mujiな、ナンの、謎。

今日はなんだかカリーが食べたい。。とカリーのレシピ本2冊をチェックし、野菜だけの本格カリーを選ぶ。ヨメの希望している味(ココナッツミルク的な)に「見た目」はソックリだけれど、材料を見たら甘みはどこで、、?多分揚げたナスと玉ねぎの甘み(しっかり茶色になるまで炒める)が甘みになるのだな。しかしこのレシピ、「玉ねぎのポテンシャル」と「マジで茶色にする根気」を信じ切ってやがる、、。

少々不穏な雰囲気を感じつつ、とにかく毎日のレシピを考えるのにストレスを感じるヨメは材料と手段が簡単ならばそれでもう献立決定には十分、これ以上献立を考える時間が惜しいとお料理スタート。このカリーには間違いなくナンじゃ。

ナンは随分前に買った無印のナンキットを初めて使いました。とても好評のようですね。

さてカリーの方ですが、案の定、レシピ通りでは全く美味しくない。もっと時間のある時に野菜とじっくり向き合って作るものなんだろうて、と思いつつ、これでは家族に食べさせられない。材料だって大好きな揚げなす、いっぱい入れたんだ。無駄にしてなるものか、と塩と砂糖でなんとかグリーンカレー的な味に落とし込むことができました。ふぅーーー、、、、間一髪。
基本、人間は塩と砂糖があったらなんとかなんねん。ご家庭にあるわ。

ナンはとっても美味しかったー。野菜のカレーなので娘とカッパにはチーズ入りのナンが良いだろう、とチーズを入れましたがむっちゃ簡単にとっても美味しくできました。この時期我が家では捏ねるの5分、発酵10分、焼くの2分くらい。これはストックしておこう(丁度無印週間ですね)。

しかし少々気になるのですが、裏の取説、かなりおかしい?ヨメがおかしい??
一袋でナンが4枚できるそうで、そんなに要らん(と思っていたら結局娘が1枚では足りなそうだった。ヤングパワーこわー)から半分の量で作ろうと思って量を計ったら、一袋200グラムと記入されているところ100グラムしか入っていないような。。え、じゃあ水とオイルの量(材料はこれのみ)はどうなるの?単純にレシピの量を半分にして良いの??ヨメのスケールが壊れてんの?
ナンなんて作るのは初めてだったので怖すぎて結局一袋分作りました。焼いた後に冷凍もできるようなのでそれでも良いんだけれど、やっぱり焼きたてが食べたいなぁと思って半量で作ろうと思ったのですが。

更に所要時間が50分、と書かれていましたが、正味20分弱でできます。発酵させるので時期にもよるとは思いますが。

そんでもって作ってみて分かりましたが、これ、別に計らなくても気分で作れます。粉に入れるのが水とオイルだけ。タネの様子は一度作ったら感じが分かるので次回からは適当に作れそう。オイルは粉の量で適当に。水は少しづつ入れて捏ねてを繰り返せば問題なし。水が多すぎたら粉を少しづつ足せばよろし。欲しい量だけ作って粉で保存、ができそうです。

無印のナンキットええな(今更だけど)。次はカブリナンにしよう。













[PR]
# by wakka-w | 2018-06-20 21:49 | ブルち 関係ない | Comments(0)

雨でっち

d0041074_12462273.jpg

↑ブゥ兄ちゃんのでっち。ちょっと大きいでっち。

歩きにくくてテンションだだ下がりでっちよ。




[PR]
# by wakka-w | 2018-06-11 12:46 | Comments(0)

6月

6月は平日も週末も慌ただしい。

火曜日は松蔭神社前駅が最寄りの世田谷区民会館で人形劇。幼稚園のイベントながら現地集合現地解散。帰りは松陰神社をお参りし、町を散策して帰宅。大きな公園で遊び、商店街のオシャレカフェでランチをし、雑貨屋さんを覗きました。
チェキスクエアを持って行ったので娘の写真もチラホラ撮りつつ、現像はピックアップしたものを何枚か。便利な世の中になったもんだ。

娘はオシャレ文具屋で赤いノートと黄色い鉛筆を所望。このコーディネートがいいのだ!と早速手に持って何やら色々書いておりました。手で持つなら鉛筆キャップや鉛筆クリップも買うたろか?と聞いたら同じく黄色いキャップを選ぶ娘。
色々書き記しながら町を歩く賢げな娘です。日記代わりのようでした。

帰りは二子玉川の駅構内スープストック でお茶している姿をパチリ。ノートに貼りたいと言われたので2枚印刷し、1枚は娘のノートに貼り付けてあります。ポラロイドでこういうのができるのもデジタルのおかげやね。

翌水曜は前日の反動か、ヨメの調子が1日悪く、しかし諸々待ってくれないので習い事の送迎をこなし、1日終了。
週の後半から昨日にかけても水面下の白鳥の足のごとくバタバタしておりました。
ボンちゃんはお利口さんにお留守番してくれています。

ヘラ子が完全なる羽化不全で可哀想なのですが、どうしてやることもできず。やはり前回の、知らずにマット交換したのが不味かったんだと思われます。。ヘラ夫は多分今サナギ室を作っている最中ではないかと。

国産カブ達も次々と里親に引き取られ、穏やかなカブトムシライフを送れそうです。まだ雌雄各6匹くらいいるけど。まぁこれくらいなら丁寧に飼ってやれる。

来週はこれまた面倒なイベントがあるのですが、今日はとりあえずのんびりできると思われます。どっから片付けたらいいか分からないくらい汚い家なので目に見える机から片付けます。
片付けより、娘と勉強したり本を読んだり工作したり色々やる方が今は大事。





[PR]
# by wakka-w | 2018-06-10 09:44 | ブルち 関係ない | Comments(0)
国産カブ達の羽化ラッシュがスタートか。

今週に入り最初の羽化不全のメスがマットから出てきたのがスタート。この子は内羽?がしまえない子で、出てきたのも早すぎたのか2日目で星に。でもオカンは忘れんやで。よく頑張って羽化してくれました。
その後、ツノが少々短いマッチョが1匹、小ぶりのオスが1匹羽化。そして先ほど、バタバタバターーーー!!!と人目も憚らぬガサツな羽音がしたので確認してみると、メスが2匹にオスが3匹羽化してマットから出てきておりました。おめでとう。無事羽化できてるよ、よく頑張ったねぇ。オカン、感激。ちゃんと羽化できているのがマットの中でも確認できているのですが、カブ達は羽化した後もお腹の中が不安定らしく、しばらくはマットの中で体調を整えているそうです。自力にマットから出てきた子達が真の成虫らしいです。

ヘラ子達はまだまだ先の様子。

6月1日朝、更にオスが2匹羽化。ハピバウィーク。

[PR]
# by wakka-w | 2018-06-01 10:38 | ブルち 関係ない | Comments(0)

ボンちゃん優しい

d0041074_2316753.jpg


↑ 床に同化するボンちゃん。ちょっとママンに気を使って台所に来てくれました。

ちょっと悲しい気持ちに蝕まれ酷く落ち込んでいるママンの側に来てくれたボンちゃん。珍しく寄り添う形でずっと居てくれました。

正直、阿吽の呼吸だったブルならともかく、ボンがそんな素振りを見せてくれるなんて意外です。ブルより小さいボンがブルサイズに見えました。
[PR]
# by wakka-w | 2018-05-28 23:16 | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30