とうとう明日。

とうとう明日はミニヨメコの1歳のお誕生日です。
ここ何日かの成長は凄まじく、「うぅっ?」と指差すものの名前を教えると、似たような言葉を発してみたり(もちろんいつもではありませんが)、今迄は玩具も出してひっくり返したまんま、箱から出して床に投げつけるのが遊びだったのが、ちょっと気が向いたら箱に入れてみたり、紙パックのジュースを渡してしばらくすると、それまではストローを引っこ抜いたまんまだったのが引っこ抜いてそれを差し戻したり、人形を持って人形を見ながら宇宙語を話したり、昨日は絶対手を振りながら「バイバイ」って言った!とか、そうそう、今日はお風呂上がりに自分のブラシを指差すので「これ?これはヘアブラシ。こうやって使うんだよ、ミニヨメコもママの髪やってごらん」と身振りを加えて説明するとブラシを持ってママの髪に当ててみたり!素晴らしい。

母は昨年の今頃は一人で陣痛室におりました。麻酔をしてもらっていたので全く以て楽チンでしたが、朝から前駆陣痛(?の手前??)みたいなもので一度病院へ行き、その時は内診でまだかなぁという話になり自宅へ戻ったものの、帰宅後さらにお腹が痛くなり、「もうヨメ無理ぽ、、」と夕方入院したのです。ぐったりとタクシーに乗って病院に着いたらバースコンシェルジュさんが待っていてくれたの。ヨメあの時心底ホッとしました。。
しかしそんな1日だったため全く食事をしておらず、麻酔後は余裕ができて大層お腹が空いていたのを思い出しました。。orz 水が飲めないから氷を貰っていたなぁ。数時間毎くらいに助産師さんが見に来てくれて麻酔の調子や自分で麻酔ができるように準備してくれたりしながら早朝先生に見てもらい、カッパが来てブルバアが来ていよいよ分娩室にてミニヨメコが産まれてくれたのだったなぁ。確かお昼の12時半くらいにミニヨメコは生まれた記憶。
その日の晩から怒濤の授乳が延々続いたんだった。いつでも泣いてるミニヨメコだったのに、今はすっかり毎日ご機嫌でキラキラの笑顔を見せてくれるお姉さんになってきました。もちろん同じくらい精一杯ギャン泣きもしますけど。貴女、ホント母が好きね。こんなファジーな母をどんだけ信頼してんのか心配になってくるけど、母、嬉しい。

おじいちゃん、おばあちゃん達からもお誕生日のプレゼントが届き、家の中もハロウィンデコレーションでカボチャだらけ。明日はとっても愉快な誕生日になりますように。
母、ご馳走の献立もちゃんと考えてあるの。明日はケーキを焼くところからスタートよ。
[PR]
by wakka-w | 2013-10-30 23:16 | 0-5歳児なう | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー