魚屋にて

クリオネが売っておりました。瓶詰めで2300円だったか。二子玉ライズの魚屋さんね。

えぇぇ〜?!とマスオさんな気持ちで覗き込んだら数匹のクリオネがフワフワユラユラしておりました。魚屋さんによると1週間くらいで死んじゃうそうです。瓶の蓋を開けても死ぬらしい。圧の関係で。

ちょっと笑っちゃった。なぜ魚屋さんに、、しかし魚屋さんがベストなのでしょう。魚屋さんの達筆な文字で「クリオネ」と。活きアワビの横に一緒に並んでました。あー、その様子を写真に撮らせてもらえば良かったかな。でも商品だしなぁ。

多分二子玉なら売れると思います。ヨメも(寧ろ)子供がいなかったら買ってたかも。ミニヨメコにはまだちょっと早いわ。よく分からないだろうし。娘が分かる頃になってもまた売られることがあったら観察日記を書かすのにいいかも。短命でエサもあげれないのが何だか切ないけれど。
売られたからには誰かが、ねぇ。

昔水族館で見た記憶がありますが、とっても小さいのね。小さくて透明でちょっとオレンジが入ってて捕食時に口を開けると恐ろしいのよね。

ちょっと欲しかった母です。自分がずっと見てたくて。
[PR]
by wakka-w | 2014-02-02 14:38 | ブルち 関係ない | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー