思う思う思う

修行から帰って来てなんかぐったりしてる時に「売り切れ」の二文字見るとぐったり度合いが増しますわ。それも数ヶ月毎日ストーキングしてたんで悲しい。まぁアイテム的にも必要ないくらいには持ってるものなんでこーゆー別れも寧ろ良いかもね。はは〜ん

さて本日は一課題が終わって出来もかなり満足、していたのですが、家に帰ってじぃーっと見てるとかなりイケてる面白い、と思っていたけど本当にこれイケてる? これ趣味どうかしら、、精一杯の技もまだまだしょっぺぇなぁおい。。と反省と疑心の数々。でもこの2文字は無いと上達しないものだからこれでいいのだ。とバカボンのパパになりつつ次の課題に邁進します。

と思っているんだけど、毎回己の能力以上の要求をしてしまい先生に相談した結果、己の首を絞めるという状態。能力以上の要求も今はひたすら練習を積む時だから必要なんだけど、何もこれ毎回そんな頑張らんでも寧ろもっと基礎的なことやれば良いのではないか、とは思います。
今日はもうまさにそれで。先生にも「こーゆーのは普通やらないなぁ」と言われつつ粘って解決策見つけてもらいました。
ここで大事なのはやはり先生の度量っす。「普通やらない自分はやったことない」って事でも生徒さんがやりたくなった時に自分ならこうすると、いくつかの方法を正しく示す事ができる先生って凄い〜! 初心者のワタクシごときが言うのも何なんだけど。あぁ、自分もこうやってできる範囲の中で解決策を想像できる人間になりたいなぁと思いました。
アイディアもデザインも絵の中の餅じゃ意味ないもんなぁ。でも兎角斬新なアイディアとかデザインってかなり無茶な事考えちゃうじゃない?実現できるもの考えないと意味ないのに。工夫して形にできるものとそうじゃないものとの区別が付かなくなるって事はよくある事だと思うのですが。。

昔学生の頃は皆課題を作るのに材料費が必要で金欠だった訳ですけど、今も教室行く度に材料欲しくなって金欠気味です。欲しい材料がいっぱいあって大変なんだけどなんだかちょっと嬉しいような楽しいような。あ、カッパが帰って来たー。
[PR]
by wakka-w | 2010-01-13 23:45 | ブルち 関係ない | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー