フレンチブルのワンコそば in Japan

<   2013年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧




東京マザーズクリニック : ヨメ ミーツ マメ

今朝は生憎の雨模様の東京。でもちょうど1年前の今日はお天気が良かったように覚えています。

その日、ヨメは朝からアワアワと慌て困惑しておりました。どうしようどうしよう。もし妊娠していたら出産はここにお願いしよう、と思っていた病院に「予定日はすでに満室なのでお受け出来ません」と言われてしまった。キャンセル受付のチャンスもあるみたいだけれど、受付は数日後だしそんなに待っていたら他の病院もどんどん埋まってゆくんじゃないのかしら。。あせあせ

1年前の今日、この日は月曜日でした。週末に家でチェッカーを使い確認したところ陽性反応。あらあらまぁまぁ、新しいステージに出発進行なのかしら、おらなんだかワクワクすっぞ、とさっそく上記の病院へ電話をしたところ休診日。満を持して月曜朝一で電話をしたら電話口でお断りされてしまったのです。どうしよう、、ヨメは絶対無痛分娩じゃないと嫌。「フランスでは無痛分娩ができる」というのを子供の頃聞いてから、もし自分が子供を産むことになったらフランスへ行こう(なんとも単純なのであった)とまで思っていたくらい、一切曲げる事なく決めていた信念に近い想いなんだから絶対妥協はできない。
「無痛だったら怖がりのヨメでも子供が産める」という強い想いを抱いて数十年。今その想いを昇華せずにいつやるか。今でしょ!
(※出産スタイルは人夫々なので「あ、ヨメさんはこう思っていたのね、ふーん(棒)」くらいに思ってください。帝王切開、自然分娩、無痛分娩どれも同じ出産じゃ。)

電話を切って、とにかく近所の、、もし何かあってもとにかく歩いて自分ちへ帰れる距離で無痛分娩の産婦人科はないのか、有ると言ってくれ!と見つけたのが東京マザーズクリニック。オープンしたてホヤホヤの病院を選ぶというのはちょっと不安(しかも全くご縁の無さそうだった産婦人科)、でもHPのデザインも、紹介されている施設のデザインもヨメ好み。先生の経歴も拝見してとにかく電話じゃゴーと電話をしたのが同じく午前中。お昼前にはクリニックで先生とお会いしておりました。

初産婦になるかも?な人間にとって、初めて電話した時に受ける電話口での対応は一喜一憂するに足るものと思います。前の病院に断られたこともあり、ヨメはTMCに電話をする前にすでに心が折れかけておりましたが、クリニックの電話の対応は大変素晴らしく、藁にも縋る気持ち(大げさだけど、とにかく興奮状態のヨメでしたからね)で車を飛ばしたヨメ。

迎えてくれたのはクリニックのバースコンシェルジュさんでした。自分の体調のこと(当時は大腸関係で内科にもお世話になっておりました)、もし妊娠していたらの今後のこと、ありとあらゆるとりとめの無いヨメの疑問をちゃんとメモしてくださり対応してくださった事を今でもはっきり覚えています。
ヨメ、ここに決めた。もし妊娠していたらここにお世話になるんだ。

そして内診。
院長先生はお若い印象ですが海外でも研鑽を積まれたエコー&胎児診断のエキスパート。今なら言える。穏やかだけど淡々と喋って素っ気なく見えなくもないが、たまにお茶目な気がしなくもない。患者の話もちゃんと聞いてくれるしとっても良い先生!
何度か時間外に慌てて診てもらった事がありますが、都度丁寧に対応してくださいました。
内診で痛いと思ったこともないでーす。

さて。内診をしてもらった結果、子宮内妊娠しているみたいだけどまだ小さくて心拍の確認はできない、2週間後に診てその時心拍が確認できなければちょっと心配。とのこと。

内診をしてもらいながらエコーの様子を見せてもらいの説明。画面にはとっても小さな豆のようなものが写っておりました。後にミニヨメコになるシト。でもまだ心臓もできていない(見えない?)生き物なのかなんなのか分からない存在。
そしてまだこれから世に出るのか分からない存在。

ヨメ、実はこの内診、ちょっとショックでした。チェッカーで陽性反応が出て内診で確認してもらえればハッキリすっきりすると思っていたのです。自分的に週数を考えても心拍が確認できる頃なのかなぁと思っていたので、まだ心拍が確認できないと言われた時はショックでした。え!まだそんなに小さいの??(あ、今だに小さいミニヨメコ、最初っから小さかったの思い出した)カッパに言うかまだ迷う。。

そしてちょっと憤慨もしておりました(TMCに対してではない)。産婦人科が減っていることは結構問題になっていますよね。希望の病院で産みたいとなったら予約の取り合いという事もあり得る訳ですが、心拍が確認できないと分娩予約が取れないところも少なくないと思います。そりゃそうだなという話なんですが、でも心拍の確認できる週は人夫々で、ヨメとミニヨメコのようにちょっと先になってからようやく心拍が確認できたとなると、それだけで予約ダッシュに遅れちゃう!出産難民なんてことになりかねんじゃないか!マメども、頑張ってしっかり心拍が確認できるように早々に育つのだ!

幸いこの時は「順調に進んだらこちらで分娩をお願いできますか?」という問いにイエスをもらったので、その点は安心してクリニックを後にしたヨメ。2週間後が勝負の時となったのでした。

クリニックのパーキングで初めてもらったエコー写真を見ながらカッパに電話。カッパが初めて言った言葉は今だに納得できん。

え?ホント!!?おめでとうございます。

誰やん、あんた。貴男私のなんなん。「おめでとうございます」て。

---------------------------

さて2週間後。再びクリニックに訪れ内診を受けたヨメに先生が言います。

心拍は確認できたけれど、ちょっと心拍数が少ない(141だった。普通は170、80くらい?)かな。成長は1週間遅れくらいです。2週間後にまた確認しましょう。

(…母の心配はいつ払拭されるのか。ミニヨメコよ、しっかりせんか!)先生、1週間後に診てもらえますか。

いいですよ〜。

貰ったエコー写真のミニヨメコはすっかりキューピーちゃんの形になっておりました。小さな小さなキューピーちゃん。2週間前はマメだった筈。。

先生に「順調ですよ」と言われたのはそれから1週間後。ようやく心拍も問題なしに。「この前はのんびりしていたのかな」という先生の一言に、(ミニヨメコのこの空気を読まない感じ、カッパ臭がプンプンする。。)と思ったヨメ也。

昨年の今日、こんな感じでヨメの妊娠ライフは始まったのでした。
[PR]



by wakka-w | 2013-02-27 10:14 | 0-4歳児なう | Comments(0)

若さを羨む瞬間

授乳時、ミニヨメコは母のオパーイをワッシと掴むのですが、掴むといっても小さな手。つねられてるようなもんで痛いのです。

いででで、、いででで、、何すんのミニヨメコさん。。

さらに爪を立てます。

いででで、、いでで、、ちょ、待っ、いでででで。。

ヨメの柔肌はいつも生傷が耐えない。。長い引っ掻き傷までつけられて。
その傷が治らんのです。治らないの〜。

一方ミニヨメコは現在「脂漏性乳児湿疹」なるものができており、もちろん加湿も保湿もやっているのですが、それでもたまに夜中引っ掻いている様子。よく朝ほっぺやおでこに引っ掻き傷ができているのですが、これがすぐ治るんだ。すぐぷりぷりの肌に戻るのよ。なにこれ。

母の栄養吸い取って人を傷付けといて己の傷はサラッと治るとゆー。悪魔か。

若さって素敵、、若さに嫉妬する場面なんて早々ご縁の無いヨメですが、久々に若さが羨ましいヨメです。
[PR]



by wakka-w | 2013-02-26 20:25 | ブルち 関係ない | Comments(0)

豆は豆でも仙豆クラス

仙豆…見た事はなくとも知っているであろう国民的アニメ「ドラゴンボール」に出てくる兵糧丸的なものです。一粒にすごいエネルギーが詰まっているのだ。

昨日はミニヨメコの定期健診。
もうすぐ区の3、4ヶ月健診なのですが、ずーっとちっちゃいサイズ(平均値から外れております)で体重が推移しているミニヨメコ。区の健診でいきなり体重の事を指摘されるのは勘弁カンベンという訳でずっとお世話になっている小児科の先生に定期的にみてもらっています。以前のブログでも紹介している母乳のエキスパート先生。TMCでの1ヶ月健診時からずっとお世話になっている先生です。
できれば完母でいきたいヨメに安易にミルクを勧めることなく、色々アドバイスをくれながらミニヨメコを見守ってくださっています。

昨日の体重測定でも相変わらずちっちゃいサイズ(身長は平均値内)のミニヨメコだったのですが、体重曲線はミニヨメコのペースで増えていっているからひとまずは大丈夫ですよとのこと。ただ区の健診時の先生が何と思うかは別な訳で、母子手帳に「この子のペースで順調に育ってますよ」的な一言を書き加えてくださいました。うぅ、、お守り的一言ありがたい。。

ちっちゃいのですがめっちゃ元気なミニヨメコ。カッパも「元気いっぱいだから小さいのは全然心配してないよ」と言っております。相方のその一言はありがたいですね。ヨメもミニヨメコが元気だから根本的なところではそんなに心配していないけれど、していないとは言えちょっと心配してるから。
TMCの助産師さんからは「この子は省エネ仕様ね、大丈夫大丈夫」って励ましてもらっていたし。。

でも飲んではいるのになんで増えないのかなぁって思っていたのです。オパーイもつまむとピューピュー出るし。母乳が出てないってこともそんなに心配する程じゃないと思うし授乳の回数も少ない訳じゃないし。ヨメのオパーイは一体どこへ?
と思っていたのですが、その一因が昨日分かりました。あぁなるほど…そーゆー事も理由になり得るのか。

ミニヨメコさん、現在3ヶ月。今月末には4ヶ月になるのですが、寝返りと頭の持ち上げ方は6ヶ月並みとのこと。先生から「え?もう寝返りするの?なるほど首の持ち上げ方も凄いもんねぇ。じゃぁ結構動くから消費しているエネルギーも多いんだろうね。軽いから寝返りとかもしやすいってことなんじゃないかな。」と言われました。よく寝てる子に比べたらエネルギーの消費はかなりだと思うよって。
なんだ、この人寝返りとか早いのか。どうも育児書に書いてある時期と違う、育児書も適当やな、と思ってたわ←全然ミニヨメコの成長を信用していない母

おぉぉ、ヨメのオパーイはどこぞの異空間へ消えている訳ではなく、ミニヨメコがよく動くからそっちにエネルギーで使われているのだな。だからその分は体重も増えないってことか。そして体重が増えないから身軽でコロコロローリングミニヨメコなのか。
なんかスッキリ。そしてちょっと安心したー。頑張って大きくなってるんじゃないか。

マイペースに育っているようで安心した1日でした。目下ヨメ的ラスボス的区の4ヶ月健診、がんばろな。
[PR]



by wakka-w | 2013-02-23 12:18 | 0-4歳児なう | Comments(0)

スフィンクス的な生き物

d0041074_1618660.jpg

[PR]



by wakka-w | 2013-02-21 16:18 | Comments(0)

ブルさん妹を応援する

最近のブルさんは、ミニヨメコを遠くから見守っているようなそんな存在と化しております。ミニヨメコを抱っこして

はい、ブルお兄ちゃんだよ〜。ブルお兄ちゃんの毛はガサガサ(けっこう剛毛)だよー

と挨拶させると

フンフン、ミニヨメコ、ちゃんと大きくなるでちよ、フンフン

とミニヨメコをチェックします。
ギャン泣きにはもう慣れっこ。基本無視。
ただしヨメが入浴中、ミニヨメコとブルさんは寝室のベッドに転がっておりますが、ミニヨメコのギャン泣きがあまりに激しいと脱衣所にブルさんがやってきます。

ママン、ミニヨメコ、うるさいんでちけど。僕でさえちょっと辟易なんでちけど。早くお風呂に入れてあげて欲しいでちよ。ずっと泣いてるでちよ。お風呂まだでちかね?

母に助言?までして、静かに優しく見守って、ほんと歳の離れた(ブルちは8歳だ)兄妹って感じ。

そんなブルさん。
今朝はずりばいで旅に出ようとしているミニヨメコをずっと応援しているようでした。ママンが台所でコーヒーをいれている間、アウアウ言いながら前へ進まんとするミニヨメコに顔を近づけておりました。

ブルさん!あんまりお顔を近づけてはなりません!!貴男汚い(!)から!何か黒い液体飛ばすし!!(8年間ずーっと聞き続けているけど、ブルちにそろそろ教えてもらいたんだけど、その乾いたら黒くなる液体はなんだ。どっから飛んでいるのか!)

