フレンチブルのワンコそば in Japan

<   2011年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧




それでは皆さま

d0041074_23374815.jpg


良いお年を過ごすでち。来年もよろしくでちよ。エアコン前にて
[PR]



by wakka-w | 2011-12-31 23:38 | 今日のブルち | Comments(0)

31日ー

風邪がぶり返してきた予感。。それでもまだマシか。

昨日の予定は基本クリア。今年のおせちはかなり美味しい。八幡巻は今日へ。海老はできたー。ブルちにも少しづつお節用にとってます。形なのでチョイとだけ

本日御予定
・ ブリ焼き
・ お煮染め
・ なまこ
・ 八幡巻
・ 年越しうどんの準備

讃岐からうどん来るでよー!
[PR]



by wakka-w | 2011-12-31 11:06 | ブルち 関係ない | Comments(0)

30日ー

本日のご予定

黒豆フィニッシュ
(ベテランの方はご存知の通り、黒豆に皺ができる理由は砂糖を一度に大量に入れることにより、味が沁みる前に砂糖によって豆の水分が奪われてしまうといふ脱水症状によりますが、今年はそんな事は気にしませぬ。美味しければ正義なのだ)
数の子準備
田作り準備
金団準備

晩ご飯は なだ万まかないレシピの牛スジカレーに挑戦。ネット様々

次点 八幡巻

カッパさんお迎え(今日は早いらしい。嬉しい)

生たらこを探す旅(無ければまぁええ)

明日は生もの関係を攻めます。海老とかブリとか、昆布締め用に白身とか。。

体調は戻りつつあるかなぁ。喉の痛みは消えました。鼻は微妙

今年もずーっと欲しいと思っているお重は買えなかったなぁ。まぁ一生のうちのどっかの時点で。来年は重箱貯金するかな。
[PR]



by wakka-w | 2011-12-30 10:24 | ブルち 関係ない | Comments(2)

ARIA 覚え書き

いくつかチラホラ覚えていることを。

・ペルーって排水管が小さいそうで、トイレで使用した紙類は全てトイレの横にあるゴミ箱に捨てるのです。。が、ARIAは紙もそのまま流しても良い、って言ってた記憶。

・シャワー等の水はアマゾン川の水を船内で浄水して使用しているようでした。一度お昼に水が止まった事があったのですが、20分くらいのミーティングの間に水も流れるようになっておりました。飲料用の水はいくつかディスペンサーが用意されているので、ツアーに参加する時は部屋にある水筒に自分で用意して持って行きます。

・ちょうど今、12月は雨期のスタート時期。お天気が心配でしたが、実際は毎日お日様が姿を現して快適に過ごせました。朝と晩は肌寒いです。日差しも強いので長袖は必須。ヨメはカーディガンとTシャツ、薄手の長ズボンにスニーカーに帽子が定番スタイル。午前中のボート散策の後で既に汗ピッチョリーナなのでTシャツは1日2枚くらい用意しておくと良いです。午後のツアーも夕方になると急に肌寒くなるので長袖は用意しておくのだ。

・帽子、虫よけスプレー、日焼け止めは必須です。一度、アマゾンに上陸するツアーがありましたが、蚊がめっさ多い、そして大きい。刺されるとチクッと感じるくらいデカイっす。虫除けはリマの空港でも売っていました。多分船のショップでも売ってると思います。船のショップは基本スーベニールとか帽子、Tシャツ類が売っているのですが、歯ブラシ等アメニティ関係は尋ねたら出してくれます。でもあまり揃ってはいないようなのでなるべく持参してください。シャンプー、コンディショナー、石鹸、ボディクリームはお部屋に用意されてます。普通のホテルと一緒。

d0041074_18593415.jpg
↑小さいショップなのですが、だいたいいつも開いていたなぁ。船長さんがここを運営しているみたい。カッパさんと(まぁこれはいい)口を開けてるヨメが映り込んじゃってますね。どうしたのあなた。大丈夫なのあなた。

・望遠鏡必須。観劇用のちゃっちぃのでは話になりませぬ。船上のショップでレンタルできます故にちゃっちぃのを持って行くくらいならレンタルするが吉。乗船翌日朝から必須ですぞ!

・ディナーはちょっとちゃんとしてる方が良いかな。そんなにちゃんとする必要はないけど。下はパンツでも上はシックなカットソーとか。Tシャツならカーディガンを羽織るとか。最終日はちょっとお洒落しているご夫人が多かったです。男性はまぁ適当で大丈夫。ポロシャツとか

思い出したら追加していくー。
[PR]



by wakka-w | 2011-12-28 19:01 | 2011ペルー | Comments(0)

Aqua Expeditions:ARIA 3 Nights

d0041074_18202994.jpg
↑美しき船ARIA。白いカーテンが見えますが、あの一つ一つがお部屋です。最上階はほぼワンフロアがバーに。

Aqua Expeditionsの運行するアマゾンクルーズのスタートは夕方イキトスの空港から車で約40分の所にあるポートからスタート。このクルーズのプランは3日間、4日間、7日間の3種類で、3泊プランはイキトス乗船です。4日後に降りる場所から4泊プランの人が乗船して7日泊の人達ともう少し先に進んでからUターン、イキトスに戻るって事らしい。

船は現在2隻。「AQUA」と今年の春に初出航を果たしたばかりのほやほや「ARIA」です。お部屋の一面はほぼ全面ガラス張りでカーテンを開けると対岸がどどーんと見える素敵仕様。窓の向かいにはベッドが置かれ、ベッドの上から朝日が拝めるとゆー。

d0041074_18201137.jpg
↑写っていませんがソファにミニテーブルもあるし、洗面台の隣にトイレ、そしてシャワー室が。部屋の狭さはあまり感じませんでした。快適

d0041074_18225516.jpg
↑明け方6時くらいだったかしらん。ベッドから朝日が。今回お部屋は2階を取りました。景色良いよ。

カッパチームが今回お世話になったのは新しいARIAの方。こんな船がアマゾンに浮いとるんかい、ってなくらい素敵な船。1階と2階に用意されている部屋は前述通り壁の一面はガラス張り、そしてダブルベッドにソファ、ミニテーブルにタンス(セキュリティBOX有り)。洗面所とシャワー室、トイレという構成です。同じく2階にはレストランとミニショップが、3階にはバーとジャグジーがあります。
各部屋のルームキーはありません。大事なものはセキュリティBOXに入れて、それでおしまい。

d0041074_18222020.jpg
↑船の最上階にあるバー。広い!ここでミーティングがありました。外にはジャグジーも。

d0041074_18223246.jpg
↑2階の尻側にあるレストラン。景色も抜群。ご飯が美味しいのもこのクルーズの魅力。リマ一のシェフを呼んでいるそうです。確かに美味しかった!

乗船するとまずはバーにてミーティング。滞在時の注意点がスクリーンと口頭で説明されます。スクリーンには文字で注意点が並びます(ヨメはこれ無いとしんどかったわ)。船の上ではスペイン語か英語だけ。ぶっちゃけリスニングを雰囲気で乗り切っている人には厳しい旅じゃったよ。
ミーティングの後は救命ジャケットを着てみたりとちゃんとしているところは好感。

基本的には決まった時間にミニボートでアマゾン探索、行きたくない人は事前に連絡してね、という形。食事の時間は朝、昼、晩とも決まっています。1日のスケジュールは早朝の探索、朝食後午前中の探索、戻ってきてランチ、午後は遅めに出発して6時から7時の間くらいに戻ってきたら晩ご飯、というスタイルでした。食事の時間が決まっているのが面倒くさいかなぁって思っていたのですが、ツアーに出ていたら結局はその時間になっちゃうわな、とゆー訳で実際は気になりませんでした。

d0041074_182363.jpg
↑明け方バーの横からデッキに出てみました。この時実は幻のピンクドルフィンを皆より一足先に見たヨメ。見たと信じている。あれはピンクドルフィンだったにちがいない。
[PR]



by wakka-w | 2011-12-28 18:04 | 2011ペルー | Comments(0)

ペルー旅行スタート

10日間のペルー旅行。旅の始まりはもちろんフライトな訳ですが、ペルーへはアメリカのどっかから一度トランジットしなければなりません。アトランタでの乗り換えが一般的なんでしょうね。とゆー訳で行きはアトランタにて乗り換え。ここまでですでに13時間くらい経過。トランジット後も7時間くらいフライトです。7時間、、モルディブに行く時がこれくらいか。しかもペルーの首都、リマに着くのは真夜中です。わーお、どこまでも過酷なんだぜぃ。
初日はフライトで終了。リマにて宿泊。
翌日からいよいよペルー本番です。

