フレンチブルのワンコそば in Japan

<   2010年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧




2008年 ロンドン初日

フランクフルトまでなんとか到着した翌日、僕はお一人様でスタッフさんと一緒にロンドンへ向かったでち。

d0041074_10512759.jpg
↑スタッフさんの車に積まれて出掛けまち、とゆー図。途中おトイレ休憩とかしてくれたでちよ。

約8時間くらいの陸路旅だった記憶。。スタッフのお兄さんにはお世話になったでちけど、ママンのパジャマを返してもらうの忘れちゃったでち。確かお守りも。。ってかケージ要らない、って言ったからそのまま持って帰ってもらったんでち。それで忘れたらしい。何故かドラゴンは連れて来てくれたでちよ。僕の戦友でち。

ロンドンに入る際、いろいろ手間取ったらしいでちよ。わざわざ日本からトランジットを経て陸路で入る犬はそうおらんでちからね。書類はちゃんと揃っていたんでちけど、いろんな所へ電話したりなんやかやでちょっと手間取った、けど問題ナッシングさHAHAHA! とパパンは言われたらしいでち。ママンはちっとも英語が分からんでちから半笑いでちよ。ザンネンムネンー

フランクフルトを朝発って、僕がロンドンに着いたのが夕方5時過ぎくらいだった記憶でち。おそらく僕の方が早いから、そしたらウィークリーマンションの側で路駐して待ってるよHAHAHA! って言われていたらしいんでちけど、結局書類に手間取ったり道路が混んでたりで僕の方が遅くなったでち。ママン、待たせるのをとっても心配していたから僕の方が遅くて良かったんじゃないでちかね。

さて最初の数週間過ごしたウィークリーマンション、実は結婚前にパパンが会社の研修でロンドンに滞在していた時に住んでいたウィークリーマンションと目と鼻の先の距離にあったんでち。当時、ママンはパパンを頼ってロンドンに遊びに来たんでちけど、ロンドンでの初待ち合わせ場所が最寄り駅、Gloucester Road駅だったんでちよ。だからとっても懐かしい風景がママンの目の前に広がっていたって訳。ここは自然史博物館やらがすぐそこだし、ちょい散歩すればハロッズとかにも行けなくない距離でなかなかのんびり楽しい場所でち。

ところで今「待ち合わせ場所はGloucester Road」とドヤ顔で言ったでちけど、実はパパンは勝手にハロッズだと思っていたらしいでち。行った事ないママンがハロッズのどこでパパンと会えるとゆーでちかねぇ。荷物もあるのに、待ち合わせは駅が便利に決まってんだろうが。そしてもし会えなければ駅の目の前に有るスタバで待ってる、って話までしたじゃねーか。
ママンはヒースローに降り立った後、一度だけ公衆電話からパパンの携帯に電話をしたんでち。でも途中でコインが無くなってプツリと途絶えてしまったんでちよ。でもほら、無事着いたことは分かったし、今空港って話もしたからもういいだろ、駅で待ってるよ。とゆー訳でグロスターロード駅に向かったんでちよ。ところがパパンは電話が途中で切れるし、ママンは携帯持ってないし、そもそも英語は聞くのも話すのもダメだって知ってるから本気で心配したらしいでち。「赤子に等しいヨメの世話をしようと思っていたら、全てを中途半端にして赤子が勝手に動きだした」お茶目なママンでちね。クスリ

パパンは結局待ち合わせ場所はハロッズだと思っているからハロッズに向かったらしいんでちけど、待てど暮らせどママンは現れない。心配でかなり怒っていたらしいでち。そしてもしや、と思ってグロスターへ移動。2駅くらいでちかね。すぐなんでちよ。
そんなこと知らないママンはローカル線でえっちらおっちらヒースローから移動中でち。今でもチューブの中の広告を覚えているくらいワクワクしていたでちよ。そして約1時間後、駅に到着。
ここで奇跡が起こるでち。

先にグロスターに着いたパパン、待てど暮らせどやっぱりママンが来ない(ヒースローは遠いでちからねぇ)。焦りがマックスになってまたしてもどこかへ移動しようとしたらしいでち。どんだけ信用されてないんでちかねママンは。そして。
駅のエレベーターに乗ろうとした瞬間、扉の開いたエレべーターから颯爽とママン登場。
バーン!!俺参上キャー!!

これが奇跡でち。2つあるエレベーター、一人は上に上がってて一人は下に下がろうとしていたでちからね。あそこですれ違ったらまたしてもパパンの髪の毛がハラハラと抜けるところでち。ママンはすっかりグロスターの駅で待ち合わせだと思っているし、会えなければ夜通しでもスタバで張っていてやる、と思っているから早々電話する気もなかったんでちよ。
出会って早々、こみ上げる怒りを押さえるかのような不自然な笑顔を向けるパパン(忘れられないオモシロスギー)に
(´・ω・`)なママン。今だあの時の待ち合わせ場所に関してはお互い譲らないでち。絶対カッパが間違ってるんだけどな。

そんな思い出の場所、グロスターロード、のすぐ近くにあるウィークリーマンションでしばらく家が見つかるまでは滞在でち。
ロンドンに着いた翌日、さっそく家族揃ってハイドパークへお散歩でちよ。ウィークリーマンションも犬がオッケーな所はあんまりないんでち。犬オッケーで公園が近くにある所をパパンが見つけてくれたんでちよ。

d0041074_1154428.jpg
↑外国って感じでちね。車は決まった所に路駐するみたいでち。道路のすぐ横に建物があるけど、きっと中庭があるから内に向かった窓からは開放的な緑が見えると思うでちよ。画像奥のもわもわした緑ん所は公園でちね。

さてグロスターロード駅の前の道をひたすらまっすぐ(北かな)歩くとハイドパークの一番西の端っこ(の入り口)にぶつかるでち。アホみたいにでかい公園でちからね。僕が知ってるのは西の端っこと、ロンドン生活最終日の朝にお散歩した東の端っこだけでち。

d0041074_11534826.jpg
↑ママンが興味深げに見ているのは公園のトイレの入り口か。奥にちゃんとした公園の入り口が。あれ、ママンはまだヒールの取れたブーツを履いているでちね。とゆー事は、航空便が届くまでこれで過ごしていたとゆーのか、ご、ごくり。

この西の端っこの入り口をこれまたひたすらまっすぐ歩くと公園内を突っ切った先に違うゲートがあるんでちけど、そこを西に曲がってしばらく歩けばポートベローマーケットへ行く時の最寄り駅に到着でち。

公園内には小池もあるでち。

d0041074_11514795.jpg
↑白鳥さんはでかいでちねぇ。あまりフレンドリーじゃないでち。

僕の渡航写真を偶然見つけたら芋づる式にロンドン話が進んでいるでちね。ママンもびつくり
[PR]



by wakka-w | 2010-08-31 11:06 | フレンチブルドッグ渡英'08 | Comments(0)

2008年フランクフルト続き

d0041074_11401939.jpg


僕が直行便でロンドンに入れないからパパンとママンも揃ってルフトハンザでフランクフルトまで飛んだんでち。フランクフルトの空港ではさっさと書類にサインをもらってドイツに入国できたでちよ。翌日にはスタッフの人に来てもらって僕だけ陸路でロンドン入りでち。

ホテルでようやく僕はケージから解放。慣れないことばかりでちょっと不安だったでちけど、ママン達のお顔を見たらすっかり元気になったでちよ。因みに後ろに映っているママンのブーツ。フランクフルトに着いた翌朝(ロンドンへ発つ日)にはさっそくヒールが取れて終了したでち。ワラエルー

d0041074_11444926.jpg


ホテルで一休みした後はさっそくフランクフルトの街を散策でちよ。特にな〜んもないんでちけど、ママンの大好きなモジャモジャペーターの像があったでち。今でもドイツの子はあの絵本を読んでドキドキしてるんでちかね。
[PR]



by wakka-w | 2010-08-30 11:46 | フレンチブルドッグ渡英'08 | Comments(0)

