フレンチブルのワンコそば in Japan

<   2011年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧




秋に向けてお洒落心

来週は我々結婚記念日。まだまだ先は長いが大きなトラブルもなくここまで一緒に年を重ねられたのはありがたいことです。ありがてぃありがてぃ。
今日は美味しい所へ食べに行く予定。今日はお初の場所なのですごく楽しみ。久々のフレンチだ〜。
だからお洒落するの。

と思って↑昨日は美術館へ行く前に美容院へ。
サイドをちょいカリアゲてもらいました(お洒落だから)。わーい!かなり気に入ってます。カッパさんには「テクノカット、、( ´,_ゝ`)プッ」とか言われてるけど、あ、ごめ〜ん、この髪型はカッパさんには似合わないもんね。おヨメは違和感なくこーゆーのもいけるの、おほほほほ

そんな訳でおヨメご機嫌中。髪型が変わったらそろそろ新しいお洋服も欲しくなるのですが、そう言えば今年はセリーヌがヨメ的にキてそうです。お店覗いたことないけど。美容院で雑誌見てて「あ、いいな」と思ったものが2点ともセリーヌでした。めずらしー
セリーヌのデザインも随分若くなったのね。ってかヨメが年相応になってきたってことっすかね。

他のブランドも見にちょっとデパートに行きたいなぁって思っているのですが、UNDERCOVERのジャケットで気になるのが1着。ジャケット好きなんでジャケット欲しいなぁ。
縫製も日本でやってるなら買おうかしらねー。日本応援しないとね。
[PR]



by wakka-w | 2011-07-31 11:55 | ブルち 関係ない | Comments(2)

ブルさんへ

ブルさん、毎日暑さに負けずに頑張っていますね。でもお散歩中は、もはや「あんた毎日命がけやん。散歩って何。あなたの何。」ってくらいハァハァ言っていますね。それ、ママンはクーラー病なんじゃないかと思っています。ブルさん、アーバンボーイいくない。
必死にお散歩したいブルちの姿勢は喜ばしいことだと思いますが、無理はしてほしくないです。ってか家でクーラーに頼るの止めろ。

ところでブルさん、今ママの足下で寝っころがっているけれど、なんだか今日はとってもブルち、犬臭いです。それになんかベタベタしてる気がする。。親だから我慢できますが、これ電車の中で隣に座ってる人がこんなんだったらママン泣いちゃう。なんだかブルさんが上がって来るママン達のベッドシーツまでベタベタしている気がして、ママン気絶しそうです(洗えよ、とかゆー批判は受け付けん。洗とるわ)。

一ッ風呂浴びますか。ほんと勝手に入って欲しい。洗うのはいいんだけど、自分でタオルで体拭いてくれたら、ママン、ブルちに一ッ風呂後のフルーツ牛乳くらい用意してあげるのに。
(この後ブルさんは綺麗に洗われました。触るなら今です)

d0041074_17312362.jpg
↑頭が重いんでちよ。あとここ涼しいんでちよ、比較的。

ヨメはどうも夏バテに突入か。食べたいものが思いつかない、、はぁ めんど。
[PR]



by wakka-w | 2011-07-29 10:58 | 今日のブルち | Comments(0)

肉長者

ブルさんに生肉が届く。ブルちにしてやれる贅沢はご飯関係くらいなもんで、とは言えシーズンのキャンペーンの時くらいしか買わないけれど、今日からしばらくブルさんはまた肉長者になる。

d0041074_17111079.jpg
↑ブルさん何してはるんですか

我が手中に収めしは、チキン、ポーク、馬、カンガルー、うさぎ、鴨、ダチョウ、ぶり、、鮫コラーゲンもあるでち。発酵パパイヤのお漬けもんも買うてもろうたでち。きっとママンは半年くらいかけてこれらを食べさせてくれるんでちよ。先の長い話でちねぇ。別に毎日食べさせてくれてもええんでちよ?