2日目は午前中をリマ観光で過ごしました。こちらは車内ツアー(つってもカッパチームとガイドさん&運転手さんだけ)という感じ。わざわざ降りて見る所もないのかな。でも街中に遺跡が残っていたりします。旧市街では良い雰囲気の写真も撮れそうな街並ですが、時間が無いので車にて華麗なるスルー。
午後からアマゾンクルーズの乗船ポイント、イキトスまで飛行機で向かいました。

d0041074_18124197.jpg
↑ペルーではたくさんのブーゲン達がまだ現役バリバリでヨメは感激。色とりどりの砂埃まみれのブーゲンがたくさん走っておりました。本当にブーゲンの国だと思うくらい走ってた。ブーゲンを買い戻したいヨメ泣く。ところでこのシトは塗装中。なんて豪快な塗装なんじゃ。

リマとイキトスは約1時間のフライトです。事前に何時のフライトでイキトスまで来てね、とゆーアナウンスをクルーズ会社からされていたらしいのですが。。
ここにてまさかの管制官ストがドンピシャでスタート。おいおいおい。カッパチームの旅は始まったばかりなんですよ。しかも船に乗り遅れたら4日間がパーになるの。なんで今日に限ってそんなことするのなんでストまでスタートすんのどーゆーこと?
いつまでも飛行機が飛ばないと思っていたらそんなアナウンスがされたのでした。飛行機の準備はできてるから管制官から指示が来たらすぐ飛べるんだけど、とか言われても。hahaha
最初はスペイン語で案内され、その後英語で説明があったのですが、スペイン語で案内された途端に皆が「エーッ」って言ったのには驚きました。言った。絶対エーッて言ってた。「え」だった。とにかく皆が日本人のように「エーッッ」て言ったね。

d0041074_18151658.jpg
↑衝撃が走る待合室。このストは週末まで続いたらしい。帰りはギリギリ終わってたヨ

どうしたもんかしら、カッパさん、ちょいとクルーズの方に連絡しておいた方がいいんじゃないの、なんて電話したりメールしたりしていたのですが、よくよく考えてみると他のクルーズの人もイキトスが最初の地点な訳です。皆が皆来ない訳ですからカッパチームだけ置いて行かれる訳はないのでした。

2時間近く遅れてようやく飛行機は飛び、無事にイキトスに着いたカッパチーム。イキトスはむっちゃ小さい空港です。アマゾンクルーズ以外にはなかなか旅行客も訪れないんじゃないかな。リマのイキトス行き待合室で、なんだか現地の人ではないグループがいるな、なんて空港で思っていたんですがほとんどが一緒に乗船する方達でした。
とにもかくも無事にクルーズスタッフと合流。バスに乗って約40分、我々が4日間お世話になる船「ARIA」の待つポートへと出発です。

d0041074_1816407.jpg
↑わーお、飛行機からアマゾン川がみーえーてーきーたーー!
[PR]



by wakka-w | 2011-12-28 18:03 | 2011ペルー | Comments(0)

手帳

皆様手帳の準備はお済みですか?ヨメは虎の子手帳を持っているのですが、まだレフィルを買っておりません。買わねばならぬのですが、今の気分は「まんが手帳」。これずーっと近所で探しているんだけど無いのよ。近所でしか探してないけど。
密売東京さんでは取り扱いを開始しているようですよ。気になる方は是非。

いがらしゆみこさんの方で乙女な1年にするもよし、タツノコプロの方でドロンジョ様と1年を過ごすもよし。くっそぅ、どっちも欲しい!

追記。!!近所に無いー!!と思っていたら自由が丘のカタカナさんで取り扱っているらしい。今日行く。すぐ行く。
[PR]



by wakka-w | 2011-12-26 10:02 | ブルち 関係ない | Comments(0)

Merry Christmas

どーもー。メリークリスマス。
ヨメは現在風邪引きをごまかしごまかしクリスマスを過ごしております。昨日ランチから帰ってから悪寒を感じ、そのまんま今に至っておりまする。ご飯を作っては横になり、食べては横になり、ひたすら食ってるか寝てるかだけ。食べたり飲んだりする元気があるのは良いことです。

とゆー訳で、今年のクリスマスディナー備忘録

スープ:熟成栗とポルチーニのポタージュ
前菜:鯛のカルパッチョ セビーチェ風
メイン1:アワビのステーキ ホテルムーリス風
メイン2:手抜きヒレステーキ ソースは市販のものに一手間かけて
デザート:作者急病によりお休み

色々やろうと思っていたことも地味に手抜きしつつ体裁を整えました。美味しい小包も届いて嬉しかったのですが(ありがとうございました!)、カッパさんからもお花を頂きました。クリスマスの予定をキャンセルしての引きこもりなのでせめてお花を、って。すごく嬉しかったです。
家族揃ってクリスマスが迎えられる平穏な日々に改めて感謝して。

今日は夕方になってようやっと頭がシャンとしてきたので昨日お休みしたケーキを。本当は一昨日スポンジを作る予定だったんだけどなぁ、おっかしいなぁー。

d0041074_1955111.jpg


細長いスポンジも上手に焼けました。昨日のブルちと一緒に記念撮影。
[PR]



by wakka-w | 2011-12-25 19:08 | 今日のブルち | Comments(0)

カモ様、チーズを買う。

まぁそんな訳で流しとコンロをつなぐ天板がバッキと割れてしまってる訳なんですが、なんなんすかねぇ。とりあえずは作業に支障はないと思われるけど、放っておく訳にはいかん割れ状態です。こんな年末に全くさ。
アタイ、おいしいでしょぅ。こんな事あるんよ人生で。平穏な生活?なにそれ美味しいの??

で、そんな事は置いといて(カァッパァ〜に相談だ)昨日はニコタマのriseにて食材の買い込み。ペルーのペの字も出ていなかった9月も半ばからこの連休のためにスキーとホテルを予約していたのですが、カッパさんがお辛いとゆーので全キャンセル。つまり食いっぱぐれた訳です。
私も今変な時差ボケで生活が幼稚園児のそれと同じのような活動時間で、カッパさんもクリスマスのご馳走は別に構わない、家でのんびりしよう、と言ってくれたものの、そんなんヨメが嫌やわ。
せっかくのクリスマスなんで、食費を気にせず好きなものを買いましょう、作りましょう、とお買い物してきました。今年もメインはホテル ル ムーリスのシェフ本から自分にできそうなものを自分流にアレンジして作りますよー。アレンジしちゃったらそれもうムーリスちゃうやん、なんですけど、そこはイメージソースとして重要っすよ。
そして前菜ではアマゾンで習ってきたペルーのお料理、セビーチェを作る予定です。さっぱりした海産系マリネです。食前酒は同じくペルーのカクテル、ピスコサワーが楽しいかな、とか思ってます。たーのしぃ〜〜

で、riseに行った訳です。当日に行ったら激混み間違い無しなので事前に準備できるものの買い出しってやつ。ついでにチーズ屋さんで炭酸の王様にピッタリなチーズ、シャウルスもゲットぉ〜!ホールじゃなくて半分で売ってた 予算半額っしゃぁああ!!と思って他も見てたのね。カッパさんはハードタイプがお好きなんでハードもちょこっと、思って。
で結局買ったのがAOCのモンドール。モンドール、、、、全然ハードちゃうやん。。しかもホールやし。。

モンドールは今が旬ですよ。知ってるよ、最後ちょこっと余ったのを白ワイン入れて温めながら食べると最高なのも知ってる。知ってるンだよ、、、と思いつつ説明を聞いていた時はまだ若干余裕です。でもあたい、シャウルス買うから的な。せめて半分のがあったらいいんだけどねぇ〜無いじゃん?じゃ買わない的な。
が、ここでご試食されますか?と言われたのが運の尽きでした。。試食できるの?食べたい(←試食だって言ってんのに、気分はめっさ盛ってんの食べる気満々)
これがもう凄く美味しくて。トロぉ〜ッでしょ。濃厚な味でしょ。撃沈しました。多分一番の敗因はクリスマスの食材とゆー普段よりもリッチなモノを買って軽く興奮状態浮かれぽんちだった事。更に夕方前で腹が減りつつあったとゆーのも拍車をかけました。
結局モンドールまで購入。型に美しく嵌る典型的なカモ様の姿がそこにはありました。ヨメでした。

今日は今日でスポンジケーキを焼く予定ですが、カッパさんがヨドバシに行きたいと言いそうな予感。さらに前夜祭とゆーことで夜は牡蠣とほうれん草のグラタンを作る気満々です。
今8時には眠たくなる子なんだけどスケジュールを完遂できるだろうか。
[PR]



by wakka-w | 2011-12-23 08:48 | ブルち 関係ない | Comments(0)

旅の概要

カッパが雑誌で見つけて来たアマゾンクルーズ。それまではアマゾンって憧れていたけれど、何せ遠いし手配が面倒くさそうだしで憧れて終わると思ってました。が、このAqua Expeditionsの運営するクルーズの記事を見て、アマゾンクルーズの印象が180度変わってしまったカッパ家。なんぞこれ。素敵すぎ。
ワイルドな旅も良いが、アマゾン的本気ワイルドにはついていけそうにない現代ニポンジンカッパ家(高尾山でさえ行く行く詐欺中)。これなら快適にアマゾン楽しめそう。。とゆー訳で日本の代理店さんと連絡を取り、無事乗船を果たしました。

更にペリーくんだりまで行くならマチュピチュにも行きたい、ってことはついでにクスコも寄ろうぜ、とゆー事になり、間に色々観光したい?したいよね??ってその辺りも代理店さんに色々相談してスケジュールをケテイ(カッパがどんどん詰め込んだ。そしたらやっぱり忙しい旅になった)。アマゾンにて3泊、マチュピチュにて2泊、クスコで1泊、あと移動の関係でリマを経由地点に据え2泊、と移動時間を入れて目一杯の10日の旅になりました。

時系列
1日目:日本→アトランタ(フライト約13時間)、アトランタ→リマ(フライト約7時間)、リマにて宿泊(リマに着くのは真夜中だ)
2日目:リマ半日観光→飛行機でイキトス(クルーズの出発地点)へ(フライト約1時間半)
夕方よりクルーズスタート
3日目:アマゾン
4日目:アマゾン
5日目:下船。下船地点からイキトスまでバスで移動(2時間くらい?)、夕方イキトス→リマ、リマにて宿泊
6日目:リマ→クスコ(フライト約1時間半)、クスコでガイドさんと合流、車でウルバンバ(マチュピチュに向かう列車の乗車地点)へ→ウルバンバ→マチュピチュ(列車約1時間半)、マチュピチュ泊
7日目:マチュピチュ村からバスでマチュピチュへ(バス約40分)、夕方バスでマチュピチュ村に戻りマチュピチュ泊
8日目:午前中、再びマチュピチュへ。午後、マチュピチュ→ウルバンバ(列車)→車で途中観光を交えながらクスコへ、クスコ泊
9日目:怒濤の帰国日。昼過ぎまでクスコ観光、夕方クスコからリマ(フライト1時間半)、リマにてトランジット約6時間、リマ→アトランタ(約7時間)、アトランタ→ミネアポリス(アトランタから日本へのフライトが取れず。フライト約1時間半)、ミネアポリス→日本(約13時間)
10日目:夕方日本着。おめでとう、こんなきついフライトは初めてですた。

飛行機の移動が多くて帰りなんてほんま辛かった(色々あって)ですが、アマゾンもマチュピチュも本当に良かった。また行きたい国です。

d0041074_9513725.jpg
↑Ariaから毎日ボートでアマゾンを散策。強い日差しに耐え、たまにあるモスキートの襲撃からも逃れて川の本流に戻ると彼女が待っていてくれるのです。まさにアマゾンのオアシス
[PR]



by wakka-w | 2011-12-22 09:09 | 2011ペルー | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
春菊といちじくのサラダ、
くるみの和なドレッシングで
すごく美味しかったわ。
娘にも大好評。

ふろふき大根、
大根をとぎ汁で
煮なくても
蒸したら
普通に美味しかったわ。
(「和食のごちそう」より)


9点


今日は
生落花生を見かけたので
ジーマミー豆腐でも
作ってみるか、
と思っていたら
カッパが出張らしい。

じゃぁもっと
手抜きしたいな、
というのが本音。


あ、昨日のおもちゃの
特典。
見に行ったら

「先着4,000名様!」

と書かれていて
仰け反りました。

プリキュア恐るべし

最新のコメント