うわーショック

先ほどのこと。昨日出した某コートを持ってクリーニング屋さんがやってきたの。
コートは某ロンドンブランドのものでknightsbridgeにある正規のお店で買ったコート。コートで有名な例のブランドですわ。
残念ながらこちらも世の流れには逆らえず数年前から縫製は中国製。ヨメがロンドンに居た時に買ったものだけど、その時からすでに縫製は彼の国のものとなっておりました。切り替わった直後くらいかな。なんかニュースになったの覚えてます。

そのコートを携えて言われたことが、これは偽物ではないか、だそうで。個人的にはデザインが気に入って買ったものなんでどこのもんだろうが良いんだけど、偽物はあかん。そんな事言われたら良い気がする訳ないのです。
なんか色々見てみると縫製が甘いそう。残念ながら1年のうちにカビがついてしまってカビ抜きもお願いしたんだけど、縫製が悪いとクリーニング中に不都合もあるそうで(そうりゃそうだ)、その確認に来たらしい。
あんまり気にせず着ていたのだけど、確かに見せてもらったら縫製が悪い。ってかひどい。あー、こりゃクリーニング屋のおじいちゃんが「偽物」だと思ってもしゃーないわ。袖口の飾りベルト&実用に問題なかったんで気づかなかったけど、私でもビックリするわ。こりゃひどい。
残念ながらセール品でもないので、検品漏れ的なものか、このクオリティのブランドに成り下がってしまったとゆーことなんでしょうか。あー、でもあっちの人ってあんまり縫製とか気にしなそうな感じだし。
某有名デパートで普通にスキミングされるような国だけど、正規ショップが偽物を扱うっちゅーのはちょっと考えにくいような。。店頭に出てたものをそのまま買ったんだけどなー。

これ、戻ってきたらどうしたものか。ベルト部分は修理したいのでこっちのショップに持って行こうと思うんだけど、クリーニング屋さんに言われちゃったんだけど、ホントにこれ大丈夫?あんさんとこのロンドン店で買ったんだけど、、と聞いてみるべきかしらね。普通に「これ偽物ですね」って言われたら困るんだけど。

ずーっとお世話になっているクリーニング屋のおじちゃんだし、事実縫製が悪いのでクリーニング屋さんの疑いももっともだと思うし、でもロンドンの正規ショップで買ったのも事実だし、、でなんだか良い気のしない1日の始まりなのです。
とりあえずクリーニング屋からバラバラになって帰ってこないことを祈るのみ。持ってる中でも一番のお気に入りだったんだけどなー。
[PR]
by wakka-w | 2011-11-01 09:48 | ブルち 関係ない | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30