ブルさん、長生きしろよ。あんたこの前「まぁ若い!」って言われたでしょ。あれママンのおかげなんだからね。でもブルち、若い、、(頭が?残念な感じ?)って思うくらいのはしゃぎっぷりだったわよね。
でもママン、嬉しかったわよ。ブルちが若く見えて。
[PR]



by wakka-w | 2011-07-29 09:44 | 今日のブルち | Comments(0)

あぁ

つぶやかせてくれ。

俺の荷物がどっかでロスト中だよ。しかもほぼ2ヶ月も前からだったよ。まだ配送もしてないと思っていたのに、、
[PR]



by wakka-w | 2011-07-28 17:32 | ブルち 関係ない | Comments(0)

今は「カエルアンコウ」って言います。

モルディブ、ミリヒアイランドリゾート滞在中のダイビングにて。

このシトはどっかのポイントのカエルアンコウさん。かなり大きいです。体長20センチ弱くらい。

d0041074_17154214.jpg
↑大きいしこんな色だけど、海の中ではなかなか見つけられないものです。サンゴに擬態中。

ミリヒのハウスリーフにもカエルアンコウさんのいるサンゴがあります。詳しくはガイドさんに聞いたら教えてもらえますが、そのサンゴはスカシテンジクダイの群れが常駐していてそれだけでも見応え有ります。ウツボもおったがな。カッパチームはハウスリーフのカエルアンコウさんには会えませんでした。

d0041074_17204397.jpg
↑今回おヨメ登場率高し。この群れがスカシテンジクダイ。凄いでしょう。綺麗ですよ〜。結構探したんだけどカエルアンコウさん見つけられず。この群れ見てたらどうしても焦点もそっちにいっちゃうか。

ところでカエルアンコウさん、昔は「イザリウオ」って言われてたんですけど今はその名前で呼んじゃダメなんですって。まぁ、、どうなん。ちびクロサン○的な感じ。名前って難しいですね。元々は「漁り火」から来た名前らしいんですけど。差別とかそんな意味なかった筈なんですけど。
[PR]



by wakka-w | 2011-07-28 17:22 | 諸々旅 | Comments(0)

Maldives:Mirihi Island Resort

d0041074_10125436.jpg
↑今は雨期なので曇りの日が多かったです。あとにわか雨が凄い日も。すぐ止みます。

ミリヒは本当に小さいリゾートでした。大変人気のリゾートで余裕を持って予約しないとなかなか空いていないリゾートと聞いていますが、南アリ環礁にも新しいリゾートがいくつかできたのと今年は日本人客が減少しているのもあってかなり直前の予約でしたがなんとか取れました。
ただ滞在中ずっと同じ部屋、という訳にはいきませんで。。3日間は水上コテージで、2日間はビーチコテージでの滞在となりました。
水上コテージはベランダから見えるのが海だけ。大変開放感があります。
ビーチコテージはベランダに出るとビーチを隠すように緑が植えられていますが数十歩歩くとすぐビーチに出れます。あと諸々の施設から近いです。

d0041074_1034323.jpg
↑ビーチコテージのベランダ。緑のすぐ奥がビーチ。ビーチの方にもラウンジャーがあるので寝転がれます。

シュノーケルをするなら水上コテージの方が便利。すぐ海に入れるしコーラルの群生している場所にもすぐ行けます。

d0041074_1015435.jpg
↑この辺りにイカ戦隊がおります。水上コテージは島に隣接しているパートと島から桟橋を伸ばして建っているパートがあります。2棟ずつ建っているけれどお隣さんが気になるってことはないです。シュノーケリングはコテージの向こう側で。この辺りのサンゴはよく育っています。カメもいるよ。

ミリヒにはバスタブのある部屋がありませんが、全然気にならず。ダイビングで忙しくてバスタブでゆっくり、、という気持ちにもならんかった。シャワールームは結構開放的な構造です。ビーチコテージの方は半屋外。

また両部屋とも2棟づつ建っているので、どこかの壁は隣とくっついているのですが、シャワー室の壁と隣のどっかの壁がくっついているようで気になる事はありませんでした。

レストランは2つ。1つは水上レストランで中は真ん中が筒抜けで海が眺められるフレンチレストラン。もう一つはメインダイニングでリゾートの中心にあるブッフェスタイルのレストラン。
ディナーは毎回コンセプトが変わります。「BBQ day」とか「モルディブ day」とか。イタリアンの日もありましたが、どれも美味しかった!デザートも色んな種類がありました。ドイツ人シェフだそうです。

d0041074_1083026.jpg
↑バーにておヨメ登場。「甘いカクテルは好きか?」と聞かれたので試してみたいと言ったら、よっしゃぁ!と美味しいのを作ってくれました。モヒートも美味しかったお。