2008年2月21日フランクフルト到着

懐かしい画像が出て来ました。ブルさんの渡航記録です。

フレンチブルのブルさんは当時(今は知らん)直行便でロンドンへは飛べませんでしたから、家族揃ってまずはフランクフルトまで飛びました。これはちょうど無事フランクフルトに到着してブルちを見つけたところ。手荷物受け取り所の隅っこに飛行機に乗ってきた動物達が集められ家族を待っているのですが、その中で一番vipなケージで待っていたブルさん。鼻の短いブルさんを飛行機に載せるため、ケージは普通のワンコよりかなり大きなものでないといけない(立った時に耳の先から天井まで何センチ以上とか条件有り。が、おいおいフレブルの耳はbat earなんだぜぃ)、とゆー条件があります。

d0041074_13374683.jpg


ご飯は入れてはいけません。喉を詰まらせたりすると大変なので。水は絶対必要。このようにつり下げ式、と決まっています。

小さい頃からブルちの側でブルちを見守ってくれているドラゴンのぬいと共に(帰国時に捨てられたっぽい。ドラゴン帰国できず。ひどい)。一番大事なのはパパンの下着とママンのパンツでちよ。お守りは「こども守り」でち(ロンドンに到着したらいなくなってた。切ない。しかし2代目を連れて来てもらう。無事帰国できました)。

空港からはケージごとタクシーでホテルへ移動。とにかくブルさんが無事飛行機旅を終えたのでホッとしているヨメ。既に気分はファーバーカステル(しかし購入せず)。

d0041074_1348533.jpg
↑ここは一体どぉこ?

ブルさん、ケージを出れた喜びとママンパパンと会えた喜びで大興奮。が、ちょっとお疲れも。
この後家族揃ってフランクフルトを散歩。レストランで美味しい食事した後ホテルにて就寝。

が、ブルさん時差ボケ? 夜中にゴサゴソとママン達を起こそうとする。
[PR]



by wakka-w | 2010-08-29 14:26 | フレンチブルドッグ渡英'08 | Comments(0)

ちょっと聞いてくれ

昨日伊勢丹行ったんです。で、トイレの手を洗う所に謎の物体が置かれていたのね。忘れ物らしくて誰かが目につき易い所に置いた、って感じで置いてあったのですが、これがもう全く何なのか変わらない。

ヨメはてっきり洋服の万引き防止の機器を外すやつかなんかだかと思ってちょっと不審に思っていたんだけど。

そしたらさっき某所にてある画像を発見。これ、これやん!!

d0041074_1472959.jpg
↑@アマゾン 仮面ライダーのベルトのオモチャらしい。この下の四角いのが昨日の忘れ物

これや〜ん。なんかベルトに差し込むと音とか光出すらしい。すごー。

最近のオモチャのレベルも凄いけど、こんなモノを昨日見て「?」と思った翌日に本来の使い道を見つけるなんてヨメすごー。

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄
[PR]



by wakka-w | 2010-08-29 14:08 | ブルち 関係ない | Comments(0)

暑いわっっ!

今日は元気です。暑いけど気力がある。
今週前半は連日忙しいくせに「無駄な1日だった」とガックし肩を落とす有様でかなり死亡していたのですが、昨日コレクショントイの到着と入れ替わりで変なもんが出て行った模様。すっきり気分で修行先に向かいご機嫌で帰宅。
何が気力を運んで来るか分からんもんですねー。昨日のトイはもう仏様みたいになってます偶像崇拝中。なむなむ DEAD EYES OPENって書かれてるけど。ワラエルー

気力が戻ると欲も戻る。ZOZO TOWNでのTOGAオープンは昨日から? 服もここのところ全く欲しいと思わず寧ろ処分する方に喜びを見いだしているのですが、そろそろ秋冬用に色々見たくなってきました。修行で渋谷や新宿に出ることも多くなったので外に出る服がちょいと欲しいー
そう思ってZOZOの気になるショップをたま〜に見ているんだけど、まずは体引き締めてからだなぁと思っては溜め息。暑さでスポーツ的なものは全力サボり中。夜外から帰って来たらお酒飲んじゃうし、晩ご飯も遅くなってるし、日中家に居たらいたらで勉強せねばならんこともあり、甘いものも欲しくなる。。悪循環でタルタルですわ。

でもお洋服好きな方って皆そうなんだろうけど、「今日はなんかいい感じ」って格好できたら俄然やる気でますよね。そのテンション維持のためにもっともっとって服が欲しくなるんだけど、ある時ガックリとそんな事に気を回すのに疲れちゃってどうでもよくなってくるとゆー。そしたら一気に気力も削げるのよねぇ。あれ不思議。

ここまで書いて満足したのでオチなし広がりなし。おべんきょに戻ります
[PR]



by wakka-w | 2010-08-26 11:23 | ブルち 関係ない | Comments(0)

ケツテレ中

ケツテレ中。

d0041074_1152122.jpg


ケツ同士ではなく、着物を片付けるヨメのケツに顎でテレパシーを送ります。ガガガガガ、、ピー 応答せよ応答せよ、僕ブルでち。ママン応答せよでち。

いやブルさん、、知ってる。ブルさんだって知ってる。正直「おブ太郎」という名で最近呼んでるけど君がブルちだってことは知ってる。
[PR]



by wakka-w | 2010-08-25 11:07 | 今日のブルち | Comments(0)

夏の夜。お化けお化けしゃれこうべ

昨日は結局浴衣で近所の土手に上がって花火観賞。道路も閉鎖されてあんなに気持ち良く見れるなんて知りませんでした。土手の下では場所取りをしたであろう人達の姿で河原が埋まっていたけれど、二子玉川の駅から大分離れた所なので意外にのんびり見れるのでしょうね。今まで家から変なポーズで見ていたけれど、来年からはポテポテ歩きがてら花火を見る事になりそうです。楽しかった。

浴衣は予告通りに金子画伯のしゃれこうべ。綿絽でシャリシャリと気持ち良い肌触り也。半幅帯はいつもの雪輪模様です。

d0041074_1743036.jpg


この姿だと結びは大抵「浪人結び」。貝の口は緩み易い、、というか、緩んだら締め直せば良いという江戸っ子気質の結びらしいのですが、お侍様はそういう訳にもいかず。腰の物を落とす訳にはいきませんので浪人結びだそうで、貝の口よりしっかり締まるそうです。チャキチャキな感じがかなり好み。

d0041074_1792518.jpg


歌舞伎鑑賞のために着たお着物はこちらの組み合わせ。

d0041074_17103157.jpg


今となっては何故手に入れたのかよく分からないクモの巣模様の着物に雪輪の半幅。お共には根付けの骸骨さん。
クモの巣模様の着物は怪談話の時にも良いし、蝶模様の帯にも面白いんじゃないかしらんと妄想膨らませて手に入れたんだと思います。普段着用ですが実は今回初袖通し。そして今はちょっともう趣味が変わっちゃった感有り。でも今回のコーディネートは歌舞伎のお題(東海道四谷怪談)に合って良かったと思います。

雪輪の半幅、この日はカルタ結びで使用。歌舞伎に行くならせっかくなので名古屋やおしゃれ袋帯、といきたいところですが、一度半幅でいくともうこっちの方が楽で。四谷怪談は4時間もの長丁場なので楽でなるべく暑くない姿が好ましい。後ろもぺったり、膨らまないカルタ結びはこれまた甘すぎず私の好みです。カルタを重ねたように見えるカルタ結び、左右の羽があまり出ない様締めると女性らしさが押さえられクールに見えます。
本来は帯締めも必要ありませんが、浴衣ではありませんのでちょっと気分として締めました。

アンティークの骸骨根付けは結構大きいのでおそらく男性用のものかと。ちょっと好みのお顔じゃないんだけど、一塊の柘植(おそらく)から掘り出してあってなかなかの物です。片手に酒瓶、もう片方の手は頭を抱えてなんとも人ごとには思えないという。。

9月から単衣の季節。今年単衣を着る機会はあるかしらん。
[PR]



by wakka-w | 2010-08-22 17:22 | 誘惑 | Comments(0)

お化けお化けお化け。。

昨日は歌舞伎鑑賞。ひさしぶりです。今年は習い事に力が入って全然時間がないし歌舞伎座も解体されてるし。。全くチェックしていなかったのですが、なんか虫の知らせか。ふとチェックしてみたらこの8月は東海道四谷怪談!
これ歌舞伎の中で一番見たかったのだ。お化けも怪談も骸骨も好きやからねぇ。

思ったが吉日ですぐ予約してすぐ見に行ってきました。タイミング良く銀座の松屋でやっている「ゲゲゲ展」の招待状もちょうど貰ってしまって、もう昨日は怪談デーなのでした。感謝! 
ゲゲゲ展はこの前大学の友達と集まった時も話題になってたんだけど、すっかり忘れてました。良かった〜

さっそくお着物着て出発。
まずは鬼太郎のゲゲゲ展へ。子供の頃の愛読書でボロボロになるまで読み返した水木しげるの本の原画が並んでいて感激。てっきり鬼太郎関係だけかと思っていたのですが、悪魔くんやカッパの三平の原画もたくさん。原画の緻密さには驚愕です。カラーの付け方も面白いし。
それに境港の妖怪ロードを飾るブロンズ像の妖怪達も何匹か居ました。なつかし〜!
この人の妖怪って怖いけど愛嬌があって可愛いですよね。境港にまた行きたくなりました。

妖怪好きには有名な鳥取の境港。家族で学生の頃行ったけれど、本当にたまらん街です。水木しげるロードには小さなブロンズ製の妖怪が道に沿って置いているから一つ一つ写真に収めるだけでも結構な充実感。ちょっと足を伸ばして島根の松江まで行けば小泉八雲。松江の月照寺にある大亀の石像は必見です。
こうやって考えると、この辺りは妖怪がたくさんいたんだろうなぁ。

色々懐かしく思いつつ、夜は新橋演舞場へ。これがまた凄く楽しかったです。お岩さんを含めて3役こなす勘太郎さん始め、お岩さんの妹役に七之助さん、海老蔵さんと獅童さんは共に悪役として出演。若手パワー溢れるお芝居でした。
勘太郎さん好きなのよね。お岩さんの顔が崩れた後の場面での立ち姿はまさに幽霊画を思わせるし、髪梳きのシーンは本当に美しかった。女性にしてはごつい顔してる勘太郎さんだけど、暗やみにボォーッと浮かぶ白い肌や肋骨の浮き上がった胸元(これはもう男だからこそだな)や、女性らしい、ねちっこい仕草等々背筋がゾクリとする美しさでした。
四谷怪談は舞台のからくりも楽しい。大江戸博物館に歌舞伎座のコーナーがあって、四谷怪談のからくりをミニチュアで見る事のできるコーナーがあるのですが、そのカラクリも堪能。
もう一度見たいくらい気に入ってしまいました。

満足也。
暑さにめげず着た着物はクモの巣模様に雪輪模様の半幅帯をカルタ結びで。根付けには酒瓶持った髑髏さん。クモの巣模様の着物は怪談話の時に着ようと思っていたような記憶。四谷怪談の最後の場面は雪なので、雪輪の帯もちょうど良かったです。
紙吹雪の舞う冬の場面が最後とは、昔の人はあれで涼を呼んでいたんでしょうね。なんとも粋です。
[PR]



by wakka-w | 2010-08-21 16:26 | ブルち 関係ない | Comments(4)

おにゃら

今裏庭に猫しゃんがいます。ブルさんは地味に興奮。ふごっふごっっごっご。。。ふごっっ!と鳴きながら猫さんから目を離しません。とても緊張している様子、、と思いつつ、実はpっとおならとかしています。緊張してるから出るものなのか、関係なく出るものなのか。。ブルさんにとってのおならって一体。。

挙げ句、ヨメに一緒にお外出ようでち。とママンを誘っている様子。いやぁ、猫さんくらいでは。。No Thank you.
[PR]



by wakka-w | 2010-08-19 13:40 | 今日のブルち | Comments(0)

夏休み気分でこのスタイル多いな

今日も複数投稿ですが、片付けやっているので色々見つけたり出てきたりするのでつ。
午後からコレクションの人形関係を中心にいろいろコンパクトにしたり処分したりしておりますが、ふとROMに入れた画像データが出て来ました。

--------------------------------------------

旅先での失敗って皆さんどんな思い出がありますか? 飛行機関係の失敗はよく耳にするし(カッパが特にパイオニア的)実際ヨメも乗り遅れたりロストされたりと色々やらかしていますが、一番思い出深い旅の失敗ってどうかな、どんなのかな。

ヨメ史上最も悲しく、そしてその悲しみは誰とも共有できないが故の悲しみ、、正直聞いた人は皆思わず笑っちゃう失敗、、と言えばそう。2006年のチェコへの一人旅での出来事です。すっかり忘れてました(忘れとったんかい)。でも思い出した今、まるで現場にいるかのようにまざまざと思い出され感情も高まります。
(おばあちゃんのように繰り返しネタにしてる話なんでご存知の方は夏休みの復習のつもりで読もう)

意外にもヨメの一人旅デビューは遅く、数も少ないのですが、2006年チェコへの旅はヨメの2度目の一人旅でした。チェコへ留学中のチェコちゃんを頼って旅に出たヨメは一人旅の相棒に一人のブライスを選びます。ブラ子はヨメの家族。女の子ですから荷物だって多いのです。コレクションしていた何体かのブラ子の箱を思い切って初開封(価値が一気に下がります。アディオス ノシ)し、着替え用のお洋服も用意してあげました。カッパの破れた靴下を使ってセーターを作り、テディベア用の最高級モヘアをチマチマ切ってケープまで作って初旅行のおニューのお洋服までしあげました。全てが愛しかった。カツラまで入れてあげたのに。。うぅ ort

成田にて搭乗を待つヨメはさっそく凍り付きます。無い、、無い!!ブラ子がいない!!

結婚して初めてカッパを置いての一人旅。ヨメは家を出る前にいろいろ「一人暮らしのカッパ」用のチェックをしておりました。忘れ物はないかも兼ねてリビング内を色々チェックしている時にビニール袋に入れたブラ子を持っていたのは覚えています。そして確か電子辞書をどうするかどうのこうのしていた時に、、あ、今お前そこにブラ子置いただろ!てめぇ、スーパーのビニール袋に入れたブラ子そんな所に置いたら絶対忘れるに決まってるだろうがっっ!!
震えるヨメ

成田にて涙を流したのはこれが最初で最後かと思われます。ヨメは泣きました。泣いてカッパに電話しました。ぶ、ブラ゛子゛がいな゛い゛〜〜ぶひっぶひっっ リビングにスーパーの゛ビニール袋な゛い゛〜〜??ぶひっぶひっっ
カッパ爆笑。

その後、成田にてさっそく一人ぼっちになってしまったヨメに機内での記憶はありません。が、機内食の写真を撮っているところを見ると、そう大して腐ることもなく元気にやっていたようですね。あ、でもトランジット先のフランスで猫と一緒に来てる人みて恨めしい気持ちになった記憶。。う、うちはブラ子忘れて来て一人ぼっちだってのに!!

相棒失った一人旅に相棒の荷物は大変大きくそして重く感じられるものです。なにせカツラまでありましたから。。
チェコに着いてからはチェコちゃんちでお世話になったのですが、到着した翌日、何かをふっきるようにさっそくブラ子のミニチュア並べて異国の雰囲気を写真に収めていた様子。

d0041074_17455312.jpg
※実はブラ子用機内食も用意してました

本来ならブラ子もこの食卓につく筈だったんですけど。。充実した朝食まで用意しとったがな、、ort

More しかしそのおかげで
[PR]



by wakka-w | 2010-08-17 16:57 | Toys | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
ずるずるした格好で
幼稚園に行き、
ママ友の
アイシャドウを見て
あかん、これではあかん!
と思い、


4点


昼頃からお化粧。
そろそろ気合い入れよ。

落ち武者スタイル、
ダメ、ぜったい。

最新のコメント