お前の肩は小さい

小さい頃は「ぶぅちゃん」と呼ぶだけで「何何??!」ってお顔を向けてくれていたのに今は大好きなパンのかけらもタイミングを外す(ブルさんが熱い視線を向けているのを無視してゆっくり食べてるうちに)と呼んだだけでは反応が鈍いブルさん。

、、、、またママンが何か呼んでるでちよ。僕は用ないもん(パンの欠片もくれないし)ぶんすか

遠い目でお外を覗いています。ブルさん、うちそんな遠くまでお庭ねーよ。

仕方ないのでブルさんを肩を叩くとようやく

何ママン、ちょっとしつこい、、

と振り向くんだけど、振り向いた瞬間にパンの欠片が目に飛び込んで来ると途端にキャッキャキャッキャしだします。
クールで熱い男、ブルさん。まぁまっすぐ真っ当に育ってくれていればママンはどっちでもいいけど。

そんなブルさんとママンは昨日から母子家庭中。カッパさん、滅多に出張はないんですがここんところ研修とやらも入ってお忙しい様子。今回は上海だって。すぐ帰って来るけど。おヨメ、「北京香港」はすぐ出て来るんだけど、何故か上海だけは咄嗟に出てこない。必ず頭の中で「えーっとなんだっけ。何の枕詞(はい?)だっけ、あぁ、上海ガニ。」と一呼吸置いて「上海」って言ってます。大丈夫かな大丈夫じゃないよね頭。まぁいっかどうでも。

お土産聞かれたけど、全くイメージ湧かず。カッパさんが変な加工食品を買ってこないことを祈るのみです。

そんな母子家庭でブルちはたまぁにおうちを守っているらしい。寝惚けてんのとその差はよく分からんけれど、夜たまぁに逆毛を立ててみたりして「ブゥちゃんベッカム化」(懐かしい)に変身。下の階を覗きながら「ぬほっふほっっ」とか言ってます(再現不可能)。なにやら悪しきものがいるご様子。ブルさん頼みますよ。ちなみにブルさん、普段パパンが帰って来ても「ぶぅちゃんベッカム化」する事多々。惚けてないことを祈ります。

今のところ、おヨメの仕事は「祈るだけの簡単なお仕事です」状態。カッパさんが無事帰ってくるのを楽しみに待っております。カッパさんに秘密の計画が地味に進行中(「点取り占い」の着物は含まず)。
[PR]
by wakka-w | 2011-06-03 11:09 | ブルち&二代目ボン | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー