フレンチブルのワンコそば in Japan

<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧




カルティエ

コメありがとうございまっす!レスはお待ちくだされ~

土曜に上野に行く予定が入るかなぁと思っていたのですが音沙汰がなく、てっきり流れたんだと思って今日行ってきました。そしたら帰りに電話来るんでやんの。是非明日行きたいっっ イキタインカイ

さて今 上野には阿修羅が来てて大人気。そりゃハンサムですもんね。今日の午後で40分待ち状態でしたが、まぁそれはまだ時間あるのでおいといて、明後日(日曜まで)で展示が終了するカルティエの展覧会に行ってきました。監修が吉岡徳仁さんなのでそれも楽しみにして行ったでよ。

これまで2回ほど日本でカルティエ展があったようですね。ジュエリーもさることながら(マハラジャ、っぱねぇっす。スゴー 当時のインドにおける宝石の位置付けも分かってすっきりした)ヨメが楽しみにしていたのはミステリークロック。いやぁ、美しかった。今回4体ミステリークロックが展示されていますが、4体同時に展示することは初めてのことらしいです。そしてジャン・コクトーがアカデミー・フランセーズ会員になった時の剣も展示されていました。昔雑誌でこの剣を見たのですが、その実物が。まさか見れると思わなんだ。美しかったー。
ジュエリーは「そりゃぁもう」な凄まじさでしたが、繊細ながら華やか、金具?石を止めてある爪も美しく、さすがカルティエなんだなぁ。あれはもう美術品であって身につけたいとかそーゆーもんじゃなかったけど、カルティエならこれよね、って感じです。日本の風土や日本人の性格とはちょっと違う感じを受けました。美しいけれど展示されているような作品のあの大きさは当時の日本人(最近の日本人と体系違いますしね)には合わなそう(でも今の日本人であれが似合う人がいるとも思いましぇん。人間にもかなり重みがいりそうです。なにより今は「時代」に余裕がない)。
でも良いパトロンがいれば良い作品が生まれるのだな、と思った次第。

徳仁さん監修の展示方法はなんとなーく徳仁さんらしいって言ったらお前どんだけ知ってんねんって感じですが、でも何故かそんな印象を持ちました。透明感があるけど希薄じゃないとゆーか。

最近の美術館はこんなんですね→ 金土日祝は午後8時までやっているようです。興味がある方は是非チェックしてください。
帰りは8時までやってるとゆーので今日知った国立科学博物館の大恐竜展見てきました。呼ばれている。ヨメは奴らに呼ばれる運命なのだ。。最近の恐竜の名前はもう全然知りませんけど、でかい爬虫類が昔いた、っつーだけで興奮するヨメです。可愛かったよ!

あ、ルーブルもまだやってた、、今年の頭ブルバアとフランス行った時にいくつか壁が空いているところがありまして、有名どころの不在が多かったんですけど、あー、日本に行ったんか、って感じでした。うん、ブルバア完璧入れ違いでした。でも広いから十分楽しんだけど。こちらもそろそろ展示終わるみたいですね
日本は小さな島国だけど、充実してる。ありがたい事だと思います。キュレーターさん、協賛会社さん等々セッティングしてくださってる方々に感謝です。
買い物好きとしては昨今のミュージアムショップの充実ぶりとかも大歓迎。今回ルーブル展でもあのショップの出店を見かけましたん

中身ない美術館情報ですけど、そんな訳でもう寝ます。

あ、帰り新丸ビル寄りました。楽しかったー。
[PR]



by wakka-w | 2009-05-30 00:06 | ブルち 関係ない | Comments(0)

not Pig but Big

ブルさんが我が家の家族になった頃、よく聞いたのが「この子は大きくなりそうね。足がしっかりしてるから」と「最近のフレブルは小さいからねぇ。昔の子はもっと大きかったんだけど」。4年前の話です。

それから年を重ね昨年渡英。男盛りでロンドンに行き、男盛りで日本に帰って来たブルさんは「洋行帰りの凛々しき一匹の黄粉モチ」となって今日も我が家のお笑い担当を粛々とこなしております。

そして今朝。

ロンドンではフェラリアの薬は基本処方されません。先生曰く「フェラリア育つ前に蚊が死滅する」とかおっしゃってたような。確かに去年のロンドン、夏日は1週間程度だったように思います(日本人的感覚として)。蚊もおらんがね。

そんなんで昨年全くフェラリアのお薬を飲んでいないブルさん。あれ、フェラリアのお薬はいつからだ?6月?もっと早かったような。。年々早くなってきてるような。。と思ってお友達に聞いてみたら「だいたい5月から11月」とのこと。そして「蚊も見た」との事。
ギャーッス!!それはいかん、いかんぞ。にっくきフェラリアにブルさんが襲われてなるものかっっ
うち今年実家の年寄りワンさんがフェラリアにかかっている事が判明しました。。結構なお歳なのでフェラリアと共生するようです。。ちゃんと予防してたら今ならかなりの確率でフェラリアも防げるのですが、いろいろ事情がありましてどうもできてなかった様子。皆様フェラリアの予防は大事なのです。

んで今朝から行ってきました。懐かしの先生の元へ。ブルさんの大手術から(誤飲事件参照)渡英の準備といろいろ助けていただき、 小さき頃から見てもらっている大好きな先生です。ブルさんもう先生が大好き。今日も先生という先生にスタンディングで御挨拶してました。そろそろ奴は二足歩行しそうです。

御挨拶も済みフェラリアのチェックも済ませ、お会計やら何やらの後スタッフの方から「ブルちゃん大きくなった?」の一言が。やっぱり?やっぱり大きくなってる??
そう、確かに帰国後たくさんの方、、いや会う方皆の勢いで言われております。「ブルち大きくなった?」「なんか大きい」「毛が濃くなった?」(←これ関係ない)「ブルさん大きくなったよね!」「なんかまた一段と大きくなったような。。」「ブルち色が濃い」(←これ関係ない)

体重見て判明しました。

奴はでかくなっている。渡英時より体重が2キロ近く増えてる。
とうとう13キロを大きく超えました。頑張れば14キロいきそうな勢いです。いや、もう頑張らんで良い。

まだウェストはくびれているので現状維持で、という事に。

これ怖い。だってブルさんが太ったって事はヨメも太ったってことだもん。ブルさんの健康管理、ご飯やおやつの量は結構気を使っているんだけどなぁ。
大きい子が欲しかったので良いんだけど、移動が大変です。確かブルちが12キロの頃にカッパが「ブルよ、もうこれ以上は大きくならんといて。」と言ってた気がするけど、ブルさん意に介さず「大きくなりましたぁ~♪」(by モンハン)
う~ん、そろそろブルさんカー(ワン用のベビーカーみたいなの)が必要かもしれません。ドコニ オクノ ソレ
[PR]



by wakka-w | 2009-05-28 12:08 | 今日のブルち | Comments(12)

これええわ。

食器棚は残念、ダイニングへは持って行くことが叶わず、代わりに本棚として使用している別の食器棚をダイニングへ。は~、なんとかなりました。
何故そんなに食器棚ばかり、、と言う方。本棚はいかんのです、扉がないから埃被る。そして引き戸じゃないと場所を取る。そうなると古い食器棚がぴったりなのじゃよ。
でっかい食器棚は別の部屋で本棚&飾棚になる予定。おぉ、これはこれで良いではないか良いではないか。

今回ストイックな生活はできんな、とほとほと思いました。

ところで昨日花畑牧場の生キャラメル(チョコレート)をお土産にいただきました。美味しい!興味津々だったのですが、チョコレート生キャラメルはカッパ曰く「生チョコみたい。」花畑牧場さん(田中義剛さん)、夕張再生でも頑張っていらっしゃる様子をテレビで見たけれどご当地生キャラメルってのは個人的にはキティちゃんアイテムより面白いです。また食べたいー。
これ家で作っても同じような味になるのかな。今度作ってみようかな。
[PR]



by wakka-w | 2009-05-24 13:43 | ブルち 関係ない | Comments(4)

懐かしいもの

突然ですが今学生の人には一生懸命勉強してね、と言いたい。自分の興味のある分野の情報、資料、知識、スペシャリストからの知、技の伝授等々が簡単に手に入る時期は学生の頃が一番だなぁ。それにお金が無いからこその工夫、というものも格段だと思うわ。

実は今朝 学生時代を思い出しました。ポストに入っていた1枚のDM。うーん、これ見たことあんな。全く同じじゃないけどこの作品は。。あぁ懐かしきかな Brothers Quay。

Quay兄弟はアメリカの双子兄弟。ストップ・モーション・アニメーション作家です。正しい言い方か不安ですがコマ撮りの作品という事で良いのかな。

所謂「芸術作品」(美術館に所蔵されているような作品)というものは多くの人が子供の頃から望む望まずにかかわらず何かしら見てるものですが、そういう物とは一線を画したアート作品というのを自分が意識したのはおそらくこれが最初ではないのでしょうが、自分にとってはQuay兄弟の作品が一番印象深く、初めてこの人達の作品を見た日は結構特別な日だったりします。
当時 映像作品に全く興味がなかった私が友に誘われるまま連れて行ってもらった小さな映画館は高円寺だったでしょうか。。もう記憶も曖昧だけど、確か夕方か夜からの上映で見たのがこの人達の作品でした。
初めて降り立った高円寺という場所も、行った先の映画館がむちゃくちゃ小さくてなんだか妙にアングラ(?)な気分になったのも、実はその日見たQuay兄弟の作品の影響からそう思っているだけで実際はそこまで小さい映画館ではなかったかもしれないし、観たのも日中だった、、というオチかもしれません。作品は「ストリート・オブ・クロコダイル」で「ずっと観ていたいような、ずっと観てたら飽きそうな。。でも雰囲気は好き。意味は分からん」そういう作品でした。数年後、家であの日感じたものの記憶を思い出そうとビデオだか何かで見た時もやっぱり「ずっと観ていたいような、観てたら飽きそうな、でも雰囲気は好き。意味は分からん」という作品でした。
あの日、ヨメを誘ってくれた友は(大ざっぱにくくったら)あの分野の勉強をしにチェコへ。そしてヨメはなぜか妙な具合の玩具コレクター(これ趣味じゃん)へ。ベクトルの方向が違うってすごいな。スゴイコトニ ナッチャウノナ

今日久々にDMで彼等の作品を見たらまた観たくなっちゃったなぁ。そういう作品なのかもです。朝からAmazon を漁るヨメ也。
[PR]



by wakka-w | 2009-05-23 09:24 | ブルち 関係ない | Comments(6)

雑記

食器棚でかすぎたー。ヨメ今死亡中。
ブルさんは居場所がなく、現在ソファ下をほふく前進中



カッパの会社でもマスクが支給されたとのこと。マスクもらって安心してたらあかんですよ。

さてブルジイ様へ。
例のブツ届きました。電話とかしませんけどありがとうございました。久々に父の文字見てワロタがね。

今日は食器棚が届く。。家具は一生物になりうるからちゃんとしたの欲しいのですが、ちゃんとしたのは高いし収納量を考えるとなかなか気に入る物がない、じゃ、オーダーか?とゆー訳で、だったら誰かのお古を譲っていただくわ、とビット。安いし必要なくなったら自分で解体できそうなところが気に入りました。
あー、これで台所回りは落ち着くだろ。どう考えても入らなかったので嬉しいです。結局こーゆー物を置くと部屋が狭くなるんですが、背は腹に替えれません。腕が食器の数に追いついてないとゆーのはありますけどそんな事はいいんです。商売道具だと思えばいいんです。唯一毎日食べてくれる筈のお客さんが家に居ないっつーのがなんか妙な具合ですけど。

心配事はその食器棚がキッチンに持って行けるのか、ってことです。段ボールとか積みまくりだし、うち本当に狭いからなぁ。大丈夫かなぁ。ドキドキ

あとは靴箱が欲しいけど、靴箱ってまた結構入らないですよね。皆さんの所はどうしてるのかな。綺麗に靴を仕舞う、若しくは見せ仕舞うとなると今考えているのは D&D略 の靴ボックスで統一して写真貼っとくみたいな感じなんですけどカッパはどうもそーゆーのが嫌いみたいで。IKEA にいいのあるかな。でもこうしてまた物が増えていくんだよなぁ。

引っ越しは大変だけど、元々物が残っている所に仕舞うっつーのはもっと大変。特にうちみたいに玩具多いと意味が分からん。大ブル(Vintage Steiff)も積んどくの本の上で子首かしげてずっとこっち見てるわ。シマエテナイ カザレテナイ
[PR]



by wakka-w | 2009-05-22 10:43 | ブルち 関係ない | Comments(0)

死闘の先にあるもの

修行に集中しすぎて、むちゃくちゃ体がつらい。そして眠い。基本は押さえないとね。カメハメ波出す練習です。うそです。元気玉集めるところまでいってます。

しかし寝てはおれん。今戦いの最中。これは本気度(切実度)が違うので勝つと思ふ。しかし一瞬の気の緩みで延長戦にもつれ込んだり負けたりするのでしばらくピリピリしてます。ピリピリしてたいです。寝そうです。

ブルさんはヨメが握るおにぎりを見て

僕も好きなんでちよねー。それ。。

とゆー顔でママンを見てますけど、ブルさん違うから。ブルさんとママンのおにぎり違うから。あなたの塩ついてないから。もっとカスっぽいのだし。

そうそう。船便でロンドンで食べてたお米を2合だけ送っていたヨメ。これはなに。過去のヨメが現在のヨメに「食え」ってか?全く記憶ナッシング。
向こうでも長期滞在のお友達はお米を船便で送るかとかいろいろ悩んでいたような記憶があります。船便で送るってことは数週間かかるって事だからそれはそれでどうなのかねーって話したような気がするー。ヨメは1年だけだったから向こうで買える日本産の一番良さげなやつ買ってたけど。その一番良さげなやつを明日にでも炊いてみますわ。

さて新型インフルが東京にてお初。個人的にはとっくの昔にトーキョーにも来てたっしょ、って思っている方も多いんじゃないかなぁ。検査の対象が違ってたりで発見されなかっただけで実際はいたと思うわ。高校生ばかりってのが不思議ですが、小さいお子さんのいらっしゃるおうちは心配ですよね。早く落ち着くといいんだけど。。マスクもだけど、手洗いをしっかりだそうです。
あー、岐阜のギャラリーに行く予定あるんだけど、なんか落ち着かないわ。イヤネー
[PR]



by wakka-w | 2009-05-20 21:20 | ブルち 関係ない | Comments(0)

悪習

やらねばならぬ事を延々後回しし、結局やらない、、という癖が直らない。
結局宿題もせず。別に宿題じゃないんだけど。しなくてもいいんだけどしないと前に進まんしねー。

カッパが帰ってこないのもつまんない。ブルさんは一人就寝。一人ぼっちは好きだけど宿題やらないなら他をするのもどうかと思い、なんとなくつまらない夜也。

本を読み始めると明らかに明日に響くしなぁ。

それしにてもブルさんは気持ち良さそうに寝る。寝ている様は「足を折って横たわる」姿に似ていて、それは体は大きいけれど手足の小さいステゴサウルスのようにも見えてどうも目が離せない。お中が上下にゆっくり動くのもおもしろいし、顔周りがピクピクするのも面白い。夢を見てるのかしらんねぇ。寝てるのに耳が立ったまんまっつーのもまぁそーなんでしょーけど。

触ると意外に固いんだよなー。
[PR]



by wakka-w | 2009-05-20 00:37 | ブルち 関係ない | Comments(2)

ブルさんどこ。。

ブルさんが見えん。スピスピお昼寝してる音はするけどいずこ。。物が親と子を引き離す。。

何から始めればいいのか分からん。片付けようにもスペースがない。入れては捨て入れては捨てしまいしまいしまい。。棚がいるけど棚置く場所もない。

思わず「宇宙兄弟」読んで気を紛らわすヨメ也。イイハナシダナー

サトウの100人乗っても大丈夫が必要です。
[PR]



by wakka-w | 2009-05-19 13:25 | ブルち 関係ない | Comments(2)

船便来たこれ

船便の引っ越し終了。それは見せかけです。

今家の中は凄いよ、これ凄いわ。洋服棚、靴箱、食器棚の新しいのいるね。いろいろ処分せねばです。人の居る場所がない。片付く気配がしない。予感もしない。

多分今年いっぱいかかるなこれは。

とうとうロンドン生活の全てが終了した気分。久々のロンドンアイテム見て涙ちょちょ切れ。悲しいションボリ

でもこの片付けが終わればガイドブック無くてupできなかった諸々の旅行の話も続けられそうです。まぁヨメが諸々の変なネタ見つけてこなければですけど。

あ、ひとつ悲しいお知らせが。ブルさんよりでかい等身大ドードー鳥、両の足元からポッキリ折れて重体でございます。ヨメのBullyは無事だけどな。
[PR]



by wakka-w | 2009-05-16 15:00 | London | Comments(8)

オヨメ登場

この物語は微妙にフィクションであり、登場する人物、団体名は実在のものと一切関係あります。

その刹那、夫の顔には驚きの表情が浮かんだのだろう。しかしそれは一瞬のことで次の瞬間には平静を取り戻し、彼はいつもと変わらぬ朝を送るのであった。しかしその一挙一動に 夫の中をコマのようにぐるぐると目まぐるしく駆け巡る小さな怒りの渦を見てとったのはオヨメ自身の夫に対する後ろめたさからくる悔恨故か。

予定出勤時間を大幅に遅れてもなお玄関にその身を置く彼は階下にいるオヨメに向かって苛立たしさと共に息を吐いた。

バナナがもう無い。買っておくように。

オヨメは項垂れ小さく返事する。乱暴に戸を開け家を飛び出すその姿を見るでもなく、オヨメはその場に立ちつくした。

夫に冷たく当たられても仕方無い。朝、バナナと過ごす時間を奪れた彼の悲しみをそれを奪った当のオヨメがどうして癒せようか。誰もいない玄関を見つめていると背後に気配を感じた。
足元では同じく毎日の小さな楽しみを奪われた家の犬が オヨメに下卑た笑顔を向けていた。犬は洋犬で大きな耳と口を持った生き物であった。その口が、血塗られたかのように真赤に見えた大きな口 ― 犬の口周りは黒く、またそのように大きく口を開けることは食事時でさえ稀な事で、犬がオヨメを咎めんとばかりに口元を緩めたかのように見えたのもその時のオヨメの心情が見せた錯覚に違いないのだが ― が自分を責めているようでオヨメは犬から目を逸らす。しかしそれでもなお纏わりつくようなその視線の不快感は背中を伝う汗へと姿を変えた。
家人と犬の共に過ごす時間はいつも短く、短い逢瀬の中お互いの存在を確認しあうためにはバナナの切れ端が何よりも重要だった。バナナは彼等の希望だったのだ。その現実を認識した刹那、オヨメの心持は深く暗い井戸の中へと突き落とされ、いつまでも続く罪悪感は永遠に辿りつくことが叶わない井戸の底を探した。その、絶望という名の井戸を落下している間にもオヨメはなりふり構わず体をよじらせ手足をバタつかせ醜く足掻いた。しかしそれはオヨメの元来の醜さ― バナナを買い忘れた、という事実そのものを忘れていた大胆なオヨメの悪女たらしめるその醜さを晒しただけで手は空を掴み、黴臭い湿気が纏わりつくに身を任せる他成す術もないかのように思われた。小さなミスさえも許されないこの鳥籠の中で立ちくらみがオヨメを襲う。

そう、彼は、夫はバナナの申し子なのだ。

d0041074_1021284.jpg


「オヨメ登場 -黄色の痕跡-」より
[PR]



by wakka-w | 2009-05-14 09:24 | ブルち 関係ない | Comments(8)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
動物のつぶらな
瞳を見ていると
ブルを思い出す。


8点


泣ける
会いたい

最新のコメント