ブルち、大事な所が腫れる。「仕方ないんでちよ、付いてたらそうなることもあるんでちよ。」

昨日習い事の先生から犬の歯医者さんのパンフレットをいただく。国内で最初の犬の歯専門病院。これは凄い事ですよ。
ブルさんはロンドンに行く2日前に歯が欠けて大慌てで担当の先生の所へ行った過去がありますが、その時も歯科専門の獣医さんじゃないと歯の治療はできません、と言われたのです。幸いブルさんは歯が欠けた後も歯茎がちょっと腫れるくらいで大事にはならず(十分大事なんだけど。あんたらの歯ぁは命とちゃうの)、ロンドン生活も無事に終了。今現在も痛がる素振りは見せず、特に治療もせずに今に至っています。一応、今後悪化する可能性はなくはないので注意が必要、と言われていますが。。
そこに来て初めての歯科専門の獣医さんです。犬はどうしても口の中の病気になりがち。歯磨きはしているけれど、十分出来ているかと言われるとそういう訳にもいかないしねぇ。
保険が効くのかどうかは知りませんが、もし愛犬に心配ができた時の心の保険としてこういう歯医者さんができてくれるのは大変嬉しいことです。



さて。ブルさんが朝ご飯を食べる時のこと。嬉しそうに座って待っているわね、お利口さんでちね〜ふんふん♪とブルさんを見ると、

っっ!!ブルさん!!笑顔でご飯待っているけれど、あなたの赤ちん、ミニトマトみたいに腫れているわよ!!!

お恥ずかしいお話で申し訳ありませんが、大事なところですからね。ブルさん、ちん×2が腫れちゃったのです。いろいろブルさんもやらかしてきたけれど、それだけは意外に無いと思ってた。だってそれやっちゃったら本当にブルさんらしいもん。そしたらやりやがった。お約束通りの男、、

オスのフレブルを飼っているオーナーさんはよくご存知かと思いますが、ブルさん達、たま〜に赤ちん(ほんとゴメン、中身じゃよ(´・ω・`))を出しっ放しにしていることがあります。そんな時はすかさず「ブルさん、赤○出てますよ」と嗜める訳ですが、これが腫れちゃって、今朝はどうも仕舞えないみたい、、見たくねー

さらに申し訳ない話ですが、ブルさん達、よくそこから黄緑の汁を出します。別に病気という訳ではなく、たまにちょいちょいっと拭いてやるのですが、普段はちょっとペタペタした代物。それが今日はやけにサラサラ。しかも大量に出ているの。もうヨメは震えたね。

年を取るとおっさんブル達はそこらへんの病気も気をつけないといけなくなる訳で、恐らくばい菌が入って炎症を起こしているだけだと思いつつ、ヨメには付いてないからねぇ。朝食も食べずに急いでブルさんを病院に連れて行きました。
おしっこをするにも痛いのじゃないかしら。。うぅ不憫じゃ、。。と思ったんだけどトイレは普通にやってましたわ。色も量もいつもと変わらず。

さぁ先生。来てやったでち。診察するがいいでち。恥ずかしくはないでちけど落ち着かんでちとね。仕方ないんでちよ。誰だって付いてたらそんな可能性もあるんでちからね。よろちく頼むでち。

結果。やはり炎症を起こしているらしい。本来元に戻らないといけないのに今はむくんだ状態で、これが戻らなくなるといかんらしいです。戻らず放置すると壊死する場合もある、と恐ろしいことを言われました。ぎゃー!!!
幸いブルさんは腫れているものの、なんとか戻っているのでお薬を飲んで赤○が出っぱなしになっていないかとちゃんと確認してやればいいらしい。おふぅ、一安心。

先生さんくす、ていくけあ〜でち。

悠然とした顔つきで診察室を後にしたブルさんです。お前は歯といい大事なところといい、なんなんだよ。なんでそういつも普通じゃないんだよ。

そーゆー訳でブルさん、しばしお薬がお供に。来週には治っている筈。。

d0041074_11473692.jpg
↑ママン!猫しゃんがいたでち!猫しゃんどこでちかね?!! ブルさん、猫さんはもっと向こうのフェンスから去って行ったんだけど。。遠近感0なブルさん

散歩の最中もご機嫌でマーキングしまくっていたブルさん。後からママンに水を掛けられているとも知らず。。お散歩の後はお薬。今日は新しいお薬なのでしばし様子見です。とりあえずずっと昼寝してろ
[PR]
by wakka-w | 2011-05-13 12:05 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30