物欲な訳ですが。

現在カテゴリーだけ作ってある「誘惑」。ここではヨメのお気に入りの物達を記録したいと思っております。現在家中片付け中で、いつかお話したとおり、その役目を終えヨメの手を離れるモノ達も少なくないかと思う故でございます。モノが有るとこ人の歴史有り也。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-26 10:28 | ブルち 関係ない | Comments(2)

恋するヨメ

今週は寒いですね。。天気が今一つなので、今だ洗濯物が多い(引っ越しがらみで)&家のグリーン達の世話をしたいヨメにとっては大変切ない週になっております。

心も沈みがちなので、懐かしい写真を1枚。チュニジア旅行で行ったサハラ砂漠です。

d0041074_1814077.jpg
↑ んま、ちょ、ヨメちょっとカッパをすごく良く撮ってあげてない?これ良くね?

この旅が初めてのアフリカ大陸上陸だったんですが、ヨメはチュニジアに一目惚れしました。

さて。初日にチュニジアの首都、チュニスに飛び翌日周辺を観光した後、旅の3日目に4WD(現地の人が運転手さん。凄く良い方だった)でチュニスより出発。途中いくつかの村を回って2日目に砂漠の横のオアシスへ。

ラクダに乗って砂漠を進んだ休憩地点からの1枚です。

ちょうどこの時期(3月頭)ってチュニジアに行くのに良いかもです。夏になるとすっかり砂漠化する場所にもほんのり花が咲いているし、気候も寒すぎず暑すぎず、という感じ。もちろん朝晩の気温差はあります。

船便には旅で買った小さいキリムも積んであるので楽しみです。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-25 18:29 | 諸々旅 | Comments(2)

世田谷区の犬鑑札

本日ポストに入っていた狂犬病予防注射のお知らせの中にあった「世田谷区の犬鑑札が新しくなりました。」冊子。あの昔ながらの「ちょっと首輪に付けるにはうーんつらい」的な鑑札が今年から変わるらしい。
田舎ではあの監察を家の玄関の柱に付けてあったから馴染み深いっちゃぁ深いんだけど、ブルさんには合わないと思うのよね。。お~とこぉお~~(注:「漢」の方で)♪ みたいじゃない、あのフォントとか。

えらく細かいところツいてくるな、と冊子のワンコに心動かされ思わず開いてみたら、「プロダクトデザイナー深澤直人氏」の文字です。

世田谷、、深澤さんにデザインをお願いしたんだって。

従来の物より小さくなって、厚さ3ミリの無垢アルミだそうで。既に前のを持ってる人も、再交付(1600円)で新しくすることができるらしい。

d0041074_15464465.jpg
↑ web で拝見した感じ、お役所的デザインそのままに気持ち洗練された?

ブルさんどうかしら。。世界的デザイナーの鑑札欲しい?記念に変更する?定額給付金あれば変更できるわよ(給付金の意味なし)。

d0041074_15565966.jpg
↑ そうね~、考えとくでちぃ~Zzzz

それよりブルさん、帰国の準備で今年の1月に狂犬病予防注射したんだけど、また行かんといかんのか?どうなるんじゃろ。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-24 15:46 | 今日のブルち | Comments(0)

コメントをくださいました皆様へ。

こんにちわ、僕ブルでち。
いつもここを御贔屓にしてくれてありがとうございますでち。ぺこり

ママンはなんとかレスをしようと思うとるようでちけど、ちょっと無理の様子。ごめんなさいでち。何せほら、あの母、話(文章)長いじゃん?
そんな訳で帰国以前のコメントに関してはここにて御礼申し上げるとともに、個人様宛へのレスを御返しできない旨、なにとぞ御了承くださいませでちよ。

ママンはとても感謝しとるでち。やっぱり引っ越しは大変でちからね。皆様からのコメントに膨大な荷物に囲まれて孤独を感じとったママンは大喜びで感涙モノだったんでちよ。
しばらくネットもつながらなかったりで僕の様子をお伝えできないのもちょっと心配してたんでちけど、まぁそれはほら、平時 母は特に僕の話しないじゃん?ここ僕の成長日記的ブログだった筈なんでちけどねぇ?ねぇ??まぁええんでちよ。便りが無いのは元気な証拠(この言葉、すごく適当でちよね)

そんな訳でこれからも僕をよろしくでちよ。
ママンは今もくもくと部屋の片づけをしとるんでちけど、今朝さっそく服に涎付けまくってやったでち。これでもう今日のママンはおされスポットは行けんでちね、フフン♪

それにしても帰国したら趣味が変わってきてるような予感らしいでち。喜んで飾っていたあんなもの、こんなものの中にも「何故これをそんなに後生大事に。。謎」とか思うてしまう物も多くて、そーゆー物はそのお役目を終えたとゆー事でちかね。モノを捨てるのは嫌いでちけど、一度リセットするらしいでちよ。
リセットせんと入らんのでちよ、、向こうで増えたものが。。アッポンポンでちね。
これからはもっと思慮深く生きてもらわんと。

それでは取り急ぎ、僕は元気だとゆーご報告でちた(え?)
僕はまたお昼寝に戻るでちよ。ママンがお膝に乗せてくれんとでちからね(恨)

d0041074_931561.jpg
↑ 久々に登場の僕は洋行帰りの凛々しき1匹の黄粉モチでち。

追伸。黄粉モチで思いだしたわ。先日ブルさんを留守番させて外出していたのですが、帰ってきたら1軒先のお隣さんの玄関にそれはもうフワフワの良いお顔した猫様が。んまっんまっっ可愛いわね。フワフワね。やっぱり猫もいいわね。。と思ってうちの玄関まで行ったら

。。なにあのでかい黄粉モチ。

ブルさんが玄関先でワニさんにケツテレしつつ寝とりました。でっかいケツこっちに向けて。背毛も剛毛そー。なによりチュニジア行ってる間にペットホテルで留守番していたブルさん、肥ったみたいなのよね。なんか締りのない垂れそうなモチだな。。色も濃くなったって皆に言われるし。
ブルさんらしくていいけどさー。
[PR]



by wakka-w | 2009-03-23 09:33 | 今日のブルち | Comments(4)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
昨晩
数年ぶりの
腹痛激痛で
悶絶しますた。

でも今日は
まだ動ける。
数年前程では
ないな。

金曜に
先生んとこ
行ったばかりだし
また行きたく
ないなー。


4点


若しかしたら
昨日一人用事で
恵比寿に行った
開放感で

阿夫利でラーメン
食べて

ジェラートピケの
バター&シュガー
食べて

シェイクシャックで
チョコレートシェイク
テイクアウトした

からかもしれんし。

浮かれすぎただけの
予感するし。

普通にお腹も
空くし。

最新のコメント