ママンに牽制されてはしれ〜っとそっぽを向くブルさん。僕知らないでち。何もしてないでち。

そしてママンが目を離すとまたミニヨメコに顔を近づけるブルさん。

ミニヨメコ、頑張るでちよ。ちょっと舐めても良いでちか(あかん)

ブルさん!!

僕何も知らんでち。ぷいっ

どうもミニヨメコが気になる様子。ずりばいの成功率が上がってきて可動範囲が広がっているミニヨメコが気になるのでしょうか。「ミニヨメコはわしが育てた」普通にそう思ってそうです。

ミニヨメコは寝返りの速度が上がっております。つい先々週くらいまでは寝返り打つのに大騒ぎでギャーギャー泣いていたのに、最近は黙ってシュタッとうつ伏せになっては上半身を反らせてかなり遠くまで見渡せるようになっております。

なんだろう、この(色んな意味での)早さ。母の見ていないところでは立ち上がってそうな雰囲気だな。。

なんとも賑やかなカッパ家。ヨメはヨメでミニヨメコの物心がつく前には「家は常にスッキリ、規則正しい生活を」習慣付けねばならんと現在片付けを加速中。ヨメだけが「どこを片したのか」答えを知っている間違い探し程度の片付け速度で進んでおります。

(備忘録)
さて昨日は四種混合の1回目とヒブの2回目を打ったミニヨメコ。1本ずつ両腕に注射です。泣いちゃいましたが、それでもギャン泣きはせずよく頑張りました。
1週間後の来週、四ヶ月健診の際にBCGです。
それにしても注射のデザインって何とかならんのか(昔見た雑誌の医療デザインの特集で取り上げられていたような記憶もあるのだけど。。)。見た目が怖すぎ。

昨年産婦人科を選ぶにあたり、当初できたばかりで口コミのないTMCを選んだファーストインプレッションも施設のデザインだとかHPデザインと言った視覚的デザインのウェイトは大きかったのですが(先生の経歴も拝見させていただきました)、今後も医療関係はデザインも忘れずに力をいれて欲しいなぁ。

そう言えば視覚的デザインではありませんが、最近「貼る注射、飲む注射」なんてものが開発中とどこかで見た記憶。。素晴らしいです。
通う者にとってはただでさえ気分が落ち込みがちな医療環境。機能美プラスα、まだまだデザインの可能性が広がりそうな分野ではなかろうかと勝手に想像してみたり。

d0041074_13573762.jpg
↑ ちょっと上記の話とはズレてますが、こちらは医学と「芸術」。平凡社より。昔の学術的資料(義体、手術道具等含めて)は今や芸術品として扱われているものも少なくないと思いますが、特権階級のものであったと思われる医療行為が幅広く行われるようになった現代では「患者の精神的&肉体的威圧感の緩和、誰もが扱いやすいデザイン=機能美」になってきているのは間違いない訳で。
そんな事より、おやおや?ブルちの様子が。。???
[PR]



by wakka-w | 2013-02-21 10:07 | 今日のブルち | Comments(0)

準備が大事

昨日のこちらは雪が舞う寒い1日。粉雪から牡丹雪に変わり、結局積もる事なく夕方には止みました。そろそろ今季最後の雪かしらん、、と思いつつ。

スーパーに買い出しに行くついでにお雛様のお花とひなあられでも買いましょうかね。ミニヨメコの初節句、こけしと言えども女の子ですもの、母がちゃんと用意してあげましょうね、と出かける用意を始めます。えんやぁこぉらよっっとぉ(授乳後オシメ交換、ミニヨメコを腹に装着すべくボバラップを体に巻き付けミニヨメコ収納)←赤子との外出は準備が大変。ついつい漢気溢れる

で、玄関を出た訳だ。ブルさん、お留守番よろしくね。よちよち
で、外に出た途端、ぽっかーん。道が、無い。道路が、無い。

正しくは掘り起こされておったのです。なんでも水道管の交換工事だとか。車が出せん。
はい、ハイ終了。お出かけ終了ーーー〜

がっかりしたヨメです。午前中はそれで終了しました。なんだったのだあのお出かけ準備は。。返して私の時間。
ちょっとなんだか最近私の時間がないがしろにされている。。

ワタクシ諦めきれませんでね。午後は道路の見える窓のバーチカルをたたみましてずーっと監視しておりました。まだ終わらないの?いえいえそんな事を言ってはダメ。雪舞う中、一生懸命水道管を交換してもらっているんだから、ライフラインをしっかり守ってくれているんだから。。まだ?

で、ようやく終了しまして無事に二子玉へ向かうことができました。

でも出かけられたのは夕方。夕方になるとこれまたヨメの生活は加速するのです。ブルさんの散歩、授乳、アウアウ言ってるミニヨメコに相づち打ちながら食事の用意、ギャン泣きのミニヨメコを励ましつつ食事をしたらお風呂の用意、ヨメの入浴中、ギャン泣きのミニヨメコを監視しつつ(しんどいですよ、四六時中ギャン泣きがついてまわるの。)急いでお風呂からあがってミニヨメコと入浴。入浴後は授乳で寝かしつけ。夜中まで3時間眠ってまた授乳。。
「お忙しいタイム」スタートダッシュ時なの、夕方って。

そんな夕方にようやく道路の工事が終わってカバオ(昨年からドライブが気分転換に大活躍なのですが、現代っ子カバオは優等生すぎて少々物足りない。ブーゲンがたまに懐かしい。しかしブーゲンはチャイルドシートが装着できなそうだな。そしてレッカー車と常にお友達とか、今はありえんな)で出撃。

ようやくお花を買うことができました。←皆さん、今日のブログの本題忘れてるでしょ?桃の節句に向けてお買い物をしたとゆーお話ですよ。

ところで先日のバレンタインデーは大安でした。その良き日の午前中、ミニヨメコに無事お雛様が届きまして、当日中にお雛様は飾られております。

このお雛様(親王飾り)にはお花がついていないので昨日の一番の目的は大振りの枝ものを購入することだったのですが、ラッキーな事に桜の枝ものが売られておりましてそちらを購入。右近の橘、左近の桜。ヨカタヨカタ

まだ蕾のものをいただいてきましてすぐに咲かないよう寒い場所に置いたつもりだったのですが、今朝少し蕾が色づいているのを確認。ひな祭りまでもつかな、、ドキドキ。
でもちょっと嬉しくなった今朝の出来事です。

己を癒すべくGIOTTOの大きなケーキも買ってきたわよ。しっかり頭を癒させていただきました。さぁ今日はミニヨメコの四種混合じゃー。今日は帰りに美味しい菓子パン買ったんねん。ここのところ、甘いものがダイレクトにヨメの頭を癒してくれてんねん。
[PR]



by wakka-w | 2013-02-20 09:34 | ブルち 関係ない | Comments(0)

Good morning ミニヨメコ

午前中はだいたい機嫌の良いミニヨメコ。今朝も6時頃起床、奇声を発しながらずりばいで旅に出ようと試みておった様子。なんだかちゃんとした原理ではないような気がするが、どういう訳か地味に前に進んでいるように見えなくもない。貴女どうやって前進してるの。。?芋虫の原理だろうか。。

喃語も板についてきて、だんだん意思表示の幅が広がってきたようです。ワタクシ怪鳥と言えばロプロスしか知りませんけど(バビル二世懐かすぃ)、ここ数日、我が家では怪鳥の奇声のごとくミニヨメコの雄叫びが響いております。
声を出すのが楽しいのかしら。。

謎だらけの母です。

さて昨日は1階の片付けに着手。ちょっとさばを読んだ言い方をすれば押入の4分の1がほぼプラモデルとゆーことが判明。そうか。作り終えた暁には4分の1程押入が空くのだな。そうですか。。

押入の半分はお着物。うーん、使用頻度を考えたらちょっと場所を取り過ぎ。着るかは疑問ながら捨てるのはもったいないものが多し。どうしたら良いのだろうか。。
悩むうちに時間だけが過ぎてゆく、、そしてミニヨメコに呼ばれる母。

だから週末片付けをやってしまいたかったのに。
コケシが泣き出すとブルちまで母に悲しい顔をするのですよ。「ママン、ミニヨメコが不安に思っているようでちよ。ママンを呼んでいるでちよ。。ショボーン」
あぁ、、また無駄にモテ期を消費しているようだ。。

今日は買い出しに出た方が良いのに生憎のお天気。でも気分転換に行こうかな。GIOTTOのでっかいケーキ買って来て頭癒そうかな…

どこでもドアが欲しい。真剣に悩む母也。
[PR]



by wakka-w | 2013-02-19 08:50 | ブルち 関係ない | Comments(0)

ご馳走のオーダーはお早めに

週末土曜日のこと。

今日のご飯は何?とカッパ。
生姜ご飯(&鶏そぼろ)に牛肉の入ったきんぴらさんにお豆腐に小松菜のおひたし、お野菜たっぷりお味噌汁、体に優しいご飯じゃ(どや!)と告げるとう〜んと一言。

なんかどっしりしたものがいい。チーズ的な。

え〜でももっと体に良いものにしようよ。先週末は揚げ物したし。そもそもなんでどっしりしたいものが食べたいの?
そう聞いたヨメはカッパの返答に絶句しました。

スナック菓子がないから。


、、、、、。

何言ってるのこの人。
もう30代も真ん中の人ですよ。カッパさん、未だにスナック菓子から卒業できません。スナック菓子が好きなのは分かるよ。楽しいものね。食べたっていいよ。ヨメだって食べるよ。たまに。
でもカッパさんは毎晩帰宅後ビールと一緒にスナック菓子を一袋ですよ、おかしかろ。あれ高校生とか中学生のオヤツじゃないの、食べ過ぎやん。

貴男、昨年の妊娠中、お腹のポッコリ(ビールとスナック菓子のせいだとヨメは思っている)が凹まなかったら分娩室には入れない、ってヨメ言ったわよね。結局同伴してたけど。ポッコリお腹のまんまミニヨメコと初対面だったわよね。
あらまぁそちらの貴男は何ヶ月?あらあら大きなお腹、、ってくらい、途中どっちが妊婦やねん、ってくらい貴男お腹出てたわよね。

あ、脱線しました。
聞くとスナック菓子的な脂っこさがちょっと欲しいそうで、和食では物足りない、という話らしい。
元々日曜日にバレンタインデーのご馳走を作ろうと思っていてメインは例の年末の鴨にするつもりだったのでなんとか作れるけど、ご馳走には準備があるのだよ。。

とゆー訳で以下のご馳走備忘録

・大根のポタージュ
・フォアグラ、安納芋の大学芋添え
・サラダ
・鴨のロースト
・ポルチーニのリゾット

スーパーに行く予定を止めて1日引きこもったので、ヨメの描いた「ぼくのすてきなバレンタインでぃなぁ - カッパさん、いつもおしごとありがとうver - 」のための素材が足りない。一匹忘れ去れていてた安納芋やら賞味期限大丈夫?の乾物ポルチーニやら必死に探し出してそれらしく体裁を整えさせていただきやした。
鴨のローストは解凍に1時間、下ごしらえの後2時間休ませてロースト後もアルミホイルの中で休ませるから、簡単だけど&つきっきりじゃないけど結構時間がかかるのです。

時間がかかるから「そのつもり」だった日曜にやりたかったのですよ。土曜日のヨメ的予定は台無しに。夕方いきなりそんな事言われるから急いで鴨の解凍を始めて合間に他のお料理の準備やらミニヨメコの授乳して、その合間に「ミニヨメコとお風呂に入る」と言い出すカッパのサポートして(カッパが先に入って自分の事をした後に呼び出しブザーを鳴らされる。そしたらヨメがミニヨメコを連れて行く訳だ。「お風呂に入れてくれる」と言っても何から何までやってくれる訳ではない。)、ご馳走作るのは嫌いじゃないから楽しいっちゃ楽しいけれど、ありゃりゃ予定が台無しだこりゃ、と思ったのでした。

で、昨日日曜。「昨日は何も進まなかった…」(本当は1階の片付けをやりたかった。1階にミニヨメコの居場所はないのでミニヨメコをカッパに見てもらって心行くまでやりたかった。)と言ったヨメにカッパが一言。

そりゃ遊んでたから何もできないでしょ。

ブッチーン

この一言でヨメの堪忍袋がブチっと切れた訳です。「遊んでいた」だ、、と?
1日8回、夜中も含めて授乳してオシメ替えてミニヨメコが覚醒している時は一緒に遊んで刺激を与え、合間に朝ご飯やらお昼ご飯やらご馳走作って、お風呂入れるサポートして、合間に片付けして「遊んでいた」だと?

「スナック菓子がない」とかゆー「…などと意味不明な供述をしており」状態の理由でも、カッパさんが食べたいなら&喜んでくれるならと1日繰り上げてご馳走を作ったとゆーのに「遊んでいた」だと?

あれか、無印のデコロールケーキキットでブルさんの落書きしてたのを指して言ってんのか?あれだってデザートが無いなーと思ってオヤツ欲しいよね、とか思って家にあったキットがあれだったからじゃぁちょっと落書きでも、、と作っただけなんだけど。あれで「1日遊んでたヨメ」とか言われるのか。あぁそうですか。

実は先々週もヨメをブッチーンと切れさせる一言を言われて(更にその前の週はお雛様選びでバトル)怒りにプルプル震えていたんですが、なんなんですかね、主人のこのデリカシーのない一言。因みに先々週はワタクシのドライビングについての一言だったのですが、たとえそれが正論だったとしても、言う時と場所とヨメの機嫌を考えなさいよ。そのまま山奥に連れて行って車から追い出すわよ。

今だ堪忍袋の緒はつながるどころか、切れたもんは使えない、ゴミ箱へポイ状態です。捨てたからつながらない。
[PR]



by wakka-w | 2013-02-16 19:07 | ブルち 関係ない | Comments(2)

お絵描きロールケーキ生地

d0041074_15485596.jpg

ママン、何描いてるでちか。僕でちか。そーゆー事がしたいお年頃でちか。
[PR]



by wakka-w | 2013-02-16 15:48 | Comments(0)

バレンタインデー

「今年は(「今年=未来永劫」と勝手に解釈中)質素でいい」と言われたバレンタイン。じゃ、貴男は勝手におやりなさい。とゆー事でチョコレート売り場を覗くのも敬遠していたのですが、年に一度、せっかく色々なチョコレートをデパートが集めてくれているのに全然覗かないってのもなぁ〜。覗いたら買わないってのもなぁ〜という訳で、毎年可愛くて悶絶するゴンチャロフのチョコレートと、大好きなピエールマルコリーニのレインボードロップスを購入。

ブルちにはワンコ用のストロベリーチョコを。んまんまでちよ。

マルコリーニのレインボードロップスは昨年も同じようなタイプのものが出ていて今年も買うのを楽しみにしていました。今年はキャラメリゼされたフルーツビネガーが入っているそうで、ちょっとだけバージョン違いと聞いております(未食。今日おやつに頂くのを楽しみにしている)。

ゴンチャロフは毎年動物のお顔ショコラですが、今年は犬バージョンが盛りだくさん。でもフレブルはいないのよねー。是非来年は作ってください。買います。食べる用、保存用、プレゼント用、最低3つは買います。

d0041074_9102541.jpg
↑ゴンチャロフ〜。ブルジイとタケヒロ(弟)にはこれのたくさんバージョンを。白いのは北海道犬だそうです。シロクマにしか見えんが可愛いのでどっちでもいい。

昨年は、、と思い出してみると、まだ妊娠には気づいておらず、大腸内視鏡検査は終了し大きな問題はなかったものの腸炎的なものへの不安と、風邪?の熱だかで今一つな体調の中、カッパにリバティプリントでシャツを作っておったな、そう言えば。
そのシャツは今ではカッパさんのお気に入りのようで、ちょっと良い場所に行く時なんかも使ってくれております。

「カッパかっぱキャハハハハ」と普段言ってはおりますが、尊敬してますし感謝しているヨメです。なんて立派な妻かしら崇め奉れ(←いつも最後で台無しに)
[PR]



by wakka-w | 2013-02-15 09:10 | ブルち 関係ない | Comments(0)

一番上が海水魚のライム坊や。次のお兄ちゃんも海水魚のインディ。。そんなお兄ちゃん達が居る我が家のブルち生活日記
by wakka-w
プロフィールを見る
画像一覧

地味に追加してみた

: 今日の点取り占い :
 
焚き火の炎を
見ていると
ブルを思い出し
号泣。


4点


翌日腫れた目で
目が覚める。

数時間ごとに目は覚めたが
珍しく熟睡した
テントの中だったのに。

最新のコメント