バーは無線LANが飛んでいるのでpcを持ってのんびりやってくるお客さんもチラホラ

d0041074_1010728.jpg
↑上のおヨメはこのような景色を眺めております。バーはブッフェレストランの隣に隣接。朝運が良ければ、波打ち際を泳ぐブラックチップのベビが見れます。

ハウスリーフは噂通りの素晴らしいリーフでした。サンゴがかなり育っています。ダイバーに嬉しいのは沈船と、あと鬼のようにでかいツバメウオのグループがいまーす。結構人間に興味津々でついて来ます。カッパが妙に気に入られていたのは何だったのか。それからカメもいます。
朝ご飯の途中、レストランから見えるビーチの波打ち際でベビーサメも見ました。ブラックチップのベビーは波打ち際をフラフラと泳いでおりました。

カッパさんが2棟づつの部屋というのとバスタブが無い、というの、あと食事がどんなもんか、を気にしていたのですが、全く気にならず寧ろミリヒを気に入ってしまったとの事。ここのリゾートは小さいけれど本当にバランスが良い。日本人に大人気らしいのですが今回は会っても1組くらいだったかなぁ。ヨメもまた来たいって思うくらい良いリゾートでした。

d0041074_10111539.jpg
↑玄関口の桟橋の方では水上タクシーのお見送りが。右に見える建物は桟橋の脇道の先にある水上レストラン。こちらはフレンチのアラカルト

旅はどこだって素敵だけど、南の島の時間の流れ方は本当にゆっくり。だけど、寝て、食べて飲んで、のんびりして、、とプリミティブな行動しかしてないのにすぐ夜がやってくるのも不思議。
[PR]



by wakka-w | 2011-07-25 13:55 | 諸々旅 | Comments(1)

ミリヒ:シュノーケリングはしんどかったとゆーお話

おヨメ一人だけ(もちろんガイドさんはいる)が見れたベビマンタ戦隊。
ボートに上がった後も大興奮で、カッパさんに写真を見せたりしておりました。

そんな帰りのボートにて。ガイドさんが突然海を指しながら大声で叫びだした!マンタだ!!
急いで皆飛び込む準備です。フィン持ってマスクしたらドボーン。

でも、これがなかなか大変。マンタは逃げますからねぇ。指差す方向に向かって必死に泳ぐとなんとかマンタのシルエット。水面ギリギリを泳いでくれてます。それでも早い早い。ジンベイトリップん時とかどうしてんの?ジンベイの進路を狙ってドボーンしてるのかしら。
とにかく泳ぎに泳いでマンタを見失ったらボートの方へ振り返る。スタッフの指差す方向を確認してまたそっちに向かって泳ぐ、、の繰り返し。
これはホントしんどかったです。全然マンタを見た気にならん。ってか泳ぐのに必死でマンタを見ている暇等ない。息切れするし、波があるからシュノーケルに水が入るし。

それでもリゾートに来て初マンタ。ジンベイには会えなかったけれど、マンタには会えたと皆必死です。
ヨメも頑張ったよ。よくカメラ持って行ったわ。

d0041074_10472898.jpg
↑途中でもう良くなってきているヨメ(あんなんずっと追いかけてたらそのうち溺れるわ)。せめてその姿をカメラに収めたいと必死の1枚。

カッパチームは有り難いことにマンタ運がピカ一なのだ。何時見ても楽しい。マンタ可愛い。でもやっぱり野生の生きもんやねぇ。
[PR]



by wakka-w | 2011-07-25 10:48 | 諸々旅 | Comments(0)

マロンちゃん喜ぶ

本日チビチビ〜sの水換え。チビどもも、もうマロンちゃん(マロンアネモネフィッシュ)とゴンベちゃん(サラサゴンベ)だけになっちゃいました。あとウミウシ。やはり震災時の事を考えるといろいろ大変じゃしなぁ、、と思いつつ、水槽の中を覗くのは楽しいし。はぁ。。

そんな事を思いつつ、水換えと同時にイソギンチャクと小さなエビを導入。イソギンはマロンちゃんのために購入したんだけど、毎回イソギンが入ると→狂喜乱舞のマロンちゃんがいじりまくって→イソギンに嫌われ→イソギンが弱り→☆になるパターンだったので今回はでかめのシトに。これだけでかけりゃマロンにも打ち勝つ強い精神力を持っているに違いない。

d0041074_1412539.jpg


しっかりとマロンの相手をしてやってくだしゃぁ。

ところでミミイカの釣れるところどなたか知りませんか?活きミミイカ欲しいんです。飼いたい。
[PR]



by wakka-w | 2011-07-23 14:13 | ブルち 関係ない | Comments(0)

items vol.1 MONORAL-ワイヤフレーム-

前回の初キャンプではレンタルをした焚き火台。snowpeakの焚き火台でした。我が家の焚き火台第一候補だったもの。
使い勝手良し、サイズによってはオプションで夢広がりまくりんぐ、畳めば平面になる、デザインも悪くない、と良いことずくめだったのですが、ちょい重いのと畳むとかなり大きな平面になる、という点が気になっていました。ヘビーユーザーならこれを迷わず選ぶんだけど。。ヘビーって言うほどキャンプ行けてないー

オートキャンプなので重さは問題にならない、大きくても平面なら問題ない、なカッパチームですができれば荷物は軽くしたいしコンパクトにしたい。それにまだメジャーじゃないデザインの焚き火台はないものか〜とも思っておりました。

そして見つけた焚き火台がMONORALのワイヤフレーム。ネットの世界は広大です。
これ大人二人の静かなキャンパーにはお勧め。シンプルイズベストの典型。
38センチサイズの網なら乗せて炭焼きを楽しむこともできるし、いろんなアレンジができるようアタッチメントも開発中らしい。フレームに耐火布をかけて使用するので軽いし、畳んでコンパクトになるのが最高。耐火布は消耗品なのでライトユーザー向けか。
そんなことしないけど、火が着いたままフレームの足部分を触っても熱くありません。よくできてる。

d0041074_8394288.jpg
↑ツーバーナーを持ってないので晩ご飯は全て焚き火か炭でやりたいヨメはカッパが火を付けてくれないと本格的に料理を始められない訳ですが、「そろそろヨメのために焚き火をしてあげよう」と偉そうに言ってたカッパさん、今回は火付けに苦労しておりました。ケッ
ヨメが着火剤を渡すと文明の利器に感激し、今後はこれが相棒だとまで言っておりましたが。。フン

どっしりタイプではないので安定感はさすがに他の焚き火台に劣るかなぁ。お子さんがいるおうちはちょっと気を付けた方が良さそうです。←子供と火をつけるご家庭とか。
あとコンパクトなので広げても小さめ。うちの焚き火担当カッパさんも「ちょっと小さい」と言っていたけれど、大変気に入った様子。ただ買ったまんまの薪だとちょっと大きすぎる場合があるみたい。「今度鉈買うたる」と言ったら「鉈まで、、どこまでモノが増えるの、、」と飽きれておりましたが鉈があると色々捗るよ。

さてこの焚き火台での調理ですが、焚き火をする時はお料理用にいつも備長炭を放り込んでおります。万が一薪になにかあっても備長炭は燃え続けるぜ。アツアツだぜ
今回は初めてSnowpeakのコロダッチを利用。カプセルタイプなのでお魚とかアスパラとかもそのまま調理できる!に惹かれて購入。シーズニングだけして現地にて初使用。
焚き火のフレームに網を乗せてその上で調理です。今回はお米を炊くのとハンバーグを焼くのに利用。両方とも大変美味しくできました。

この焚き火台はもう手放せないー。
[PR]



by wakka-w | 2011-07-23 08:41 | キャンプ | Comments(0)

甘えんボーイ

今日は肌寒いのでブルさんがお膝をせがみます。

乗せておくれでち。ママン、お膝に乗せておくれでち。

乗せると腕を舐めます。

ママン、大好きでち、ペロペロ。なんか腕美味しいでちペロペロ。塩味?

ブルさん、ママン、そーゆー事されるの嫌いなの知ってるでしょ。止めんか。

今は膝の上に乗って(でかくて膝の上に収まらんので)両前足をダラ〜んと垂らし、顎をプリンターに引っ掛けております。

d0041074_10223595.jpg
↑ええ塩梅でち。
[PR]



by wakka-w | 2011-07-21 10:22 | 今日のブルち | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :

「運命の子犬を見つける!」
のタイトルに
号泣。


2点


運命の子犬と
12年間やってきたんだよ。

子犬は
立派な成犬になって
立派に旅立っていったよ。

泣くの我慢してたら
鼻血吹いたので
涙は止めてはいかん。

最新のコメント