ドラマティック親子

久々に。ひっさびさに娘に激怒(母はいつでもかなり怒っているが、それ以上に怒ることがある)。激怒の時は大体娘が号泣してその後仲直りをするのだけど、この仲直りの際に母が泣きそうな顔、若しくは涙を見せると、娘は更に大号泣する。

母の涙(若しくは本当に悲しい顔)を見て大号泣する娘は、多分、母が泣くのがひどく悲しいらしい。母を傷つけた事をひどく後悔するらしい。
なぜそんな高度な感情を持ちながら(これ、失礼かしらね?でも感情の機微を子供がちゃんと分かってるって凄く不思議で。凄い事だと思うんだけど。。とカッパを思い出しつつ思う母)、母の逆鱗に触れるのか。
言っとくけど、理不尽じゃないからね。ちゃんと怒る理由あるからね。

とにもかくも、そうして仲直りした後の娘は超ご機嫌。そのあからさまに嬉しそうな娘の姿は母も嬉しくなる。
そしてブルさんはそんな二人を見てホッとしているように思う訳です。犬はリレーションシップに敏感だから。特にリーダーの感情に敏感だから。

ま、ママン、、怖いでちよ。。また彼奴(ミニヨメコ)がやらかしたでちね。まぁ僕も10歳でちから何となくは世の道理も分かるんでちけど。。ママン、、顔が怖いでち。
ふぅ〜〜〜、仲直りしたでち。二人で感動ゴッコしてるでち。良かったでち。。



自分でも怒りん坊だとは思うけれど、母は母なりに娘を想っているのである。それは揺るぎない。そしてどんな理由で怒ろうが、怒った理由よりも(まだ2歳なんでちゃんと理解しているか謎)母の娘に対する想いが真剣に伝わるのが大事だと思う母であった。愛よ伝われ。




[PR]
by wakka-w | 2015-09-16 20:11 | 0-5歳児なう | Comments(0)

ブルさんが12歳で旅立ち二代目ボンちゃんがやってきました。海水魚はミドリフグのチビとデブと愉快な仲間達でっす。


by wakka-w
カレンダー